株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月10日

エフティグループは第3四半期決算の発表と共に通期の純利益と期末配当を上方修正

◆継続的に収入が得られるストック系商品を中心とした自社サービスの企画開発販売に注力

 エフティグループ<2763>(JQS)は8日、第3四半期決算の発表と共に通期の純利益と期末配当を上方修正した。

 今期は、「オフィスと生活に新たな未来を。」をキャッチフレーズに、中小企業・個人事業主・一般消費者を対象としてネットワークセキュリティ、情報通信インフラの整備、省エネルギーサービスの普及に努めると共に、継続的に収入が得られるストック系商品を中心とした自社サービスの企画開発販売に注力した。

 その結果、19年3月期第3四半期連結業績は、売上高338億80百万円(前年同期比12.4%増)、営業利益44億43百万円(同42.9%増)、経常利益44億63百万円(同42.9%増)、純利益29億73百万円(同51.3%増)と2桁増収大幅増益となった。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:18 | 決算発表記事情報

フォーカスシステムズは第3四半期の発表とともに通期業績予想と配当を上方修正

◆企業力の向上に努めたところ、既存顧客との継続的な取引及び案件拡大に繋がる

 フォーカスシステムズ<4662>(東1)は8日引け後、第3四半期の発表とともに通期業績予想と配当を上方修正した。

 同社が属する情報サービス業界は、第4次産業革命の潮流の中、AI、IoT、X−Tech等の技術革新が新たな市場形成を促進し、IT投資需要の拡大が続いている。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:28 | 決算発表記事情報

(注目銘柄)サンコーテクノの第3四半期は増収効果に加え、利益率が改善し、前年同期比で20%以上の増益となる

◆土木関連を中心に、完成工事高が増加

 あと施工アンカーのサンコーテクノ<3435>(東2)は8日、今期第3四半期の連結業績を発表した。第3四半期は増収効果に加え、利益率が改善したことで、前年同期比で20%以上の増益となった。株価は安値圏で推移していることから、注目銘柄といえる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:40 | 決算発表記事情報

メディカル・データ・ビジョンは18年12月期業績予想を上方修正

◆外資製薬メーカーの期末調査のニーズが想定を上回る

 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は8日引け後、18年12月期業績予想を上方修正した。

 修正理由として、データ利活用サービスのアドホック調査サービスにつて、特に外資製薬メーカーの期末調査のニーズが想定を上回り、受注が予想を上回ったことを挙げている。

 修正された18年12月期連結業績予想は、売上高は前回予想を77百万円上回る35億77百万円(前回予想比2.2%増)、営業利益は1億43百万円上回る3億51百万円(同69.0%増)、経常利益も1億43百万円上回る3億51百万円(同69.2%増)、純利益は前回予想通りの69百万円を見込んでいる
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース