株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年04月06日

JPホールディングスのグループ企業、日本保育サービスは、4月1日より12施設を新規開設・運営開始

■19年4月1日時点での子育て支援施設は297施設

 JPホールディングス<2749>(東1)のグループ企業、日本保育サービスは、4月1日より保育園10園、学童クラブ2施設の計12施設を新規開設・運営開始した。

 これにより、19年4月1日時点での子育て支援施設は297施設となる。

 同社グループは、今後も待機児童の解消に向け新規施設の開設を推進すると共に、既存施設においてもより多くの子供達を預かりできるように、保育士確保に努める。

 また、働き方改革を推進して従業員満足度を高め、保育サービスの質向上に取り組むとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:32 | 新製品&新技術NOW

【新規上場(IPO)銘柄】 アルーは売り圧力が和らぐ、リバウンドも十分期待

 アルー<7043>(東マ)は、昨年12月11日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、「夢が溢れる世界のために、人のあらゆる可能性を切り拓きます- all the possibilities −」というMissonのもと、AIの活用による人材育成と働き方改革を推し進め、研修の提供にとどまらず「育成の成果」にこだわった、人材育成データ・機械学習技術等を活用した、社会人向け教育サービスの提供をしている。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 新規上場(IPO)銘柄

似た株は引き合い、そして離反する=犬丸正寛の相場格言

■似た株は引き合い、そして離反する

似た株は引き合い、そして離反する 業種、売上規模、発行株数などの似通った銘柄は、一方が上がれば連れてもう一方も上昇するという展開となるものです。ところが、どういうわけか、あるところまで来ると突然に違う動きを見せ始めることも多いのです。

 思春期時代の子供たちのように、何かのきっかけでフィと横を向いて口もきかなるのに似たところがあります。そこには、どうも「人気性の違い」、というものがあるようです。結果、一方の銘柄だけが上がるということになってしまいます。そのあたりの見極めを掴むことができれば株の持つ摩訶不思議さの極意を理解できることにもつながるのではないでしょうか。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:00 | 特集