IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月13日

【注目銘柄】エン・ジャパンは18年3月期3Q累計大幅増益、通期予想は3回目の増額の可能性

 エン・ジャパン<4849>(東1)に注目したい。求人情報サイト大手で、総合転職情報サイト「エン転職」を主力としている。18年3月期第3四半期累計は大幅増収増益だった。通期予想は3回目の増額の可能性が高いだろう。株価は地合い悪化の影響で上場来高値圏から反落したが、リスクオフの売り一巡して上値を試す展開が期待される。

■18年3月期大幅増収増益予想、さらに3回目の増額の可能性

 18年3月期連結業績予想(11月8日に2回目の増額修正)は、売上高が17年3月期比24.5%増の395億円、営業利益が31.3%増の90億円、経常利益が31.4%増の90億円、純利益が49.8%増の60億円としている。配当予想は6円20銭増配の年間33円80銭(期末一括)としている。

 第2四半期累計は、売上高が前年同期比27.4%増の288億75百万円、営業利益が32.9%増の71億49百万円、経常利益が33.1%増の72億51百万円、純利益が38.0%増の50億57百万円だった。

 採用事業の主力の「エン転職」が好調だった。積極的なプロモーションによる高い応募効果、営業効率化の推進、拡販体制の強化などの施策が奏功した。人材紹介の子会社エンワールド・ジャパンの収益改善も寄与した。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が73.1%、営業利益が79.4%、経常利益が80.6%、純利益が84.3%と順調である。通期予想は3回目の増額の可能性が高いだろう。

■株価はリスクオフの売り一巡して上値試す

 株価は1月24日と2月2日に上場来高値6020円まで上伸した。その後は地合い悪化で反落したが、影響は一時的だろう。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインだ。リスクオフの売り一巡して上値を試す展開が期待される。(MM)

【上場企業のIR担当者様へ】個人投資家向けIRセミナー開催のご提案

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:06 | 注目銘柄

ムロコーポレーションは増配など好感され後場一段高

■今3月期の期末配当、昼過ぎに前期実績の33円から38円の見込みと発表

 ムロコーポレーション<7264>(JQS)は13日の後場一段高で始まり、取引開始後に7%高の1949円(133円高)まで上げて出直りを強めている。精密プレスメーカーで、12時30分過ぎに増配を発表し、13時に第3四半期の連結決算(2017年4〜12月)を発表。注目が再燃した。1900円台は、取引時間中としては2月5日以来になる。

 3月期期末配当(期末一括)は、これまでの35円から38円の見込みに修正すると発表。前期実績は33円だった。また、第3四半期の連結決算(2017年4〜12月)は、売上げ高が前年同期比4.8%増加して150.8億円となり、営業利益は同1.2%減少して18.2億円だった。3月通期の見通しは変更せず、売上げ高は前期比4.6%増の201.2億円、営業利益は同4.2%減22.2億円、純利益は同7.2%減の17.3億円、1株利益は279円49銭。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | 株式投資ニュース

【株式市場】NYダウの大幅続伸など好感され好業績株も強く日経平均は一時296円高

◆日経平均の前引けは2万1668円05銭(285円43銭高)、TOPIXは1745.77ポイント(13.80ポイント高)、出来高概算(東証1部)は8億8511万株

チャート4 6日(火)前場の東京株式市場は、NYダウが直近2日間で700ドル以上の大幅続伸となったことなどが好感され、株価指数の先物が先行高し、日経平均は250円高で始まった。ソニー<6758>(東1)などはほどなく軟調に転じたが、ファナック<6954>(東1)東京エレクトロン<8035>(東1)などが強く、11時過ぎには296円58銭高(2万1679円20銭)まで上げ、前引けも285円43銭高(2万1668円05銭)となった。東証2部指数、日経JASDAQ平均も高いが、マザーズ指数は安い。

 9日に四半期決算や12月決算を発表した東レ<3402>(東1)アライドテレシスホールディングス<6835>(東2)が活況高となり、日本アクア<1429>(東マ)は3月1日からの東証1部昇格が好感されて急伸。アール・エス・シー<4664>(JQS)は配当復活と業績見通し増額が好感されて一時ストップ高。

 東証1部の出来高概算は8億8511万株、売買代金は1兆6560億円。1部上場2065銘柄のうち、値上がり銘柄数は1347銘柄、値下がり銘柄数は648銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:02 | 今日のマーケット

【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地

 夢真ホールディングス<2362>(JQ)は建築技術者派遣事業を主力として、エンジニア派遣事業なども展開している。17年9月期第1四半期は大幅増収増益だった。需要が高水準であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は地合い悪化で上場来高値圏から急反落したが、リスクオフの売り一巡して上値を試す展開が期待される。

■建築技術者派遣事業およびエンジニア派遣事業を展開

 建築技術者派遣事業を主力として、エンジニア派遣事業、その他事業も展開している。17年12月にはグループの稼働技術者数が6000人を突破した。中期目標として20年度を目途に、建築技術者と製造・IT業界向けエンジニアの合計でグループ稼働人数1万人を目指している。

 また17年12月には、子会社の夢真テクノロジーが、エンジニア派遣事業のクルンテープを子会社化した。

■18年9月期1Q大幅増収増益で通期予想に上振れ余地

 18年9月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比34.5%増の94億11百万円、営業利益が90.8%増の12億32百万円、経常利益が66.3%増の12億04百万円、純利益が2.2倍の9億57百万円だった。

 主力の建築事業派遣事業は売上高が33.0%増の70億17百万円で営業利益が74.0%増の11億76百万円、そしてエンジニア派遣事業は売上高が37.5%増の22億81百万円で営業利益が48.1%増の1億82百万円だった。いずれも需要が高水準に推移し、稼働人数の増加、稼働率の上昇、派遣単価の上昇などで大幅増収増益だった。期末の技術者数は建築事業派遣事業が29.4%増の4629人、エンジニア派遣事業が47.4%増の1761人だった。

 18年9月期の連結業績予想は、売上高が17年9月期比27.8%増の390億円、営業利益が90.5%増の45億円、経常利益が85.7%増の45億円、純利益が2.0倍の29億円としている。

 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高24.1%、営業利益27.4%、経常利益26.8%、純利益33.0%と順調である。需要が高水準であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。

■株価は地合い悪化で反落したが、リスクオフの売り一巡して上値試す

 株価は2月2日に上場来高値1347円まで上伸した。その後は地合い悪化の影響で急反落したが、2月6日の直近安値1050円から切り返して売り一巡感を強めている。2月9日の終値は1183円、今期予想連結PERは約30倍、時価総額は約882億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインだ。リスクオフの売り一巡して上値を試す展開が期待される。(MM)

【上場企業のIR担当者様へ】個人投資家向けIRセミナー開催のご提案

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:18 | 業績でみる株価

アール・エス・シーは配当復活と業績見通し増額が好感されストップ高

■未定としていた3月期末配当を3円の見込みとし2期ぶりに復活

 アール・エス・シー<4664>(JQS)は13日、急反発し、朝方にストップ高の1360円(300円高)まで急伸。11時にかけても22%高の1290円(290円高)前後で推移している。9日、今期・2018年3月期の業績見通しを増額修正し、未定としていた配当を3円の見込み(前期は見送り)と発表。好感買いが集中した。

 期末配当の実施は16年3月期以来になる。また、今3月期の連結業績見通しは、売上げ高をおおむね予想通りとして従来予想を据え置いたが、さらなる原価管理の徹底や販売管理費の削減などにより、連結営業利益は従来予想を94%引き上げて5000万円の見通しとし、純利益は従来予想の4.2倍の5500万円とした。各々前期比で大きく黒字に転換する。増額後の予想1株利益は18円74銭。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース

日本カーボンがストップ高、前期は予想を上回って着地し今期も大幅増益の見通し

■収益改善効果や市況高に加え欧州企業との提携も上乗せの可能性

 日本カーボン<5302>(東1)は13日、買い気配のままストップ高の5390円(700円高)に張り付き、10時30分にかけてまだ売買が成立していない。9日に発表した2017年12月期の連結決算が12月に発表した増額修正値を大幅に上回って着地し、前期比では大きく黒字に転換。今期・18年12月期も営業利益の見通しを2.7倍とするなど、大幅増益の見込みとした。1月に付けた2008年以来の高値5590円を突破するか注目されている。

 人造黒鉛電極の価格動向などを要因として、17年8月、12月に各々業績期と押しを増額修正した。9月にはドイツのGAB Neumann GmbH社と熱交換器事業での業務提携を発表。今期も人造黒鉛電極やファインカーボンの市況が強含んで推移する可能性が強いようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

【業績でみる株価】ココカラファインは18年3月期3Q累計大幅増益、通期予想は上振れの可能性

 ココカラファイン<3098>(東1)は、ドラッグストア・調剤薬局を展開している。18年3月期第3四半期累計は大幅増益だった。進捗率が高水準であり、通期予想は上振れの可能性が高いだろう。株価は17年12月の上場来高値から反落したが調整一巡感を強めている。地合い悪化の影響は限定的のようだ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

■ドラッグストア・調剤薬局を展開

 ドラッグストア・調剤薬局事業を主力に、卸売・介護事業も展開している。08年に関西地盤のセガミメディクスと関東地盤のセイジョーが経営統合し、その後もM&Aを積極活用して店舗網を拡大している。

 17年3月期末の店舗数は16年3月期末日3店舗減少の1304店舗(うち調剤取扱店が17店舗増加の249店舗)だった。

 1月31日にはバローホールディングス<9956>との業務提携を発表した。新たな業態の開発やオリジナル商品の共同開発などを推進する。

■18年3月期3Q累計大幅増益で通期予想は上振れの可能性

 18年3月期第3四半期累計連結業績は売上高が前年同期比3.3%増の2960億36百万円、営業利益が35.3%増の103億53百万円、経常利益が27.6%増の120億85百万円、純利益が33.1%増の74億76百万円だった。

 既存店売上が1.6%増と順調に推移した。店舗展開は新規出店47店舗(M&A20店舗含む)、退店24店舗、改装48店舗で、期末店舗数は1327店舗(うち調剤取扱店270店舗)となった。

 18年3月期の連結業績予想は、売上高が17年3月期比3.4%増の3900億円、営業利益が12.2%増の114億円、経常利益が10.3%増の138億円、純利益が12.3%増の79億円としている。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が75.9%、営業利益が90.8%、経常利益が87.6%、純利益が94.6%と高水準である。

 また18年1月の月次売上(速報値)は全店が4.5%増、既存店が2.0%増、17年4月〜18年1月累計は全店が3.2%増、既存店が1.6%増と好調に推移している。通期予想は上振れの可能性が高いだろう。

■株価は調整一巡感、地合い悪化の影響限定的

 株価は17年12月の上場来高値7620円から反落したが、7000円近辺で推移して調整一巡感を強めている。地合い悪化の影響は限定的のようだ。2月9日の終値は6910円、今期予想連結PERは約21倍、時価総額は約1760億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインだ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)

【上場企業のIR担当者様へ】個人投資家向けIRセミナー開催のご提案

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:37 | 業績でみる株価

シチズン時計が13%高、創業100周年の記念配当と業績見通し増額など好感

■18年3月期末の配当は記念配5円を加えて13.5円の見込みに

 シチズン時計<7762>(東1)は13日、大きく出直って始まり、取引開始後に13%高の850円(95円高)まで上げた。800円台は2月5日以来になる。9日、創業100周年の記念配当(18年3月期末に1株当たり5円を実施し3月期末は計13.5円の見込みに)と第3四半期の連結決算、および3月通期の連結経常・純利益の増額修正を発表し、好感されている。

 第3四半期累計期間(2017年4〜12月)は売上高が2442億円(前年同期比2.5%増)、営業利益も222億円(前年同期比22.4%増)となるなど好調に推移した。3月通期の業績見通しは、さらに営業外収益(為替差益)及び投資有価証券売却益などにより、純利益の見通しを従来予想比6%増の170億円(前期比では2.6%増)とした。増額後の予想1株利益は53円41銭。

 株価はPER15倍前後に過ぎなくなるため割安感が強まった。17年1月に889円の高値があるため、全体相場の動向によるが、まずはこの水準を目指す展開が期待されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:46 | 株式投資ニュース

ライオンは大きく出直って始まる、純利益の連続2割増見通しなど好感

■前12月期は営業利益11%増、純利益24%増と好調

 ライオン<4912>(東1)は13日、大きく出直って始まり、取引開始後に2110円(140円高)まで上げて1月30日以来、約2週間ぶりに2100円台を回復した。9日の取引終了後に発表した2017年12月期の連結決算が前期比で営業利益11%増、純利益24%増と好調だったほか、今期・18年3月期の見通しも純利益20%増などと増収増益を見込んだ。

 今3月期の会社側予想1株利益は86円03銭。米国発の世界株安が本格化する前は2100円台から2200円どころで推移していたため、この水準への復帰から一段高をイメージして注目する様子がある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース

日経平均は250円高で始まりNYダウの大幅続伸などを好感

 13日(火)朝の東京株式市場は、NYダウの大幅続伸(9日は330.44ドル高の2万4190.90ドル、週明け12日は410.37ドル高の2万4601.27ドル)などが好感され、日経平均は大幅反発の 250円72銭安(2万1633円34銭)で始まった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | 株式投資ニュース

KeyHolderは今通期業績予想の修正を発表

■最終利益にアドアーズの全株式の譲渡に伴う売却益を特別利益として計上することから前回予想を上回る見込み

 KeyHolder<4712>(JQS)は9日、今通期業績予想の修正を発表した。

 売上高については、ゲーム店舗の集客の伸び悩み、VR機器の販売、レンタルが計画を下回り減収要因となっているものの、不動産事業、商業施設建築事業が順調に推移しているほか、販売用不動産の売却により減収分を補えたことで、前回予想を上回る見込みとなった。

 営業利益、経常利益については、販売用不動産の売却による増益要因はあるものの、利益率の高いメダルゲーム等の既存のゲーム店舗の伸び悩みが影響したほか、VR機器の販売、レンタルが減収要因となっていることに加え、VR関連の新規出店等の追加投資により減益となる見込み。

 最終利益については、連結子会社であるアドアーズの全株式の譲渡に伴う売却益を特別利益として計上することから前回予想を上回る見込みとなった。

 その結果、18年3月期通期連結業績予想の、売上高は前回予想を1億円上回る201億円(前期比10.1%減)、営業利益は5億90百万円下回る2億60百万円(同67.4%減)、経常利益は5億80百万円下回る1億70百万円(同75.3%減)、純利益は6億円上回る10億50百万円(同398.8%増)を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:04 | 決算発表記事情報

アールシーコアは戻り高値圏、18年3月期3Q累計大幅減益で通期も営業減益予想だが織り込み済み

 アールシーコア<7837>(JQ)はログハウスのオリジナルブランド「BESS」を販売している。18年3月期第3四半期累計は大幅減益だった。通期も一時的な原価増加などで営業減益予想である。ただし株価は織り込み済みで戻り高値圏だ。3%台後半の高配当利回りも見直して上値を試す展開が期待される。

■ログハウスのオリジナルブランド「BESS」を販売

 自然材をふんだんに使った個性的な木の家であるログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売を、国内直販部門、連結子会社BESSパートナーズ(BP)社、および国内販社で展開している。FCを中心とした事業展開で高資本効率を実現している。

 17年3月期セグメント別売上構成比(連結調整前)は直販部門27%、販社部門61%、BP社11%、北米部門(16年7月カナダの連結子会社を売却して連結除外)1%だった。収益は直販部門とBP社の「BESS」売上、販社からのロイヤリティ収入および販社へのキット部材売上などである。なお四半期収益は物件引き渡し件数・時期などで変動しやすい特性がある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:18 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

日本エム・ディ・エムは調整一巡感、18年3月期3Q累計増収増益と順調、通期は2桁増益・連続増配予想

 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器専門商社である。米国子会社ODEV製品の拡販によって自社製品比率が上昇基調である。18年3月期第3四半期累計は増収増益と順調だった。通期は2桁増益・連続増配予想である。株価は調整一巡感を強めている。戻りを試す展開が期待される。

■整形外科分野の医療機器専門商社、自社製品比率上昇して収益力向上

 人工関節製品、骨接合材料、脊椎固定器具など整形外科分野を主力とする医療機器専門商社である。メーカー機能強化による高収益体質への転換を目指し、米国子会社オーソデベロップメント(ODEV)社製品の拡販を推進している。自社製品比率が上昇基調であり、収益力が向上している。

 17年3月期の自社製品比率は87.5%で16年3月期比2.4ポイント上昇した。17年8月には米ODEV社製骨接合材料「プリマ ヒップ スクリューサイドプレート システム」の薬事承認を取得した。

 17年6月には米ODEV社が、中国のChina Pioneer Pharma Holdings(CPP社)と、中国における独占販売提携契約を締結した。18年1月から中国CPP社を通じて、米ODEV社製人工膝関節製品を中国の医療従事者へ提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:15 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インフォコムは売られすぎ感、18年3月期3Q累計大幅増益で通期も大幅増収増益・増配予想

 インフォコム<4348>(JQ)はITサービスや電子コミック配信サービスを主力としてIoT領域の事業創出も積極推進している。18年3月期第3四半期累計は大幅増益だった。通期も大幅増収増益予想、そして大幅増配予想である。株価は戻り高値圏から急反落したが売られすぎ感を強めている。目先的な売りが一巡し、好業績を評価して戻りを試す展開が期待される。

■ITサービス事業とネットビジネス事業を展開

 帝人<3401>グループで、ITサービス(医療機関・製薬企業・介護事業者向けヘルスケア事業、一般企業向けSIのエンタープライズ事業、ERPソフト「GRANDIT」や緊急連絡・安全確認サービスなどのサービスビジネス事業)、および一般消費者向けネットビジネス(子会社アムタスの電子コミック配信サービス、eコマース、女性向けや音楽系デジタルコンテンツの提供)を展開している。

 17年3月期のセグメント別売上高構成比はITサービス54%、ネットビジネス46%、営業利益構成比(連結調整前)はITサービス42%、ネットビジネス58%だった。収益面では、ITサービス事業は年度末にあたる第4四半期の構成比が高い特性がある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:12 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ファンデリーは売られすぎ感、18年3月期3Q累計2桁増益で通期も2桁増益予想

 ファンデリー<3137>(東マ)は健康食宅配事業を主力として、ヘルスケア総合企業を目指している。18年3月期第3四半期累計は2桁増益だった。健康食宅配会員数が増加基調であり、通期も2桁増益予想である。一人暮らし高齢者や生活習慣病患者の増加を背景として、中期的に収益拡大基調だろう。株価は戻り高値圏から急反落したが売られすぎ感を強めている。目先的な売りが一巡し、好業績を評価して戻りを試す展開が期待される。

■健康食宅配サービスのMFD事業が主力

 健康食宅配サービスのMFD(Medical Food Delivery)事業、およびマーケティング事業を展開している。17年3月期事業別売上高構成比はMFD事業91%、マーケティング事業9%だった。

 MFD事業は健康食(冷凍弁当)の通販カタログ「ミールタイム」などを医療機関や調剤薬局などを通じて配布し、顧客(個人)から注文を受けて宅配する。従来の食事宅配サービスと一線を画し、食事コントロールを通じた血液検査結果の数値改善を目指している。管理栄養士・栄養士が顧客の疾病・制限数値・嗜好などに合わせてメニューを選び、定期的に届ける「栄養士おまかせ定期便」も提供している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:10 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【新規上場(IPO)銘柄】カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏

 カチタス<8919>(東1)は、昨年12月12日に東京証券取引所市場第一部に上場。同社は、「未来への扉を。『家に価値タス』ことを通じて、地域とお客様に。」という経営理念のもと、「安心・清潔・実用的」な中古住宅を提供するため、地域に根差した全国123(2017年9月30日現在)の店舗において中古住宅を自ら調査して仕入れ、リフォームし、さらに販売までを一気通貫で行う中古住宅再生事業を主たる事業としている。同社グループは、地方都市の築年数の古い戸建住宅に強みを有する当社と、都市郊 外部や地方都市部の築年数の浅い戸建住宅及びマンションに強みを有する連結子会社のリプライスの2社で構成されている

 同社は、中古住宅再生事業を通じて、新築住宅でも賃貸住宅でも単なる中古住宅でもない、「リフォーム済みの良質な中古住宅」という住宅における第四の選択肢を提供している。地方の空家を買取って再生するケースが多く、同社の事業成長は、全国的に問題となっている空家問題の解消や地方の活性化にも貢献。地域の不動産仲介会社との協力体制構築やテレビCMやラジオCMによる同社の認知度の向上を図ることにより、買取・仕入の増加を基盤とした事業規模の拡大を図っている。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:07 | 新規上場(IPO)銘柄

【どう見るこの相場】リスクオフで不安定な展開、米国株や為替の落ち着き待ち

 今週2月13日〜16日の株式市場は、米国株や為替の動向を睨みながらリスクオフの不安定な展開が継続しそうだ。企業の10〜12月期決算発表が一巡してやや材料難となり、米国株や為替の落ち着きを待つ形だろう。一旦はリバウンド局面が期待されるものの、一段と調整色を強める可能性もありそうだ。

■リスクオフの不安定な展開

 前週(2月5日〜9日)の日経平均株価は、終値ベースで5日が592円安、6日が1071円安、9日が508円安と不安定な展開となり、週間ベースで1891円安となった。米長期金利上昇を警戒してNYダウ30平均株価が終値ベースで2日に665ドル安、5日に1175ドル安、8日に1032ドル安と急落し、為替も1ドル=108円台前半までドル安・円高方向に傾いたため、日本株にもリスクオフの動きが広がった。

 今週(2月13日〜16日)の日経平均株価は、3連休明け13日については、日本市場が休場だった12日の米国株が大幅高となったことを受けて、堅調なスタートとなりそうだ。ただし為替が1ドル=108円台半ばのドル安・円高水準のため、反発力は限定的となりそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:04 | どう見るこの相場