株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年07月18日

【株式市場】企業業績に慎重感が漂い日経平均は一時1ヵ月ぶりに2万1000円を割る

◆日経平均は2万1046円21銭(422円94銭安)、TOPIXは1534.27ポイント(33.14ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億8872万株

チャート14 7月18日(木)後場の東京株式市場は、業績不振の観測報道が出たキヤノン<7751>(東1)の下げなどを受け、6月決算企業や9月決算企業の業績動向を気にする様子が強まり、株価指数先物の売りと外為市場の円買いをリンクさせる取引が再発したとされ、日経平均は331円安で始まったあと次第安となった。13時過ぎに下げ幅が400円を超え、大引間際には475円74銭安(2万993円44銭)。大引けも422円安で大幅続落となった。取引時間中の2万1000円割れは6月18日以来。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 後場は、イオンファンタジー<4343>(東1)が月次動向や出店拡大報道で一段高の続伸となり、ここ仮想通貨流失で下げてきたリミックスポイント<3825>(東2)は小高いまま推移。ユナイテッド&コレクティブ<3557>(東マ)は四半期決算が注目されて次第高。ハンズマン<7636>(JQS)は大阪での新店舗用地を手当てとの発表が注目されて一段高。

 18日新規上場のLink−U(リンクユー)<4446>(東マ)は前場買い気配のまま売買が成立せず、後場、13時16分に5760円(公開価格2820円の2.1倍)で初値が付いた。高値は6000円、終値は5760円。

 東証1部の出来高概算は12億8872万株(前引けは5億4956万株)、売買代金は2兆1777億円(同9114億円)。1部上場2150銘柄のうち、値上がり銘柄数は55(同99)銘柄、値下がり銘柄数は2075(同2009)銘柄。

 また、東証33業種別指数は前引けに続いて全業種が値下がりし、値下がり率の小さい業種は不動産、空運、保険、輸送用機器、小売り、情報・通信、医薬品、銀行、ゴム製品、などとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:50 | 今日のマーケット

ワットマンは月次好調で後場一段と強含み3日続伸基調

■6月は、海外事業とパッケージメディア事業および新店が貢献

 ワットマン<9927>(JQS)は7月18日の後場一段と強含み、14時過ぎに高となり、13時30分過ぎに5%高の1496円(67円高)まで上げ、3日続伸基調となっている。7月12日に発表した6月の月次動向「月次売上状況<売上高対前年比>」が堅調で、引き続き材料視されている。

 6月は、海外事業とパッケージメディア事業および新店の売り上げの貢献により、既存店は前年同月の100.1%、全店は同じく104.2%となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:21 | 株式投資ニュース

ハンズマンが後場活況高、大阪府松原市での新店舗開店に向け土地を手当て

■当該地でショッピングセンターを開発するイオンタウンから賃借

 ハンズマン<7636>(JQS)は7月18日の後場一段高となり、13時30分過ぎに17%高の1373円(197円高)まで急伸し、出来高も急増している。11時ちょうどに、大阪府松原市での新店舗開店に向けた土地の定期借地に関する合意を発表し、材料視された。

 発表によると、7月8日開催の取締役会で、大阪府松原市での新店舗開店に向け、イオンタウン株式会社(当該地においてショッピングセンター開発を予定)との間で、土地賃貸借(事業用定期借地)に関する基本合意書を締結することを決議した。賃借する物件は、松原市新堂4丁目土地区画整理事業地(大阪府松原市新堂4丁目の一部)約10,000坪。賃貸借開始日は2021年中の予定。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:11 | 材料でみる株価

日経平均の下げ幅が後場400円を超える、円高に加え企業業績への不安も

■韓国が18日付で3年ぶりに利下げを実施し憶測

 7月18日午後の東京株式市場では、日経平均が13時過ぎに下げ幅を400円台に広げ、13時15分には429円99銭安(1039円19銭)となった。米地区連銀経済報告(ベージュブック)を受けてNY市場から円高が再燃したほか、業績不振の観測報道が出たキヤノン<7751>(東1)が後場も下値を模索し、相場の雰囲気に影響している。

 また、韓国が18日に比較的大幅な利下げを行ったため、同国景気低迷の影響を警戒する様子もあるようだ。韓国銀行の利下げについては、「18日、政策金利を0.25%引き下げ、年1.5%とすることを決めた。即日実施した。利下げは2016年6月以来、3年1カ月ぶり」(日本経済新聞2019年7月18日10時45分)と伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 今日のマーケット

三桜工業が後場ストップ高、「新型熱電発電素子」に注目集中

■18日付で「連続発電試験に成功」と発表

 三桜工業<6584>(東1)は7月18日、11時過ぎから急動意となり、百々の取引開始後は一段と上げてストップ高の517円(80円高)に達した。同日付で「新型熱電発電素子の連続発電試験に成功」(同社HP・ニュース&トピックスより)と発表。注目集中となった。

 500円台は、終値ベースでは5月8日以来になる。第1四半期の決算発表は8月7日の予定としている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:57 | 材料でみる株価

【株式市場】円高や中国景気敏感株安など受け日経平均は前引けにかけて一時355円安

◆日経平均は2万1126円12銭(343円06銭安)、TOPIXは1541.10ポイント(26.31ポイント安)、出来高概算(東証1部)は5億4956万株

チャート14 7月18日(木)前場の東京株式市場は、NY株安と円高を受け、シカゴ上場の日経平均先物が先行安し、日経平均は132円安で始まった。業績不振の観測報道が出たキヤノン<7751>(東1)が大きく下押し、中国景気の影響が大とされる産ロボ株なども安く、日経平均は時間とともに下げ幅を広げ、11時30分にかけて355円74銭安(2万1113円44銭)まで下げた。前引けも343円06銭安となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 事業再生ADR中の曙ブレーキ工業<7238>(東1)が日系の企業再生ファンドから出資を受ける方針と伝えられて急伸し、日本エアーテック<6291>(東1)アゼアス<3161>(東2)はエボラ出血熱でWHOが緊急事態宣言と伝えられて急伸。バーチャレクスHD<6193>(東マ)はかんぽ生命の件を受けてコールセンター需要などへの期待があるようで再び反発。インターライフHD<1418>(JQS)は前週末発表の四半期決算が連日好感されて3日連続高値更新。

 東証1部の出来高概算は5億4956万株、売買代金は9114億円。1部上場2150銘柄のうち、値上がり銘柄数は99銘柄、値下がり銘柄数は2009銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | 今日のマーケット

エボラ出血熱で緊急事態宣言と伝わり日本アビオニクスやアゼアスが急伸

■日本エアーテックも急動意となり抗血清製剤のアンジェスなども注目される

 赤外線サーモグラフィカメラなどの日本アビオニクス<6946>(東2)は7月18日、一時ストップ高の1478円(300円高)まで上げ、化学防護服などのアゼアス<3161>(東2)も一時15%高の578円(75円高)と急伸した。エボラ出血熱について、「コンゴのエボラ流行で緊急事態宣言=WHO、死者1600人超に」(時事通信ドットコム7月18日06時42分)と伝えられ、連想買いが殺到した。

 日本エアーテック<6291>(東1)も一時12%高の645円(68円高)となり、バイオ研究室向けクリーンルームなどが連想されている。過去にエボラ出血熱の流行を受けて動意づいた銘柄としては、抗血清製剤の開発に取り組んでいるアンジェス<4563>(東マ)、海外渡航者向けサービスの日本エマージェンシーアシスタンス<6063>(JQS)なども注目されたことがあるという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:17 | 話題株

グレイステクノは営業益5倍の予想報道が材料視され高値に接近

■「単価の高い家電メーカーなど向けに大口受注を確保」と伝わる

 グレイステクノロジー<6541>(東1)は7月18日、3日続伸基調となって出直りを強め、11時にかけては7%高の2900円(201円高)前後で推移。6月につけた年初来の高値2985円に迫っている。「営業益5倍、4〜6月単独、受注好調」(日本経済新聞7月18日付朝刊)と伝えられ、業績動向への注目が再燃した。

 産業用マニュアル作成の大手。報道によると、「2019年4〜6月期の単独営業利益は前年同期と比べ約5倍の1億5千万円強になったようだ。単価の高い家電メーカーなど向けに大口受注を確保し、利益を押し上げた」「売上高は約5%増の4億円強になったようだ」という。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 業績でみる株価

曙ブレーキが急伸、日系の企業再生ファンドから出資を受ける方針と伝わる

■200億円規模の出資を受けファンドの支援を得ながら立て直しを加速する方針と

 曙ブレーキ工業<7238>(東1)は7月18日、急伸商状となり、一時ストップ高の166円(50円高)まで上げて売買活況となっている。1月に事業再生ADRを申請し、再建を進めている中で、「再建を加速するため、東京の企業再生ファンドから出資を受ける方針を固めました」(NHKニュースWEB7月18日午前0時36分)と伝えられ、材料視されている。

 報道によると、企業再生ファンド「ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ」から出資を受ける方針を固めた。出資額は200億円規模で、今後、役員の派遣を受け入れるなど、ファンドの支援を得ながら、欧米にある工場の縮小をはじめとした事業の立て直しを加速するという。

 曙ブレーキ工業は18日朝、東証IR開示を通じて「本日正式決定する予定であり、決定次第、速やかに公表」と発表した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 材料でみる株価

きょう上場のLink−Uは買い気配のまま公開価格の46%高(10時30分現在)

■コンテンツ配信用サーバーの開発や保守管理など.ワンストップで提供

 7月17日、新規上場となったLink−U(リンクユー)<4446>(東マ)は、2013年8月の設立で、主に「電子書籍」や「動画配信」の分野などで新規サービス立ち上げや、既存サーバー乗り換えに係る各関連業務を、将来の運用保守拡大なども見据えてワンストップで提供する。小学館との協業によるアプリ「マンガワン」で知られる。

 公開価格は2820円。買い気配で始まり、10時30分にかけても買い気配のまま4120円(公開価格の46%高)で推移し、まだ初値はついていない。

 会社発表の今期・2019年7月期の業績見通し(個別)は、売上高が10.68億円(前期比75.1%増)、営業利益は3.94億円(同90.4%増)、当期純利益は2.69億円(同80.7%増)、予想1株利益は63円97銭、とする。公開価格はPER44倍になる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 新規上場(IPO)銘柄

フォーカスシステムズはマイクロン社と臨床試験における画像判定をAI化するシステムの協業を開始

◇将来的には、日常診療にも応用し、「医師不足」や「病変の見逃し」等の社会問題を解決

 フォーカスシステムズ<4662>(東1)は、マイクロン(本社:東京都中央区)と、臨床試験における画像判定をAI化するシステムの開発を目的とした協業を開始した。将来的には、日常診療にも応用し、「医師不足」や「病変の見逃し」等の社会問題を解決することを目指す。

fo1.jpg

 臨床試験における画像判定(視覚評価)の利用例として挙げると、冠動脈疾患(心筋梗塞等)患者の血管を広げるために血管内腔にステント留置を行い、数か月後にステント表面の新生内膜の被膜の有無について血管内視鏡動画の画像判定を視覚評価により実施している例がある。ステント留置慢性期におけるステント表面の新生内膜被膜の有無は、臨床結果(予後)と関連があるといわれているため、ステント留置血管を対象とした研究では重要な評価項目である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | 新製品&新技術NOW

デジタルガレージが再び上値を指向、業績好調で手掛かり材料も多いとの見方

■EC向けマーケティングソリューションにNTTドコモのAI画像解析機能

 デジタルガレージ<4819>(東1)は7月18日、再び出直りを強め、取引開始後に3735円(155円高)まで上昇。5月につけた年初来の高値3925円に向けて動きを活発化させている。2019年3月期の決算からIFRS(国際会計基準)を導入し、今期・20年3月期は連結純利益などが最高を更新する見込み。EC向けマーケティングソリューション事業や、観光地で人の動きを可視化する取り組みなどに注目が再燃したとの見方が出ている。

 EC向けマーケティングソリューションを提供する子会社ナビプラスが、自社開発・提供のパーソナライズド・レコメンドサービス「NaviPlusレコメンド」に、NTTドコモ<9437>(東1)のAI技術「類似画像検索システム」による画像解析レコメンド機能「レコピク」を追加し、6月から提供を開始した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 材料でみる株価

JPホールディングスの日本保育サービスがキャリア教育教材「おしごと年鑑 2019」(朝日新聞社刊)に協賛

◇「なりたい職業」の常に上位にランキングされる「保育士」が取り上げられる

 子育て支援最大手のJPホールディングス<2749>(東1)のグループ企業の日本保育サービスは、小・ 中学生向けのキャリア教育教材「おしごと年鑑 2019」(朝日新聞社刊)に協賛している。

 「おしごと年鑑」は、2016年から毎年発刊され、全国のすべての小・中学校や一部の私立高校、こども食堂、海外の日本人学校に無償配布され、授業で使われてきた。2019年度版は、6万7千部が無料配布されるほか、7月5日より一般販売された。 (https://www.oshihaku.jp/yearbook/

 なお、今回の協賛により、「なりたい職業」の常に上位にランキングされる「保育士」が取り上げられた。

 日本保育サービスは「身近な生活につながる仕事」の一つとして「保育士って、どんな ことをしているの?」というタイトルで、保育士の仕事を紹介している。小・中学生が保育士の仕事を具体的にイメージできるように、1歳児クラスで働く保育士の一日を紹介している。また、現役の保育士が、仕事のやりがいについて語っている。

 当社グループは「こどもたちの笑顔のために...」をグループ経営理念に掲げ、297の子育て支援施設を運営している。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | IR企業情報

アスクルは乱高下、資本提携関係の見直し要請にはヤフーが応じない姿勢

■17日夜、ヤフーが「新たな経営陣のもとで」と発表し受け止め方が割れる

 アスクル<2678>(東1)は7月18日、相場観が分かれて始まり、取引開始後に2524円(82円安)まで下げたが9時15分には2622円(16円高)と高下している。17日の21時、筆頭株主のヤフー<4689>(東1)が、アスクル社からの業務・資本提携関係の見直し要請に応じない内容のIR開示を発表。「新たな経営陣のもとで新たな経営戦略を推し進めることが最善」としたことに、受け止め方が分かれている。

 アスクルを巡っては、17日午前、ヤフーに対して資本・業務提携の解消を申し入れたことがわかったと日本経済新聞・電子版が伝え、会社側は正午過ぎに「提携関係の解消協議を申し入れたことは事実」と発表。経営の自由度が広がるとの期待などから17日は12%高(283円高)となった。そして同日夜、ヤフー側からの開示があった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 話題株

日経平均は132円安で始まる、NYダウ115ドル安となり円は再び107円台の円高

 7月18日(木)朝の東京株式市場は、日経平均が続落模様の132円38銭安(2万1336円80銭)で始まった。

 NYダウは115.78ドル安(2万7219.85ドル)となり、2日前までの連日最高値から2日続落。一方、円相場は、米地区連銀経済報告(ベージュブック)を受けてNY市場で1ドル107円台に入る円高となったものの、今朝の東京市場では一服商状となり、同107円90銭前後となっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 今日のマーケット

【編集長の視点】ヨコレイは年初来高値更新、積極的な物流センター投資が続き中期計画を見直して割り負け修正

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は、前日17日に21円高の1070円と4営業日続伸して引け、7月4日につけた年初来高値1055円を更新した。同社株は、今期に入って積極的な物流センター投資を続け、来年2020年に次々と竣工予定にあることから、2020年9月期に最終年度を迎える第6次中期経営計画を見直し割り負け修正買いが増勢となった。また、今年8月中旬には今2019年9月期第3四半期(2018年10月〜2019年6月期、3Q)決算の発表を予定しており、今年5月に開示した今期第2四半期(2018年10月〜2019年3月期、2Q)業績が増益転換したことに反応して、株価が、年初来安値829円から底上げに転じ長大陽線包み足を示現しており、再現期待も高めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:06 | 編集長の視点

綿半ホールディングスが株主優待制度を拡充

■「お茶元胡蝶庵」お茶・お菓子詰合せを追加

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は17日、株主優待制度の拡充を発表した。

 同社では、新たにグループ入りした株式会社丸三三原商店の商品を多くの株主に紹介するために、株主優待制度を拡充するとしている。

 拡充内容は、株式会社丸三三原商店を代表する商品である「お茶元胡蝶庵」お茶・お菓子詰合せを追加する。お茶は、胡蝶の夢・南信州天龍紅茶・葡萄の緑茶を、お菓子は、クッキー2種(玉露・ほう じ茶)・スティックケーキ(抹茶)・うみたてマドレーヌを詰合せた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:00 | 株主優待&配当

【新規上場(IPO)銘柄】バルテスは8月9日に第1四半期決算を発表、ソフトウェアテストに対するニーズは拡大へ


 バルテス<4442>(東マ)は、5月30日に東京証券取引所マザーズに上場した。2004年4月の創業以来、「品質向上のトータルサポート企業」を経営方針に掲げ、ソフトウェアの品質に関わるサービスを提供。ソフトウェアテスト専門会社として、年間1,200件以上(2019年3月期)のプロジェクト実績を誇っている。ソフトウェアテストサービス事業が8割以上を占めているが、近年はモバイル機器の普及に伴い、Web/モバイルアプリ開発サービス、更に、オフショアサービス事業も展開している。

 ソフトウェアテストサービス事業では、品質コンサルティングサービス、ソフトウェアテストサービス、ソフトウェア品質教育サービスを提供している。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:56 | 新規上場(IPO)銘柄

【業績でみる株価】ナレッジスイートは下値切り上げ、19年9月期大幅増収増益予想

 ナレッジスイート<3999>(東マ)は営業支援や顧客管理のクラウド型統合ビジネスアプリケーションを主力としている。19年9月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は反発力の鈍い展開だが徐々に下値を切り上げている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:47 | 業績でみる株価

【業績でみる株価】ピクスタは調整一巡、19年12月期大幅増収増益予想

 ピクスタ<3416>(東マ)は、デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」運営を主力としている。19年12月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は5月の直近安値から切り返している。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:45 | 業績でみる株価

【業績でみる株価】キャンディルは上値試す、19年9月期大幅増益予想

 キャンディル<1446>(東マ)は住宅市場・商業施設市場を対象に建築サービス関連事業を展開している。19年9月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は7月4日の年初来高値から反落したが、急伸後の自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:44 | 業績でみる株価

ティムコは下値切り上げ、19年11月期2Q累計減益だが通期収益改善期待

 ティムコ<7501>(JQ)はフィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。19年11月期第2四半期累計は減益だったが、通期増収増益予想である。通期ベースでの収益改善を期待したい。株価は下値を切り上げている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:43 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

松田産業は調整一巡、20年3月期利益横ばい予想だが増配

 松田産業<7456>(東1)は貴金属関連事業および農林水産品販売事業を展開している。20年3月期は利益横ばい予想だが増配としている。株価は戻り一服の形だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:41 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ヒーハイスト精工は調整一巡、20年3月期営業利益横ばい予想

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。直動機器を主力として精密部品加工なども展開している。20年3月期は営業利益横ばい予想としている。株価はホンダのF1オーストリアGP優勝を材料視して乱高下の展開となったが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

朝日ラバーは戻り歩調、20年3月期減益予想だが配当は記念増配

 朝日ラバー<5162>(JQ)はシリコーンゴムや分子接着技術をコア技術として、自動車内装LED照明光源カラーキャップやRFIDタグ用ゴム製品などを展開している。20年3月期はコスト増で減益予想としている。ただし保守的だろう。収益拡大を期待したい。配当は創立50周年記念配当を実施して大幅増配予想である。株価は5月の年初来安値から反発して戻り歩調だ。出直り本格化を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:38 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

システムサポートは上値試す、8月5日付で東証1部または東証2部に市場変更

 システムサポート<4396>(東マ)はデータベース関連・クラウド関連・ERP関連のソリューション事業を主力としている。19年6月期大幅増収増益・増配予想である。20年6月期も収益拡大を期待したい。また8月5日付で東証マザーズから東証1部または東証2部に市場変更する。これに伴って株式売り出しを実施する。株価は6月の直近安値から切り返して5月の年初来高値に接近している。上値を試す展開を期待したい。18年8月IPO時の上場来高値も視野に入る。なお8月13日に19年6月期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:37 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

AMBITIONは上値試す、19年6月期大幅増収増益・増配予想で20年6月期も収益拡大期待

 AMBITION<3300>(東マ)は東京23区を中心に不動産関連事業を展開している。マンションサブリースと投資用マンション開発・販売を主力として、ITを活用した「不動産テック企業」を目指している。19年6月期大幅増収増益・増配予想である。20年6月期も収益拡大を期待したい。株価は6月の年初来高値から反落したが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。なお8月14日に19年6月期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:35 | アナリスト水田雅展の銘柄分析