株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月15日

SOUの第2四半期連結業績は大幅増収増益

■「なんぼや」を新たに4店舗、「古美術八光堂」を新たに1店舗オープン、更に「STAR BUYERS AUCTION」の香港大会を3回開催

 SOU<9270>(東マ)の13日に発表された第2四半期連結業績は、大幅増収増益となった。

 今期18年8月期第2四半期連結業績は、売上高153億90百万円(前年同期比67.1%増)、営業利益11億91百万円(同782.0%増)、経常利益11億74百万円(同418.4%増)、純利益8億67百万円(同612.5%増)となった。

 同社グループは17年10月に、持ち物の査定や現在価値の管理ができるスマートフォンアプリ「miney(マイニー)」をリリースし、同年12月には同アプリとマネーフォワードが提供する自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」との連携をスタートさせた。これにより、金融資産の管理・運用と 同様に、「所持品=資産」としての管理・運用を促し、潜在顧客に対するアプローチを強めてきた。また、「なんぼや」を新たに4店舗、子会社の古美術八光堂では「古美術八光堂」を新たに1店舗オープンし、売上高増大のための買取拠点の拡充・商品仕入れの強化を継続して進めてきた。さらに、 「STAR BUYERS AUCTION」の香港大会を17年9月、11月、18年2月の計3回開催し、国内での販売に加え海外での売上も確保している。

 今期通期連結業績予想は、売上高297億32百万円(前期比31.1%増)、営業利益16億93百万円(同64.4%増)、経常利益17億10百万円(同50.1%増)、純利益11億22百万円(同96.6%増)と大幅増収増益を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 決算発表記事情報

アズ企画設計の18年2月期業績は、不動産販売事業が好調であったことから、大幅増収増益を達成

■不動産販売事業では中古物件の付加価値を高めたうえで不動産投資家へ販売

 アズ企画設計<3490>(JQS)が13日引け後発表した、18年2月期業績は、不動産販売事業が好調であったことから、大幅増収増益を達成した。

 同期の業績は、売上高63億76百万円(前年同期比34.5%増)、営業利益4億円(同33.7%増)、経常利益3億52百万円(同36.0%増)、純利益2億74百万円(同74.7%増)であった。

 同社は、『空室のない元気な街を創る』を企業理念として、「アズ(AZ)」という社名の由来である「AからZまで、幅広くあらゆるニーズに対応できる会社に」をモットーに、不動産ビジネス(不動産販売事業、不動産賃貸事業、不動産管理事業)を展開している。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:04 | 決算発表記事情報