株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年09月12日

ラ・アトレが今12月期の利益・配当見通しを増額し純利益は前期比27%増に

■配当予想は従来の1株17円を28円の見込みに大幅増額

 新築分譲マンションや中古リノベーション、不動産賃貸、証券化などの総合不動産事業を展開するラ・アトレ<8885>(JQG)は9月12日の取引終了後、今期・2019年12月期の連結利益見通しと配当予想の増額修正を発表し、営業利益は従来予想を4.1%増額して14.20億円の見込み(前期比18.7%の増加)に、親会社株主に帰属する当期純利益は同じく3.7%引き上げて7.92億円の見込み(同26.9%の増加)に見直した。

 売上高の見通しは、今期の売り上げを見込んでいた大型プロジェクトの引き渡しの見込みが翌連結会計年度以降に見込まれることになったことなどにより、従来予想を35.8%引き下げ、97.80億円の見込み(同26.7%の増加)に修正した。

 一方、各利益については、上記プロジェクトの影響はあったが、主に新築不動産販売部門の利益が当初の見込みを上回ったことなどにより、従来予想を上回る見込みになった。

 また、12月期末配当の見込みは、従来予想の1株当たり17.00円を11円増額して28.00円の見込みとした。配当性向を「10%以上20%目標」とする利益還元を目指すとの配当方針による。前期実績は14.00円だった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:01 | IR企業情報

【株式市場】日経平均は後場228円高まで上げ米中の相互関税譲歩など好感

◆日経平均は2万1759円61銭(161円85銭高)、TOPIXは1595.10ポイント(11.44ポイント高)、出来高概算(東証1部)は増加し15億8230万株

チャート13 9月12日(木)後場の東京株式市場は、米中とも関税を譲歩する姿勢を見せたと伝えられ、海外で稼ぐ割合の多いブリヂストン<5108>(東1)ダイキン工業<6367>(東1)キヤノン<7751>(東1)任天堂<7974>(東1)などが一段ジリ高傾向となった。自社株買いと特別利益の大日本印刷<7912>(東1)もジリ高。日経平均は13時20分過ぎに228円16銭高(2万1825円92銭)まで上げ、大引けも堅調で8日続伸となった。

 TOPIX、JPX日経400、東証2部指数、日経JASDAQ平均は6日続伸し、東証マザーズ指数は小反落。

 後場は、信越化学工業<4063>(東1)が上げ幅を広げるなど、半導体関連株の強さも目立ち、空運株も米中貿易摩擦の緩和期待などで強い。ギグワークス(8月1日付けでスリープロから社名変更)<2375>(東2)は社名通りの働き方改革に乗る期待などから続伸し約1ヵ月ぶりに1400円台を回復。フォーライフ<3477>(東マ)ピクセルカンパニーズ<2743>(JQS)は台風による風害の復興関連とされて続伸。

 東証1部の出来高概算は増勢となり15億8230万株(前引けは7億2232万株)、売買代金は2兆7701億円(同1兆1967億円)。1部上場2151銘柄のうち、値上がり銘柄数は1247(同1233)銘柄、値下がり銘柄数は810(同802)銘柄。

 また、東証33業種別指数は29業種(前引けは26業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、空運、その他製品、電力・ガス、機械、鉱業、電気機器、ゴム製品、化学、繊維製品、などとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:53 | 今日のマーケット

パイプドHDグループのゴンドラが動画とSNSを掛け合わせてキャンペーン効果拡大を図るワンストップパッケージ「MoveCamp(ムーヴキャンプ)」を提供開始

■訴求力の高い「YouTube」動画と拡散力の高いSNSを最大限に活用

 パイプドHD<3919>(東1)グループで広告ソリューションやWEBソリューションなどを行う株式会社ゴンドラは9月12日、5G(第5世代移動通信システム)時代の到来にさきがけ、「YouTube」(ユーチューブ)の商品プロモーション動画に拡散力の強いSNSを掛け合わせて相乗効果をめざす「動画×SNS」キャンペーンワンストップパッケージ「MoveCamp(ムーヴキャンプ)」を同日から提供開始すると発表した。

■いい動画でも最初は見てもらえないことが多く「着火」がポイント

 同社によると、ネット上に掲載されている動画の中には、「いい動画でも最初は見てもらえないケースが少なくなく、こうした場合、まず、SNSなどを利用して、一例だが数千人に見てもらう。そうすると「着火」し、あとはSNSの拡散効果も働き大きく拡がる。SNSの中でTwitterは動画との相性がいい」(マーケティング推進部・俵氏)とのことだ。

 そこで、訴求力の高い「YouTube」(ユーチューブ)動画と、拡散力の高いSNSを掛け合わせたキャンペーンを手軽に、すぐに実施できるようにした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:22 | 新製品&新技術NOW

建設技術研究所は社員の健康保持増進活動支援の一環として、全社一斉の健康づくりウォーキングを実施

■今年も10月1日(火)から10月31日(木)の1か月間実施

 建設技術研究所<9621>(東1)は、産業医の推奨による社員の健康保持増進活動支援の一環として、全社一斉の健康づくりウォーキングを実施している。

 今年も10月1日(火)から10月31日(木)の1か月間実施する。参加希望者は、個人のスマートフォンにインストールする歩数計無料アプリ、または、歩数計を用意し、実施期間中の歩数を計測する。

 ランキング上位者については、社内で公表し、表彰を行う。

 なお、昨年のイベントでは、全社員の3分の1にあたる530人が参加した。個人賞の1位は、1か月間で296万8940歩(1日平均9万6000歩)という記録であった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:25 | IR企業情報

パイプドHDのグループ企業、パイプドビッツは、製薬会社向けに、「研究助成公募管理システム」を開発

■9月10日より提供開始

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、パイプドビッツは、製薬会社向けに、「研究助成公募管理システム」を開発し、9月10日より提供開始した。

 このシステムは、製薬会社が大学や公的研究機関などに対して研究助成の公募を実施する際に、主に紙面で行ってきた公募の受付から審査、結果通知までの業務をWebで完結し、情報を一元管理することで、双方の業務負荷およびコストを軽減し、業務効率化を実現する。なお、このシステムはパイプドビッツの情報資産プラットフォーム「スパイラル」を基盤に構築されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:10 | 新製品&新技術NOW

アイリックコーポレーションが後場一段高、今週末に3店舗を連日オープン

■「保険クリニック」の全国店舗数は203店舗に

 アイリックコーポレーション<7325>(東マ)は9月12日の後場寄り後に一段と強含み、9%高の1455円(115円高)をつけて東証マザーズ市場の値上がり率3位に進む場面があった。総合保険ショップ「保険クリニック」の多店舗展開や、生命保険の現状把握・検索提案システム「ASシステム」などのITソリューション開発などを行い、直近は、9月13、14、15日(金、土、日)に「保険クリニック」3店舗を連日オープンすることなどが材料視されている。

 9月13、14、15日にオープンする店舗は、「バロー正家店」(岐阜県恵那市、取扱募集代理店・株式会社ゲイン、移転)、「イオン藤井寺SC店」(大阪府藤井寺市、取扱募集代理店・アイリックコーポレーション)、「ベルクスモール足立花畑店」(東京都足立区、取扱募集代理店・有限会社カトリコーポレーション)。

 これにより、「保険クリニック」の全国店舗数は203店舗(2019年9月15日時点)となる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:52 | 株式投資ニュース

【株式市場】米国外交の変化に期待強まり日経平均は一時222円高まで上げる

◆日経平均は2万1778円04銭(180円28銭高)、TOPIXは1594.17ポイント(10.51ポイント高)、出来高概算(東証1部)は増勢となり7億2232万株

チャート13 9月12日(木)前場の東京株式市場は、トランプ大統領が対中関税「第4弾」の実施を半月延期する方針と伝わった上、強硬な外交姿勢とされたボルトン補佐官の辞任が発表され、国際経済の環境好転に期待が強まった。NYダウの227ドル高を受け、ソニー<6758>(東1)東京エレクトロン<8035>(東1)ブリヂストン<5108>(東1)などが上げ、任天堂<7974>(東1)も高い。日経平均は163円高で始まり、10時にかけて222円20銭高(2万1819円96銭)まで上げた。前引けも180円28銭高(2万1778円04銭)と強い。

 ZOZO<3092>(東1)が買い気配で始まり急伸し、取引開始前、ヤフー<4689>(東1)によるTOB(公開買付、1株2620円)の発表が材料になり、Eストアー<4304>(JQS)も朝方に急伸するなど、関連株などに連想買いが波及。ピーバンドットコム<3559>(東マ)ネオス<3627>(東1)グループとの提携が注目されて急伸。

 東証1部の出来高概算は増勢となり7億2232万株、売買代金は1兆1967億円。1部上場2151銘柄のうち、値上がり銘柄数は1233銘柄、値下がり銘柄数は802銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:53 | 今日のマーケット

ZOZOの前澤友作社長はツイッターで代表取締役など辞任と伝わる

■ヤフーのZOZO買収を受けバリューコマースも活況高

 バリューコマース<2491>(東1)は9月12日、11%高の1865円(181円高)まで上げた後も活況高を続け、11時にかけても9〜10%高で推移。ヤフー<4689>(東1)ショッピングの出店社向けに各種サービスを行うため、同日朝、ヤフーがZOZO<3092>(東1)に対するTOB(公開買付)を発表したことを受けて注目集中となった。

 ヤフーはZOZOの普通株式を1株2620円で買い付け、ZOZOは連結子会社になる予定。ZOZOも朝、TOBに賛同の意見を表明するとともに、資本業務提携することなどを発表した。

 両社は、12日17時頃から会見を行う予定と伝えられた。また、ZOZOの前澤友作社長については、「12日、ツイッターを更新し、同日付で代表取締役ならびに取締役を辞任すると発表した。(中略)後任には取締役の澤田宏太郎氏(48)が就任する。前澤氏はファウンダー(創業者)として、今後も同社の一定のイベントには参加するという」(日刊スポーツオンライン、ヤフーニュース9/12(木)8:42配信より)と伝えられている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 材料でみる株価

旭化成が戻り高値を連日更新、住宅事業のブランドイメージ向上などに期待強まる

■「ホームズ」で使う電力を100%自然エネでまかなう計画

 旭化成<3407>(東1)は9月12日、一段と出直りを強め、取引開始後に1096.5円(34.5円高)まで上げ、戻り高値を連日更新している。10日付で、住宅事業の子会社・旭化成ホームズが、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標とする企業の国際的な連合体「RE100」(RenewableEnergy100%)に加盟したと発表。「へーベルハウス」などのブランドイメージ向上効果などが注目されている。

 発表によると、旭化成ホームズは、戸建住宅や賃貸住宅への太陽光発電設備の設置を積極的に推進してきただけでなく、災害時における電力のレジリエンス強化を目指した蓄電池の併用設置などを促進。これまでに搭載した太陽光発電設備の総量は約360MW以上、その年間発電量は約360GWhに達した。一方、同社が2018年度に事業活動で消費した電力は約33GWh。今後は、独自の電力供給サービス「ヘーベル電気」によって、太陽光発電設備の余剰電力を買取り、同社の事務所や工場、展示場の電力として活用するとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 材料でみる株価

大日本印刷は特別利益と自社株買いが好感されて戻り高値を大きく更新

■保有するリクルートHD株式の一部を売り出し有価証券売却益513億円

 大日本印刷<7912>(東1)は9月12日、一段高で始まり、取引開始後に8%高の2670円(200円高)まで上げて戻り高値を大きく更新。5月7日以来の2600円台回復となった。11日の取引終了後に特別利益の計上(有価証券売却益513.33億円)と自己株式の取得(自社株買い)を発表し、好感されている。

 有価証券売却益513.33億円は、リクルートHD<6098>(東1)が行う株式売り出しに売出人の1社として参加し、保有するリクルートHD株式の一部(1800万株)を1株2985.33円で売却することで発生する。これによる業績予想については、修正が必要になった場合は速やかに公表するとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 材料でみる株価

ZOZOがヤフーのTOBを受けて急伸しストップ高に迫る

■TOB価格は1株2620円、賛同の意見を表明

 ZOZO<3092>(東1)は9月12日、買い気配で始まり、そのままストップ高の2666円(500円高)に接近。2566円(400円高)で始値が就いた。朝8時30分、ヤフー<4689>(東1)によるZOZO株式のTOB(公開買付)を発表。注目集中となった。

 TOB価格は2620円。ヤフーによるTOBに賛同の意見を表明するとともに、資本業務提携することも発表した。ヤフーも上げ、一時
315円(17円高)まであった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 材料でみる株価

日経平均は163円高で始まる、米国の対外政策の軟化などに期待強まる

 9月12日(木)朝の東京株式市場は、日経平均が163円33銭高(2万1761円09銭)で始まった。

 米国の対外政策の強硬派とされたボルトン大統領補佐官の辞任が伝えられ、NYダウが227.61ドル高(2万7137.04ドル)と再び大きく上げ、為替も1ドル108円台に戻り円安再燃となっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 今日のマーケット

知的財産高等裁判所にて、MTGの申立てを相当と認める

 MTG<7809>(東マ)は、株式会社ファイブスター (本社:大阪府大阪市)に対し、特許権侵害に基づき「ボディシェイプローラー スリムシャイン4」の製造・販売等の差止め、及び、損害賠償請求の支払いを請求していた。

 このたび、知的財産高等裁判所にて、MTGの申立てを相当と認め、製造・販売等の差止め、及び、損害賠償金1119万2585円の支払いを認める判決が下され、確定した。

 ブランド開発カンパニーであるMTGは、消費者や、技術者の努力を守るため、これまでに2800件を超える知的財産権の出願をしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:13 | IR企業情報

【編集長の視点】綿半HDは変わらずも月次既存店売上高の連続2ケタ増を手掛かりに底上げを窺う

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は、前日11日に前日比変わらずの2150円で引けた。同社株は、今年7月29日に開示した今2020年3月期第1四半期(2019年4月〜6月期、1Q)業績が、2ケタ減益転換したことで下値を探ってきたが、9月10日に発表した今年8月度の月次売上高動向で、全店売上高が、昨年12月以来、9カ月連続して2ケタ増となり、既存店売上高も3カ月ぶりにプラス転換と好調に推移したことから、今2020年3月期業績が、5期連続で過去最高更新と予想され、配当も連続増配を予定していることを見直し売られ過ぎ訂正買いが交錯した。今年8月9日に発表したサイエンスホーム(静岡県浜松市)の株式取得・子会社化も、業績期待を高め、さらに株式需給的にも下値で信用売り残がやや拡大していることも、売り方の買い戻し思惑につながっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:02 | 編集長の視点

コンヴァノは下値切り上げ、20年3月期大幅増益予想

 コンヴァノ<6574>(東マ)はネイルサロン「ファストネイル」をチェーン展開している。20年3月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は6月安値から下値を切り上げている。底打ちして出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:32 | 株式投資ニュース

ユニプレスは反発の動き

 ユニプレス<5949>(東1)は自動車用プレス加工部品を展開している。20年3月期減収減益予想である。第1四半期の利益進捗率が低水準であり、通期下振れに注意が必要だが、第2四半期以降の挽回に期待したい。株価は8月の年初来安値圏から反発の動きを強めている。下振れ懸念の織り込み完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:31 | 株式投資ニュース

【新規上場(IPO)銘柄】フィードフォースは9月27日に第1四半期決算を発表、底値買い妙味膨らむ

フィードフォース<7068>(東マ)は、本年7月5日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、「『働く』を豊かにする。〜B2B領域でイノベーションを起こし続ける〜」をミッションに掲げ、情報流通の最適化と効果的な広告運用サービス等を提供している。

 データフィード構築のために同社がこれまでに蓄積した膨大な商品・案件等のデータとその変換・更新ノウハウをもとに、企業が持つ情報を最適な形に加工し、ターゲットユーザーに対して適切な情報を適切なタイミングで適切なデバイスに提供することを実現している。また、同社は各デジタルプラットフォーマーと良好なリレーションを構築しており、その関係を活かし同社の複数のサービスを連携させることで、企業の顧客開拓支援に留まらずユーザーとの継続的な関係強化に資する包括的な支援に尽力している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:28 | 新規上場(IPO)銘柄

立花エレテックは反発の動き

 立花エレテック<8159>(東1)は産業用機器・電子部品などを扱う技術商社である。20年3月期連結業績は横ばい予想である。第1四半期は減収減益だった。需要減速で通期下振れに注意が必要となる。第2四半期以降の挽回に期待したい。なお20年4月1日付で八洲電機<3153>から八洲電子ソリューションズの株式を譲り受ける。株価は8月の年初来安値圏から反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:26 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ジェイエスエスは反発の動き、20年3月期増収増益予想

 ジェイエスエス<6074>(JQ)はスイミングスクールを全国展開し、スイミングスクール特化型企業では首位の施設数を誇っている。20年3月期は会員定着率改善などで増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は8月の直近安値圏から反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:25 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ケイアイスター不動産は年初来高値更新、20年3月期増収増益予想

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は首都圏中心に戸建分譲などの不動産事業を展開し、M&A・アライアンスも積極活用して「不動産×IT」を推進している。20年3月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は年初来高値を更新している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で上振れ余地

 エフティグループ<2763>(JQ)は法人向け環境関連商品・情報通信機器販売などを展開し、M&Aも積極活用してストック型収益・業容拡大戦略を推進している。20年3月期営業増益予想である。第1四半期が高進捗率であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は8月の年初来高値圏から反落したが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

JPホールディングスは下値固め完了、20年3月期2桁増益・連続増配予想

 JPホールディングス<2749>(東1)は総合子育て支援カンパニーである。子育て支援事業の更なる質的成長と既存事業の拡大、事業構造改革による経営基盤の強化、新しいビジネス価値の創出を推進している。20年3月期2桁増益・連続増配予想である。収益拡大を期待したい。株価は8月の直近安値圏から反発の動きを強めている。下値固め完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析