IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年12月11日

【銘柄フラッシュ】シルバーライフが好決算を受けて急伸し大村紙業はまたぞろ動き出す

 12月11日は、テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>(東1)の12.9%高が東証1部に値上がり率1位となり、いちよし証券がフェアバリュー3600円で新規に注目を開始と伝えられたことなどが材料視された。

 2位はアイモバイル<6535>(東1)の12.9%高となり、引き続き第1四半期決算が好感されて10日のストップ高に続き大幅続伸。

 3位はゴールドウイン<8111>(東1)の7.1%高となり、冬物の季節到来に加え、クモの糸を参考にした合成繊維を開発する出資先がクールジャパン機構から資金を調達と伝えられて材料視。

 サイバーステップ<3810>(東2)は全体相場が重い中で11月中間決算の発表に期待が強まったとされて出直りを強め25.3%高と急伸。ハイアス・アンド・カンパニー<6192>(東2)は引き続き業績見通しの増額が好感されて再び急伸して急反発し7.0%高。

 シルバーライフ<9262>(東マ)はストップ高の14.8%高となり、10日発表の第1四半期決算が好感されて急伸。タイセイ<3359>(東マ)は今期の営業・経常利益2ケタ増の見込みなどへの評価が再燃とされて後場一段高の13.5%高。

 大村紙業<3953>(JQS)は28.3%高と急伸。「ニンテンドースイッチ」の話題が盛り上がると動意を強める習性があるとされ、ニンテンドースイッチ向けのゲームソフトがXマスに向けて増加することなどが言われて再び動意を強めた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:50 | 株式投資ニュース

【株式市場】日経平均は2日続落し米中関係の緊張など注視されTOPIXは安値更新

◆日経平均は2万1148円02銭(71円48銭安)、TOPIXは1575.31ポイント(14.50ポイント安)、出来高概算(東証1部)は14億7631万株

チャート10 12月11日後場の東京株式市場は、引き続き米中関係の緊張への警戒感が強く、株価指数の先物にはヘッジ売りが多いとの見方があり、現物株市場は好業績株や材料株が個別に物色された。日経平均は前引けの水準(119円20銭安の2万1100円30銭)より50円ほど回復して始まったが、前場に続いてトヨタ自動車<7203>(東1)などが軟調なため上値が重く、大引けまで100円安前後の水準で一進一退を続け2日続落となった。TOPIXは10月26日につけた年初来の安値を更新した。東証2部指数、マザーズ指数も安いが、日経JASDAQ平均も安い。

 後場は、ゴールドウイン<8111>(東1)が一段とジリ高になり、冬物の季節到来に加え、クモの糸を参考にした合成繊維を開発する出資先がクールジャパン機構から資金を調達と伝えられて材料視され、サイバーステップ<3810>(東2)は11月中間決算の発表に期待が言われて一段ジリ高。

 ソフトバンクグループ<9984>(東1)は4日ぶりに反発し、19日上場の携帯子会社の公開価格が昨10日決定したことなどが寄与した様子。シルバーライフ<9262>(東マ)は10日発表の第1四半期決算が好感され一時ストップ高の急伸。ピクセルカンパニーズ<2743>(JQS)はカジノゲーミングマシンのゲームタイトルが中国マカオの当局から承認されたとの発表が材料視され急動意。タイセイ<3359>(JQS)は今期の営業・経常利益2ケタ増の見込みなどへの評価が再燃とされて一段高。

 11日、新規上場のアルー<7043>(東マ)は10時33分に公開価格1370円の47%高の2010円で初値がつき、高値は前場の2235円。後場は売買交錯となり、終値は1705円。もう一銘柄、ピアラ<7044>(東マ)は前場、買い気配のまま売買が成立せず、後場、13時6分に公開価格2550円を97%上回る5030円で初値がつき、その後5280円まで上げて終値は4190円となった。

 東証1部の出来高概算は14億7631万株(前引けは7億2848万株)、売買代金は2兆5012億円(同1兆1867億円)。1部上場2123銘柄のうち、値上がり銘柄数は324(同359)銘柄、値下がり銘柄数は1745(同1713)銘柄。

 また、東証33業種別指数は値上がりした業種が6業種(前引けは5業種)にとどまり、情報・通信、空運、小売り、不動産、食料品、電力・ガス、が高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:12 | 今日のマーケット

【投資に役立つ決算説明資料】カーリットHDの19年3月期第2四半期決算資料

カーリットホールディングス<4275>(東1)
kas1.gif

 カーリットホールディングス<4275>(東1)は、化学品事業、ボトリング事業、産業用部材事業を展開している。19年3月期第2四半期は大幅増益と順調だった。19年3月期は2桁営業増益予想である。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:37 | 投資に役立つ説明会資料

11日上場のピアラは前場、買い気配のまま値がつかず公開価格の88%高

■ビューティ&ヘルス市場や食品市場にフォーカスしECマーケティングを支援

11日、新規上場となったピアラ<7044>(東マ)は、顧客がより良い商品に出会い、購買自体を楽しんでもらうことに価値を見出し顧客満足を最大化することをミッションに、ビューティ&ヘルス及び食品市場にフォーカスし、ECを運営するクライアントに対して、新規顧客獲得から顧客育成まで、各課題に対応する「ECマーケティングコミットカンパニー」を掲げる。主要サービスはECマーケティングテック事業と広告マーケティング事業。

 会社発表の今期・2018年12月期の業績予想(連結)は、売上高が109.53億円(前期比50.2%増)、営業利益が3.63億円(前期は0.31億円)、親会社株式に帰属する純利益は2.53億円(前期は0.19億円)、1株利益は101円32銭。

 買い気配で始まり、前場は買い気配のまま値がつかず、11時30分現在は、公開価格2550円を88.%上回る4800円の買い気配。公開価格はPER25.2倍になり、たとえばシルバーエッグ・テクノロジー(3961)のPER40倍前後などが参考になるようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:17 | 新規上場(IPO)銘柄

11日上場のアルーは前場、公開価格を47%上回る2010円で初値つく

■法人向け人材育成事業を中心に今12月期は2ケタ増収増益の見込み

 11日、新規上場となったアルー<7043>(東マ)は、法人向けの人材育成事業を行い、10時33分に公開価格1370円の47%高の2010円で初値がつき、その後2235円まで上げて前引けは2040円となった。

 教室型研修、海外派遣研修、並びにスマートフォンなどを活用するビジネス英会話レッスン「ALUGO」などを展開するが、ホームページによると、「研修ではなく『育成』にこだわる」、としている。

 会社発表の今期・2018年12月期の業績見通し(連結)は、売上高が22.51億円(前期比17.7%増)、営業利益が1.80億円(同27.0%増)、純利益は同0.9億円(同18.8%増)、1株利益は41円24銭。公開価格はPER33.2倍になり、インソース(6200)の40倍台などが参考にされている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12 | 新規上場(IPO)銘柄

【株式市場】全般に上値が重く個別物色となり日経平均は一時59円高だが次第に軟化

◆日経平均は2万1100円30銭(119円20銭安)、TOPIXは1572.98ポイント(16.83ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億2848万株

 12月11日(火曜)の東京株式市場は、全般に上値が重く、好業績株などを個別に選別買いする展開になった。日経平均は為替の円安とNYダウの反発を受けて53円高で始まったが、自動車株や銀行株などが重く、10時20分にかけて157円19銭安(2万1062円31銭)まで下押した。その後、中国の劉鶴副首相がムニューシン米財務長官らと電話会談と伝えられると持ち直し、59円52銭高(2万1279円02銭)まで上げたが、前引けは119円20銭安(2万1100円30銭)となった。東証2部指数、マザーズ指数も安いが、日経JASDAQ平均も安い。

 ソフトバンクグループ<9984>(東1)は4日ぶりに反発し、19日上場の携帯子会社の公開価格が昨10日決定したことなどが寄与した様子。シルバーライフ<9262>(東マ)は10日発表の第1四半期決算が好感され一時ストップ高の急伸。ピクセルカンパニーズ<2743>(JQS)はカジノゲーミングマシンのゲームタイトルが中国マカオの当局から承認されたとの発表が材料視され急動意。

 11日、新規上場のアルー<7043>(東マ)は買い気配で始まり、10時33分に公開価格1370円の47%高の2010円で初値がつき、その後2235円まで上げて前引けは2040円。もう一銘柄、ピアラ<7044>(東マ)は前場、買い気配のまま売買が成立せず、前引けは公開価格2550円を71%上回る4365円で買い気配となっている。

 東証1部の出来高概算は7億2848万株、売買代金は1兆1867億円。1部上場2123銘柄のうち、値上がり銘柄数は359銘柄、値下がり銘柄数は1713銘柄。

 また、東証33業種別指数は値上がりした業種が5業種にとどまり、情報・通信、空運、その他製品、電力・ガス、小売り、が高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:05 | 今日のマーケット

【社長インタビュー】Eストアーの石村賢一社長に現況と今後の展望を聞く

◆時代の要請に合わせ、ネットショップへの「EC総合支援サービス」を積極拡大

 Eストアー<4304>(JQS)は、EC総合支援ソリューションを展開している。同社は、アマゾンや楽天市場といったECモール店ではなく、企業のEC本店(専門店)向けを中心に販売システムを提供。現在は、ネットショップに「売れるノウハウ」マーケティングの提供を強化し、総合的に支援する「EC総合支援サービス」を拡充している。また、この8月には電子認証事業にも進出した。「ネットショップの信用力も高める」と話す代表取締役・石村賢一社長に、当面の展望などを聞いてみた。

h12.jpg

◆マーケティングサービス事業の売上高は10億円に届き、収益の柱に育つ

――今期の業績予想は増収減益の計画としていますが、主な要因を教えて下さい。

 【石村】 ひとことで言えば今は転換期ということであり、「踊り場」にあるためだ。当社は、独自ドメインネットショップの「カート」(買い物かご)を15年程前に国内で初めて導入した。そのEC販売システム「ショップサーブ」を中心に拡大してきたが、時代の要請に合わせ、数年前から、EC事業者を対象に総合的な支援を行う会社を目指して事業構造を切り替えている。そのための投資を積極的に行っている。

 というのは、ITやAIが急速な進歩を遂げ、IoTの時代が本格的に到来してきた現在、単なるソフトやITシステムは真似ること、コピーすることが容易になってきたことがある。EC販売システムの分野も次第に差別化がなくなりはじめている。ここ数年はEC販売システムを生業とする業者が増え、競争が激化してきた。>>>インタビューの続き
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:23 | IRインタビュー

シルバーライフの7月期第1四半期は各事業とも伸長して大幅増収増益、営業利益は69.2%で着地

■FCは651店舗となった

 シルバーライフ<9262>(東マ)の2019年7月期第1四半期業績(非連結)は、売上高19億04百万円(前年同期比27.0%増)、営業利益2億02百万円(同69.2%増)、経常利益2億29百万円(同81.0%増)、四半期純利益1億41百万円(同83.3%増)だった。

 販売区分別の業績を見ると、FC加盟店向け販売では、「まごころ弁当」及び「配食のふれ愛」の2ブランドによる積極的な店舗展開により、店舗数は18年7月期末より25店舗増加し、651店舗となった。売上高は13億54百万円(同19.9%増)となった。

 高齢者施設等向け食材販売サービスの「まごころ食材サービス」では、介護報酬削減の影響により、民間配食業者への効率的な食材販売サービスへの需要が高まり、売上高は3億39百万(同48.4%増)となった。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

日本エスコンは今期2度目の増配など好感され出直りを強める

■12月期末配当を6月に20円から26円の見込みとし今回32円に

 日本エスコン<8892>(東1)は12月11日、反発して始まり、取引開始後に7%高の716円(49円高)まで上げて出直りを強めている。10日の取引終了後、今期・2018年12月期の利益予想と配当(期末のみ実施)予想の増額修正を発表。12月期末配当は従来予想の26円を32円の見込みとしたことなどが好感されている。

 今期の配当予想はさる6月にも増額しており、今回で2度目の増額になる。6月の増配では、従来の20円を26円の見込みとした。また、今期の連結純利益の見通しは従来の70億円(前期比28.3%の増加)を72億円(同32.0%の増加)とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

NIPPOは消費増税対策の公共事業など注目されて戻り高値を更新

■公共事業も含めた施策で消費増税前の駆け込み需要の反動減を抑えると伝わる

 NIPPO<1881>(東1)は12月11日、大きく出直って始まり、取引開始後に2030円(92円高)まで上げて戻り高値を更新し、10月10日以来の2000円台回復となった。道路舗装の代表格銘柄で、「消費増税対策2兆円、19年度予算案に計上へ、政府、商品券や公共事業増」(日本経済新聞12月11日付朝刊)などと伝えられ、期待が広がったとの見方が出ている。

 報道によると、予算案では、「防災や減災のためのインフラ整備には国費だけで1兆円超の予算措置を見込む」「公共事業による需要を生みだし、消費増税前の駆け込み需要の反動減を抑える」「合わせて自動車や住宅の購入時の減税を実施するほか、飲食料品などの税率を8%に据え置く軽減税率も導入する」などと伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | 株式投資ニュース

日経平均は53円高で始まり反発基調、円安・ドル高が英ポンドを材料に再燃

 12月11日(火)朝の東京株式市場は、日経平均が反発基調の53円54銭高(2万1273円04銭)で始まった。

 NYダウは一時507ドル安まで下押し、終値は34.31ドル高(2万4423.26ドル)だったが、外為市場では、円が1ドル113円台の円安に入るなど円安が再燃。英ポンドが英国のEU離脱を巡る議会の混迷を受けて対ドルで一段安となり、ドルに投機資金が流入し、円をはじめ世界の主な通貨が対ドルで安くなったと伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース

ベステラは戻り歩調、19年1月期増収増益予想で3Q累計順調

 ベステラ<1433>(東1)は鋼構造プラント設備解体工事を展開し、次世代プラント解体工法「3D解体」実現に向けたロボット開発も推進している。19年1月期(連結決算に移行)増収増益予想で、第3四半期累計は概ね順調だった。株価は基調転換して戻り歩調だ。出直りを期待したい。

■鋼構造プラント設備解体のオンリーワン企業

 製鉄所・発電所・ガスホルダー・石油精製設備など鋼構造プラント設備の解体工事に特化したオンリーワン企業である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

エイジアは調整一巡して反発期待、19年3月期2桁増収増益・増配予想

 エイジア<2352>(東1)はメール配信システムの大手である。中期成長に向けてAI(人工知能)を活用した新サービスを強化している。19年3月期2桁増収増益・増配予想である。株価は地合い悪化の影響で安値圏だが、調整一巡して反発を期待したい。

■メール配信などe−CRMシステム「WEBCAS」シリーズが主力

 自社開発e−CRMシステムのWEBCASシリーズを提供するアプリケーション事業を主力として、システム受託開発なども展開している。18年3月期セグメント別売上高構成比はアプリケーション事業81%、コンサルティング事業18%、オーダーメイド開発事業1%である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インフォマートは売られ過ぎ感、18年12月期大幅増益予想で19年12月期も収益拡大期待

 インフォマート<2492>(東1)は企業間電子商取引「BtoBプラットフォーム」を運営している。18年12月期大幅増益予想である。利用企業数が増加基調であり、19年12月期も収益拡大が期待される。株価は地合い悪化も影響して戻り高値圏から急反落したが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。

■企業間(BtoB)電子商取引プラットフォームを運営

 企業間の商行為を電子化する企業間電子商取引プラットフォーム「BtoBプラットフォーム」として、企業間受発注業務をWeb上で行うBtoBプラットフォーム受発注、食の安全・安心の商品仕様書DBであるBtoBプラットフォーム規格書、企業間請求書発行・受取業務をWeb上で行うBtoBプラットフォーム請求書、BtoB専用の販売・購買システムであるBtoBプラットフォーム商談を運営している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:38 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

トレジャー・ファクトリーは戻り試す、19年2月期大幅増益予想で上振れ余地

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)はリユースショップを展開している。19年2月期大幅増益予想である。11月の既存店売上は3ヶ月連続の前年比プラスと順調だった。通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は下値を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。

■リユースショップを首都圏中心に展開

 総合リユース業態トレジャー・ファクトリーや服飾専門リユース業態トレファクスタイルを主力とするリユースショップを、首都圏直営店中心に展開している。収益面では第2四半期(6〜8月)の構成比が小さい季節特性がある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:35 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

日本エム・ディ・エムは自律調整一巡期待、19年3月期2桁営業増益・連続増配予想

 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器専門商社である。自社製品拡販で19年3月期2桁営業増益・連続増配予想である。株価は高値圏から反落したが、自律調整一巡して上値を試す展開を期待したい。

■整形外科分野の医療機器専門商社、自社製品比率上昇して収益力向上

 人工関節製品、骨接合材料、脊椎固定器具など整形外科分野を主力とする医療機器専門商社である。メーカー機能強化による高収益体質への転換を目指し、米国子会社オーソデベロップメント(ODEV)社製品の拡販を推進している。自社製品比率は16年3月期85.1%、17年3月期87.5%、18年3月期88.6%と上昇基調で、収益力が向上している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:34 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ヴィスコ・テクノロジーズは底値圏、12月13日付で東証2部に市場変更

 ヴィスコ・テクノロジーズ<6698>(JQ)は画像検査処理装置のファブレスメーカーである。19年3月期減益予想だが上振れ余地があるだろう。12月13日付でJASDAQから東証2部に市場変更する。株価は17年12月の上場来安値に接近しているが、ほぼ底値圏だろう。反発を期待したい。

■画像検査処理装置のファブレスメーカー

 画像検査処理装置のファブレスメーカーで、コネクタ検査用など電子部品業界向けを主力としている。中期経営計画では21年3月期の売上高50億50百万円、経常利益7億70百万円、純利益5億30百万円、ROE17.8%を目指している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:32 | 株式投資ニュース

ファイバーゲートは戻り高値圏、19年6月期2桁増収増益予想

 ファイバーゲート<9450>(東マ)はWi−Fiソリューション総合サービス企業である。19年6月期2桁増収増益予想である。東証1部への市場変更を目指して10月に立会外分売を実施している。株価は戻り高値圏だ。自律調整を交えながら18年7月の上場来高値を試す展開が期待される。

■独立系Wi−Fiソリューション総合サービス企業

 18年3月東証マザーズに新規上場した。独立系のWi−Fiソリューション総合サービス企業である。18年8月には朝日ネット<3834>と業務提携した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:29 | 株式投資ニュース

キャリアインデックスは自律調整一巡して上値試す、19年3月期大幅増収増益予想

 キャリアインデックス<6538>(東1)は、国内大手転職サイトの求人情報をネットワークし、一括検索・応募できるサイトを運営している。19年3月期大幅増収増益予想である。株価は地合い悪化も影響して上場来高値圏から急反落したが、自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。

■求人情報をネットワークした転職情報サイト運営が主力

 正社員転職求人情報サイト「キャリアインデックス」など、国内大手転職サイトやアルバイト・派遣サイトの求人情報をネットワークし、一括検索・応募できるサイトを運営している。新規分野では資格・お稽古などのスクール情報サイトを運営している。ユーザーの登録・応募に応じた送客成果報酬課金を収益柱としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:28 | 株式投資ニュース
2018年12月10日

【銘柄フラッシュ】アイモバイルなど急伸しミライアルなど四半期好決算銘柄も高い

 12月10日は、日東工業<6651>(東1)が15.0%高となって東証1の値上がり率1位となり、いちよし証券が妥当値を200円引き上げて2400円に見直したと伝えられたほか、米国が華為技術や中興通訊などの製品の使用を制限する姿勢を示し、日本政府も通信機器などの「政府調達指針」を打ち出したと伝えられ、代替需要への期待が強まったとの見方も。

 アイモバイル<6535>(東1)は第1四半期決算が好感されて朝方から買い気配のままストップ高の15.0%高に張りついて推移し、大引けでストップ高のまま売買が成立。

 ミライアル<4238>(東1)は第3四半期決算が好感されて後場一段とジリ高傾向になり11.9%高。

 ダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699>(東2)は14.9%高となり、約1週間ぶりに高値を更新。事業再生ADRを推進する田淵電機<6624>(東1)に出資しスポンサーになり、通信機器の「政府調達指針」が神風になるのではとの思惑や期待。アルメディオ<7859>(東2)は19年3月期の業績大幅回復期待が再燃とされて6.5%高。

 マネジメントソリューションズ<7033>(東マ)は業績見通しの増額修正が好感されて朝方から買い気配のままストップ高の16.8%高に張りついて推移し、大引けでストップ高のまま売買成立。HEROZ(ヒーローズ)<4382>(東マ)は四半期決算と一緒に12月末を基準日とする株式2分割を発表し5.1%高。ニッパンレンタル<4669>(JQS)は12月決算に期待再燃とされてストップ高の18.0%高となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:28 | 株式投資ニュース

ソフトバンクの公開価格(売り出し価格)は1株1500円に決定

■12月19日に新規上場、所属市場は東証1部に決定

 12月19日に新規上場となるソフトバンク(9434)は12月10日の取引終了後、「売出価格、国内外の売出株式数及びオーバーアロットメントによる売出しの売出株式数決定のお知らせ」を発表した。同時に、所属市場は東証1部に決定した。

 公開価格(売り出し価格)は1株1500円。売出価格の決定に当たっては、仮条件(1株につき1500円)に基づいて個人投資家及び機関投資家を中心にブックビルディングを実施した。

 引受人の買取引受けによる売出し株数は、国内が1,427,287,400株、海外が176,406,300株。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:16 | 株式投資ニュース

【株式市場】米中関係の緊迫化が懸念され材料株など個々に動き日経平均は大幅反落

◆日経平均は2万1219円50銭(459円18銭安)、TOPIXは1589.81ポイント(30.64ポイント安)、出来高概算(東証1部)は13億8306万株

 12月10日後場の東京株式市場は、引き続き米中関係の緊迫化を懸念する雰囲気が晴れず、日経平均はほぼ前引けの水準(487円45銭安の2万1191円23銭)で始まったまま小動きを続けた。中で、日立製作所<6501>(東1)は海外での原発事業を見直すと伝えられ、取引開始後に堅調転換。アイモバイル<6535>(東1)は四半期決算が注目されてストップ高。しかし日経平均は下げ幅400円台のまま大幅反落となった。東証2部指数、マザーズ指数も安いが、日経JASDAQ平均も安い。

 後場は、ミライアル<4238>(東1)が一段とジリ高傾向になり、四半期決算の2ケタ増収増益などが好感され、大和自動車交通<9082>(東2)は台湾企業との配車アプリ実証試験への期待が再燃し再びストップ高。マネジメントソリューションズ<7033>(東マ)は10月決算の着地見通し増額修正が注目されてストップ高。ニッパンレンタル<4669>(JQS)は12月決算に期待再燃とされてストップ高。

 東証1部の出来高概算は13億8306万株(前引けは7億1316万株)、売買代金は2兆2704億円(同1兆916億円)。1部上場2122銘柄のうち、値上がり銘柄数は149(同156)銘柄、値下がり銘柄数は1951(同1927)銘柄。

 また、東証33業種別指数は値上がりした業種が2業種(前引けも2業種)にとどまり、前引けと同じ顔ぶれの石油・石炭、鉱業が高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:54 | 今日のマーケット

携帯通信ソフトバンクの公開価格きょう決定し相場圧迫の「出尽し」を期待、19日上場

■仮条件は1500円、2兆6000億円の資金吸収が気にされてきたが・・・・

 ソフトバンクグループ<9984>(東1)は12月10日、後場も軟調なまま小動きを続け、14時30分にかけては3%安の8633円(296円安)前後となっている。12月19日に新規上場する携帯通信会社ソフトバンク(9434)が最近、大規模な通信障害を起こしたこと、次世代通信の技術開発などで協業する中国の通信機器の大手・華為技術(ファーウェイ)を巡り、その製品の使用を制限する姿勢を米国などが鮮明にしていること、などが手控え要因とされている。

 このうち、携帯通信会社ソフトバンクの株式上場については、公開価格(売り出し価格)の決定日が今日、10日になる。仮条件は1500円で、通例なら大引け後ほどなく発表になる。株式市場全体にとっては2兆6000億円の資金吸収要因になるとされ、全体相場の下げ要因となってきたが、この資金吸収については、すでに言われ続けてきたファクターのため、価格が決まれば株式市場に特有の「懸念材料出尽し」感が働き、ソフトバンクグループ株も全体相場も下げ圧力は止まるとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:50 | 株式投資ニュース

日本テレホンが一時ストップ高、認知機能測定クラウドでの協業が注目される

■介護分野などへ「脳活バランサー」のトータルブレインケア社と共同展開

 日本テレホン<9425>(JQS)は12月10日の11時を過ぎてから急伸し、一時ストップ高の724円(100円高)まで上げ、出来高が急増。後場も14時にかけて7%高の670円(46円高)前後で売買をこなしている。10日付で、認知機能の特性などを計測する「脳活バランサーCogEvo」とタブレット端末と通信回線のワンセットサービス開始を発表。急伸後も押し目買いが旺盛な様子だという。

 発表によると、「脳活バランサーCogEvo」は、株式会社トータルブレインケア(兵庫県神戸市))が企画開発・運営する認知機能の特性と経時変化を測定するインターネットクラウドシステムで、全国の医療機関や老人介護施設、デイケア施設等へ導入を進めている。一方、これを利用するシーンではタブレット端末及び通信インフラが必要不可欠であることから、日本テレホンが提供するタブレットレンタルと通信回線をセットにしたサービスを利用者に提供していく。介護関連業界への拡大が注目されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:11 | 株式投資ニュース

HEROZは株式2分割が好感され第2四半期決算も好調の見方で続伸

■12月末を基準日とする株式2分割を発表
 
 HEROZ(ヒーローズ)<4382>(東マ)は12月10日、続伸基調となり、後場は13時30分を過ぎて15160円(660円高)前後で推移している。前週末取引日の7日、大引け後、第2四半期決算(2018年5〜10月)と12月末を基準日とする株式2分割を発表し、注目されている。

 AIソフト開発などを展開し、5〜10月の業績は、前年同期間まで四半期財務諸表を作成していなかったため増減比較できないが、売上高は6.46億円となり、経常利益は2.29億円で。進捗率は好調とみられている。4月通期の見通しは従来予想を継続し、売上高は12.6億円(前期比12.6%増)、経常利益は4.0億円(同18.1%増)、純利益は2.8億円(同13.3%増)、1株利益は41円41円。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:43 | 株式投資ニュース