スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年09月03日

王将フードは直営全店の月次売上高が前年同月比ベースで2か月連続の過去最高を更新

■3年をかけて「QSCの向上」に取り組んだ効果が出始める

 王将フードサービス<9936>(東1)は1日、直営全店の月次売上高が前年同月比ベースで2か月連続の過去最高を更新したと発表。

 7月、8月の売上高が、前年同月比ベースでプラスとなり、共に月次売上高では7月、8月の売上高が過去最高を達成した。

 同社の過去3年の売上高を調べると、15年758億20百万円、16年753億17百万円、17年750億78百万円と減少している。

 同社では、売上の回復のために、3年をかけて「QSCの向上」に取り組んだ効果が出始めたようである。

 具体的には、8月は、これまでと違った月フェア商品の開発による美味しさと満足の提供として、肉の量が選べる「豚焼肉」を販売、又、ちょい飲み需要の喚起としての「生ビールフェア」、個店毎の客目線でのフェア・イベント開催、そして7月からスタートした「創業50年お客様感謝キャンペーン」を実施している。

 今期18年3月期連結業績予想は、売上高776億96百万円(前期比3.48%増)、営業利益56億80百万円(同3.38%増)、経常利益59億47百万円(同2.51%増)、純利益38億95百万円(同1.45%増)と増収増益を見込む。

 なお、今期より、子会社「王將餐飲服務股份有限公司」及び「株式会社王将ハー トフル」の事業活動を開始したため、連結決算となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | IR企業情報

ワークマンの8月の売上高は、前年同月比で3.1%増、既存店も0.3%増と堅調に推移

■全国で連続猛暑日が更新されたこともあり、空調服、カーゴパンツ、長袖シャツなどサマーワーキングの売上が好調であった

 ワークマン<7564>(JQS)の8月の売上高は、前年同月比で3.1%増、既存店も0.3%増と堅調に推移している。

 8月は35度を超える猛暑日が、東京で8日、仙台で4日、高松は14日連続となり、それぞれ連続日を更新したほど、暑い日が続いたこともあり、空調服、カーゴパンツ、長袖シャツなどサマーワーキングの売上が好調に推移した。一方で、レインウェア、長靴は、台風の接近数が昨年の5に対して1と少なかったこともあり、伸び悩んだ。

 店舗数については、開店、閉店ともなかったことで、月末の総店舗数は7月末と同じく807店舗となっている。

 今期も順調に売り上げを伸ばしていることから、7期連続最高純益更新達成の可能性は高いと思われる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:02 | IR企業情報