IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK
7月7日(土)=クレスコ、ハウスドゥ、シンデン・ハイテックス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年03月03日

【3月の株主優待】リコーリース、オリックス、大和証券G、マネックスグループなど

【3月の株主優待】(23)

みなと銀行<8543>(東1)
優待品=金利優遇
売買単位=100株
直近株価=2029円

京葉銀行<8544>(東1)
優待品=金利優遇
売買単位=1000株
直近株価=494円

北日本銀行<8551>(東1)
優待品=特産品
売買単位=100株
直近株価=2953円

大東銀行<8563>(東1)
優待品=金利優遇
売買単位=100株
直近株価=1335円

リコーリース<8566>(東1)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=3610円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:56 | 株主優待&配当

【3月の株主優待】広島銀行、四国銀行、沖縄銀行、興銀リース、SBIHD、愛知銀行など

【3月の株主優待】(22)

南都銀行<8367>(東1)
優待品=ポイン
売買単位=100株
直近株価=2933円

百五銀行<8368>(東1)
優待品=特産品
売買単位=100株
直近株価=513円

広島銀行<8379>(東1)
優待品=金利優遇
売買単位=100株
直近株価=819円

山陰合同銀行<8381>(東1)
優待品=VJAギフトカード
売買単位=100株
直近株価=992円

中国銀行<8382>(東1)
優待品=岡山県特産カタログ
売買単位=100株
直近株価=1291円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:55 | 株主優待&配当

【3月の株主優待】サンリオ、モスフードサービス、上新電機、いなげや、青山商事など

【3月の株主優待】(21)

デサント<8114>(東1)
優待品=割引券
売買単位=100株
直近株価=1692円

キング<8118>(東1)
優待品=招待状など
売買単位=100株
直近株価=642円

三栄コーポレーション<8119>(JQ)
優待品=優待ポイント
売買単位=100株
直近株価=4140円

川辺<8123>(JQ)
優待品=自社製品
売買単位=1000株
直近株価=230円

東邦ホールデングス<8129>(東1)
優待品=グループ取扱商品
売買単位=100株
直近株価=2531円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:53 | 株主優待&配当

【3月の株主優待】ナカバヤシ、ニフコ、スクロール、ミズノ、カナデンなど

【3月の株主優待】(20)

ヤマハ<7951>(東1)
優待品=ギフト商品
売買単位=100株
直近株価=4730円

河合楽器製作所<7952>(東1)
優待品=カワイコンサートへの招待
売買単位=100株
直近株価=3840円

天馬<7958>(東1)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=2194円

松風<7979>(東1)
優待品=自社製品
売買単位=100株
直近株価=1441円

ナカバヤシ<7987>(東1)
優待品=自社製品
売買単位=100株
直近株価=624円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:52 | 株主優待&配当

買いたい時は3日待て=犬丸正寛の相場格言

■買いたい時は3日待て

買いたい時は3日待て 買いたいと思った時は、ほとんどの場合、思い入れが強く、気持ちが一直線になって余裕がなく、反対の動きなどは考えないので、深呼吸して、1、2、3と数えるくらいの気持ちで3日くらい待ちなさい。3日経って、それでもなお自分でいいと思ったら買ってみなさいという教えです。

 昔と違って、証券会社の店頭で、客同士が銘柄感を交わし、意気投合して、この銘柄しかないと熱くなることは、今では、なくなりましたが、それでも、雑誌、新聞、テレビ、各種のレポートなどで紹介されると買いたくなるのが投資家心理です。

 しかも、人間には小さい頃から、欲しいものは今すぐ手に入れたいという欲求本能がついていますから厄介です。玩具を買って欲しいと泣き叫ぶ子供の心理です。大人になればこうした幼児性は取れるものですが、株式投資になると、どういうわけか分別のあるベテラン投資家でさえ小さい頃の本能が頭をもたげて、熱くなって、かき立てられるように株買いに走る傾向があります。

 亡くなった弟が証券会社の支店で営業をやっていた頃、ノルマがあって、今日はこの銘柄を営業マン1人当り、数万株顧客に買わせるようにという支店長のきつい叱咤命令があったそうです。弟の勤務していた店だけでなく、昔はほとんどの証券会社でこのような大量推奨販売のノルマ営業が当然となっていました。

 昔は、業界トップの野村證券のことをノルマ証券と呼んでいたほどですから。そういう時の弟はひたすら下を向いて支店長の嵐のようなきつい言葉が頭の上を通過するのを絶えてガマンしていたといいます。

 そして、多くの営業マンが買い込んだ3日後くらいにその推奨株を買うと、おもしろいほど儲かってお客さんに喜んでもらったと言っていました。多くの営業マンの買いが一巡すると、売り物に押されて、3日目あたりから安くなるからだそうです。もちろん、今はこういう営業スタイルは全くありませんが、相場欄を見て、高い銘柄があると買いたくなる心理は今も以前も変わりはないようです。

 経営でも、即断即決など、スピード経営がもてはやされていますが、『段取り7分』といわれるように事前の準備はスピード経営だからこそ大切ではないでしょうか。とくに、規模の小さいベンチャー企業の経営者の方々は決まって、スピード経営を口にされますが、それで挫折した企業もたくさん見てきました。「早い決断、後の大きい後悔」という言葉を経営者は心に留めておいてほしいものです。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:00 | 特集