【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年07月14日

インフォマートは今期第2四半期業績予想を上方修正

■吸収合併したインフォライズの繰越欠損金の控除により法人税等が減少

 インフォマート<2492>(東1)は12日引け後、今期第2四半期業績予想を上方修正した。

 修正理由として、売上高は、「BtoB プラットフォーム 受発注」と、「BtoB プラットフォーム 請求書」が堅調に推移したことと、 営業・経常利益については、売上高の増加に加え、売上原価及び販管費の発生時期が期ズレしたことを挙げている。また、純利益については、2019年1月1日付けで吸収合併したインフォライズの繰越欠損金の控除により法人税等が減少することで、 前回公表値を上回る見込みとなった。

 その結果、今期19年12月期第2四半期連結業績予想は、売上高は前回予想を51百万円上回る40億97百万円(前年同期比11.9%増)、営業利益は2億01百万円上回る13億31百万円(同32.7%増)、経常利益は1億96百万円上回る13億20百万円(同33.1%増)、純利益は前回予想を3億円上回る10億58百万円(同57.9%増)と2ケタ増収大幅増益を見込む。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:08 | 株式投資ニュース

【新規上場(IPO)銘柄】フロンティアインターナショナルは押し目買い優位の展開へ、第1・2四半期共に受注と引合が順調

 フロンティアインターナショナル<7050>(東マ)は、本年2月28日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、幾多のプロモーション案件の実施により培った人の心を動かすノウハウを通じて、生活者に良質なブランド体験を届けることで、企業が抱えるマーケティングやセールスに関するあらゆる課題を解決する「Total Promotion Company」。単一セグメントのプロモーション事業では、イベントプロモーション、キャンペーンプロモーション、PR、スペースプロデュース、デジタルプロモーション、店頭販売支援を行っている。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:13 | 新規上場(IPO)銘柄