IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年01月13日

ほぼ日の今8月期第1四半期は増収増益、「ほぼ日手帳」の販売やイベントが好調

■Amazon.comやWeChat上にそれぞれオフィシャルショップを開設

 著名コピーライターの糸井重里氏が社長のほぼ日<3560>(JQS)は12日、2018年8月期第1四半期業績(非連結)を発表した。

 売上高は20億77百万円(前年同期比23.8%増)だった。主力商品の『ほぼ日手帳』は、10月に発売したTHE BEATLESとコラボレートしたカバーがヒット、11月には新判型『ほぼ日手帳weeks MEGA』も投入し、それぞれ売上に寄与した。また、米国のAmazon.com及び中国のWeChat上にそれぞれオフィシャルショップを開設するなど、海外ユーザーの拡大に努め、販売部数は伸長した。また、販売イベント第2回「生活のたのしみ展」を開催。靴、アパレル、生活雑貨などの商品を実店舗展開し、5日間で取引件数は約31,600件となり、売上に貢献した。

 利益面は、販売費及び一般管理費では、売上増に伴い、発送費が前年同期に比べ増加した。さらに、中長期の成長に向けて人材採用及び外部人材への業務委託を積極化したこと、「生活のたのしみ展」の開催費用の発生、新規株式上場に伴い、資本金が増加し外形標準課税対象となったことで租税公課が前年同期比で増加したこと等により販売費及び一般管理費がかさみ、営業利益は5億61百万円(同3.6%増)、経常利益は5億63百万円(同4.0%増)、四半期純利益は3億86百万円(同9.4%増)だった。

 18年8月期業績予想は、売上高は前期比16.4%増の46億74百万円、営業利益は同0.5%増の5億3百万円、経常利益は同4.8%増の5億5百万円、純利益は同2.4%減の3億32百万円としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 決算発表記事情報

キャリアリンクがだいこう証券ビジネスの子会社の株式取得及び資本業務提携を発表

■自己株式取得の実施も発表

 キャリアリンク<6070>(東1)は12日、だいこう証券ビジネス<8692>(以下、「DSB社」)の完全子会社で、人材派遣などを手掛けるジャパン・ビジネス・サービス(以下、「JBS社」)の全株式の取得及びDSB社との資本業務提携を決議したとし、また、同日に自己株式取得の実施も発表した。自己株式取得は買付け株式数の上限を37万7千株(発行済み株式総数の3.0%)、取得総額の上限2億36百万円で、取得期間は18年1月15日から同年6月29日までとして市場買付けをする。

 同社とDSB社は、相互に協力して、双方の経営資源を相互に活用し合うことによって、各々の事業成長及び業務効率の向上を図るものとし、かかる協力関係を構築・強化することを目的として、同社が、DSB社の完全子会社で人材派遣を主たる事業とするJBS社の発行済株式全てを取得するとともに、同社とDSB社の間で資本業務提携を実施する内容の基本合意をしたとしている。

 資本提携については、キャリアリンクの発行済株式の1%相当の金額の両社の株式を相互に持ち合う予定。

 同業務提携により、証券会社や銀行等の金融商品取引業者等向けのBPO業務やコールセンター業務等において、より幅広い人材サービスの提供が可能となり、BPO業務の一環としての人材サービスを更に充実させていく。 株式取得予定日は2018年3月31日。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:48 | 株式投資ニュース