株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

決算情報メディアアイアール
スピーカーズコーナー(Media-IR TV)
株主優待&配当
投資に役立つ説明会資料
利益還元に積極的な「魅力ある企業」
2019年10月15日

【株式市場】台風19号の復興関連株が高くNYダウ大幅高などで日経平均は大幅高

◆日経平均は2万2174円45銭(375円58銭高)、TOPIXは1569.24ポイント(23.97ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億4271万株

チャート13 10月15日(火)前場の東京株式市場は、前週末のNYダウ大幅高や1ドル108円台への円安などを受け、株価指数の先物が先行高し、日経平均は264円高で始まった。トヨタ自動車<7203>(東1)などの自動車株が高く、このところの海運市況高と中東でのタンカー被災報道を受け、川崎汽船<9107>(東1)は10時30分にかけて8%高など海運株も高い。信越化学工業<4063>(東1)などの半導体関連株も高い。日経平均は10時40分にかけて406円11銭高(2万2204円98銭)まで上げ、前引けも375円58銭(2万2174円45銭)と大幅高を保った。

 台風19号による水害を受け、日本基礎技術<1914>(東1)が東証1部の値上がり率トップとなり、コンクリ―ト工事などの麻生フオームクリート<1730>(JQS)、畳(たたみ)の極東産機<6233>(JQS)は各々ストップ高。eBASE<3835>(東1)シンメンテHD<6086>(東マ)は業績予想の増額修正や四半期決算の大幅増益などで各々ストップ高。

 東証1部の出来高概算は6億4271万株、売買代金は1兆1106億円。1部上場2154銘柄のうち、値上がり銘柄数は1918銘柄、値下がり銘柄数は184銘柄。

 また、東証33業種別指数は全33業種が値上がりし、値上がり率上位の業種は、海運、建設、ゴム製品、非鉄金属、金属製品、医薬品、保険、機械、などが高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:59 | 今日のマーケット

【特集】インフルエンザ関連銘柄:「パンデミック(感染爆発)」需要先取り

■需要を先取りして待ち伏せ買いの余地も

 東京都は、今年9月26日に都内のインフルエンザ定点医療機関の定点当たりの患者が1.0人を超え流行期入りと発表しており、10月1日からは高齢者へのインフルエンザ予防接種も始まっている。例年は12月から翌年3月までが流行期入りとなるのと比べても異例の早さであり、流行期から5週間から10週間で流行のピークを迎えるとされている。最近は、週末襲来の台風19号や豚コレラの流行などの自然災害が、かつての常識を上回って大規模化・深刻化している先例も多いだけに、懸念される小・中学校での学級閉鎖などの「パンデミック(感染爆発)」の関連需要を先取りして待ち伏せ買いの余地も生じてきそうだ。

■感染予防のワクチン株から診断薬株、治療薬株までに関連需要

 インフルエンザ関連株では、まず感染予防のワクチン株の出番が予想される。第一三共<4568>(東1)のほか、子会社がそれぞれ製造・販売の明治ホールディングス<2269>(東1)デンカ<4061>(東1)である。またインフルエンザの診断薬・検査キットでは、栄研化学<4549>(東1)カイノス<4556>(JQS)ミズホメディー<4595>(東2)シスメックス<6869>(東1)などに出番が回る。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:51 | 特集

川崎汽船が8%高、海運株がタンカー運賃高騰を受け軒並み高い

■商船三井は約1年ぶりに3000円の大台を回復

 10月15日は、海運株も軒並み高となり、川崎汽船<9107>(東1)は10時30分にかけて8%高の1549円(111円高)まで上げて戻り高値を更新、5月以来の1500円台に乗った。

 前週後半、「石油タンカー運賃が高騰、米制裁の影響で約300隻利用されず」(ロイター通信2019年10月11日17:52より)、「米制裁で石油タンカー運賃高騰、アジア向け大型原油タンカーは15億円に」(ニューズウイーク日本版2019年10月11日17時57分より)などと伝えられ、海運市況高が材料視されている。

 商船三井<9104>(東1)は10月15日、6%高の3050円(160円高)まで上げて2018年10月以来の3000円台を回復。日本郵船<9101>(東1)は4%高の1933円(68円高)まで上げて7月以来の1900円台を回復した。川崎汽船が8%高など海運株がタンカー運賃高騰を受け軒並み高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース

日本車輌製造など一斉高、台風19号で北陸新幹線が全車両の3分の1水没し

■同数の新幹線車両を新造する場合328億円が必要の観測も

 台風19号による水害を受け、「北陸新幹線、全車両の3分の1が被害に」(NHKニュースWEB2019年10月13日18時49分より)と伝えられ、10月15日は、鉄道車両メーカーが一斉高となっている。

 日本車輌製造<7102>(東1)は取引開始後に6%高の2714円(146円高)まで上げ、4月5日以来、約6ヵ月ぶりに2700円台を回復。川崎重工業<7012>(東1)は2517円(70円高)まで上げて約3週間ぶりに2500円台を回復.近畿車輛<7122>(東1)は7%高の1452円(95円高)まで上げて戻り高値に進んでいる。

 同ニュースは、「千曲川が氾濫したため、JR東日本の「長野新幹線車両センター」が浸水し、留め置いていた北陸新幹線の120両も水につかりました。被害は全車両の3分の1にのぼります。専門家は「最悪、廃車になるかもしれない」と話しています」などと伝えた。

 また、関連報道では、同数の新幹線車両を新造する場合328億円が必要とも伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 材料でみる株価

【どう見るこの相場】海外投資家主導型のハイテク株、中国関連株の買い乗せ・上値追いへ

どう見るこの相場

■メーンチョイスは主力株、サブチョイスは待ち伏せ買いでインフルエンザ関連株

 「部分合意」か「決裂」か、海外メディアの報道に楽観論と悲観論が交錯する相場展開が続いたが、ようやく3連休前の11日に一応の決着がついた。米国のトランプ大統領と訪米中の中国の劉鶴副首相が会談して、10月15日に発動が予定されていた対中制裁関税の第1弾〜第3弾の税率30%への引き上げが先送りされることになった。

 となれば3連休明けの東京市場のメーンチョイス(選択肢)は、海外投資家主導型のハイテク株、中国関連株の買い乗せ・上値追いだろう。今年11月16日から開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席の間で正式の協定書に署名するまでは、しばらく政治休戦が期待できそうだからだ。

 ただこの部分合意は、トランプ大統領もコメントした通り「第一段階」にしか過ぎない。華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置は継続されたままであり、12月15日に発動予定のスマートフォンなどへの制裁関税第4弾も撤回されずそのままである。早速、週明け14日には、中国側がなお米国側から譲歩を引き出す粘り腰もみせたとのメディア報道も出て、米国株は小反落した。米国も、中国の国家運営の根幹である構造問題に圧力を掛け続ける交渉姿勢は維持する見込みだ。となるとメーンチョイスの継続性にやや疑問符が付くことになる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:51 | どう見るこの相場

日本基礎技術が急伸、台風災害復旧銘柄の中で値動き強く注目増幅

■「まずは値動きのいい銘柄に乗る」様子が

 日本基礎技術<1914>(東1)は10月15日、一段高で始まり、取引開始後に11%高の389円(37円高)まで上げて戻り高値を更新した。地盤改良工事などを行い、この週末の台風19号による災害を受けて材料視する動きが出ている。

 「台風通過後は災害復旧銘柄が来るとみていたが、どの銘柄が来るかは来てみないとわからないので、まずは値動きのいい銘柄に乗る」(市場関係者)という見方がある。同社は大阪本社で、今回の台風災害が大きいのは東日本が中心だが、とにかく飛び乗る動きによって値上がりが増幅されている面はあるようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 材料でみる株価

日経平均は264円高で始まる、NY株高と円安受け先物が主導

 10月15日(火)朝の東京株式市場は、日経平均が264円84銭高(2万2063円71銭で始まった。株価指数の先物が主導。

前週末のNYダウは319.92ドル高(2万6816.59ドル)となり、週明け14日は29ドル安にとどまった。また、円相場はNY市場から1ドル108円台への円安進行となって いる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

USEN−NEXT HOLDINGSは戻り試す、20年8月期営業増益予想

 USEN−NEXT HOLDINGS<9418>(東1)は、音楽配信や店舗ソリューションなどの店舗サービス事業を主力としている。20年8月期増収・営業増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は安値圏でのモミ合いから上放れの動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:47 | 株式投資ニュース

ブランディングテクノロジーは底固め完了、20年3月期2桁増益予想

 ブランディングテクノロジー<7067>(東マ)は、ブランド事業やデジタルマーケティング事業を展開している。20年3月期2桁増益予想である。通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は安値圏でモミ合う形だが、底固め完了して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:45 | 株式投資ニュース

アクセスグループ・ホールディングスは底固め完了、20年9月期収益改善期待

 アクセスグループ・ホールディングス<7042>(JQ)は、プロモーション事業、採用広報事業、学校広報事業を展開している。19年9月期はプロモーション費用増加で大幅減益予想だが、20年9月期の収益改善を期待したい。株価は安値圏でモミ合う形だが、底固め完了して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:44 | 株式投資ニュース

ロングライフホールディングは上値試す、19年10月期大幅増益予想

 ロングライフホールディング<4355>(JQ)は、有料老人ホーム運営や在宅介護などの介護関連事業を展開している。19年10期大幅増益予想である。第3四半期累計が赤字だったため通期下振れに注意必要だが、第4四半期の挽回を期待したい。株価は年初来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:42 | 株式投資ニュース

フェローテックホールディングスは下値固め完了、20年3月期最終大幅増益予想

 フェローテックホールディングス<6890>(JQ)は半導体等装置関連事業を主力としている。20年3月期は営業利益横ばいだが最終大幅増益予想である。株価は反発力が鈍く安値圏だが、下値固め完了感を強めている。調整一巡して出直りを期待したい。なお11月14日に第2四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

日本エンタープライズは20年5月期1Q大幅増益、通期収益改善期待

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は事業ポートフォリオを再構築して、コンテンツサービス、ビジネスサポートサービス、ソリューションを強化している。20年5月期増収増益予想である。第1四半期は大幅増益だった。通期ベースでも収益改善を期待したい。株価は第1四半期業績を材料視する形で急騰・急落と乱高下の展開となった。目先的な売り買いが一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:39 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

クリーク・アンド・リバー社は目先的な売り一巡、20年2月期大幅増益予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。20年2月期大幅増益予想である。第2四半期累計は販管費増加で営業利益横ばいだったが、売上面は2桁増収と順調だった。通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は第2四半期累計業績を嫌気する形で反落したが、目先的な売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:37 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インテージホールディングスは戻り試す

 インテージホールディングス<4326>(東1)は市場調査事業を主力として、システムソリューション分野や医薬情報分野にも展開している。20年6月期は決算期変更で15ヶ月決算だが、12ヶ月分の連結業績予想(19年4月〜20年3月)は増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は8月の年初来安値から反発して水準を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。なお11月8日に第2四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:36 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

スターティアホールディングスは戻り試す

 スターティアホールディングス<3393>(東1)はデジタルマーケティング関連事業とITインフラ関連事業を主力としている。20年3月期は先行投資負担で減益予想だが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は8月の年初来安値から反発して水準を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:35 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ラクーンホールディングスは上値試す、20年4月期大幅増益予想

 ラクーンホールディングス<3031>(東1)は、企業間ECサイトのスーパーデリバリー運営を主力として、EC事業およびフィナンシャル事業を展開している。20年4月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は戻り歩調で1月の年初来高値に接近している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:33 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期大幅増益予想、さらに再上振れ余地

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は漬物・キムチ製品の最大手である。主力の「ご飯がススム キムチ」ブランド力が向上し、新製品の積極投入、惣菜製品の強化、ECや外食・飲食といった新規領域への展開を推進している。20年2月期は上方修正して大幅増益予想である。さらに再上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は上場来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:32 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年10月14日

台風19号の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます

 日本インタビュ新聞社は、今回の台風19号の被災者の方々に対して、また、その関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 当社は、株式専門紙とした、上場企業の株価に関する話題をいち早く、投資家の皆様に話題を提供しています。

 しかし、今回の台風19号の被害は甚大で、株価の上昇、下落等に関するニュースを発信するには、不見識と言われる状況と思われます。それほど、被害は甚大であるということを認識しています。

 また、これまで、日本政府として推進してきた「国土強靭化計画」がこの数年間実践されてきた結果、このような事態になってきています。異常気象が原因で、このような災害が発生しているのですが、余りにも被害は甚大です。

 当社としても、記事の配信を控える状況かとも思われますが、今後、自然災害に関するニュース、また、環境問題に関する話題についてこれまで以上に注目していくことで、責任を果たそうと思っています。

 被災者の方々の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 日本インタビュ新聞社 代表取締役社長 奥村尊将
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:41 | お知らせ