株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年04月16日

FPGの第2四半期業績予想は、上方修正により、当初の減収減益から一転、増収増益を見込む

■タックス・リース・アレンジメント事業において、投資家からの旺盛な需要を確実に取り込み、計画を上回る早さで好調に推移

 FPG<7148>(東1)は14日、今17年9月期第2四半期連結業績予想の上方修正を発表した。

 第2四半期連結業績予想の売上高は、前回予想を15億40百万円上回る120億円(前回予想比14.7%増)、営業利益は16億69百万円上回る80億円(同26.4%増)、経常利益は18億21百万円上回る82億円(同28.6%増)、純利益は14億54百万円上回る56億円(同35.1%増)と当初予想を上回る見込み。

 上方修正により、対前年同期比では、売上高13.2%増、営業利益12.6%増、経常利益15.0%増、純利益23.3%増と当初の減収減益から一転、増収増益を見込む。

 上方修正の理由として、同社では、グループの売上高の大半を占めるタックス・リース・アレンジメント事業において、投資家からの旺盛な需要を確実に取り込み、計画を上回る早さで好調に推移したことを挙げている。

 通期連結業績予想については、第3四半期以降の業績見通しについては、国内外の政治情勢や世界経済における地政学的リスクの高まりなどの不確定要素があるため当初予想を据え置くとしている。

 17年9月期通期連結業績予想は、売上高212億34百万円(前期比12.4%増)、営業利益129億44百万円(同9.2%増)、経常利益129億36百万円(同8.7%増)、純利益83億53百万円(同9.3%増)を見込む。

 ちなみに、通期業績予想に対する第2四半期業績予想の進捗率は、売上高56.5%、営業利益61.8%、経常利益63.4%、純利益67.0%となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:38 | IR企業情報

関西スーパーマーケットは15日、17年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表

■健康志向商品や簡便商品の品揃えの充実および惣菜売場の改装による効果に加え、発注や在庫管理の適正化に努めたことにより売上総利益が伸長

 関西スーパーマーケット<9919>(東1)は15日、17年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表した。

 営業収益は前回予想を9億10百万円上回る1206億70百万円(前回予想比0.8%増)、営業利益は3億70百万円上回る18億円(同25.9%増)、経常利益は3億90百万円(同21.0%増)、純利益は50百万円上回る7億50百万円(同7.1%増)と当初予想を上回る見込み。

 16年3月期比では、営業収益0.49%増、営業利益31.0%増、経常利益21.6%増、純利益18.8%減となる。

 修正の理由として、個別業績で、健康志向商品や簡便商品の品揃えの充実および惣菜売場の改装による効果に加え、発注や在庫管理の適正化に努めたことにより売上総利益が伸長した一方で、販売費及び一般管理費がほぼ計画通りとなった結果、利益面で個別、連結ともに当初予想を上回る見通しとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:21 | IR企業情報

ユーシンの今17年12月期第1四半期は大幅増益

■自動車部門は減収ながら大幅増益、産業機械部門は2ケタ増収増益

 ユーシン<6985>(東1)の今17年12月期第1四半期連結は、UAM事業について、前年度のような品質不具合等に起因する特損計上がなかったことから大幅増益となった。

 第1四半期連結業績は、売上高383億21百万円(前年同期比0.0%増)、営業利益9億46百万円(同95.0%増)、経常利益7億02百万円(前年同期△5憶71百万円)、純利益1億44百万円(同△18億96百万円)であった。

 前期は、連結子会社であるU−Shin Slovakia s.r.o.が納入した部品に関して自動車メーカーが不具合対応を行うことになったため、当該部品についての点検及び交換等に要する費用見込額9億23百万円を引き当て、特別損失に計上した。

 今期は、前年度のような品質不具合等に起因する特殊要因がなかったことに加え、農機向けが好調に推移したこと、販管費の減少(のれん 償却費、役員報酬等)したことで大幅増益となった。

 自動車部門は、売上高322億76百万円(前年同四半期比2.1%減)、営業利益9億11百万円(同57.6%増)と減収ながら大幅増益。

 産業機械部門は、売上高54億45百万円(同14.6%増)、営業利益6億60百万円(同17.6%増)と2ケタ増収増益。農機関係が国内向け中国・北米等の海外向けとも好調に推移した。

 住宅機器部門は、売上高5億99百万円(同0.4%減)、営業利益20百万円(同42.4%減)であった。

 今17年12月期通期連結業績予想は、売上高1544億円、営業利益49億10百万円、経常利益36億40百万円、純利益38億70百万円を見込む。なお、決算期変更に伴い、今通期は13か月決算となるため、増減率は記載していない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 決算発表記事情報

メタップスは「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消

■第2四半期連結業績は大幅増収増益で黒字転換

 メタップス<6172>(東マ)は14日、今17年8月期通期業績の営業利益の拡大が見込まれることから、継続企業の前提に重要な疑義を生じさ せるような事象又は状況は現時点で存在しないと判断し、「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載を解消した。

 同日発表した第2四半期連結業績は、同社が記載解消を発表するにふさわしく、大幅増収増益で黒字転換となった。なお、同社の決算は、IFRS国際会計基準を適用している。

 第2四半期連結業績は、売上高63億18百万円(前年同期比101.2%増)、営業利益3億83百万円(前年同期△2憶86百万円)、税引き前利益4億42百万円(同△3億70百万円)、四半期利益3億15百万円(同△3億95万円)、親会社の所有者に帰属する四半期利益2億71百万円(同△4億02百万円)、四半期包括利益合計額5億61百万円(同△7億40百万円)であった。

 アプリ収益化プラットフォーム“metaps”などの既存サービスが堅調に推移したことに加え、ファイナンス関連サービスが寄与した。ファイナンス関連サービスは、大型案件の一部寄与の影響で、今第2四半期連結累計期間は連結売上高の4割超を占めるまでに成長した。利益面では、Smartcon Co. Ltd.を含むファイナンス関連サービスによる業績寄与が営業利益の押し上げ要因となった。

 今17年8月期通期連結業績予想は、売上高180億円(前期比102.5%増)、営業利益7億円(前期△3億10百万円)を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 決算発表記事情報

個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を4月17日(月)、東洋経済新報社9階ホールで開催!

■株式講演会も同時開催

 株式専門情報をネット配信する「日本インタビュ新聞社」は、平成29年4月17日(月)の13時から『企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー』を東洋経済新報社9階ホールにおいて開催する。株式講演会も同時に開催。入場は無料で先着230名となっている。

 4月17日(月)は、第1部で東証1部上場・株式会社クリーク・アンド・リバー社(証券コード=4763)の代表取締役社長・井川幸広氏がIR講演会を行う。第2部で東証1部上場・株式会社エスプール(証券コード=2471)の代表取締役社長・浦上壮平氏がIR講演会を行う。第3部ではロータス投資研究所代表の中西文行氏が株式講演会を行う。

★企業の将来が見えるIRセミナー&株式講演会

【日程】平成29年4月17日(月)
【会場】東洋経済新報社9階ホール
      (東京都中央区日本橋本石町1-2-1)
【料金】入場無料先着順 >案内状送付のお申し込み

【スケジュール】

■第1部 13:00〜14:00 IRセミナー
『TV・映画・ゲーム・VR、作家、医師…50分野へ』
  〜プロフェッショナルの能力で未来を創造する〜
株式会社クリーク・アンド・リバー社 代表取締役社長 井川 幸広 氏

■第2部 14:10〜15:10 IRセミナー
『障がい者の雇用支援で日本一を目指す
人材アウトソーシングカンパニー』
株式会社エスプール 代表取締役社長 浦上 壮平 氏

■第3部 15:20〜16:00 株式講演会
『ズバリ狙える銘柄はこれだ!』
ロータス投資研究所代表 中西 文行 氏

※定員(230名)になり次第締め切らせていただきます。大変混雑が予想されますので、お早目のご来場をお願いいたします。なお、恒例の商品券が当たる抽選会もあります。

■次回、ご案内をご希望の方はこちらからお申し込みください。
 >>> http://media-ir.com/news/?page_id=34101

20170417_1.jpg

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:12 | お知らせ

アドテック プラズマ テクノロジーは第2四半期業績と通期業績予想の上方修正を発表

■研究機関・大学関連事業は減収ながら赤字幅縮小

 プラズマ用高周波電源装置で世界3位のアドテック プラズマ テクノロジー<6668>(東2)は14日、第2四半期業績と通期業績予想の上方修正を発表した。

 今18年8月期第2四半期連結業績の売上高は前回予想を1億38百万円上回る32億61百万円(前回予想比4.4%増)、営業利益は1億88百万円上回る6億04百万円(同45.2%増)、経常利益は2億円上回る6億26百万円(同46.9%増)、純利益は1億85百万円上回る4億86百万円(同61.5%増)と利益面で当初予想を大幅に上回る結果となった。

 前期比では、売上高23.8%増、営業利益490.5%増、経常利益1103.8%増、純利益1250.0%増となる。

 第2四半期の半導体・液晶関連事業の売上高は29億05百万円(同31.3%増)、営業利益6億68百万円(同242.9%増)と大幅増収増益。
 研究機関・大学関連事業の売上高は3億55百万円(同15.9%減)、営業利益△64百万円(前年同期△92百万円)と減収ながら赤字幅は縮小した。

 通期連結業績予想も上方修正した。売上高は前回予想を8億28百万円上回る71億75百万円(前回予想比13.0%増)、営業利益は4億89百万円上回る11億73百万円(同71.5%増)、経常利益は4億87百万円(同70.2%増)、純利益は4憶07百万円上回る8億80百万円(同86.0%増)と利益面で当初予想を大幅に上回る見込み。

 前期比では、売上高35.0%増、営業利益526.5%増、経常利益809.9%増、純利益3042.9%増と大幅増収増益を見込む。

 通期に対する第2四半期の進捗率は、売上高45.4%、営業利益51.5%、経常利益53.0%、純利益55.2%となっていることから今期の利益がかなり大幅に伸びるもののほぼ計画通りのペースで推移しているといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:38 | 決算発表記事情報

ホープは株主優待制度の新設を発表

■初めての契約自治体であるという縁で太宰府天満宮の「太宰府みやげ」とコラボレーション

 ホープ<6195>(東マ)は14日、株主優待制度の新設を発表した。

 同社の事業への理解を深め、同社株式の魅力を高め、中長期的に保有してもらえることが新設の理由として挙げられている。なお、優待制度は、抽選型となっている。

 17年6月末時点で、株主名簿に記載された100株以上の保有株主を対象に、同社で厳正に抽選を行う。当選者150名は、優待内容の各コースのいずれかを選択する。

 優待内容は、地域貢献を主軸に「太宰府市」が同社の初めての契約自治体であるという縁で太宰府天満宮の「太宰府みやげ」とコラボレーションを行う内容となっている。「財」、「 源」、「 確」、「 保」の4 コースを用意し、それぞれ太宰府天満宮にちなんだグッズで構成されている。

詳細は、同社 HP(http://www.zaigenkakuho.com/ir/benefit)で。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:44 | IR企業情報