IRセミナー
5/30(火)=マーキュリアインベストメント、JPホールディングス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年01月31日

【銘柄フラッシュ】東京コスモス電機など急伸し材料性あるアンジェスMGなども活況高

 31日は、東証1部の値上がり率1位(ETF:上場投信を除く)がラサ商事<3023>(東1)となり、14時前に業績・配当予想の増額を発表してから一段高となり12.5%高。2位はヤーマン<6630>(東1)となり、4月決算への期待などが言われて後場一段ジリ高の11.4%高。3位はキヤノンマーケティングジャパン<8060>(東1)となり、30日に発表した前期決算や今期見通しが好感されて11.0%高。

 東京コスモス電機<6772>(東2)は車載用フィルムヒーターの受注観測報道などが言われて朝方からストップ高の37.3%高。船場<6540>(東2)は30日に発表した前12月期の決算・配当見通しの増額が好感されて16.5%高。ヤスハラケミカル<4957>(東2)は30日に発表した四半期決算などが好感されて大引け間際まで買い気配のままストップ高の15.0%高。

 Jストリーム<4308>(東マ)は30日発表の四半期決算などが好感されて後場一段高となりストップ高の17.6%高。リアルコム<3856>(東マ)は第三者割当増資の払込日が1月27日になり、いわゆるファイナンス明け相場に期待が衰えず一時2日連続ストップ高となり大引けは16.0%高。アカツキ<3932>(東マ)は連続最高益含みの好業績を受けて12月に急騰した相場の第2幕との見方があり14.5%高。アンジェスMG<4563>(東マ)は高血圧DNAワクチンに関する特許などが材料再燃となって出直りを強め4.4%高。

 日本エマージェンシーアソシエイツ<6063>(JQS)は訪日外国人の医療ツアーなどに期待とされて一段ジリ高の13.3%高。アズジェント<4288>(JQS)はイスラエル社製ファイル無害化ソリューションの普及拡大発表などが言われて8.3%高。ジオネクスト<3777>(JQG)は16年3月就任の新経営陣の下で収益が改善し16年12月期に営業黒字化するなどで勢いがあるとされて6.7%高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:19 | 株式投資ニュース

【投資に役立つ説明会資料】インフォコムの2017年3月期第3四半期決算説明資料

投資に役立つ説明会資料

インフォコム<4348>(JQ)
infocoms1.jpg

 インフォコム<4348>(JQ)は、企業向けITサービス(医療機関・製薬企業向けヘルスケア事業、一般企業向けSIのエンタープライズ事業、ERPソフト「GRANDIT」や緊急連絡・安全確認サービスなどのサービスビジネス事業)、および一般消費者向けネットビジネス(子会社アムタスの電子書籍配信サービス、eコマース、各種デジタルコンテンツの提供)を展開している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:54 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ説明会資料】ファンデリーの2017年3月期第3四半期決算説明資料

投資に役立つ説明会資料

ファンデリー<3137>(東マ)
fandes1.jpg

 ファンデリー<3137>(東マ)は、生活習慣病患者向けなどに健康食を宅配する事業を展開。専属の栄養士が、栄養相談などのヒアリングを行い冷凍弁当の形態で配送している。全国の医療機関、調剤薬局、保健所・介護施設などにカタログ配布して紹介ネットワークを活用して成長している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:40 | 投資に役立つ説明会資料

【株式市場】トランプ氏の司法長官代行解任など影響し日経平均は大幅続落の安値引け

◆日経平均の終値は1万9041円34銭(327円51銭安)、TOPIXは1521.67ポイント(22.10ポイント安)、出来高概算(東証1部)は19億9746万株

チャート14 31日後場の東京株式市場は、取引開始前に米トランプ大統領が司法長官代行を解任したことを受けて米国の夜間取引でS&P500株価指数の先物が急落と伝えられ、日経平均の先物も一段安でスタート。12時30分に四半期決算を発表した東洋水産<2875>(東1)などは一段高となったが、TOPIX(東証株価指数)も日経平均も一段安となった。結局、日経平均の下げ幅は300円を超えて本日の安値引けとなり3日続落。東証2部指数、マザーズ指数なども全面安。

 13時に四半期決算を発表した第一三共<4568>(東1)は一段高となった一方、13時に発表した三菱商事<8058>(東1)は前日比プラス圏に浮上できなかった。30日に発表したJストリーム<4308>(東マ)は後場一段高となりストップ高。日本エマージェンシーアソシエイツ<6063>(JQS)は訪日外国人の医療ツアーなどに期待とされて一段ジリ高。

 東証1部の出来高概算は19億9746万株(同8億8698万株)、売買代金は2兆4867億円(同1兆698億円)。1部上場2002銘柄のうち、値上がり銘柄数は396(同404)銘柄、値下がり銘柄数は1518(同1469)銘柄。

 また、東証33業種別指数は全33業種が値下がり(前引けはその他金融1業種のみ値上がり)し、値下がり率の小さい業種は、その他金融、食料品、情報・通信、小売り、化学、繊維製品、倉庫・運輸、不動産、卸売り、などとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:34 | 今日のマーケット

【話題株】ウインテストはイメージセンサー検査装置を受注を材料視して急伸

 ウインテスト<6721>(東2)は31日、44円高(20.95%高)の254円まで上げて急伸している。本日正午に国内大手電気機器メーカーからイメージセンサ検査装置 WTS−311 シリーズを受注したと発表したことを材料視している。受注金額は約1億円としている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:12 | 話題株

フィル・カンパニーは新たな事業スキームを好感して反発

 時間貸し駐車場の地主に上部「未利用」空間への貸店舗建設を提案する空中店舗フィル・パーク事業を展開しているフィル・カンパニー<3267>(東マ)は31日、195円高(4.7%高)の4305円まで上げて反発している。同社は1月23日に新たな事業スキーム開始を発表した。株価は16年11月IPO直後の高値4470円から12月安値2610円まで調整したが、IPO後の売りが一巡して戻り歩調の展開だ。新たな事業スキーム開始を好感して動意づく可能性がありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:00 | 株式投資ニュース

プリマハムは上方修正を好感して急反発

 プリマハム<2281>(東1)は31日、32円高(7.86%高)の439円まで上げて急反発している。同社は31日引け後に17年3月期の連結利益予想の上方修正を発表したことを好感している。加工食品事業における生産性向上によるコスト削減とベンダー事業の収益改善が順調に推移していることに加えて、原材料価格も安定したことが寄与している。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:58 | 株式投資ニュース

【話題株】東京コスモス電機は車載フィルムヒーター受注を材料視してストップ高

 東京コスモス電機<6772>(東2)は31日、50円高(37.3%高)の184円高とストップ高となり高値を更新している。全市場の値上がり率は1位となっている。31日付日刊工業新聞が「東京コスモス電機、会津若松市に新工場−車載フィルムヒーターをトヨタから受注」などと報じたことを材料視している。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:44 | 話題株

津田駒工業は好業績を評価して3日続伸

 繊維機械大手で工作機械も展開している津田駒工業<6217>(東1)は31日、5円高(2.67%高)の192円まで上げて3日続伸している。1月19日発表した16年11月期連結業績は黒字化した。そして17年11月期も増収増益予想である。株価は12月9日の昨年来高値187円から一旦反落したが、1月18日の直近安値157円から切り返してきた。さらに上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース

船場は増額修正を好感して急伸

 12月19日に東京証券取引所第2部市場に上場した船場<6540>(東2)は31日、203円高(18.95%高)の1274円まで上げて急続伸している。30日引け後に発表した16年12月期業績予想と期末一括配当計画を増額修正したことを好感している。株価は、12月19日に公開価格1290円を7.5%下回る1193円で初値をつけた後、20日に高値1280円と買われた後、モミ合っていた。増額修正を好感してさらに上値を試す展開が期待される。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:39 | 株式投資ニュース

ユニバーサルエンターテインメントは大幅増額修正を好感して高値更新

 パチスロ大手のユニバーサルエンターテインメント<6425>(JQ)は31日、165円高(4.16%高)の4125円まで上げて急反発し高値を更新している。1月23日、17年3月期連結業績予想の大幅増額修正を発表。株価は08年来の高値圏だ。増額修正を好感してさらに上値を試す展開が期待される。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース

【業績でみる株価】特殊電極は17年3月期予想を増額修正、営業減益予想から一転して営業増益予想

 特殊溶接工事の特殊電極<3437>(JQ)は31日、158円高(5.4%高)の3080円まで上げて急伸している。同社は1月30日に17年3月期連結業績予想の増額修正を発表した。営業減益予想から一転して営業増益予想となった。株価は昨年来来高値更新の展開だ。好業績を評価して14年9月高値を目指す展開が期待される。

 17年3月期連結業績予想は、売上高を2億円増額して16年3月期比2.8%増の86億円、営業利益を1億24百万円増額して同6.5%増の5億23百万円、経常利益を1億30百万円増額して同5.7%増の5億38百万円、純利益を92百万円増額して同3.0%減の4億24百万円とした。

 売上面では鉄鋼関連保全工事の受注増加などで順調に推移し、利益面では増収効果に加えて、品質向上、コスト削減、および諸経費の圧縮なども寄与する。

 株価は昨年来高値更新の展開となり、1月25日には2952円まで上伸した。日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって中段保ち合いから上放れた形だ。好業績を評価して14年9月高値3610円を目指す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:31 | 業績でみる株価

ドリコムは大幅増額修正を好感して7連騰し連日高値を更新

 コンテンツサービスを主力とするドリコム<3793>(東マ)は31日、107円高(5.0%高)の2220円まで上げて変わらずを一日はさんで7連騰し高値を更新している。同社は1月19日の17年3月期第3四半期累計連結業績予想の大幅増額修正を発表した。株価は昨年来高値更新の展開だ。増額修正を評価して上値を試す展開が期待され、さらに上げ足を速める可能性もありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:26 | 株式投資ニュース

ダイトーケミックスは好業績と配当の増額修正を好感して連日高値更新

 感光性材料や写真材料のダイトーケミックス<4366>(東2)は31日、83円高(8.5%高)の1059円まで上げて続急伸し高値を更新している。1月27日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績が大幅増収増益となり、通期連結業績予想および配当予想の2回目の増額修正を発表した。株価は高値更新の展開となって水準を切り上げている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:24 | 株式投資ニュース

リアルコムは3日連続のストップ高

 リアルコム<3856>(東マ)は31日、150円高(17.3%高)の1017円まで上げて一時ストップ高している。3日連続のストップ高で株価は5連騰。手取り概算額約8900万円の第三者割当増資の払い込み日が1月27日のため、いわゆるファイナンス明けになり、今後の展開などに期待がかかった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:21 | 株式投資ニュース

かどや製油は増額修正を好感して一時ストップ高

 ごま油首位のかどや製油<2612>(東1)は31日、700円高(16.47%高)の4950円まで上げて一時ストップ高している。1月30日発表した17年3月期第3四半期累計の非連結業績は大幅増益だった。そして通期の業績予想と配当予想を増額修正した。株価は高値更新の展開で1月12日には4865円まで急伸する場面があった。好業績を評価してさらに上値を試す展開が期待される。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:18 | 株式投資ニュース

【話題株】博展はグループ会社の新型コミュニケーションロボットを材料視してストップ高

 博展<2173>(JQ)は31日、100円高(15.7%高)の735円と一時ストップ高し高値を更新している。同社グループの「タケロボ」が26日、新型コミュニケーションロボットを製品化したと発表したことを材料視している。同社はすでにコミュニケーションロボット「ロボコット」を販売しており、今回の「IBM Watson 関連機能」「クラウド連携機能」「拡張性の強化」を施した新型ロボットも発売している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:16 | 話題株

【株式市場】好業績株は強いがNYダウ続落など影響し日経平均は一時267円安

◆日経平均の前引けは1万9110円91銭(257円94銭安)、TOPIXは1525.67ポイント(18.10ポイント安)、出来高概算(東証1部)は8億8698万株

チャート14 31日(火)前場の東京株式市場は、30日に好決算を発表したキヤノンマーケティングジャパン<8060>(東1)などが高いものの、NYダウの続落(122.65ドル安の1万9971.13ドル)に加え、昼頃には日銀の金融政策決定会合の結果が伝わる可能性があるため様子見気分もあり、個別物色の展開になった。日経平均は取引開始後に267円07銭安(1万9101円78銭)まで下押し、前引けも257円94銭安(1万9110円91銭)だった。東証2部指数、マザーズ指数なども安い。

 30日に四半期決算を発表したスタンレー電気<6923>(東1)かどや製油<2612>(東1)などが活況高となり、業績予想を増額したプリマハム<2281>(東1)船場<6540>(東2)なども高い。アンジェスMG<4563>(東マ)は高血圧DNAワクチンに関する特許などが材料再燃となって出直りを強め、パピレス<3641>(JQS)は好決算への期待などが言われて高値を更新。

 東証1部の出来高概算は8億8698万株、売買代金は1兆698億円。1部上場2002銘柄のうち、値上がり銘柄数は404銘柄、値下がり銘柄数は1469銘柄となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:57 | 今日のマーケット

ファンデリーは全体相場の下落に逆行高、好業績への期待が再燃

■31日に第3四半期決算を発表する予定のため注目集まる

 管理栄養士による健康食宅配などのファンデリー<3137>(東マ)は31日の前場、1184円(32円高)まで上げて2日続伸基調となり、東証マザーズ指数や日経平均が反落する中で逆行高となった。31日に2017年3月期・第3四半期決算を発表する予定のため期待が強まっている。

 年度ベースでも最高益を連続更新する見込みで、3月通期の業績予想(非連結・第2四半期決算発表時の5月10日現在)は、売上高が前期比15.0%増の34億6600万円、営業利益が同13.3%増の5億6700万円、純利益は同8.8%増の3億4000万円、1株利益は53円63銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

Nutsは「継続前提の注記」解消など好感され連日急伸

■未定だった今3月期の業績見通しも発表し業績回復に向けた期待強まる

 遊戯機向けコンテンツなどのNuts(ナッツ)<7612>(JQS)は31日、10時40分にかけて19%高の272円(43円高)まで上げ、2日続けて大幅高の高値更新となっている。27日付で第3四半期決算と未定だった2017年3月期・通期の業績見通し、「記」の解消などを発表。連日好感されている。

 未定だった3月通期の業績見通しは、売上高が前期比4.1倍の8.28億円、営業利益は3.57億円の赤字(前期は0.52億円の赤字)、純利益は0.58億円の赤字(前期は0.53億円の赤字)。さらに、同時に発表した「最低保証許諾料の会計処理に関するお知らせ」によると、この見通しには、最低保証許諾料を現時点では売上計上すべき性質のものではないとして織り込んでいないとしたため、最終的には業績が一段上ぶれることになる。株価水準はPBR20倍台になるため割高感は拭えないが、業績回復に向けた環境は整ってきたとして注目する動きはある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:07 | 株式投資ニュース

アズジェント2日連続ストップ高、イスラエル社製ソフト普及など材料視

■ファイル無害化ソフト、総務省の情報セキュリティ強化対策に乗る

 サイバーセキュリティ対策ソフトなどのアズジェント<4288>(JQS)は31日、連続ストップ高となり、朝方に1098円(150円高)まで上げて10時を過ぎても13%高の130円高前後で推移。引き続き、同社が販売するファイル無害化ソリューション(イスラエル・Votiro社の「Secure Data Sanitization」)が2016年12月31日時点で33の都道府県内で県もしくは県下の市区町村へ導入されたと1月30日に発表したことが材料視されている。

 発表によると、この無害化ソリューションは、ファイルがマルウェアを含んでいるかもしれない「可能性」を重要視し、外部から入ってくるすべてのファイルを無害化(サニタイズ)する。導入実績は現在も増加しており、引き続き官公庁や教育機関、更には民間企業への導入に向け提案活動を行うという。業績は2017年3月期、3期ぶりに完全黒字化の見込み。心理的なフシ目になる4ケタ(1000円)台に乗ったことから、「大台固め」に転じるか、このまま一段高かが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:21 | 株式投資ニュース

精養軒は三井不動産による株式買い付けなど材料に大きく出直る

■日本のフランス料理店の草分け、「経営戦略上有効」と

 精養軒<9734>(東1)は31日、大きく出直る始まりとなり、9時30分にかけては756円(30円高)前後で推移。31日の取引開始前、三井不動産<8801>(東1)が「精養軒の株式買い付けの決定に関するお知らせ」を東証IR開示を通じて発表。思惑や期待が広がった。

 発表によると、買い付け数量は41万7500株(発行済み株式総数の15.9%)。「中長期的な観点において、経営戦略上有効であるため(中略)安定株主として長期保有する」という。

 精養軒は、同社ホームページによると、明治5年(1872年)東京・築地に創業した日本におけるフランス料理店の草分け的存在で、明治9年(1876年)には、上野公園開設に伴い、不忍池畔の現在の地に「上野精養軒」が誕生した。この10年ほどは、東京・上野動物園のパンダに「おめでた」の兆候が伝えられると株価が急動意となるケースが多い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

【業績でみる株価】エスティックは17年3月期第3四半期累計が大幅増収増益で通期予想に再増額余地

 ナットランナ(ネジ締め機器)大手のエスティック<6161>(東2)が1月30日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績は大幅増収増益だった。進捗率が高水準であり、通期予想に再増額余地がありそうだ。株価は大幅上伸して06年来の高値水準だ。好業績を評価して06年2月の上場来高値を目指す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4月〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比26.7%増の31億87百万円、営業利益が同59.7%増の7億91百万円、経常利益が同41.0%増の7億56百万円、純利益が同48.3%増の5億07百万円だった。主力のハンドナットランナの販売が国内外で好調に推移した。

 通期の連結業績予想(10月24日に利益を増額修正)は据え置いて、売上高が16年3月期比11.9%増の40億円、営業利益が同35.9%増の8億72百万円、経常利益が同21.3%増の8億43百万円、そして純利益が同23.7%増の5億67百万円としている。

 上期に比較的利益率の高いハンドナットランナの売上が集中した反動で下期は調整による販売量の減少が予想され、さらに比較的利益率の低いネジ締付装置の売上増加が見込まれるとしている。ただし第3四半期累計の進捗率は売上高79.7%、営業利益90.7%、経常利益89.7%、純利益89.4と高水準である。通期予想に再増額余地がありそうだ。

 株価は2000円近辺での中段保ち合いから上放れ、高値更新の展開となって1月31日は3180円まで大幅上伸した。06年以来の高値水準だ。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドだ。好業績を評価して06年2月の上場来高値5950円を目指す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:35 | 業績でみる株価

スタンレー電気は第3四半期の業績好調で昨年来の高値を更新

■前年同期比で円高でも増益を確保

 スタンレー電気<6923>(東1)は31日、大きく出直る始まりとなり、取引開始後に8%高の3270円(250円高)まで上げて1月4日につけた昨年来の高値を更新した。30日の取引終了後、2017年3月期・第3四半期決算(16年4〜12月、連結)を発表し、円相場が前年同期末に比べて大きく円高になったにもかかわらず営業利益が前年同期比8.9%の増加、経常利益は同13.3%の増加となったことなどが好感されている。

 自動車向けのLEDヘッドランプなどが好調に推移し、4〜12月の連結純利益は同10.9%増加して190.6億円となった。3月通期の見通しは据え置き、売上高は前期比6%減の3800億円、純利益は同7.7%増の275億円、1株利益は165.50円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース

【業績でみる株価】かどや製油は17年3月期第3四半期累計が大幅増益、通期業績・配当予想を増額修正

 ごま油首位のかどや製油<2612>(東1)は31日、490円高(10.3%高)の4740円まで上げて急伸している。1月30日発表した17年3月期第3四半期累計の非連結業績は大幅増益だった。そして通期の業績予想と配当予想を増額修正した。株価は好業績を評価して高値更新の展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の非連結業績は、売上高が前年同期比6.0%増の218億78百万円、営業利益が同2.2倍の29億45百万円、経常利益が同30.2%増の25億84百万円、純利益が同37.0%増の17億51百万円だった。

 販売数量がごま油全体11.8%増、食品ごま6.1%増と好調に推移した。コスト面では充填工場新設稼働で減価償却費が増加し、販管費では家庭用ごま油等の拡販で販売経費が増加したが、原料の払出価格および燃料費の減少が寄与して大幅増益だった。

 通期の非連結業績予想は、売上高を18億円増額して前期比4.3%増の283億円、営業利益を10億円増額して同2.2倍の35億円、経常利益を8億円増額して同44.5%増の33億円、そして純利益を9億80百万円増額して同84.4%増の26億50百万円とした。配当予想は期末40円増額して年間110円(期末一括)とした。前期との比較では50円増配となる。

 株価は高値更新の展開で1月12日には4865円まで急伸する場面があった。日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドである。31日は490円高(10.3%高)の4740円まで上げて急伸している。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:24 | 業績でみる株価