株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月03日

ジェイテックの第3四半期は、契約単価の上昇と販管費の抑制により増収大幅増益

 ジェイテック<2479>(JQG)の第3四半期は、契約単価の上昇と販管費の抑制により増収大幅増益となった。

 同社は、製造業の開発・設計部門に技術者を派遣する「技術職知財リース事業」を主力としている。専門教育による知識を基盤として、新たな付加価値を顧客に提供する社員を「テクノロジスト」と呼称し、一般的なエンジニアと区別している。

 今期第3四半期は、技術知財リース事業、一般派遣及びエンジニア派遣事業共に増収大幅増益となった。

 その結果、19年3月期第3四半期連結業績は、売上高23億61百万円(前年同期比3.0%増)、営業利益1億74百万円(同243.9%増)、経常利益1億74百万円(同250.1%増)、純利益は1億18百万円(同157.0%増)と増収大幅増益。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:51 | 決算発表記事情報

Jトラストの連結子会社であるPT Bank JTrust Indonesia Tbk.はインドネシアにおける個人向けローン商品を共同開発

 Jトラスト<8508>(東2)の連結子会社であるPT Bank JTrust Indonesia Tbk.(インドネシア共和国)は、日本全国で介護施設を展開するウチヤマホールディングス<6059>(東1)傘下のさわやか倶楽部および、中四国に幅広い店舗網を展開する広島銀行<8379>(東1)と、インドネシアにおける個人向けローン商品を共同開発した。

 同社グループは、今後も金融機関や日本の優良企業との協業を通じて、インドネシアにおける金融サービスの拡充を図り、日本とインドネシアの顧客のニーズに応えることで、顧客の挑戦をサポートするとしている。

 なお、同社グループの連結業績に与える影響については軽微であると考えているが、今後、公表すべき事項が発生した場合には速やかに開示する方針。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:33 | IR企業情報

【注目銘柄】京写の第3四半期は国内の売上は好調であったが、主材料の価格上昇の影響で増収減益

■製品価格の適正化が進み、第3四半期間の営業利益は急伸

 京写<6837>(JQS)の第3四半期連結業績は、国内の売上が好調であったが、利益面で主材料価格の上昇の影響もあり増収減益となった。しかし、第3四半期間(10月〜12月)の利益が急増していることから注目銘柄といえる。

 第3四半期連結業績は、売上高160億32百万円(前年同期比1.0%増)、営業利益4億30百万円(同4.3%減)、経常利益4億23百万円(同11.1%減)、純利益2億92百万円(同7.4%減)となった。

 売上については、海外では中国は事務機の受注は増加したものの、アミューズメント関連や映像関連分野の受注が減少した。一方、国内の基板事業は自動車関連やLED照明の家電製品と映像関連の受注が増加し、実装関連事業も好調に推移したことから、全体では増収となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:21 | 決算発表記事情報

パイプドHDのグループ企業、パイプドビッツは「スパイラル」をバージョンアップ

■2月27日より新バージョン1.12.6の提供を開始

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、パイプドビッツは、情報資産プラットフォーム「スパイラル」をバージョンアップし、2月27日より新バージョン1.12.6の提供を開始する。2月1日に新バージョン1.12.6のβ版を受付開始した。

 新バージョン1.12.6では、「スパイラル」で構築したアプリケーションのメンテナンスを効率的に実施できる新機能「切り替えURL機能」を実装する。

 従来は、Webサイトに公開中の問い合わせフォームやキャンペーン応募フォームを改修する際、登録者が少ない時間帯を狙って公開中のフォームを直接修正したうえで動作検証を行ったり、フォームを複製して修正し、動作検証を行ったうえで、Webサイトのフォームへのリンク先を変更したりする必要があった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:10 | IR企業情報