スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年07月09日

【注目銘柄】コシダカホールディングスは好業績評価して15年の上場来高値試す、17年8月期業績・配当予想を増額

 コシダカホールディングス<2157>(東1)に注目したい。カラオケ店「カラオケ本舗まねきねこ」と、女性フィットネス「カーブス」をチェーン展開している。17年8月期第3四半期累計が大幅増益となり、通期の業績・配当予想を増額修正した。株価は好業績を評価して15年7月の上場来高値に接近している。上値を試す展開が期待される。

■17年8月期第3四半期累計は大幅増益、通期の業績・配当予想を増額修正

 17年8月期第3四半期累計(9〜5月)連結業績は売上高が前年同期比9.8%増の409億71百万円、営業利益が同33.6%増の48億63百万円、経常利益が同41.6%増の50億円、純利益が同54.2%増の27億46百万円だった。

 カラオケ事業は6.9%増収、97.3%増益だった。新規出店や店舗運営適正化などで大幅増益だった。カープス事業は14.1%増収、14.4%増益だった。新規出店、会員数増加で増収増益だった。温浴事業は6.1%増収、74.1%増益だった。水道光熱費削減に向けた抜本的な改革で収益改善した。

 第3四半期累計が大幅増益だったことを受けて、7月5日に通期の連結業績予想および配当予想を増額修正した。

 通期連結業績予想は、売上高を1億11百万円増額して16年8月期比7.9%増の552億23百万円、営業利益を4億27百万円増額して同22.6%増の58億95百万円、経常利益を4億27百万円増額して同26.5%増の59億46百万円、純利益を2億06百万円増額して同52.6%増の29億円とした。

 配当予想は期末に創業50周年記念配当2円を実施して年間36円(第2四半期末18円、期末18円)とした。16年8月期との比較では4円増配となる。

■株価は好業績評価して15年7月の上場来高値試す

 株価は好業績を評価して15年7月の上場来高値3250円に接近している。7月7日には3130円まで上伸した。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなり、16年秋を起点とする上昇トレンドである。上値を試す展開が期待される。(MM)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:20 | 注目銘柄