スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年09月02日

【注目銘柄】EPSホールディングスは好業績評価して上値試す、17年9月期3Q累計が大幅増益で通期予想は増額の可能性

 EPSホールディングス<4282>(東1)に注目したい。臨床試験受託の大手で、医薬品開発業務受託のCRO事業、治験施設支援のSMO事業、医薬品販売業務受託のCSO事業、および海外事業を展開している。17年9月期第3四半期累計は大幅増収増益だった。進捗率が高水準で通期予想は増額の可能性が高いだろう。株価は高値圏で堅調に推移している。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

■17年9月期3Q累計大幅増益、通期予想は増額の可能性

 17年9月期第3四半期累計(10月〜6月)の連結業績は、売上高が前年同期比16.9%増の446億37百万円、営業利益が27.4%増の63億12百万円、経常利益が25.9%増の65億13百万円、純利益が11.7%増の35億29百万円だった。

 海外のGlobal Reasearch事業が体制強化のための人件費増加や外注費増加などで営業赤字だったが、国内は需要が高水準に推移してCROが6.3%増収・5.1%増益、SMOが旧綜合臨床グループとの統合も寄与して34.1%増収・3.4倍増益、CSO事業が15.7%増収・94.0%増益と好調だった。中国の益新事業はM&A・アライアンスも寄与して大幅増収・営業黒字化した。

 通期の連結業績予想は売上高が16年9月期比10.1%増の580億円、営業利益が4.4%増の65億円、経常利益が1.4%減の65億円、純利益が11.7%減の35億円としている。なお8月29日には中国における臨床データサービスおよびCRO事業の戦略的提携を発表している。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が77.0%、営業利益が97.1%、経常利益が100.2%、純利益が100.8%と高水準である。通期予想は増額の可能性が高いだろう。

■株価は高値圏で堅調、好業績評価して上値試す

 株価は8月17日に上場来高値2213円まで上伸し、その後も堅調に推移している。8月29日に自己株式取得の中止を発表したがネガティブ反応は限定的だ。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドである。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:19 | 注目銘柄

スパンクリートコーポレーションは今期第2四半期、通期業績予想の上方修正を発表

■1日の株価485円は、PBR0.58倍、最高値奪還の動きも

 建築用床、壁材のスパンクリートコーポレーション<5277>(JQS)は1日引け後、今期第2四半期、通期業績予想の上方修正を発表した。

 第2四半期の売上高を1億09百万円、営業利益を1億10百万円、経常利益を1億16百万円、純利益を61百万円上方修正した結果、今18年3月期第2四半期業績予想は、売上高10億19百万円(前年同期比79.1%増)、営業利益1億81百万円(前年同期△0百万円)、経常利益1億94百万円(同05百万円)、純利益1億17百万円(同△16百万円)と上方修正により、大幅増収増益で黒字転換を見込む。

 通期業績予想については、第2四半期の上方修正額をそのまま前回予想に積み上げることになり、18年3月期通期業績予想は、売上高36億92百万円(前期比47.3%増)、営業利益2億80百万円(同112.1%増)、経常利益3億円(同102.7%増)、純利益1億90百万円(同106.5%増)となる見込み。

 8月10日に発表された第1四半期業績が大幅増収増益であったことから、300円台前半で推移していた株価は、発表後、急上昇し、8月24日に年初来最高値680円を付けた。1日の株価485円は、PBR0.58倍であることから今回の上方修正の発表を機に最高値奪還の動きも予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | IR企業情報

相場巧者は期待・悲観の大きさと現実との差を計る=犬丸正寛の相場格言

■相場巧者は期待・悲観の大きさと現実との差を計る

相場巧者は期待・悲観の大きさと現実との差を計る=相場格言 相場巧者とは投資経験が豊富で、とくに、場味(相場の状況や雰囲気)に影響を受けない冷静な判断をしようとする人です。そのような人は、市場に参加している多くの投資家が、今の相場、あるいは個別銘柄に対し、どのような期待を抱いているか、あるいは弱い相場のときは、どのていど悲観的な気持ちになっているかを掴むことに最大限の注意を払います。そして、その期待や悲観に対して、現実の相場がどのような動きをしているかを比べ、自分自身の相場見通しを立てるのです。

 つまり、自分なりに相場観を持つと同時に、一方で、マーケットで多くの人がどう判断しているかを重要視するのです。それによって、自分の立てた見通しの修正を行っていくのです。なにがなんでも、自分の立てた見通しを押し通していくやり方と違って非常に柔軟性があるため、大きな失敗をしないですむことになります。自分の相場観を持つことは大切なことですが、それ以上に大切なことは、自分の考えに固執しないで、「マーケットの熱を感じとりなさい」と、この格言では教えています。イギリスのシティでは、「マーケットの熱気の度合いで金融政策を決める」、といわれるのと似ています。

 相場は8割から9割まではデジタルによる理論と理屈で対応できますが、残り1、2割は人の感情や心理状態によるアナログ判断が大切ではないでしょうか。経営の世界でも、デジタルのコンピューターだけに頼るのではなく、「勘」のようなアナログが見直されているようです。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:00 | 特集