【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月02日

ミロク情報サービスの子会社であるMWIは電子決済等代行業者の登録を完了

 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)の子会社である Miroku Webcash International(MWI)は、2019年1月28日に、電子決済等代行業者の登録(登録番号 関東財務局長(電代)第 22 号)を完了した。

 2018年6月1日に施行された「銀行法等の一部を改正する法律」により、国内で電子決済等代行業を営むには、銀行法に基づく登録が必要となった。これに伴い、MWIは「預金者の銀行口座に係る残高や利用履歴等の情報を銀行から取得し、これを預金者に提供する」サービスを提供する電子決済等代行業者(2号)として、財務局への登録を行った。

 MWIは、以前よりアカウントアグリゲーションサービスである『Account Tracker』を各種ソフトウェアのエンジンとして提供することで、あらゆる金融機関の取引明細や残高を自動的に取得し、利用者の利便性を向上させることに努めており、Account Trackerは金融サービスを展開している企業等が採用している。

 同社では、今後も金融機関によるAPI開放が進展していくなかで、今回の電子決済等代行業者としての登録により、金融機関と連携し、利用者への適切な情報提供を行うことで、金融 (Finance) を簡単に、さらに便利になるサービスを提供できるよう注力するとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:59 | IR企業情報

【新規上場(IPO)銘柄】TDSEは通期利益予想を増額、日柄調整が進むか注目

 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング<7046>(東マ)は、昨年12月18日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、「新しい価値を創造し、変化をもたらす次世代のチャレンジャー」という経営ビジョンのもと、データサイエンスで、ビジョン策定、データ分析・最適化、AIを活用した運用しくみづくり、分析活用基盤の構築など、データ分析・活用を軸に顧客のニーズや課題にあったサービスを提供している。

 具体的には、データ経営コンサルティング・解析支援、データ活用人材教育・組織組成支援、デジタル戦略システム構築サービスなどを行う「ビックデータ・AIソリューションサービス」と同社独自AI製品「scorobo」シリーズや他社AI製品などの販売による「AI製品等によるロイヤリティサービス」の提供を行っている。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:46 | 新規上場(IPO)銘柄

AMBITIONは西浅草ホステル物件「&AND HOSTEL ASAKUSA」の売却及びサブリース契約を締結

 AMBITION<3300>(東マ)は1月31日、同社開発の西浅草ホステル物件「&AND HOSTEL ASAKUSA」の売却及びサブリース契約を締結したことを発表した。

 譲渡先と譲渡価格は、売買契約における譲渡先との守秘義務により公表を控えている。また、同物件に関わる業績に関しては開示基準を満たしていないが、2019年6月期第3四半期に貢献する予定。

 「&AND HOSTEL ASAKUSA」としてand factoryに運営委託し、同社が所有者から借り上げるホステルサブリースの「第二弾」である。昨今の訪日外国人旅行者の増加や2020年の東京オリンピック開催 に向け、宿泊施設の不足が社会的な課題となっている。

 このような背景を受け、「民泊」「IoT」等のキーワードで「住まいの未来を創造する」同社の戦略とマッチした「&AND HOSTEL ASAKUSA」については、両社のシナジー効果を創出することにより、互いの事業発展と企業価値の向上に取り組むとしている。

 and factory がプロデュースする「&AND HOSTEL」は、最先端のIoTデバイスを1ヶ所に集結させ、近未来のIoT空間が楽しめる体験型宿泊施設。またIoT体験だけではなく、宿泊者同士のコミュニケーションが活発なホステルならではの出会いや集いも楽しめる「世界と繋がるスマートホステル」。コンセプトのオリジナリティーやコストパフォーマンスの良さから好評である。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:39 | IR企業情報

役に立たぬダンナは叩き売れ(未練は捨てよ)

■役に立たぬダンナは叩き売れ(未練は捨てよ)

役に立たぬダンナは叩き売れ(未練は捨てよ) 『役に立たぬダンナは叩き売れ』−−。この反対の格言に、『女房を質に入れても株を買え』、というのがあります。元気のない男性が増えてきたためでしょうか、女性が強くなってきたためでしょうか。

 景気、企業業績が上向いたら「女房を質に入れても株を買う」くらいの強気になりなさい、ということですが、反対に、景気、企業業績が悪化したら「役に立たないダンナ」と同じですからいつまでも未練強くしないで売りなさい(処分しなさい)と教えています。ただし、決してダンナを殺してはいけませんよ。最近起きている事件のように。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:00 | 特集