株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年05月11日

建設技術研究所の今期19年12月期第1四半期は増収増益で黒字転換

■中村哲己氏が3月26日付で代表取締役社長に就任

 総合建設コンサルタントの建設技術研究所<9621>(東1)の今期19年12月期第1四半期は、増収増益で黒字転換の好調なスタートとなった。

 今期は、中村哲己(なかむらてつみ)氏(62)が、2019年3月26日付で代表取締役社長に就任している。共同記者会見では、「強みである技術力・提案力を生かしてグループ全体の英知を結集して社会に貢献していきたい」と語った。

 新社長のスタートに相応しい、第1四半期の好決算といえる。

 第1四半期連結業績は、売上高113億33百万円(前年同期比4.0%増)、営業利益1億21百万円(前年同期△39百万円)、営業利益1億40百万円(同△46百万円)、純利益52百万円(同△1億41百万円)であった。

 ちなみに、今期19年12月期通期連結業績予想は、前期に引続き最高益更新を見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:50 | 決算発表記事情報

トレジャー・ファクトリーの4月の全店売上高は前年同月比5.4%増、既存店1.5%増

■神奈川県二俣川に1店舗出店、トレファクスタイル調布店をリニューアルオープン

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)は10日、4月の月次売上概況(単体)を発表した。4月も3月に続き、売上高、出店共に順調に推移した。

 4月の全店売上高は前年同月比5.4%増、既存店も1.5%増となった。

 増収となったのは、衣料、服飾雑貨、ホビー用品が好調に推移したことによる。

 新規出店については、4月27日に神奈川県にトレジャーファクトリー二俣川店(総合)をオープンした。また、4月13日にはトレファクスタイル調布店(服飾専門)をリニューアルオープンした。

 20年2月期はスタートしてまだ2か月だが、既存店の売上が伸びていることもあり、今期も期待できそうである。

 前期は、利益率が改善し、増収大幅増益を達成しているように、今期も前期の流れを引き継ぎ好調に推移するものと予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:24 | 株式投資ニュース

綿半HDの4月全店は売上・客単価ともに5カ月連続で2桁増

■全店はネット通販のアベルネットがグループ入りし寄与

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は10日、4月月次(スーパーセンター事業19年4月度の速報値)を発表し、全店売上高は前年同月比122.1%、既存店が97.8%だった。全店は18年12月にネット通販のアベルネットがグループ入りしたことにより、売上・客単価は5ヶ月連続で2桁増となった。アベルネットは、通販サイト「PCボンバー」のブランドで家電・パソコン等を競争力のある価格で販売するインターネット通販事業を展開している。近年では家電・パソコンの他に様々な商品の販売を手掛ける。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:51 | IR企業情報

十を聞くはアホウ、三つくらいがちょうど良い=犬丸正寛の相場格言

■十を聞くはアホウ、三つくらいがちょうど良い

十を聞くはアホウ、三つくらいがちょうど良い 人の意見をよく聞くことは大切でも、聞くことばかりが趣味のようになって自分の意見を忘れてはいけないと教えています。とくに、損得の絡んでいる相場、ビジネスでもそうでしょうが、損をしたくない、少しでも多く儲けたい気持ちから、相場や景気に対する見方をたくさん聞こうとするものです。

 しかし、なんでもそうですが、『過ぎたるは及ばざるが如し』です。聞くことばりにエネルギーを注いでいると、常に、人の意見に左右されるようになり、他人はどうみているかということばかりが気になって、自分で考えることができなくなってしまいます。いくら多くを学んでも、最終的には、自分のことは自分で決めなくてはいけないのです。時間は待ってはくれません。ましてや、株式投資では自己責任が基本です。自分でジャッジしなくてはいけません。

 突き詰めれば、投資では、「カイ」、「ウリ」、「ミオクリ」の3つしかありません。日頃から、「強気の人」、「弱気の人」、「中立的な人」の3つくらいのタイプくらい分けて、相場見通しに耳を傾けるのがよいでしょう。そのうえで、今は、「カイ・ウリ・ミオクリ」のどれかを自分の頭で考えることです。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:00 | 特集