スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年05月13日

久世の17年3月期は、減収ながら物流業務の効率化による物流費削減により、最終利益は過去最高を更新

■今期18年3月期も積極的提案営業の推進と、物流をはじめとした業務効率化を推進し増収増益を見込む

 外食向け食材卸が主力の久世<2708>(JQS)の17年3月期は、減収ながら徹底した物流業務の効率化による物流費の削減により、最終利益は過去最高を更新して着地。

 17年3月期連結業績は、売上高615億70百万円(前年同期比8.4%減)、営業利益5億68百万円(同29.5%増)、経常利益6億63百万円(同11.7%増)、純利益4億87百万円(同0.3%増)となった。

 売上高に関しては、大口取引先との取引解消の影響が残るため、減収となっているが、新規顧客の開拓に努め、新規顧客向けの売上を伸ばした。

 同社のセグメント別の業績を見ると、食材卸売事業部は、売上高570億13百万円(同9.1%減)、セグメント利益(営業利益)8億87百万円 (同19.9%増)と減収ながら2ケタ増益。

 食材製造事業部は、売上高45億68百万円(同1.8%増)、セグメント利益(営業利益)5億45百万円 (同22.5%増)と増収2ケタ増益。

 不動産賃貸事業部は、売上高1億46百万円(同0.8%増)、セグメント利益(営業利益)1億12百万円(同1.3%増)であった。

 今期18年3月期については、積極的な提案営業の推進と、物流をはじめとした業務効率化を一層積極的に進めることで増収増益を見込む。

 売上高は635億円(前期比3.1%増)、営業利益6億円(同5.5%増)、経常利益6億70百万円(同1.0%増)、純利益4億90百万円(同0.5%増)と増収増益を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:00 | 決算発表記事情報

インテージHDの17年3月期は増収増益で、15年3月の過去最高益を更新

■今期18年3月期は増収減益だが5円の増配予想

 市場調査のリーディングカンパニーのインテージHD<4326>(東1)の17年3月期業績は、主力のマーケティング支援(消費財・サービス)事業、マーケティング支援(ヘルスケア)事業共に増収増益となったことから15年3月の過去最高益を更新した。

 同社の事業は、マーケティング支援(消費財・サービス)事業、マーケティング支援(ヘルスケア)事業、ビジネスインテリジェンス事業の3事業に分かれている。

 マーケティング支援(消費財・サービス)事業、マーケティング支援(消費財・サービス)事業は増収増益となったものの、ビジネスインテリジェンス事業は、AIを活用した新規事業投資の影響で、増収ながら減益となった。

 今期については、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響などが懸念されるものの、国内においては政府の各種政策の効果により緩やかな回復基調が見込まれるとしている。

 その結果、18年3月期通期連結業績予想は、売上高510億円(前期比6.3%増)、営業利益40億円(同6.3%減)、経常利益41億50百万円(同5.5%減)、純利益28億円(同2.5%減)を見込む。

 配当については、前期の35円から40円と5円の増配予想。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:29 | 決算発表記事情報

ラ・アトレの第1四半期は再生不動産販売、不動産管理の売上が大幅に伸び、新築不動産販売の減収をカバーし大幅増収となる

■多言語対応・長期滞在型の「LAホテル京都」がオープンし、今後の賃料収入が業績に寄与する見込み

 不動産販売・管理事業を展開するラ・アトレ<8885>(JQG)の第1四半期は、再生不動産販売事業、不動産管理事業の売上が大幅に伸び、新築不動産販売部門の減収をカバーしたことで大幅増収となった。

 今期17年12月期第1四半期連結業績は、売上高9億98百万円(前年同期比24.5%増)、営業利益37百万円(同1.8%増)、経常利益△22百万円(前年同期△04百万円)、純利益△21百万円(同03百万円)であった。

 同社の事業は、不動産販売事業、不動産管理事業に大別される。

 不動産販売事業は、新築と再生に分けられる。新築部門は、売上高2億65百万円(同24.2%減)、セグメント利益△02百万円(前年同期36百万円)であった。再生部門は売上高6億19百万円(前年同期比66.6%増)、セグメント利益53百万円(同41.8%増)となった。

 不動産管理事業は、売上高1億10百万円(同44.4%増)、セグメント利益53百万円(同41.8%増)と大幅増収増益であった。2月に、海外からのインバウンド需要を見込んだ、多言語対応・長期滞在型の「LAホテル京都」がオープンしたことで、今後の賃料収入が業績に寄与する見込みとなっている。

 今期17年12月期通期連結業績予想は、売上高88億85百万円(前期比87.4%増)、営業利益8億15百万円(同132.0%増)、経常利益6億10百万円(同190.3%増)、純利益5億11百万円(同189.8%増)と大幅増収増益を見込む。

 一株当たり純利益は前期の41円73銭から今期は117円03銭と大幅に伸びる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:30 | 決算発表記事情報

【注目銘柄】M&Aキャピタルパートナーズは3月の上場来高値に接近、17年9月期業績予想の増額修正を評価

 M&Aキャピタルパートナーズ<6080>(東1)に注目したい。事業承継案件に強みを持つ独立系のM&A仲介会社である。17年9月期通期の連結業績予想を増額修正した。再増額の期待も高まる。株価は3月の上場来高値に接近している。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

 4月28日発表した17年9月期第2四半期累計(10〜3月)の連結業績は、売上高が48億65百万円、営業利益が23億30百万円、経常利益が23億15百万円、純利益が15億58百万円だった。3月15日発表した増額修正値を売上高、利益とも上回った。

 M&A成約件数が好調に推移(単体ベースの成約件数は前年同期比17件増加して45件)し、大型案件も予想を上回るペースで順調に成約している。16年10月子会社化したレコフおよびレコフデータも寄与した。

 通期の連結業績予想は4月28日に増額修正した。売上高は18億35百万円増額して77億77百万円、営業利益は9億91百万円増額して31億68百万円、経常利益は9億87百万円増額して31億10百万円、純利益は5億09百万円増額して20億15百万円とした。第3四半期以降も保有案件数が増加して好調に推移する見込みだ。

 修正後の通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高62.6%、営業利益73.5%、経常利益74.4%、純利益77.3%である。案件によって変動しやすい収益特性だが、通期予想の再増額期待も高まる。

 株価は5月11日に5770円まで上伸し、3月31日の上場来高値5790円に接近している。週足チャートで見ると13週移動平均線近辺から切り返してサポートラインを確認した形だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:51 | 注目銘柄

【ドクター箱崎幸也の健康増進実践法】帯状疱疹のワクチンによる予防

ドクター箱崎幸也の健康増進実践法 今月は、最近高齢者の方々で問題となっている帯状疱疹についてお話します。小児期に水疱瘡(水痘)を発症しても殆ど自然に治癒しますが、その後も原因となる「水痘−帯状疱疹ウイルス(VZV)」は知覚神経節(神経の根元)に潜伏し続けています。高齢や抗がん剤治療などで抵抗力が低下すると、潜伏しているVZVが再活性化して帯状疱疹を引き起こします。

 高齢者での帯状疱疹では、肝臓や膵臓を巻き込んで全身に拡大し重篤化したり、眼神経が侵され失明することもあります。最も頻度が高く深刻となるのは、帯状疱疹後神経痛が数週間から数ヶ月間も持続することです。さらにこの神経痛から全身が衰弱し、死に至ることもあります。

 2014年小児期の水痘ワクチン定期接種化以降、小児における水痘流行は減少し患者数は激減しています。生涯で約15〜30%の人が帯状疱疹に罹りますが、近年帯状疱疹の患者数はさらに増加しています。先日、美智子皇太后も罹患したとの報道もありましたが、高齢化が最も高い要因とされています。しかし成人では知らず知らずのうちに水痘患児との接触で、VZVに対する免疫が活性化(ブースター効果)して帯状疱疹に罹らなくなっています。

 米国では、ワクチン定期接種による小児の水痘患者の減少で帯状疱疹の患者が90%も増加したことが報告されています。帯状疱疹患者数の増加は高齢化だけでなく、小児の水痘減少も大きく関与しています。

 我が国でも、2016年3月水痘ワクチンを用いた帯状疱疹予防が承認され、帯状庖疹は予防しうる疾患となりました。しかし、水痘ワクチンによる帯状庖疹予防効果は100%ではありません。何年ごとに追加ワクチンを接種するのが効果的かも不明です。しかしワクチン接種にて、重症化や帯状庖疹後神経痛を半減させる効果は明らかです。

 家族や友人に帯状庖疹後神経痛の経験者がいる方は積極的に接種を希望されています。60歳以上の方は、ぜひ今の元気なうちに水痘ワクチン接種をして下さい。(箱崎幸也=元気会横浜病院々長、元自衛隊中央病院消化器内科部長)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:48 | ドクター箱崎の健康増進実践法

綿半ホールディングスの17年3月期はスーパーセンター事業のM&Aや利益率改善効果が牽引し増収増益

■17年3月期の年間配当25円を1円増額し26円に

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は12日、17年3月期連結業績を発表し、併せて配当予想を修正した。

 売上高は、前期比4.5%増の927億80百万円、営業利益は同14.6%増の19億69百万円、経常利益は同16.2%増の19億94百万円、当期純利益は同6.4%増の13億44百万円となり、増収増益だった。

 スーパーセンター事業では、16年11月に取得した株式会社綿半Jマートのホームセンター14店輔が加わり、店舗数は合計37となり、全店売上高は前期比117.1%と増収になった。一方、既存店売上高はスーパーセンター店舗を中心としたEDLP戦略による月間特売の廃止や商品の絞込み、豊科店及び塩尻店のオープンに伴う自社競合の影響を一時的に受け、上期は前年同期比95.9%となったが、下期は、EDLPが定着しつつあり、ミックスマッチ(複数販売による割引)やレシートクーポン企画なども奏功。前年同期比100.4%と大きく回復基調にある。

 また、利益面では、食品のロス率改善、商品の絞込みによる仕入原価の低減及びセルフレジの導入による店舗オペレーションの効率化など、利益率の改善により大幅な増益となった。これにより、売上高は588億円(同16.66%増)、営業利益は10億14百万円(同68.8%増)となった。

 建設事業では、自走式立体駐車場工事を中心とした大型工事物件を採算性により選別受注したことで、受注高・売上が減少し、売上高は296億83百万円(前期比13.7%減)、営業利益は13億72百万円(同25.8%減)となった。

 貿易事業では、スーパーセンター事業と共同で、天然由来成分100%のスキンケアオイルを16年12月に発売開始するなど、プライベートブランド商品の開発を推進している。また、為替変動による好影響もあり、利益を押し上げ、売上高は40億15百万円(前期比8.1%増)、営業利益は5億97百万円(同62.9%増)となつた。

 通期の連結業績見込みは、売上高は1013億51百万円(前期比9.2%増)、営業利益は20億39百万円(同3.6%増)、経常利益は21億9百万円(同5.8%増)、純利益は12億59百万円(同6.3%減)としている。

 なお、配当は17年3月の年間配当予想25円を1円増額し26円(17年3月期は25円)にするとした。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:46 | 決算発表記事情報

セレスの第1四半期はスマートフォン端末の普及が継続的に上昇していることもあり増収増益

■中期的にはスマートフォン端末と自社ポイントサイトを活用したO2Oビジネスへ進出することで、事業拡大を図る

 スマ−トフォン向けポイントサイトを運営するセレス<3696>(東マ)の17年12月期第1四半期業績は、携帯電話市場でのスマートフォン端末の普及が8割を超え、継続的に上昇していることもあり、増収増益であった。

 同社は、スマートフォン端末をメインデバイスとし、現金や電子マネー等に交換可能なポイントを付与するポイントサイトを複数運営している。ポイントサイトにおいては、会員の拡大や掲載広告数の増加に向け各種施策の実行や積極的な営業活動を展開した。また、ポイントサイト運営で培った強みを生かした成功報酬型広告ビジネスモデルとして、採用課金型アルバイト求人サイトを展開している。一方で、ポイントサイトで同社の発行するポイントは一種の仮想通貨であると定義しており、グローバルな仮想通貨であるビットコインやブロックチェーン技術とは非常に親和性が高いと考え、仮想通貨関連事業へ積極的な事業展開を行っている。中期的にはスマートフォン端末と自社ポイントサイトを活用したO2Oビジネスへ進出することにより、事業拡大を図っていく経営戦略。

 今通期業績予想は、売上高42億円(前期比12.7%増)、営業利益6億円(同7.7%増)、経常利益5億96百万円(同19.9%増)、純利益3億87百万円(同40.8%増)を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:38 | 決算発表記事情報

立花エレテックは今期18年3月期の4円増配と株主優待制度の導入を発表

■保有期間、保有株式数の区分に応じ、クオカードを贈呈

 電機、電子商社の立花エレテック<8159>(東1)は12日、今期18年3月期の4円増配と株主優待制度の導入を発表した。

 今期18年3月期の配当は、第2四半期16円、期末16円の年間配当32円と前期比で4円の増配を予想している。

 ちなみに、18年3月期通期連結業績予想は、売上高1650億円(前期比3.0%増)、営業利益52億円(同0.5%増)、経常利益54億円(同1.1%増)、純利益37億円(同5.0%減)を見込む。

 また、同日、保有期間、保有株式数の区分に応じ、クオカードを贈呈する株主優待制度の導入も発表した。内容は、毎年(初回は2018年)3月31日現在の株主名簿に記載または記録された同社株式100株(1単元)以上保有の株主を対象として、100株以上1000株未満の株主で、保有期間3年未満であればクオカード2000円分、保有期間3年以上であれば3000円分を贈呈する。1000株以上の株主には、保有期間3年未満であれば3000円分、3年以上であれば5000円分を贈呈する。贈呈の時期は、毎年1回、6月下旬を予定している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 決算発表記事情報

星光PMCの第1四半期は、販売価格の低下もあり減収だが、コスト削減・合理化で増益

■3事業共に減収ながら増益だが、特に印刷インキ用・記録材料用樹脂事業は大幅増益

 製紙用薬品の星光PMC<4693>(東1)の今期17年12月期第1四半期は、販売先業界の経営戦略に対応した差別化商品を市場に投入したが、販売価格の低下もあり減収となった。利益面では、国内外のコスト削減・合理化の進捗などにより増益となった。

 製紙用薬品事業では、需要が伸び悩む中、差別化商品の売上増加に努めたが、販売価格の低下もあり、売上高は36億74百万円(前年同期比0.5%減)となった。利益面では、国内外のコスト削減・合理化により、セグメント利益は4億33百万円(同5.8%増)。

 印刷インキ用・記録材料用樹脂事業では、オフセットインキ用樹脂、水性インキ用樹脂の売上高が減少し、記録材料用樹脂の売上高が増加した。その結果、売上高は12億36百万円(同4.9%減)となったが、利益面では、国内販売の品目構成の改善、コスト削減・合理化により、セグメント利益は1億09百万円(同177.7%増)と減収ながら大幅増益。

 化成品事業の売上高は、輸出売上の減少により9億47百万円(同1.0%減)、利益面は、コスト削減・合理化により、セグメント利益は1億65百万円(同11.4%増)。

 3事業共に減収ながら増益だが、特に印刷インキ用・記録材料用樹脂事業は大幅増益となる。

 第2四半期連結業績予想に対する進捗率は、売上高49.0%(前年同期49.3%)、営業利益74.5%(同61.4%)、経常利益80.9%(同59.9%)、純利益82.6%(同65.5%)と利益面では前期を上回っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:07 | 決算発表記事情報

アールシーコアの18年3月期業績予想は3期連続過去最高の売上高更新で増益を見込む

■全国BESS展示場への堅調な集客状況から判断すると、「BESSブランド」が徐々に浸透

 ログハウスのアールシーコア<7837>(JQS)の18年3月期業績予想は、全国BESS展示場への堅調な集客状況から判断すると、「BESSブランド」が徐々に浸透していることもあり、3期連続で過去最高の売上高更新で増益を見込む。

 同社では、BESS展示場への集客力を高め、BESSファンを増やし、潜在顧客がやがて顧客につながることから、展示場への集客力を高めることが同社の売上拡大につながる。

 そのため、展示場は営業の要ともいえる。展示場展開については、17年3月末現在で契約販社26社、営業拠点42拠点(直営2、BESSパートナーズ3、販社37)となっている。

 今期は、秋には千秋(秋田県)がオープンする予定。

 今期18年3月期連結業績予想は、売上高142億円(前期比10.1%増)、営業利益7億50百万円(同12.6%増)、経常利益7億10百万円(同4.6%増)、純利益4億60百万円(同20.2%増)を見込む。

 配当については、年間48円と1円の増配を予想。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 決算発表記事情報

ケンコーマヨネーズの17年3月期は増収2ケタ増益と前年に続き最高益更新を達成

■好業績もあり年間配当37円と9円の増配

 12日に発表されたケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の17年3月期業績は、サラダ・総菜類、マヨネーズ・ドレッシング類、タマゴ加工品の全ての売上が伸びたこともあり、増収2ケタ増益と前年に続き最高益更新を達成した。配当については、好業績もあり年間配当37円と9円の増配となった。

 17年3月期連結業績は、売上高708億12百万円(前年同期比5.8%増)、営業利益39億87百万円(同16.0%増)、経常利益40億17百万円(同17.2%増)、純利益28億67百万円(同37.5%増)であった。

 この結果、3期連続の増収増益となった。すべての売上が伸びたが、中でも特に、タマゴサラダや小型形態のロングライフサラダがコンビニエンスストア向けを中心に大きく売上を伸ばすとともに、ファストフード向けの売上高に復調が見られた。

 利益面については、天候不順等により馬鈴薯をはじめとした野菜類の調達コストが上昇したが、主要な原料のメリットで吸収するとともに、売上高の拡大に努めたことにより増益となった。

 今期18年3月期は、中期経営計画の最終年度であるが、目標数値の売上高750億円、経常利益率5%の達成は実現しそうである。

 ちなみに、18年3月期連結業績予想は、売上高750億円(前期比5.9%増)、営業利益40億80百万円(同2.3%増)、経常利益41億円(同2.1%増)、純利益28億70百万円(同0.1%増)と4期連続の増収増益を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:13 | 決算発表記事情報

ミロク情報サービスの17年3月期業績は、2ケタ増収大幅増益で、6期連続の最高益更新を達成

■期末配当は好業績であったこともあり、8円増配の25円

 ミロク情報サービス<9928>(東1)の17年3月期業績は、2ケタ増収大幅増益で、6期連続の最高益更新を達成した。

 同社は、会計事務所向け会計ソフト、中堅・中小企業向け統合業務ソフトの開発・販売、コンサルを展開している。事業は順調に拡大し、6期連続の最高益更新を達成していることから窺えるように、顧客満足度の向上、新規顧客の開拓のための事業戦略は順調に推移しているといえる。

 17年3月期連結業績は、売上高262億25百万円(前年同期比11.0%増)、営業利益41億03百万円(同35.0%増)、経常利益40億10百万円(同30.7%増)、純利益26億16百万円(同37.3%増)であった。
 期末配当は、好業績であったこともあり、8円増配の25円となった。

 今期18年3月期については、「中期的な視点をもって飛躍的な事業拡大、高収益性を目指すために、新規顧客の開拓による顧客基盤の更なる拡大を図ると共に、コスト構造の最適化による生産性向上、新規事業を推進するための基盤強化、グループシナジーの最大化など、グループ全体の経営効率の向上及び経営基盤の強化を一層重視して取り組む。」としている。

 その結果、今期18年3月期連結業績予想は、売上高273億円(前期比4.1%増)、営業利益44億円(同7.2%増)、経常利益44億円(同9.7%増)、純利益28億60百万円(同9.3%増)と7期連続の最高益更新を見込む。

 ちなみに、12日の株価は年初来の最高値2297円を付けたあと、2223円で引けている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:37 | 決算発表記事情報

データセクションの17年3月期は、「AI研究開発投資」を積極的に推進した結果、複数の分野で実用化を実現

■ビッグデータファンドの運用にAI技術を活用し、東証株価指数(TOPIX)を大きく上回る運用実績を実現

 データセクション<3905>(東マ)の17年3月期は、「AI研究開発投資」を積極的に推進した結果、複数の分野で実用化を実現したことで、大幅増収増益を達成した。

 17年3月期連結業績は、売上高5億93百万円(前年同期比35.0%増)、営業利益79百万円(同176.9%増)、経常利益71百万円(同95.1%増)、純利益36百万円(同38.9%増)となった。

 ファイナンシャルの分野では、ビッグデータファンドの運用にAI技術を活用し、東証株価指数(TOPIX)を大きく上回る運用実績を実現した。また、AI技術を活用した 人工知能による文章生成にも取り組んでおり、AI技術により自動生成された執筆記事は100を超すメディア に掲載されるなど、同社のAI技術による自動記事生成は高い評価を得ている。

 今期以降も、「流通」「セキュリティ」「自動運転」「ロジスティクス」など、今後大きな成長を見込める先進性のある分野で、AI技術を活用した取り組みを推進する方針。

 18年3月期連結業績予想は、売上高6億50百万円(前期比9.5%増)〜8億50百万円(同43.1%増)、営業利益20百万円(同74.7%減)〜1億70百万円(同115.1%増)、経常利益15百万円(同78.9%減)〜1億60百万円(同124.6%増)、純利益09百万円(同73.2%減)〜1億04百万円(同186.0%増)とレンジ幅で見込んでいる。

 売上高は伸びる見込みであるが、最先端を行く企業として当然負うリスクもある一方で、成功すると先駆者としての収益も見込めるため、利益面では大幅減益から大幅増益と幅を持たせた予想と思われる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:03 | 決算発表記事情報

人も相場も好悪を愛でる(長所も欠点も共に愛する気持)=犬丸正寛の相場格言

■人も相場も好悪を愛でる(長所も欠点も共に愛する気持)

人も相場も好悪を愛でる(長所も欠点も共に愛する気持) 人を愛するときは、先ず、その人の良いところ、チャーミングなところに目が行くのが普通で自然です。しかし、お付き合いが長くなってくると、気のつかなかったことが、いろいろと見えてくるものです。ましてや、結婚生活となると、好きだ、惚れただけでは生活できません。必ず、人それぞれには、小さいときからの生活、とくに親からの刷り込みで、知らず知らずとクセを身に纏っているものです。

 歯磨きチューブが曲がったままとなっているのが嫌で離婚したという話もあるほどです。人を愛し、共に歩む以上は相手の良いところだけでなく、少々の欠点も一緒に愛する気持ちが大切ではないでしょうか。「良いところ取り」、だけでは社会生活はうまくいかないと思います。

 相場でも似ているのではないでしょうか。マーケット、あるいは投資しようとする銘柄には、必ず、良いところ、物足りないところがあります。人間でも若い時は、素敵、可愛いが先に立って、「恋は盲目」、といわれるようになるものです。文学の世界ならそれもいいのでしょうが・・・。

 相場という勝負の世界は、「ホレタ、ハレタ」では勝てません。特に、株初心者は材料の良いところだけに目が行きがちです。表と裏の両方があってコインが形つくられているのと同じです。相場にも、必ず、好悪材料の両方が存在するのです。同じ材料でも、買いだと思う人がいれば、反対に「空売り」(株券を借りて売る)をする人までいるのです。惚れた相手の長所も欠点も共に愛する気持ちで、投資に臨むことが大切です。少なくとも、分かっていればあわてないですむはずです。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:00 | 特集