株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年07月08日

【銘柄フラッシュ】サムライJPが急伸しセーラー万年筆は6月中間決算への期待が再燃

 7月8日は、日本通信<9424>(東1)が11.4%高となり、株価ひとケタ銘柄を除くと東証1部の値上がり率トップ。6月末までの新株予約権の行使状況を見て大量行使が進んできたとされて年初来の高値を更新。

 CEホールディングス<4320>(東1)は9.3%高となり2日続けて大幅高。4日付で、主要事業子会社の(株)シーエスアイ(CSI)が「国際モダンホスピタルショウ2019」(19年7月17日〜19日、東京ビッグサイト)に電子カルテシステム『MI・RA・Isシリーズ』を出展と発表している。高値圏でのもみあいが続きチャート妙味もあったもよう。

 ジェイリース<7187>(東1)は8.5%高となり7日続伸の出直り拡大。過年度決算訂正等に関して、東証から徴求を受けた上場契約違約金33,600千円を特別損失に計上し終えてアク抜け感との見方があり、連日の小幅高がこらえきれなくなって吹き上げた格好に。

 セーラー万年筆<7992>(東2)は19.7%高となり、6月中間決算への期待が再燃とされて大きく出直りを拡大。FUJIKOH(フジコー)<2405>(東2)は9.9%高となり、6月決算の連結純利益が4期ぶりに最高を更新する見込みとあって決算発表に向けた期待が高まったとされ2016年以来の高値を更新。

 フェニックスバイオ<6190>(東マ)はストップ高の150円高(16.5%高の1059円)となり、7月10日からの学会での発表予定などが注目され急伸。新都HD<2776>(JQS)は第1四半期決算の赤字改善などが見直され急伸。大泉製作所<6618>(東2)もストップ高の100円高(16.0%高の724円)となり、中一日置いて再びストップ高の大幅続伸。欧州での猛暑に端を発したエアコン需要への期待が温度センサー需要に波及して投機色を強めているとの見方。

 SAMURAI&J PARTNERS(サムライJP)<4764>(JQS)もストップ高の50円高(43.1%高の166円)となり、国内大手アミューズメント企業との間でアドバイザリー契約との発表が注目された。約11%を保有する新都HD<2776>(JQS)も8.0%高。ソフィアHD<6942>(JQS)は8.2%高となり、7月2日に調剤事業の事業子会社が企業買収を発表したことなどが言われて再び出直った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:35 | 株式投資ニュース

個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を7月9日(火)、東洋経済新報社9階ホールで開催!

■ミニ株式講演会も同時開催

 株式専門情報をネット配信する「日本インタビュ新聞社」は、2019年7月9日(火)の13時から『企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー』を東洋経済新報社9階ホールにおいて開催する。株式講演会も同時に開催。入場は無料で先着230名となっている。

 7月9日(火)は、第1部で東証1部上場・株式会社クレスコ(証券コード=4674)の広報IR推進室長・米ア道明氏がIR講演会を行う。第2部で東証1部上場・株式会社イトーキ(証券コード=7972)の代表取締役社長・平井嘉朗氏がIR講演会を行う。第3部ではジャスダック上場・株式会社夢真ホールディングス(証券コード=2362)のIR室 兼 人事部 課長・横溝雄一氏がIR講演会を行う。第3部終了後はシニアアナリストの水田雅展氏によるミニ株式講演会(第4部)を行う。

★企業の将来が見えるIRセミナー

【日程】2019年7月9日(火)
    12時30分開場 13時開演
【会場】東洋経済新報社9階ホール
      (東京都中央区日本橋本石町1-2-1)
【料金】入場無料先着順

【スケジュール】

■第1部 13:00〜13:50 IRセミナー
『受託開発事業で高い利益率を出し続けるヒミツ』
株式会社クレスコ 広報IR推進室長 米ア 道明 氏

■第2部 14:00〜14:50 IRセミナー
『日本の働き方改革を"空間作り"で支えるイトーキのビジネスモデル』
株式会社イトーキ 代表取締役社長 平井 嘉朗 氏

■第3部 15:00〜15:50 IRセミナー
『”技術者派遣・夢真”の持続的成長戦略』
株式会社夢真ホールディングス IR室 兼 人事部 課長 横溝 雄一 氏

■ミニ講演会(第4部) 16:00〜16:30 株式講演会
『相場展望&注目銘柄』 シニアアナリスト 水田 雅展 氏

※定員(230名)になり次第締め切らせていただきます。大変混雑が予想されますので、お早目のご来場をお願いいたします。

■次回、ご案内状をご希望の方は、〒、住所、氏名を記載の上、
 こちらからお申し込みください。
 メールでのご案内希望はメールアドレスを明記してください。
 メールはこちらから

20190709_1.jpg


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:56 | お知らせ

【株式市場】日経平均は一時246円安となり米早期利下げ観測の後退など影響し反落

◆日経平均は2万1534円35銭(212円03銭安)、TOPIXは1578.40ポイント(14.18ポイント安)、出来高概算(東証1部)は10億7838万株

チャート14 7月8日(月)後場の東京株式市場は、午前中のドル高・円安基調が昼の時間帯に鈍化したとされ、日経平均は211円安で始まった。前場は堅調だったキヤノン<7751>(東1)が安く始まり、武田薬品工業<4502>(東1)は次第に値を消して一進一退。日経平均はジリ安基調を続け、14時40分にかけて246円81銭安(2万1499円57銭)まで下押した。大引けも下げ幅200円台で前週末比反落となった。東証2部指数、マザーズ指数も安い。一方、日経JASDAQ平均は小高い。

 後場は、ルネサスエレクトロニクス<6723>(東1)などの半導体関連株の上値が重くなった一方、ソウルドアウト<6553>(東1)フライトHD<3753>(東2)が6月締めの四半期決算への期待など言われて一段高。エクスモーション<4394>(東マ)は第2四半期決算が好感されて一段高。オプトエレクトロニクス<6664>(JQS)は米国での訴訟費用あるが売上高は拡大と見直される様子で一段ジリ高。

 東証1部の出来高概算は10億7838万株(前引けは5億1303万株)、売買代金は1兆6953億円(同7420億円)。1部上場2149銘柄のうち、値上がり銘柄数は402(同536)銘柄、値下がり銘柄数は1676(同1503)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種3業種(前引けも3業種)にとどまり、値上がりした業種は、ゴム製品、鉱業、銀行、のみだった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:48 | 今日のマーケット

夢真HDは戻り高値を更新、6月のグループ稼動人数が3割増加

■うち、エンジニア派遣事業での稼動人数は3000名を突破

 夢真ホールディングス(夢真HD)<2362>(JQS)は7月8日、810円(8円高)まで上げた後も堅調に推移し、2日ぶりに戻り高値を更新した。大引も805円(3円高)となり、全体相場が調整の中で強い展開となった。

 前週末取引日・5日に6月の月次動向「月次稼動人数速報」を発表し、2019年9月期・6月度のグループ稼動人数は、5月度の採用活動が好調に進捗した結果、前年より29.8%増加し8411人になったとした。うち、エンジニア派遣事業での稼動人数は3000名を突破した。エンジニア派遣事業での稼動人数は1000名から2000名への純増には22ヵ月間を要したのに対し、2000名から3000名には11ヵ月間と、2倍のスピードで達成した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:15 | 株式投資ニュース

オプトエレクトロニクスは6日続伸、訴訟費用で下げた後はジリジリ回復

■利益見通しは減額したが売上高については大口案件を要因に増額修正

 オプトエレクトロニクス<6664>(JQS)は7月8日の後場、725円(25円高)で始まり、6日続伸基調となっている。6月21日に米国での訴訟費用などを理由として今11月期の連結営業・経常・純利益の見込みを減額修正し、株価も数日間で900円台から一時600円台まで急落したが、売上高については大口案件の獲得を要因に従来予想から2.8%増額した。事業自体は好調との見方が日々強まっているようだ。

 連結純利益の見通しは従来予想の2.60億円を0.78億円の見込みに修正した。発表によると、同社の2次元CMOS製品が米ハネウエル(HONEYWELL)社の特許6件を侵害しているものとして、ITC及びデラウェア州裁判所に訴訟提起された。これについて、当該製品がHONEYWELL社の特許を侵害していないものとして、当該特許の非侵害及び無効の主張、その他適切な反論を行っていく方針だが、但し、このために必要な弁護士費用及びその他経費について見積もり及び試算をした結果、販売費及び一般管理費の大幅な増加が見込まれることとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:14 | 株式投資ニュース

【株式市場】米国の早期利下げ期待が後退し日経平均は一時200円安だが材料株などは強い

◆日経平均は2万1548円36銭(198円02銭安)、TOPIXは1581.21ポイント(11.37ポイント安)、出来高概算(東証1部)は5億1303万株

チャート14 7月8日(月)前場の東京株式市場は、日経平均は80円安で始まった後も軟化し、11時半にかけて200円82銭安(2万1545円56銭)まで下押す場面があった。前週末の米国市場で雇用統計が回復し、早期の利下げ期待が後退したこと、NYダウが一時232ドル安となったことなどが影響した。ただ、トヨタ自動車<7203>(東1)三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)など主力株の一角は強い。日経平均の前引けは198円02銭安(2万1548円36銭)。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 日本通信<9424>(東1)は6月末までに新株予約権の大量行使があったとされて高値を更新。フェニックスバイオ<6190>(東マ)は7月10日からの学会での発表予定などが注目され急伸。新都HD<2776>(JQS)は第1四半期決算の赤字改善などが見直され急伸。

 上場2日目のフィードフォース<7068>(東マ)は9時9分に公開価格1150円の2.4倍の2760円で初値をつけ、3220円まで上げて前引けは3200円だった。

 東証1部の出来高概算は5億1303万株、売買代金は7420億円。1部上場2149銘柄のうち、値上がり銘柄数は536銘柄、値下がり銘柄数は1503銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:08 | 今日のマーケット

星光PMCが戻り高値に進む、「パナソニックが植物性新素材」の報道を好感

■プラスチック代替品にセルロースナノファイバー採用進む期待

 星光PMC<4963>(東1)は7月8日、もみ合いを飛び出すように大きく出直り、10時過ぎに808円(30円高)まで上げて一気に戻り高値を更新した。近未来の新素材として用途開発が進む植物由来のセルロースナノファイバーを配合した樹脂「STARCELシリーズ」を実用化しており、7月7日付の日本経済新聞・朝刊がパナソニック<6752>(東1)について、「プラ代替品、家電に採用、パナソニックが植物性新素材」と伝え、連想が波及したとの見方が出ている。

 星光PMCのセルロースナノファイバーは、2018年、アシックス<7936>(東1)のスポーツシューズに使われ、幅広い分野で共同開発を継続している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:08 | 株式投資ニュース

フェニックスバイオがストップ高、7月10日からの学会など注目される

■「核酸医薬開発におけるヒト肝臓キメラマウスの有用性について」講演

 フェニックスバイオ<6190>(東マ)は7月8日、買い気配で始まり、ストップ高の1059円(150円高)で値がついた後そのまま買い気配となっている。5日付で、日本核酸医薬学会第5回年会(2019年7月10〜12日)にてPXBマウス及びPXB−cells関連の研究発表及びブース展示を行うと発表し、注目されている。

 ヒト肝細胞キメラマウスであるPXBマウスを用いて、医薬品開発試験の受託サービスを提供する。学会期間中の7月9日、国立循環器病研究センター研究所・病態代謝部・和田 郁人氏が「核酸医薬開発におけるヒト肝臓キメラマウスの有用性について」と題した発表を行うとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:17 | 株式投資ニュース

ユニフォームネクストは6月の売上高27%増加など注目され年初来の高値

■前回発表の5月分は前年同月比29.0%増加

 ユニフォームネクスト<3566>(東マ)は7月8日、一段高で始まり、取引開始後に16%高の2098円(287円高)まで上げて年初来の高値に進んだ。5日付で発表した6月の月次動向「6月度・月次業績速報」の売上高推移が前年同月比27.2%増加。注目が強まった。

 オフィスユニホームやワークユニフォーム、フードユニフォームなどを開発製造し、インターネットを中心に販売する。前回発表の5月分は同29.0%増加し、その前の4月分は同13.1%増加した。今期・2019年12月期も売上高や営業利益は連続最高を更新する見込みとする。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース

ハウスドゥが出直りを強める、チェーンの加盟契約数の拡大など材料視

■7月からは三井住友海上火災保険と開発した加盟店向け包括保険も開始

 ハウスドゥ<3457>(東1)は7月8日、続伸基調で始まり、取引開始後に1581円(83円高)まで上げて出直りを強めている。7月5日の朝、全国の「ハウスドゥ!」チェーンの加盟契約数がオープン準備中を含めて600店舗を超えたと発表。週明けも引き続き材料視されている。

 不動産売買や仲介などのほか、持ち家を活用する資金調達方法である「ハウス・リースバック」「リバースモーゲージ」の取り扱いで先行し、6月期の連結決算は売上高、各利益とも連続最高を更新する見通し。「ハウスドゥ!」チェーンの加盟契約数は2019年6月30日現在で602店舗(直営19店舗・フランチャイズ583店舗・うちオープン準備中105店舗)となった。

 7月1日からは、フランチャイズ加盟店向けに、MS&ADインシュアランスGHD<8725>(東1)の三井住友海上火災保険と開発した包括保険を開始し、フランチャイズ環境を一段と整えた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

日経平均は80円安で始まる、米国で早期利下げ観測が後退

 7月8日(月)朝の東京株式市場は、日経平均が反落模様の80円59銭安(2万1665円79銭)で始まった。

 前週末の米国市場で雇用統計が回復し、早期の利下げ期待が後退。NYダウが一時232.67ドル安の2万6733.33ドルまで下押した。終値は43.88ドル安(2万6922.12ドル)だった。ただ、円相場は米金利の上昇を受けてドル高・円安となり、東京市場でも前週末の夕方に比べ40銭から50銭ほど円安の1ドル50前後で始まった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース

【どう見るこの相場】金融相場のエスカレートを伏線の伏線に猶予期間入り銘柄に「第2の日本鋳鉄管」を期待

どう見るこの相場

 7月相場の第1週の東証第1部市場で、サプライズ銘柄となったのは、もちろん週間値上がり率ランキングでトップに躍り出た日本鋳鉄管<5612>(東1)である。週末の5日はさすがに反落して値下がり率ランキングの第2位と売られたが、6月25日から7月5日までの8営業日のうち取引時間中も含めて7日間もストップ高を演じ、株価は、6月25日の625円から週末5日の取引時間中につけた年初来高値1950円までわずか1週間で3.1倍と大化けした。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:00 | 株式投資ニュース

ツクイスタッフは底打ち感、20年3月期増収増益予想

 ツクイスタッフ<7045>(JQ)は介護・医療に特化した人材サービス事業を展開している。20年3月期は人材紹介の大幅伸長を目指し、増収増益予想である。株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、底打ち感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:41 | 株式投資ニュース

スプリックスは底値圏、19年9月期増収基調

 スプリックス<7030>(東1)は日本最大規模の個別指導塾「森塾」運営を主力としている。19年9月期は人件費増加などで利益横ばい予想だが、新規開校などで増収基調である。株価は水準を切り下げたが、ほぼ底値圏だろう。売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:40 | 株式投資ニュース

ザ・パックは急伸して年初来高値圏、プラスチックごみ削減で人気化

 ザ・パック<3950>(東1)は紙袋や印刷紙器などの総合パッケージメーカーである。19年12月期増収増益予想である。株価は急伸して年初来高値圏だ。世界的なプラスチックごみ削減の流れで恩恵を受ける紙袋関連として人気化した。18年9月高値を目指す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:39 | 株式投資ニュース

ヤマシタヘルスケアホールディングスは急伸、19年5月期配当増額修正を好感

 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東1)は、九州を地盤とする医療機器専門商社の純粋持株会社である。7月4日に19年5月期連結業績予想の修正(売上高、営業利益、経常利益を増額、純利益を減額修正)と配当予想の増額修正を発表し、大幅営業増益・増配となった。これを好感して株価は急伸している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:37 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ASIAN STARは急動意

 ASIAN STAR(エイシアンスター)<8946>(JQ)は不動産関連事業を展開している。19年12月期営業増益予想である。7月3日に中国・上海地産賃貸住宅建設との業務提携意向協定締結を発表した。これを好感して株価は急動意の展開となった。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:36 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アールシーコアは下値固め完了、20年3月期黒字化予想

 アールシーコア<7837>(JQ)はログハウス「BESS」を販売している。20年3月期は一過性要因が一巡し、高水準の受注残高や生産革新の効果も寄与して黒字化予想である。収益改善を期待したい。株価は反発の動きを強めている。下値固め完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:34 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

トシン・グループは調整一巡、20年5月期横ばい予想だが保守的

 トシン・グループ<2761>(JQ)は首都圏中心に電設資材などの卸売事業を展開している。19年5月期利益は横ばいだった。20年5月期も利益横ばい予想だが、やや保守的だろう。株価は上値を切り下げたが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:33 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ソーバルは上放れ期待、20年2月期増益・連続増配予想、1Q順調で通期上振れ余地

 ソーバル<2186>(JQ)は、組み込みソフト開発などエンジニアリング事業を展開し、自動車・AI・IoTなど新規技術分野の開拓を推進している。20年2月期増益・連続増配予想である。第1四半期は2桁増益で進捗率も順調だった。通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は年初来高値圏でモミ合う展開だが、上放れを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:32 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

エスプールは上値試す、19年11月期2Q累計が計画超で通期も上振れの可能性

 エスプール<2471>(東2)は、ロジスティクスアウトソーシング、障がい者雇用支援・就労移行支援サービス、コールセンター業務などの人材サービス事業を展開している。19年11月期大幅増収増益・増配予想である。第2四半期累計は障がい者雇用支援サービスが牽引して計画超の大幅増収増益だった。通期も上振れの可能性が高いだろう。なお東証1部への市場変更申請を行い、株主数充足のため7月11日〜16日の間に立会外分売を実施する。株価は上場来高値圏で波乱の展開となったが、目先的な売り一巡して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:30 | アナリスト水田雅展の銘柄分析