株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月07日

【銘柄フラッシュ】ホロンなど急伸しパスは決算発表日を待たずに速報値を出しストップ高

 11月7日は、エー・アンド・デイ<7745>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、6日発表の第2四半期決算と通期の業績見通しの増額修正が材料視されて朝方ストップ高で売買され、後場はストップ高買い気配のまま大引けに売買成立し18.1%高。

 値上がり率2位は、芝浦メカトロニクス<6590>(東1)は13時30分に第2四半期決算と通期見通しの増額、期末配当の増額を発表し15.5%高と一段高。

 3位はカチタス<8919>(東1)の14.9%高となり、第2四半期決算と自社株買いが好感されて後場一段強い展開に。

 パス<3840>(東2)は11月9日に予定していた四半期決算発表を待たず、「概数がまとまりましたので」として6日に決算の速報値を発表したため急伸し、朝方に32.5%高まで上げて大引けも22.7%高。ショーエイコーポレーション<9385>(東2)は四半期決算が減益だったものの増配、優待の拡充が好感されて朝方から気配値のままストップ高の16.3%高に張りつき大引けでストップ高。
 
 エンカレッジ・テクノロジ<3682>(東マ)は第2四半期決算の大幅増益などが注目されて朝から急伸し、大引けにかけて一段上げて遂にストップ高の21.6%高に達し大引けも21.1%高。リンクバル<6046>(東マ)は9月決算と今期見通しとも大幅増益のため注目が集まり、朝から気配値のままストップ高の18.6%高に貼りついて推移し大引けもストップ高。

 ホロン<7748>(JQS)も第2四半期決算の完全黒字化などが注目されて朝から気配値のままストップ高の22.5%高に張りついて推移し、大引けもストップ高。ファミリー<8298>(JQS)は10時に四半期決算と期末配当の増配を発表し、決算も大幅増益だったため一気にストップ高の18.1%高まで上げ、大引けもストップ高となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:59 | 株式投資ニュース

PALTEKはディジタルメディアプロフェッショナルと販売代理店契約を締結し「ZIA C3」を販売開始

■産業用IoTのエッジAI化を加速

 PALTEK<7587>(東2)はGPU、AI技術を中心としたIPライセンス、SoC/モジュール販売、および開発委託サービスを手掛けるディジタルメディアプロフェッショナル<3652>(以下DMP)と販売代理店契約を締結し、DMPが開発したエッジAI FPGAモジュール「ZIA C3」の販売を開始する。

 現在、AIはディープラーニングの活用で、画像認識、音声・言語認識、ロボットなどの運動の習熟など実用的に応用できる範囲が拡大している。このディープラーニングはクラウド側にAIエンジンが置かれ、データをエッジ側からアップロードすることが多いが、今後IoTがさらに普及すると通信量やデータ容量の増大、処理遅延によるリアルタイム性の低下、通信環境の悪化によるシステムの信頼性の低下、セキュリティ面での堅牢性の低下など課題が認識されてきた。これらの課題を解決する方法として、現場に近いところで処理を行うエッジコンピューティングが注目されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:18 | 新製品&新技術NOW

【株式市場】米国の「ねじれ国会」が注視され日経平均は終盤に軟調転換したまま反落

◆日経平均の終値は2万2085円80銭(61円95銭安)、TOPIXは1652.43ポイント(6.92ポイント安)、出来高概算(東証1部)は16億8324万株

チャート12 11月7日後場の東京株式市場は、米中間選挙の動向が注目され、日経平均は前引けの水準(296円90銭高の2万2444円65銭)を下回って始まった。14時頃までは120円高前後で小動きを継続。13時過ぎに四半期決算を発表した日清食品ホールディングス<2897>(東1)が一段高となり、14時に発表したゼンショーホールディングス<7550>(東1)も急伸。しかし、下院で民主党が多数派を奪還し「ねじれ議会」になる見通しが強まると、日経平均は次第に値を消し、大引け間際には150円81銭安(2万1996円94銭)まで軟化。大引けも軟調で反落した。ただ、東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均は高い。

 米中間選の結果が「トランプ大統領に痛手」などと伝えられたが、好業績株や材料性のある銘柄をの個別物色は活発。テーオーシー<8841>(東1)は6日の四半期決算発表を受けて7日は野村証券が目標株価を引き上げたと伝えられ後場一段高。ベネフィット・ワン<2412>(東2)は業績好調な上、精算業務をワンストップでサポートするITシステム「接待ステーション」の11月初開始などが注目されて一段高。リンクバル<6046>(東マ)は9月決算と今期見通しの大幅増益が注目されてストップ高。ホロン<7748>(JQS)も第2四半期決算の完全黒字化などが注目されてストップ高。

 東証1部の出来高概算は16億8324万株(前引けは7億6690万株)。売買代金は3兆1154億円(同1兆3789億円)。1部上場2111銘柄のうち、値上がり銘柄数は1671銘柄、値下がり銘柄数は387銘柄。

 また、東証33業種別指数は8業種(前引けは28業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、情報・通信、不動産、その他製品、パルプ・紙、空運、小売り、ガラス・土石、サービス、となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:47 | 今日のマーケット

ケイアイスター不動産:一層の生産性向上めざしエスクロー・エージェント・ジャパンと提携

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は11月7日の取引終了後、工期短縮による一層の生産性向上などをめざし、エスクロー・エージェント・ジャパン<6093>(東1)グループの株式会社ネグプラン(本社新潟市)との間で不動産事業における業務提携契約を結んだと発表した。

 建築確認申請時に必要な書類や、設計図書を作成する確認申請代願業務などのほか、一連の業務を、ワンパッケージサービスとしてネグプラン社が一括受託する。

 ケイアイスター不動産は、「不動産×IT」を合言葉に業界革新を進めており、今後の更なる成長に向け、事業回転率の向上を図るべく、工期短縮、ITを活用した生産性の向上など、様々な取り組みを行っている。

 一方、ネグプラン社は、工務店やビルダーの業務負担を軽減すべく、エスクロー・エージェント・ジャパングループの専門家ネットワークなどを生かしてコンサルティングを行うワンパッケージサービスを提供している。住宅設計サポートから、長期優良住宅適合証明の作業代行、確認申請、補助金申請、第三者品質検査まで幅広くサポートしている。こうした面で両社のニーズが一致し、更なる業績拡大を実現するため、今回の提携の締結を決定した。

 ケイアイスター不動産が建築関連事業者などに依頼する業務のうち、建築確認申請時に必要な書類や設計図書を作成する確認申請代願業務のほか、用地仕入れの際に行う法令・条例などの各種調査・測量、そして建物完成時に行う建物表示登記に関するオペレーションなどの一連の業務を、ネグプラン社がエスクロー・エージェント・ジャパングループの専門家ネットワークなどを活用したワンパッケージサービスとして一括受託することで、ジョイントロスの低減、最適な工程管理による工期短縮・生産性の向上を実現する。

 これにより、工期短縮などにとどまらず、販売までの日数短縮によるキャッシュフローの改善なども実現でき、工程の見える化による働き方改革の推進にも寄与することが可能になる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:15 | IR企業情報

駅探は第2四半期決算への注目高まり後場一段と強含む

■11月9日に発表の予定、第1四半期は好調に推移

 駅探<3646>(東マ)は11月7日の後場、一段と強含む展開になり、13時にかけて950円(44円高)まで上げて出直りを強めている。9月締めの第2四半期決算を11月9日に発表する予定で、通期の業績は連続最高益の見通しのため、注目が強まってきたとの見方が出ている。

 8月に発表した第1四半期の連結営業利益は1.2億円となり、期初に発表した連結業績見通し(第2四半期の営業利益は1.4億円)に迫った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | 株式投資ニュース

サンコーテクノが後場一段高、「ボルトが足りない」と伝えられ思惑買いの見方

■神鋼鋼線工業も一段高で始まる

 サンコーテクノ<3435>(東2)は11月7日の後場、一段高となり、6%高に迫る1064円(56円高)で始まった。会社側からの最新の発表ニュースは特段聞かれず、昼12時配信の日経QUICKニュースで「ボルトが足りない!建築工事に思わぬボトルネック、価格は半年で1割増」と伝えられたことと関連づけて材料視する様子がある。神鋼鋼線工業<5660>(東2)も後場1335円(30円高)で始まり、前引けの1310円(5円高)から一段高となっている。

 報道は、「建物の鉄骨をつなぐハイテンションボルト(高力ボルト)の不足が建設業界の難題となってきた。東京五輪関連や都市再開発の建設が進む一方、母材となる特殊鋼線材が品薄となり、生産が需要に追いつかない。取引価格は半年で1割強上昇した」などとした。関連製品の値上げにつながる要因として材料視する様子がある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:52 | 株式投資ニュース

【株式市場】米中間選を前に日経平均は高下しながらも一時296円高と上値を追う

◆日経平均は2万2420円87銭(272円87銭高)、TOPIXは1677.39ポイント(18.04ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億6690万株

チャート13 11月7日(水)前場の東京株式市場は、米国の中間選挙の大勢が日本時間の昼過ぎにも決まると伝えられる中で、自動車株は高安混在となったが、NYダウが2日続けて上げ幅100ドル台の続伸となり、日経平均は高下しながらも次第に上値を追った。前引けにかけて296円90銭高(2万2444円65銭)まで上げ、前引けも272円87銭高となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>(東1)が中国のテンセントゲームズ社との提携などを材料に活況高となり、クレスコ<4674>(東1)は第1四半期の出遅れを第2四半期でほぼ奪回した好決算が注目されて急伸。サンバイオ<4592>(東マ)は連日急伸し、輸入車のファミリー<8298>(JQS)は第2四半期の大幅増益などが注目されてストップ高。

 東証1部の出来高概算は7億6690万株。売買代金は1兆3789億円。1部上場2111銘柄のうち、値上がり銘柄数は1671銘柄、値下がり銘柄数は387銘柄。

 また、東証33業種別指数は28業種が値上がりし、値上がり率上位の業種は、海運、ガラス・土石、情報・通信、不動産、その他製品、銀行、倉庫・運輸、電気機器、などとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:06 | 今日のマーケット

AMBITIONの子会社、ヴェリタスはデザイナーズマンション『THE PREMIUMCUBEG潮見』の販売開始を決定

 AMBITION<3300>(東マ)の子会社、ヴェリタス・インベストメントは、東京都江東区で開発を手掛ける新築投資用デザイナーズマンション『THE PREMIUMCUBEG潮見』(竣工予定日:2019年3月中旬予定)の販売開始を決定した。

an1.jpg

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | IR企業情報

サンバイオは連日急伸、3日連続ストップ高に続いて一段高

 サンバイオ<4592>(東マ)は11月7日も急伸し、11時にかけて13%高の6880円(790円高)まで上昇。引き続き、外傷性脳損傷を対象とした再生細胞薬「SB623」への期待が材料視され、6日までの3日連続ストップ高に続いて一段高の大幅続伸となっている。

 11月1日付で、「SB623の外傷性脳損傷を対象にした日米グローバル第2相試験(STEMTRA試験)(以下「本試験」)において、主要評価項目達成の解析結果を得た」「まずは国内で平成32年1月期中の承認申請を目指す」と発表した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:32 | 株式投資ニュース

フルヤ金属は第1四半期の大幅増益など好感されて気配値のままストップ高

■通期の業績見通しは据え置くが上振れ期待強まる

 フルヤ金属<7826>(JQS)は11月7日、気配値のままストップ高の7280円(1000円高)に張りつき、朝から10時50分にかけて、まだ売買が成立していない。半導体製造装置メーカー向け温度センサーや有機EL向けや電極向けの化合物・貴金属原料などを製造し、6日の取引終了後に第1四半期の連結決算(2018年7〜9月、累計)を発表。営業、経常利益とも前年同期の2.3倍に急増したことなどが注目された。

 6月通期の業績見通しは据え置き、連結営業利益は36.6億円(前期比6.5%増)、純利益は25.4億円(同6.9%増)、予想1株利益は353円70銭。第1四半期の段階で営業利益は通期予想の約42%を確保し、純利益も同じく35%を確保した。このため通期業績見通しには上振れ期待が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 株式投資ニュース

【話題株】出るか「クレスコマジック」、第1四半期の出遅れを第2四半期でほぼ奪回

◆急伸19%高、銀行業界の案件は「谷間」だが受注など全体的に当初予想より堅調

 クレスコ<4674>(東1)は11月7日、急伸して始まり、10時30分を過ぎて19%高の4000円(635円高)まで上昇。戻り高値を大きく更新した。6日の夕方、第2四半期の連結決算(2018年4〜9月、累計)を発表。第1四半期の出遅れを大きく取り戻す決算になり、注目が再燃している。

 AIシステム開発やRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)、組み込み型ソフト開発などを行う。第2四半期までの累計連結営業利益は前年同期比4.4%減の14.05億円となったが、第1四半期の営業利益は前年同期比21.0%減だったため、これを大幅に取り戻した形になった。第1四半期は数件の赤字案件があったが、すでに完全にクリアしたとしている。

 受注は銀行業界からの案件が「谷間」に入っているものの、全体的に当初予想より堅調に推移しているもよう。このため同社では、前年度対比での増益が見えてきたとし、今期・2019年3月期の連結業績見通しは期初に発表した増収増益計画を継続し、売上高は前期比6.5%増の355.0億円、営業利益は6.1%増の32.8億円、純利益は9.7%増の24.16億円、1株利益220円84銭、とした。同社では、「久しぶりに『クレスコマジック』をお見せすることができそうだ」と楽しみにしている様子がある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 話題株

加賀電子が未定だった通期の業績見通しを発表し、純利益は13%増加を計画

■富士通エレクトロニクス株式会社の段階的な株式取得(子会社化)を踏まえる

 加賀電子<8154>(東1)は11月6日、2019年3月期・第2四半期の連結決算(2018年4〜9月、累計)と9月中間配当の増配を発表し、同時に、富士通エレクトロニクス株式会社(非上場)の段階的な株式取得(子会社化)を控えて未定としていた3月通期の連結業績見通しも発表した。

 第2四半期累計期間は、一部顧客の中に、生産調整や製品切り替えにともなう一時的な数量減などがあった半面、EMS(生産受託)ビジネスなどは全般的に堅調な受注環境の中で推移した。売上高は前年同期比1.0%減の1153.83億円となり、営業利益は同14.2%減の37.72億円、純利益は同21.8%減の27.50億円となった。

 富士通エレクトロニクスの子会社化は、18年12月から2021年12月にかけて3段階に分けて株式を取得し、完全子会社化する計画。これにより、加賀電子は売上高5000億円級の企業グループを形成することとなり、売上高で業界1位のマクニカ・富士エレホールディングス<3132>(東1)に迫り2位になる。また、前連結会計年度後半から、供給サイドの増産対応が追い付かず、一部の部材において需給逼迫が顕在化しているとするが、こうした状況を乗り越える上でも成果が期待されている。

 これを踏まえた今期・19年3月期の連結業績見通しは、売上高が2900億円(前期比22.9%増)、営業利益は77億円(同5.2%減)、純利益は73億円(同12.5%増)、1株利益は266円04銭。

■年間配当は5円増配し75円の見込みに

 同社は、1968年の創業以来、独立系エレクトロニクスの総合商社として、電子部品の販売からEMSビジネスへと進出し、更には、顧客製品の企画・開発からソフトウェア・映像制作、ネットワークソリューションを中心としたシステムサポートなどへとサービスを提供している。今期は「創立50周年記念配当」を実施することとし、2018年9月中間配当は、普通配当30円に50周年記念配当5円を加え、1株35円とするとした。3月期末配当については、現段階では前年同期と同額の1株40円の見込みとした。年間では前期比5円増配の75円になる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 決算発表記事情報

DeNAが急伸、中国テンセントゲームズとの提携など好感される

■ユーザー登録数2億人を超える大ヒット作の日本版を6日事前登録開始

 ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>(東1)は11月7日、急伸して始まり、取引開始後に9%高の2136円(185円高)まで上げて戻り高値に進んでいる。6日、中国のテンセントゲームズとの提携と日本向けゲームの事前登録開始を発表し、注目されている。

 発表によると、テンセントゲームズと提携し、日本向けスマートフォンゲーム「伝説対決−Arena of Valor」の事前登録を11月6日に開始した。このゲームは、テンセントゲームズが提供するスマートフォンゲーム「王者栄耀」のGlobal版「Arena of Valor」の日本版になる。「王者栄耀」は、ユーザー登録数が2億人突破し、世界のiOS売り上げ1位を記録したことのある大ヒット作だという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

久光製薬は自社株買いなど好感され戻り高値に進む

■11月12日から19年2月28日まで実施

 久光製薬<4530>(東1)は11月7日、続伸基調で始まり、取引開始後に6850円(220円高)まで上げて戻り高値に進んでいる。6日の取引終了後、自己株式の取得(自社株買い)を発表し、好感買いが強まった。第2四半期決算(3〜8月)は10月10日に発表済み。

 自社株買いは、取得上限株数が100万株(自己株式を除く発行済株式総数の1.19%)、上限金額は65億円、取得期間は2018年11月12日〜19年2月28日。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

日経平均は41円高で始まり米中間選の結果を待つ様子

 11月7日(水)朝の東京株式市場は、日経平均が小幅続伸し41円99銭高(2万2189円74銭)で始まった。

 NYダウは2日続けて上げ幅100ドル台となり、173.31ドル高(2万5635.01ドル)。東京外為は円安気味で始まった。米国の中間選挙の大勢が日本時間の昼過ぎにも判明する見通しと伝えられるため、午後は前場と異なる展開になる可能性が言われている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 株式投資ニュース

寿スピリッツは調整一巡期待、19年3月期2Q累計順調で通期2桁営業・経常増益予想

 寿スピリッツ<2222>(東1)は「お菓子の総合プロデューサー」を企業ビジョンに掲げ、首都圏エリア展開強化や商品プレミアム化などの重点施策を加速している。19年3月期第2四半期累計は台風・地震災害影響を吸収して2桁営業・経常増益と順調だった。そして通期も2桁営業・経常増益予想である。株価は地合い悪化も影響して年初来安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:30 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インフォコムは高値更新の展開、19年3月期上方修正して2桁増収営業増益予想

 インフォコム<4348>(JQ)は、ITサービスや電子コミック配信サービスを主力として、IoT領域の事業創出も積極推進している。19年3月期第2四半期累計はほぼ計画水準の営業増益で着地した。通期は上方修正して2桁増収営業増益予想、そして増配予想である。なお8月21日には東証本則市場(東証1部)への市場変更を申請している。株価は上場来高値更新の展開だ。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:27 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ティムコは調整一巡、18年11月期黒字化予想で収益改善期待

 ティムコ<7501>(JQ)はフィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。18年11月期は黒字化予想である。収益改善を期待したい。株価は地合い悪化も影響して年初来安値圏だが、調整一巡して反発を期待したい。0.3倍近辺の低PBRも見直し材料だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:25 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

日本エム・ディ・エムは高値圏、19年3月期2桁営業増益・連続増配予想で2Q累計は計画超

 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器専門商社である。自社製品拡販で19年3月期2桁営業増益・連続増配予想である。第2四半期累計は計画超の増収増益と順調だった。通期も好業績が期待される。株価は年初来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ロードスターキャピタルは反発の動き、18年12月期3Q累計大幅増益で通期も大幅増益予想、基準日11月29日で株式2分割

 ロードスターキャピタル<3482>(東マ)は、付加価値を高めて売却する不動産投資運用を主力としている。18年12月期第3四半期累計は大幅増益だった。通期も大幅増益予想、そして増配予想である。基準日11月29日(効力発生日11月30日)で1株を2株に分割する。株価は反発の動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:21 | 株式投資ニュース

AMBITIONは「GoWeb!」導入に伴い基幹システム連携のRPAを利用した業務支援を開始

 AMBITION<3300>(東マ)は6日、Good不動産(本社:福岡市中央区)の不動産管理会社向けの募集支援・業務改善システム「GoWeb!」導入に伴い基幹システム連携のRPAを利用した業務支援を開始することを発表した。

an1.jpg

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:19 | IR企業情報

三洋貿易の9月期業績は増収増益で着地、今期は5円増配へ

■新長期経営計画VISION2023を策定
 
 三洋貿易<3176>(東1)は6日、18年9月期連結業績及び新長期経営計画を発表し、配当を2円増額した。

 連結業績の売上高は前期比15.8%増の784億50百万円、営業利益は同6.6%増の52億63百万円、経常利益は同5.8%増の55億75百万円、純利益は同8.5%増の36億35百万円だった。

 各事業の取組みを見ると、化成品では、売上高は286億06百万円(同7.1%増)、営業利益は17億26百万円(同5.1%増)だった。主力の自動車・情報機器に加え、建機向けの合成ゴムや添加剤などの副資材が好調だった。化学品関連商品では、主力の塗料・インキ原料やフィルム及び電材輸出に加え、香料や畜産・農薬関連商材、アジア向け輸出が好調に推移した。
 
 機械資材では、売上高は259億32百万円(同20.0%増)、営業利益は29億13百万円(同15.4%増)となった。産業資材関連商品は、自動車内装用部品の販売が伸長し、17年9月期実績を更に上回った。シート周辺部品は、高機能製部品の採用車種が増加した。機械・環境関連商品は、木質バイオマス分野で大型案件が実現し好調だった。科学機器関連商品は、摩擦摩耗試験機や耐候性試験機等の各種分析・試験機器が好調に推 移した。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:16 | 決算発表記事情報

【新規上場(IPO)銘柄】アイ・ピー・エスは9日に第2四半期決算を発表、リバウンド相場入りを期待

 アイ・ピー・エス<4390>(東マ) は、6月27日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、情報通信事業、人材育成・派遣・紹介事業、メディア・イベント企画事業を行っている。現在では、同社グループ全体で、日本・フィリピンそれぞれの国内での通信事業、フィリピンと各国をつなぐ国際通信事業、職業紹介等の在留フィリピン人関連事業及び医療事業に取り組んでいる。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:43 | 新規上場(IPO)銘柄