株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年03月13日

【銘柄フラッシュ】Nutsなど急伸し多木化学もバイオ株人気に乗り活況高

 3月13日は、日亜鋼業<5658>(東1)が15.1%高となり東証1部の値上がり率トップ。「建設用ボルト不足、「工期に影響」8割超、五輪など影響」(NHKニュースWEB3月12日20時31分)と伝えられたことが材料視されたようで、後場寄り後には一時20.5%高まで急伸。

 TATERU(タテル)<1435>(東1)は14.7%高となり、アパート経営支援サービスなどを行うため、レオパレス21<8841>(東1)の問題を受けて「漁夫の利」的に需要が増えるのではといった思惑が波及したとの見方。

 多木化学<4025>(東1)は10.7%高となり、大阪大学と共同研究する「自律拍動するiPS細胞由来心筋シート」を日本再生医療学会・総会(3月21日から23日)で発表との開示が注目され、このところのバイオ株相場に乗る。

 DNAチップ研究所<2397>(東2)は9.7%高となって3日続けて出直りを継続。「遺伝性リスク、事前に把握、乳・卵巣がん発症予防へ、検査利用進む――新薬と併せて保険適用」(日本経済新聞3月11日付朝刊)との記事などが材料視されたとの見方が。サンコーテクノ<3435>(東2)は8.4%高となり、前出・日亜鋼業の「建設用ボルト不足」に加え、アルコール検知器の旅客機や客船への拡大機運が本格化してきたことも言われて急伸。

 オンコリスバイオファーマ<4588>(東マ)は米国癌学会議での発表内容などの開示が注目されて一時ストップ高の700円高(19.1%高)まで上げ大引けも16.5%高。Delta−FlyPharma(デルタフライ・ファーマ)<4598>(東マ)は米国で実施中の新薬候補の第3相臨床試験への期待や大株主の異動による思惑買いが言われて8.9%高と連日大幅続伸。

 Nuts<7612>(JQS)は会員制医療施設の開設や運営に関するコンサルタント事業を第4四半期(1〜3月)から開始とされ、チャートも2月の急伸に続く騰勢第2波をイメージさせるとされて後場、遂にストップ高の29.4%高となった。(HC)




提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | 株式投資ニュース

【株式市場】日経平均は大幅反落だが前日の上げの6割安にとどまり材料株など強い

◆日経平均の終値は2万1290円24銭(213円45銭安)、TOPIXは1592.07ポイント(13.41ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億2571万株

チャート14 3月13日(水)後場の東京株式市場は、EU離脱案を巡る英国議会の混迷が今夜のNY株式などにどのような影響を及ぼすか不透明感はあったものの、日本株のほうが先に洗礼を受けたため抵抗力がついているとの見方もあり、日経平均は後場寄り後の304円70銭安(2万1198円99銭)を下値にジリジリ持ち直した。任天堂<7974>(東1)は13時半前から前日比で堅調相場に転換し、ソニー<6758>(東1)は14時30分過ぎから堅調相場に浮上。日経平均は213円安で大引けとなり、大幅安だが12日の378円高の6割弱の下げにとどまった。東証2部指数、マザーズ指数は小高くなり続伸。日経JASDAQ平均は安い。

 後場は、アイモバイル<6535>(東1)が7月決算への期待やエース証券による目標株価の引き上げなどを手掛かりに一段高となり、アップルインターナショナル<2788>(東2)は中国の電気自動車の国内独占販売権が注目されて高値圏で頑強。オンコリスバイオファーマ<4588>(東マ)は米国癌学会議での発表内容などの開示が注目されて一時ストップ高。プリントネット<7805>(JQS)は新元号関連株のダークホースとされて急動意となりストップ高。

 13日上場のサーバーワークス<4434>(東マ)は買い気配のまま初値がつかず、大引けは気配値のまま上げる場合の本日の上限値段(公開価格4780円の2.3倍)の1万1000円の買い気配となった。

 東証1部の出来高概算は12億2571万株(前引けは5億9980万株)、売買代金は2兆1523億円(同1兆219億円)。1部上場2134銘柄のうち、値上がり銘柄数は411(同330)銘柄、値下がり銘柄数は1648(同1742)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は3業種(前引けは鉱業1業種のみ)にとどまり、鉱業、不動産、その他製品、が高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:43 | 今日のマーケット

オンコリスバイオファーマ連日急伸、米国癌学会議で発表と開示し一段と注目される

■株価材料としても当面のヤマ場を迎えるとの見方が

 オンコリスバイオファーマ<4588>(東マ)は3月13日の後場急伸し、13時前から断続的にストップ高の4360円(700円高)で売買されている。同日付で、進行性及び転移性各種固形がんを対象とした「テロメライシン」に関する研究成果などを第110回米国癌学会議(アトランタ、2019年3月29日から4月3日)で発表すると開示し、一段と注目が集まった。

 18年12月頃から「テロメライシン」に関する発表や報道などが材料視されて動意を強めており、2月中旬以降は次第に上昇ピッチを強めながら直近は急伸商状になっている。学会での発表は最大の注目点になり、株価材料としても当面のヤマ場を迎えるとの見方が出ていた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:41 | 株式投資ニュース

サンコーテクノが急伸、オリンピックまで500日となり建設需要などへの期待再燃

■アルコール検知器の開発・製造も手掛け「問い合わせが増加」

 サンコーテクノ<3435>(東2)は3月13日の後場、8%高の1132円(86円高)で始まり、約半月ぶりに戻り高値を更新している。コンクリートに使える特殊ボルトや耐震対策器具などの専業大手で、東京オリンピック・パラリンピック関連銘柄のひとつ。12日がオリンピック開幕まで500日だったことなどを受け、改めて注目が再燃したとの見方が出ている。

 業績は好調で、2月に今3月期の連結業績見通しを増額修正した。また、同社はアルコール検知器の開発・製造も手掛けており、現在、アルコール検知器協議会の事務局を担当している。このところ、旅客機や客船での「飲酒運転」が伝えられ、監督官庁による対策の報道もあり、こうした面から連想買いが流入したとの見方も出ている。「事務局や当社への問い合わせが増えている」(同社)という。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 株式投資ニュース

【中西文行の相場展望】引き続きサイバーセキュリティ関連銘柄に注目

■ロータス投資研究所代表の中西文行氏に相場展望を聞く

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:35 | BLOG TV

【株式市場】英国のEU離脱が再び混迷し日経平均は303円安となり前場の安値引け

◆日経平均は2万1199円78銭(303円91銭安)、TOPIXは1586.44ポイント(19.04ポイント安)、出来高概算(東証1部)は5億9980万株

チャート14 3月13日(水)前場の東京株式市場は、明け方にかけて英国議会がEU離脱協定案を否決と伝えられ、再び混迷感が漂う形になり、日経平均は77円安で始まった。また、日米の2国間貿易交渉も控え、トヨタ自動車<7203>(東1)が朝方を除いてジリ安基調になるなど主力株が次第に重くなった。日経平均は10時半頃の上海株式市場の開始とともに一段安となり、前引けにかけて303円91銭安(2万1199円78銭)まで下げ、前引けもこの安値で終った。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 自社株買いと消却を発表した信越化学工業<4063>(東1)は高いまま値を保ったが、米社買収の富士フイルムHD<4901>(東1)は朝方と中盤に上値を追ったが伸びきれず「Mの字」型になり軟調。サンコーテクノ<3435>(東2)はアルコール検知器を手掛けることなどが材料との見方で急伸。Delta−FlyPharma(デルタフライ・ファーマ)<4598>(東マ)は米国で第3相臨床試験の新薬候補への期待や大株主の異動による思惑買いが言われて続伸。APAMAN<8889>(JQS)はレオパレス21の件で要改修アパートの住人に対する転居要請が材料とされて戻り高値。

13日上場のサーバーワークス<4434>(東マ)は買い気配のまま初値がつかず、前引けは公開価格4780円を70%上回る8140円の買い気配となった。

 東証1部の出来高概算は5億9980万株、売買代金は1兆219億円。1部上場2134銘柄のうち、値上がり銘柄数は330銘柄、値下がり銘柄数は1742銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:57 | 今日のマーケット

デルタフライ・ファーマが戻り高値を更新、臨床第3相試験の新薬候補など注目される

■11日の主要株主異動発表を機に出来高が急増し出直り強める

 Delta−FlyPharma(デルタフライ・ファーマ)<4598>(東マ)は3月13日も出直りを続け、朝方に18%高の3735円(585円高)まで上げて戻り高値を更新。11時にかけても10%高前後で強い推移となっている。11日の13時に主要株主の異動を発表し、ヤクルト本社<2267>(東1)の所有株式数が減少したため、新たな株主の登場期待や連携期待が広がっているようだ。

 「モジュール創薬」のコンセプトで新たな抗がん剤などの開発を推進する。現在、有力な3つのパイプライン(新薬候補開発案件)が日米で臨床試験進行中で、うち、抗がん剤候補化合物「DFP−10917」は、「米国食品医薬品局(FDA)との臨床第3相試験のプロトコール合意に基づき、治験責任医師と新しい治療体系を確認しながら、治験参加施設の選定を着実に進めた」(2月発表の第3四半期決算短信より)と、開発の進展が期待されている。

 3月11日、13時に主要株主の異動を発表し、ヤクルト本社の所有株式数が幾分減少し、議決権割合が従来の10.01%から9.94%に低下したとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | 株式投資ニュース

アップルインターは中国の小型EVの独占販売権が注目され急伸

■定格出力0.59Kw、4輪でホイールベース1500ミリメートル、登録は「原付」のため安価

 アップルインターナショナル<2788>(東2)は3月13日、大きく出直り、朝方に17%高の293円(42円高)まで急伸。10時を過ぎても13%高前後で推移し、出来高が急増している。

 国内、海外で自動車の販売や仕入れ・買い取りを行い、12日付で、中国・南京のNanjingJiayuanSpecialElectricVehiclesManufactureCo.,Ltd(南京嘉远特种电动车制造有限公司)が生産する電気自動車の日本国内における独占販売権を取得したと発表。注目された。

 発売する電気自動車は、寸法が全長2.245メートル、全幅1.290メートル、全高が1.570メートル、ホイールベース1500ミリメートル。モーターの定格出力は0.59キロワット(最大出力3キロワット)。特徴としては、(1)原付登録のため維持費が安価、(2)乗員1名、ヘルメット不用のコンパクトEV、(3)家庭用コンセントでOK(1回6〜8時間の充電で100キロメートル走行)、(4)近場の移動に便利(コンビニなどに利用)、など。4月1日の販売開始を予定する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

13日上場のサーバーワークスは買い気配のまま公開価格の30%高(10時現在)

■アマゾン・ウェブサービスの課金代行サービスなどを展開

 3月13日新規上場となったサーバーワークス<4434>(東マ)は、買い気配で始まり、10時現在は公開価格4780円を30%上回る6220円の買い気配となっており、まだ初値はついていない。

 Amazon Web Services,Inc.(アマゾン・ウェブサービス)の課金代行サービス「AWSリセール」事業や、ITシステムをクラウド環境へ移行する際のクラウド基盤のデザイン、構築サービスを提供する「クラウドインテグレーション」事業などを行う。上位株主にはテラスカイ<3915>(東1)(28.35%保有)がある。

 2019年2月期の業績見込み(個別、会社発表)は、売上高が44.43億円(前期比44.9%増)、営業利益が2.62億円(同394.8%増)、当期純利益は3.12億円(同74.1%増)、1株利益は217円33銭。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | 新規上場(IPO)銘柄

富士フイルムHDが年初来の高値を更新、米社買収など材料視される

■上場来の高値5320円を目指す下地が整ってきたとの見方が

 富士フイルムホールディングス(富士フイルムHD)<4901>(東1)は3月13日、上値を追って始まり、取引開始後に5180円(35円高)をつけて年初来の高値をほぼ1ヵ月ぶりに更新した。12日の取引終了後、米バイオジェン社の製造事業子会社の買収を発表し、材料視されている。

 過去の増資など調整後の上場来高値は5320円(2018年10月4日)。業績は18年3月期に連結純利益が最高を更新し、今期の見通しは純利益が反落する一方、税前利益などは続伸の見込み。上場来高値を更新する下地が整ってきたとの見方がある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

日経平均は77円安で始まるが英国のEU離脱を巡る混迷の影響は限定的の様子

 3月13日(水)朝の東京株式市場は、日経平均が反落模様の77円92銭安(2万1425円77銭)で始まった。

「イギリス議会、EU離脱協定案を否決」(NHKニュースWEB2019年3月13日4時29分)と伝えられ、12日の日経平均378円高の一因とされた楽観的な見方が打ち消された形になった。

 ただ、対ユーロでの円相場は前日比横ばい圏で始まった。NYダウは反落して96.22ドル安(2万5554.66ドル)となったが、計算上はボーイング株の下げが1銘柄でダウ平均を167ドル引き下げたと伝えられ、これがなければ高かったことになる。総じて、英国のEU離脱を巡る混迷の影響は限定的の様子。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース

加賀電子は13期ぶりの最高純益更新を見直し50億円ファンド出資もオンして反発

 加賀電子<8154>(東1)は、前日12日に35円高の2154円と3営業日ぶりに反発し、前日に割った25日移動平均線を上回って引けた。今2019年3月期純利益が、14期ぶりに過去最高更新と予想されていることを見直し売られ過ぎ修正買いが再燃した。今年2月25日には、新規事業創出に向けベンチャー企業へ投資する「50億円ファンド」の一環として「次世代蓄電デバイス」などを開発しているスペースリンク(神奈川県川崎市)への出資を発表したことも、成長戦略の加速要因として株価押し上げの材料視されている。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:15 | 編集長の視点

シルバーライフの7月期第2四半期は増収・大幅増益、利益進捗率が高水準

■FCは671店舗となった

 シルバーライフ<9262>(東マ)は12日、19年7月期第2四半期業績(非連結)を発表した。同社は、3月5日に第2四半期業績予想の上方修正を発表しており、売上高37億91百万円(前年同期比23.1%増)、営業利益4億33百万円(同61.6%増)、経常利益4億87百万円(同66.2%増)、四半期純利益2億99百万円(同60.8%増)だった。

 販売区分別の業績を見ると、FC加盟店向け販売では、「まごころ弁当」及び「配食のふれ愛」の2ブランドによる積極的な店舗展開により、店舗数は18年7月期末より45店舗増加し、671店舗となった。売上高は27億20百万円(同18.0%増)となった。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:28 | 決算発表記事情報

寿スピリッツは下値固め完了して出直り、19年3月期2桁営業・経常増益予想

 寿スピリッツ<2222>(東1)は「お菓子の総合プロデューサー」を企業ビジョンに掲げ、首都圏エリア展開強化や商品プレミアム化などの重点施策を加速している。19年3月期2桁営業・経常増益予想である。3月12日には子会社シュクレイの「GENDY」2号店が東京・銀座にオープンした。株価は下値固め完了して出直る動きだ。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

生化学工業は下値切り上げ、19年3月期減益予想だが20年3月期収益改善期待

 生化学工業<4548>(東1)は関節機能改善剤アルツが主力の医薬品メーカーである。19年3月期は薬価改定の影響や受取ロイヤリティーの減少などで減益予想だが、20年3月期の収益改善を期待したい。株価は急伸した2月の戻り高値から反落したが下値を切り上げている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:10 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

朝日ラバーは下値固め完了感、19年3月期減益予想だが20年3月期収益改善期待

 朝日ラバー<5162>(JQ)は、シリコーンゴムや分子接着技術をコア技術として、自動車内装LED照明光源カラーキャップ、RFIDタグ用ゴム製品などを展開している。19年3月期減益予想だが、20年3月期の収益改善を期待したい。株価は売り一巡して下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:08 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ヒーハイスト精工は調整一巡して出直り期待、19年3月期営業・経常増益予想

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。直動機器を主力として精密部品加工なども展開している。19年3月期営業・経常増益予想である。株価は戻り一服の形だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:06 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

建設技術研究所は戻り試す、19年12月期2桁増益予想

 建設技術研究所<9621>(東1)は総合建設コンサルタント大手である。中期ビジョンではマルチインフラ&グローバル企業を目指している。インフラ整備関連の需要が高水準に推移して19年12月期2桁増益予想である。株価は2月の戻り高値から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:04 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

サインポストは調整一巡して戻り試す、19年2月期増収増益予想で20年2月期も収益拡大期待

 サインポスト<3996>(東マ)は、システム開発コンサルティングや小売店舗向けAI無人レジシステムなどを展開している。19年2月期増収増益予想である。20年2月期も収益拡大を期待したい。キャッシュレス関連が注目テーマであり、株価は調整一巡して戻りを試す展開が期待される。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:03 | 株式投資ニュース

日本リビング保証は底打ちして戻り歩調、19年6月期経常・最終増益予想

 日本リビング保証<7320>(東マ)は、住宅設備保証サービスや検査補修サービスなどを展開する住宅総合アフターサービス企業である。19年6月期経常・最終増益予想である。株価は12月安値から下値を切り上げている。底打ちして戻り歩調だ。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:01 | 株式投資ニュース

ネオジャパンの19年1月期業績は、当初予想を上回って着地

■20年1月期も増収増益で最高益更新を見込む

 ネオジャパン<3921>(東1)の19年1月期業績は、当初予想を上回って着地した。

 19年1月期業績は、売上高26億61百万円(前年同期比15.1%増)、営業利益5億28百万円(同22.1%増)、経常利益5億47百万円(同21.3%増)、純利益3億82百万円(同17.9%増)となった。

 ちなみに、当初予想では、売上高26億円、営業利益4億91百万円、経常利益5億07百万円、純利益3億40百万円を見込んでいた。

 同社は、ビジネスコミュニケーションツールの開発・販売を展開し、グループウェアのクラウドサービスを主力としている。事業区分は、自社開発パッケージソフトをオンデマンドで提供するクラウドサービス、ビジネスパッケージソフトを開発・カスタマイズ・サポートするプロダクト、インターネット・イントラネット関連業務アプリを個別に受託開発する技術開発としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:54 | 決算発表記事情報

リコーリースは関東支社の移転に伴い、法人向けサテライトオフィス「ZXY」を併設

◆社員が働きやすい場所でより柔軟に働くことができるオフィスを実現

 リコーリース<8566>(東1)は、関東支社の移転に伴い、新事業所にザイマックスが提供する法人向けサテライトオフィス「ZXY(ジザイ)」を併設する。

 新事業所では『「いつでも」「どこでも」「誰でも」働ける』をコンセプトに、社員個々の自席を設けず自由に席を選択できるフリーアドレス制の導入や、デスクワーク、ミーティング、プレゼンテーションなど仕事のシーンに合わせて手軽にレイアウトを変更できる可動式デスクを採用した。これらにより、事業所スペースの有効活用を図りながら社員間の円滑なコミュニケーションの活性化や様々なワークスタイルに柔軟に対応できるオフィスレイアウトとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:30 | IR企業情報

【新規上場(IPO)銘柄】 フロンティアインターは2月28日に上場、仕切り直しの展開を期待

 フロンティアインターナショナル<7050>(東マ)は、本年2月28日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、幾多のプロモーション案件の実施により培った人の心を動かすノウハウを通じて、生活者に良質なブランド体験を届けることで、企業が抱えるマーケティングやセールスに関するあらゆる課題を解決する「Total Promotion Company」。単一セグメントのプロモーション事業では、イベントプロモーション、キャンペーンプロモーション、PR、スペースプロデュース、デジタルプロモーション、店頭販売支援を行っている。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:10 | 新規上場(IPO)銘柄