株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月03日

【株式市場】日経平均は4日続落するが好業績株など高く後場は底堅い

 6月3日は、ココカラファイン<3098>(東1)がストップ高(700円高の4910円、16.6%高)となり東証1部の値上がり率トップに入り、スギホールディングス<7649>(東1)との経営統合に向けた検討開始などを好感。

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)もストップ高(100円高の779円、14.7%高)となり、正午過ぎにAmazonのサイト上でも宅配買取サービスを開始するとの発表を受けて後場の取引開始から急伸し大引けもストップ高。

 コロプラ<3668>(東1)は引き続きスマートフォン向け新作RPG『最果てのバベル』の事前ダウンロード開始日が2019年6月11日(火)に決定と30日に発表したことなどが期待材料視されて2日連続大幅高となり、一時ストップ高(150円高の903円、19.9%高)まで上げて大引けも11.9%高。

 ウインテスト<6721>(東2)は9.8%高となり、正午過ぎに大型受注を発表し後場寄りから急動意。デュアルタップ<3469>(東1)は7.4%高となり、3日付で発表した「5月度入居率」などが注目されて出直りを拡大。

 上場3日目のバルテス<4442>(東マ)は10.0%高となり、引き続き業績動向などが注目されて連日高値を更新。JIGーSAW<3914>(東マ)は7.6%高となり、第1四半期(1〜3月)の営業利益が前年同月比40%増加したことなどが注目されて3日連続大幅続伸。

 ガーラ<4777>(JQS)は海外のIT企業との提携が材料視されてストップ高(80円高の339円、30.9%高)。多摩川ホールディングス<6838>(JQS)は28.4%高となり、5月下旬に好決算が注目されて2日連続ストップ高を交えて急伸し、その後の調整が浅いことなどが言われて評価が再燃する形で再騰し高値を更新した。(HC)








提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:12 | 株式投資ニュース

【新規上場(IPO)銘柄】ポートは投資フェーズから収益化フェーズへ移行、今期2ケタ増収増益を見込む

ポート<7047>(東マ)は、昨年12月21日に東京証券取引所マザーズと福岡証券取引所Q−Boardに上場。同社は、「世界中に、アタリマエとシアワセを。」をコーポレート・ミッションに掲げ、領域特化型のインターネットメディア事業を通じて、収益化と共に大量の行動データを取得し、またそれらをもとにユーザーニーズの分析を進めている。これを通じて、世の中に潜む様々なリアル産業における社会課題の解決に向けたリアルプロダクトを開発し、世の中にとって新たなアタリマエとなることを目指している。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:33 | 新規上場(IPO)銘柄

【6月の株主優待】日本エスコン、ビジョン、ラックランド、東急レクリエーション、白洋舎、藤久など

【6月の株主優待】(4)

あおぞら銀行<8304>(東1)
優待品=優待券
売買単位=100株
直近株価=2639円

ラ・アトレ<8885>(JQG)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=675円

日本エスコン<8892>(東1)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=682円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:56 | 株主優待&配当

【6月の株主優待】KeePer技研、富士電機、ヤマハ発動機、アシックス、立川プラインド工業など

【6月の株主優待】(3)

高見澤<5283>(JQS)
優待品=信州特産品
売買単位=100株
直近株価=1925円

エンビプロ・ホールディングス<5698>(東2)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=569円

カナレ電気<5819>(東1)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=1860円

岡部<5959>(東1)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=962円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:56 | 株主優待&配当

【株式市場】日経平均は4日続落するが好業績株など高く後場は底堅い

◆日経平均は2万410円88銭(190円31銭安)、TOPIXは1498.96ポイント(13.32ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億2894万株

チャート12 6月3日(月)後場の東京株式市場は、引き続き円高傾向などが意識されて好材料の出た銘柄や好業績株が選別買いされる展開になり、第一三共<4568>(東1)が大衆薬事業の分離観測などを受けて13時にかけ一段高。トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)はAmazonでも宅配買取サービスを開始するとの発表を受けて取引開始から急伸しストップ高。日経平均は228円安で始まった後も一進一退を続けて4日続落となったが、前場の安値(295円45銭安の2万305円74銭)は割らなかっ

 後場は、ウインテスト<6721>(東2)が正午過ぎに発表した大型受注が好感されて後場は急伸し、上場3日目のバルテス<4442>(東マ)は業績動向などが注目されて連日高値。日本ラッド<4736>(JQS)は5月30日に決算説明会資料を自社HPにアップしたため注目が再燃とされ一段高。

 東証1部の出来高概算は12億2894万株(前引けは5億9043万株)、売買代金は2兆1136億円(同1兆29億円)。1部上場2141銘柄のうち、値上がり銘柄数は312(同320)銘柄、値下がり銘柄数は1782(同1763)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は6業種(前引けは5業種)にとどまり、値上がりした業種は、電力・ガス、陸運、不動産、ゴム製品、空運、建設、だった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:39 | 今日のマーケット

トレジャー・ファクトリーが後場ストップ高、Amazonでも宅配買取サービス開始

■Amazonアカウントで申込み、買取金額はAmazonギフト券か現金振込で

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)は6月3日の後場、急伸し、取引開始後にストップ高の779円(100円高)で売買され、そのまま13時30分を過ぎても買い気配となっている。正午頃、「6月3日(月)より、Amazon(アマゾン)上で当社が運営する宅配買取サービスの提供を開始」と発表し、買いが殺到した。

 トレジャー・ファクトリーは、年間100万件以上の買取実績を持つリユース企業の最大手。このほど開始したAmazonでのサービス提供を通し、同社のサービスがより広く多くの利用者に身近なものになる。

 同社が提供する宅配買取サービスでは、ブランド品・腕時計・レディース・メンズファッション・バッグ・靴・財布、その他服飾小物など、幅広いファッションアイテムの買取を行う。

 サービス利用の流れは、Amazon上の買取サービスサイトから申込み、売却したい商品を箱に詰めて発送すれば、3日以内にメールで査定金額が連絡される。買取金額が了承できる場合、買取が成立する。Amazonギフト券もしくは現金口座振込のいずれかを選ぶことができる。なお、Amazonアカウントを保有する場合は、この「宅配買取サービス」をより簡単に利用することができる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース

ウインテストが後場急伸、年商の4分の1規模の大型受注が注目される

■正午過ぎ、国内大手電気機器メーカーよりLCDアレイ検査装置の受注を発表

 ウインテスト<6721>(東2)は6月3日の後場、急伸して始まり、取引開始後に12%高の115円(13円高)まで上げて大きく出直っている。昼12時30分、「LCDアレイ検査装置WTS−311受注のお知らせ」を発表し、注目集中となった。

 国内大手電気機器メーカーよりLCDアレイ検査装置WTS−311シリーズを受注金額約1億円で受注した。2018年7月期の連結売上高は4.3億円だったため、特大の大型受注になる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:55 | 株式投資ニュース

【株式市場】日経平均は朝方の295円安を下値に持ち直し傾向、材料株や好業績株など高い

◆日経平均は2万361円76銭(239円43銭安)、TOPIXは1496.72ポイント(15.56ポイント安)、出来高概算(東証1部)は5億9043万株

チャート12 6月3日(月)前場の東京株式市場は、前週末のNYダウ354ドル安を受け、日経平均は取引開始直後に295円45銭安(2万305円74銭)まで下押した。ただ、自社株買いを実施中の三菱地所<8802>(東1)などの不動産株が高く、中国景気敏感株とされる安川電機<6506>(東1)は朝寄り後を下値に持ち直し、日経平均も、その後は持ち直し気味に推移した。前引けは239円43銭安(2万361円76銭)。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 ココカラファイン<3098>(東1)が買い気配からストップ高で始まり、スギホールディングス<7649>(東1)との経営統合を好感。北の達人コーポレーション<2930>(東1)は通販化粧品の品切れ・予約待ち3万人超との発表が材料再燃とされて急反発。にストップ高となり、サンコーテクノ<3435>(東2)は業績好調などへの評価が再燃とされて活況高。AppBank<6177>(東マ)は赤字縮小傾向が注目されて高い。ガーラ<4777>(JQS)は韓国のIT企業との提携が材料視されて一時ストップ高。

 東証1部の出来高概算は5億9043万株、売買代金は1兆29億円。1部上場2141銘柄のうち、値上がり銘柄数は320銘柄、値下がり銘柄数は1763銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:16 | 今日のマーケット

チームスピリットが続伸、株式分割を5月末に実施し新たな投資家層に期待

■シリコンバレー企業との提携やUSENグループへの大口納入など注目される

 チームスピリット<4397>(東マ)は6月3日、2日続伸基調となり、3060円(68円高)まで上げて出直りを強めている。2019年5月31日(金曜日)を基準日として1株を2株とする割合の株式分割を実施。最低投資金額が理論上は半額になったため新たな投資家層の流入が期待されている。

5月14日付で、「働き方改革プラットフォーム『TeamSpirit』、シリコンバレーに拠点を置くJunifyと、テレワーク時のセキュリティ強化でシステム連携」と発表。11日には、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を、 USEN−NEXT HOLDINGS<9418>(東1)グループ18社が約4000名規模で導入したと発表。注目された。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

サンコーテクノが出直り拡大、好業績など改めて注目し直される

■接着系あと施工アンカーなど新用途加わり増勢に

 サンコーテクノ<3435>(東2)は6月3日、反発相場となり、10時過ぎに1077円(44円高)まで上げて大きく出直っている。前週末の5月31日、2019年3月期の「本決算説明会(アナリスト向け)資料」を同社ホームページの「IRライブラリ」コーナーにアップし、業績の好調さが改めて注目し直されたようだ。

■前3月期、売上高は下期ベースで最高を更新

 19年3月期の連結決算は5月14日に発表済みで、金属系あと施工アンカーが堅調だったほか、前期に低迷した接着系あと施工アンカーが増勢に転じたことなどにより、各利益とも13%から18%増加した。売上高は4.3%増加したが、うち、下期は7.3%増加し、下期としての最高額を更新した。

 今期・20年3月期は、東京五輪などの関連工事とともに、大都市圏の再開発需要が強まる見通しで、金属系アンカーの需要が堅調さを持続する見込み。さらに、接着系アンカーが耐震補修などの既存の需要に加え、建物の手すりなど新たな用途への需要が加わってきたため拡大する見通し。海外からの需要も伸びる見通し。これらにより、売上高は19年3月期比7.5%増の183.0億円、親会社株主に帰属する純利益は2.3%増の9.65億円、1株利益は118円03銭を見込む。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

スマートバリューが大きく反発、日本初のブロックチェーンによる住民ID基盤

■行政サービスをデジタル化する日本初の住民ID基盤を石川県加賀市で開始

 スマートバリュー<9417>(東1)は6月3日、反発相場となり、10時にかけて10%高の777円(69円高)と上げ幅を広げている。5月31日付で、ブロックチェーン技術を用いて行政サービスをデジタル化する日本初の住民ID基盤「GaaS(Government as a Service)」について、石川県加賀市を第一弾として同日に公開し、全国へ向けてデジタル・ガバメントを推進すると発表した。

 同社は、プラットフォーム「SMART L−Gov」を基盤とし、全国300超の自治体のウェブサイトやスマートフォンアプリの提供を通じてオープンガバメントの第一段階である「 行政の透明性」を支援している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース

エイトレッドが上場来高値を更新、最高益銘柄で働き方改革など政策にも乗る

■全体相場が重い中で選別買いされる展開に

 エイトレッド<3969>(東1)は6月3日、再び上値を追って始まり、取引開始後に5%高の1945円(101円高)まで上げて株式分割など調整後の上場来高値を更新した。ワークフローソフトの専業大手で、働き方改革や外国人材登用などの政策関連銘柄。今期・20年3月期も純利益などが連続最高を更新する見込みのため、全体相場が重い中で選別買いされる展開になっている。

 4月23日に発表した2019年3月期の決算は、売上高が前期比30.8%増加し、営業利益は同58.4%増加するなど、全体に最高を更新した。今期の業績見通しは、売上高を16.0億円(前期比10.5%増)、営業利益は5.60億円(同8.8%増)、当期純利益は3.75億円(同20.2%増)、1株利益50円38銭とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:52 | 株式投資ニュース

大崎電気が戻り高値、海外展開などでの中期成長に期待強まる

■今期は英国プロジェクトが本格的に立ち上がり豪州、中東も需要増加

 大崎電気工業<6644>(東1)は6月3日、続伸基調で始まり、取引開始後に666円(30円高)をつけて戻り高値を更新した。5月14日に前3月期決算と中期計画などを発表し、しばらく値動きが重かったが、22日にこれらの説明会資料を同社ホームページにアップした後は出直り基調に転じている。

 今期・20年3月期は、海外で英国プロジェクトの本格的な立ち上がりに加え、オーストラリア・中東の需要増により増収増益(黒字化)を見込むとし、連結売上高は前期比12.1%増の920億円、親会社株主に帰属する純利益は同11.4%減の16.0億円を見込む。

 中期計画では、スマートメーターの付加価値創出などを進め、英国スマートメータープロジェクト、オセアニア事業などに続く水平展開を進める。また、人々の暮らしの社会的課題解決へ向けた「watchシリーズ」の事業拡大(計測技術+IoT/AI)をはじめとして新たなコアとなる製品・事業の創出も進める。22年3月期には売上高1050億円、純利益30億円などを目指す。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 株式投資ニュース

日経平均は273円安で始まったあと持ち直す、前週末のNYダウ354ドル安となり為替も円高

 6月3日(月)朝の東京株式市場は、日経平均が大幅続落模様の273円32銭安(2万327円87銭)で始まった。その後230円安前後へと持ち直している。

 前週末のNYダウは大幅に反落し354.84ドル安(2万4815.04ドル)。また、円相場は今朝の東京市場で1ドル108円台前半に入り、円高進行となっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース

【編集長の視点】テノ.HDは続落も連続最高業績や実質増配がサポートして株式分割の権利取りチャンス

 テノ.ホールディングス<7037>(東マ)は、前週末31日に100円安の3100円と4営業日続落して引けた。米トランプ政権が、メキシコの不法移民流入への対策が不十分として同国からの全輸入品に5%の追加関税を課すと発表したことが響いて、31日の日経平均株価が、341円安と続落してフシ目の2万1000円台を下回っており、同社株にも目先の利益を確定する売り物が続いた。ただ同社は、今年6月30日を基準日にして株式分割(1株を3株に分割)を予定しており、この続落場面は、絶好の権利取りチャンスとなりそうだ。今2019年12月期業績が、連続して過去最高更新と予想され、配当も、株式分割を勘案して実質増配を予定していることもサポート材料として見直されよう。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:21 | 編集長の視点

日本エンタープライズは都立霊園公式サイト「TOKYO霊園さんぽ」についてチャットボット「Repl−AI」の試験導入を受託

■試験導入期間は6月1日(土)〜8月31日(土)の3か月間

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、都立霊園公式サイト「TOKYO霊園さんぽ」について、2019年度東京都立霊園使用者の募集時期に併せ、自動で客からの質問に対話形式で答えるチャットボット「Repl−AI」の試験導入を受託した。

同社は、NTTドコモが開発したチャットボットシステム「Repl−AI」のビジネスパートナーとして、 顧客の要望に応じたチャットボットを提供している。同社の「チャットボット構築サービス」は、 人口知能と自動応答プログラムなどを組み合わせ、 用途に合わせた最適なシステムを短期間で構築できる。AIによる業務効率化を図りながら、顧客満足度を向上し、ユーザのファン化やサービ スの差別化に役立つ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:07 | IR企業情報

レカムは売り一巡期待、19年9月期大幅増収増益・増配予想

 レカム<3323>(JQ)は中小企業向けに情報通信事業、環境関連事業、BPO事業、海外法人事業を展開している。19年9月期(5月13日に上方修正)はM&A効果や積極的な事業展開で大幅増収増益・増配予想である。株価は水準を切り下げて安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:54 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

TACは20年3月期減益予想だが売り一巡期待

 TAC<4319>(東1)は「資格の学校」を運営し、中期成長に向けて新事業領域への展開も強化している。19年3月期は計画未達で減益だった。20年3月期も減益予想としている。これを嫌気する形で株価は18年12月安値に接近しているが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:53 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

京写は売り一巡して反発期待、20年3月期は下期需要回復で通期横ばい予想

 京写<6837>(JQ)はプリント配線板の大手メーカーである。自動車ヘッドランプ関連やLED照明関連が拡大基調である。19年3月期は第4四半期の受注急減で減益だった。20年3月期も上期が大幅減益だが、下期の需要回復を見込み、通期で横ばい予想としている。株価は決算発表を機にモミ合い下放れの形となったが、その後は売り一巡感を強めている。低PBRも見直して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:51 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

松田産業は反発の動き、20年3月期利益横ばい予想だが増配を評価

 松田産業<7456>(東1)は貴金属関連事業および農林水産品販売事業を展開している。19年3月期は利益横ばいだったが増配とした。20年3月期も利益横ばい予想だが増配としている。これを好感して株価は反発の動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:50 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

加賀電子は売り一巡して反発期待、20年3月期減益予想だが中期的には収益性向上期待

 加賀電子<8154>(東1)は独立系の大手エレクトロニクス商社である。富士通エレクトロニクスを19年1月子会社化(段階的に株式取得して22年1月完全子会社化予定)した。19年3月期は営業・経常減益(純利益は負ののれん代計上して増益)だった。現状は富士通エレクトロニクスの利益寄与が小さく、世界経済減速の影響も考慮して20年3月期減益予想だが、中期的には収益性向上を期待したい。株価は水準を切り下げて16年以来の安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:48 | アナリスト水田雅展の銘柄分析