スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年07月08日

【注目銘柄】キューソー流通システムは高値圏モミ合いから上放れ期待、17年11月期第2四半期累計が計画超の増収増益で通期増額余地

 キューソー流通システム<9369>(東1)に注目したい。チルド・冷凍食品分野の配送に強みを持つ食品物流の最大手である。17年11月期第2四半期累計は計画超の増収増益だった。コンビニなど新規・領域拡大戦略で通期予想に増額余地がありそうだ。株価は好業績を評価し、上場来高値圏でのモミ合いから上放れの展開が期待される。

■17年11月期第2四半期累計は計画超の増収増益、通期予想に増額余地

 17年11月期第2四半期累計(12月〜5月)連結業績は、売上高が前年同期比3.4%増の777億23百万円、営業利益が同11.9%増の23億77百万円、経常利益が同5.6%増の24億円、純利益が同28.1%増の12億92百万円だった。計画超の増収増益だった。

 共同物流事業は既存取引減少で0.3%増収にとどまったが、新規・領域拡大に伴う利益増や運送業務合理化・保管効率化などで23.4%増益だった。専用物流事業はコンビニやチェーンストアなど新規・領域拡大の効果で11.6%増収、1.2%増益だった。

 通期連結業績予想は据え置いて(個別利益予想は7月5日に増額)売上高が16年11月期比2.3%増の1565億円、営業利益が同5.3%増の51億円、経常利益が同1.0%減の50億円、そして純利益が同6.4%増の27億50百万円としている。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が49.7%、営業利益が46.6%、経常利益が48.0%、純利益が47.0%と概ね順調である。期初時点で下期偏重の計画だったこと、第2四半期累計が計画超だったこと、さらに新規・領域拡大戦略が加速していることを考慮すれば、通期会社予想に増額余地がありそうだ。

■株価は高値圏モミ合いから上放れ期待、上げ足速める可能性

 株価は上場来高値圏2400円〜2800円近辺でモミ合う形だが、7月6日には2799円まで上伸する場面があり、レンジ上限に接近している。週足チャートで見ると、13週移動平均線と26週移動平均線を一気に回復して先高感を強めている。好業績を評価して15年7月の上場来高値2936円を試す展開が期待される。これを突破すればモミ合いから上放れの形となって上げ足を速める可能性がありそうだ。(MM)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:21 | 注目銘柄

相場のリズムが狂ったら身近な銘柄で立て直せ=犬丸正寛の相場格言

■相場のリズムが狂ったら身近な銘柄で立て直せ

相場のリズムが狂ったら身近な銘柄で立て直せ 野球でもそうですが、スランプは突然、来るものです。自分では調子の良かった時のままの気持ちでも、どこかが狂ってズレているのです。知らず、知らず、ヘッドアップしたり体重移動がうまく行かなかったり。要はリズムが狂っているのです。このように打撃のリズムが狂ったときは、ボールを遠くへ打つ練習ではなく、バットを短く持ってトスバッティングといわれる練習をします。遠くへ飛ばすことより、バットの芯へ、しっかり当てる練習です。ボールをしっかり見ることができるようになり、ヘッドアップは直ります。

 勝負事のひとつでもある株の投資もまったく同じです。振り返って見てください。皆さんが、投資する最初のうちは、慎重に、謙虚に、よく相場を見て大儲けより着実に儲けることに心配りしているものです。それが、儲けが重なるようになると、つい有頂天になって、謙虚さはどこかに消えて、大きく儲けることばかりに気がいっているはずです。いわゆる、ヘッドアップしているのです。こうなって、リズムが狂ったら、トスバッティングと同じように相場を見つめることに立ち返ることです。

 以前から、何回も投資したことがあり、よく知っている銘柄。あるいは、父親の勤務していた会社の株。自分たちの町に工場のある会社の株など、身近な銘柄で仕切り直しすることです。動きも、あるていど分かっているため無理をする気持ちがなく素直な気持ちで相場に向かうことができます。買うたびにチャブツクようになったら、ぜひ、身近な銘柄でリズムを取り戻してください。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:00 | 特集