株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年11月19日

阿波製紙が連日ストップ高、セルロースナノファイバー(CNF)を用いた自動車用成形品に注目集中

■「東京モーターショー2019」で環境省のブースに出展と16日発表

 阿波製紙<3896>(東1)は11月19日、2日続けて大幅に上げ、10時にかけて533円(80円高)まで上げて2日連続ストップ高となった。11月16日付で、セルロースナノファイバー(CNF)混抄紙を用いた自動車用成形品を「東京モーターショー2019」(10月24日から11月4日)の環境省のブースで展示していたと発表。連日材料視されている。

 発表夜と、同社は、環境省「NCVプロジェクト」の影山副プロジェクトリーダーから「樹脂含浸性に優れるCNFペーパーの提供」の要請を受け、RTM(Resin Transfer Molding)用などCNF大型軽量構造部の量産を検討している同プロジェクトの参画研究機関・企業に対し、CNF混抄紙を提供した。展示品の車用エンジンフードやフロア材料の一部に当社CNF混抄紙が使用された。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 材料でみる株価

木村化工機がストップ高、世界初、低濃度アンモニア水から高純度水素を製造し燃料電池発電

■澤藤電機、岐阜大学と共同開発との発表に注目集中

 木村化工機<6378>(東1)は11月19日、急伸し、9時45分にかけてストップ高の522円(80円高)に達した。18日付けで、澤藤電機<6901>(東1)、岐阜大学との共同開発により、「世界初、低濃度アンモニア水から高純度水素を製造し燃料電池発電に成功」と発表。注目集中となった。澤藤電機も18%高の2040円(312円高)まで上げている。

 消費電力・CO2排出量を約83%削減し,NOxゼロのアンモニア処理システムの開発と安価なCO2フリーアンモニア燃料およびCO2フリー水素の製造に目途をつけたとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 材料でみる株価

ピーバンドットコムが年初来の高値、株主優待制度の導入など好感

■毎年3月末の株主にQUOカード(クオカード)贈呈へ

 ピーバンドットコム<3559>(東マ)は11月19日、9時30分にかけて1205円(60円高)まで上げ、2日ぶりに年初来の高値を更新した。1200円台は2019年6月以来。11月11日の夕刻、株主優待制度の導入を発表し、以後、再び上値を追う相場になっている。

 株主優待は、2020年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された同社株式1単元(100株)以上を保有する株主から、毎年1回、QUOカード(クオカード)3000円分を贈呈する。

 また、同時に発表した第2四半期決算(非連結、2019年4〜9月・累計)は、売上高が前年同期比3.7%増の10.02億円となり、営業利益は同10.6%減の1.23億円、四半期純利益は同9.4%減の0.96億円だった。3月通期の見通しは前回発表予想を据え置き、純利益は2.13億円(前期比9.4%減)、1株利益は47円57銭とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 業績でみる株価

日経平均は50円安で始まる、NY連日最高値だが為替が円高

 11月19日(火)朝の東京株式市場は、日経平均が反落模様の50円40銭安(2万3366円36銭)で始まり、軟調なスタートとなった。

 NYダウは31.33ドル高(2万8036.22ドル)と2日続伸し、S&P500、NASDAQ総合指数とともに連日の最高値となったが、円相場は今朝の東京市場でやや円高に転じている。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 今日のマーケット

【編集長の視点】バルクHDは続落も法的申立てで業績再下方修正の織り込み感を強め下げ渋る

 バルクホールディングス<2467>(名セ)は、前日17日に8円安の294円と4営業日続落して引けた。同社株は、今年11月14日に今2020年3月期第2四半期(2019年4月〜9月期、2Q)決算の開示に合わせて、今3月期通期業績の2回目の下方修正を発表し、下値を探る動きを続けたが、今年11月1日につけた年初来安値286円を前に下げ渋る動きもみせた。業績再下方修正要因となった代金支払い不履行に対する法的措置を申立てたことで織り込み済みとも評価された。テクニカル的にも、年初来高値924円からの調整で、「半値八掛け二割引き」水準に到達し底打ちを示唆していることも、底値買いの手掛かり材料となっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:09 | 編集長の視点

豊田通商は上値試す、20年3月期最終2桁増益予想で2Q累計順調

 豊田通商<8015>(東1)はトヨタグループの総合商社である。20年3月期(予想は親会社所有者帰属当期利益のみ開示)は最終2桁増益予想である。第2四半期累計は前年同期比横ばいだったが、通期予想に対する進捗率は順調である。収益拡大を期待したい。株価は戻り歩調で年初来高値を更新した。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:55 | 株式投資ニュース

農業総合研究所は売り一巡

 農業総合研究所<3541>(東マ)は農家の直売所事業を展開している。20年8月期(非連結決算に移行)は19年8月期個別業績との比較で黒字化予想である。収益改善を期待したい。株価は年初来安値を更新する展開だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:54 | 株式投資ニュース

ピクスタは下値切り上げ、19年12月期大幅増益予想で3Q累計順調

 ピクスタ<3416>(東マ)は、デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」運営を主力としている。19年12月期大幅増益予想である。第3四半期累計は大幅増益と順調だった。通期も収益拡大を期待したい。なお19年12月期末から株主優待制度を導入する。株価は反発力の鈍い展開だが徐々に下値を切り上げている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:52 | 株式投資ニュース

キャンディルは調整一巡、20年9月期増収増益予想

 キャンディル<1446>(東マ)は、住宅市場・商業施設市場を対象に建築サービス関連事業を展開している。19年9月期は増収大幅増益だった。20年3月期も増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は8月の年初来高値から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:51 | 株式投資ニュース

建設技術研究所は上値試す、19年12月期2桁増益予想で上振れの可能性

 建設技術研究所<9621>(東1)は総合建設コンサルタント大手で、マルチインフラ&グローバル企業を目指している。19年12月期はインフラ整備関連の需要が高水準に推移して2桁増益予想である。第3四半期累計は大幅増益となり、通期利益予想をほぼ達成している。通期は上振れの可能性が高いだろう。収益拡大を期待したい。株価は急伸して96年来の高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:50 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マルマエは上値試す、20年8月期増収増益予想で10月の受注残高は前年比プラス転換

 マルマエ<6264>(東1)は、半導体・FPD製造装置向け真空部品などの精密切削加工事業を展開している。20年8月期は増収増益予想(下期偏重)である。受注残高は19年2月をボトムとして回復傾向だ。19年10月には前年同月比でプラスに転じた。株価は10月の年初来高値圏から一旦反落したが着実に下値を切り上げている。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:48 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

TACは上値試す、20年3月期減益予想だが2Q累計が大幅増益で通期上振れ余地

 TAC<4319>(東1)は「資格の学校」を運営し、中期成長に向けて新事業領域への展開も強化している。20年3月期第2四半期累計は計画を上回り、減益予想から一転して大幅増益で着地した。通期減益予想だが上振れ余地がありそうだ。収益改善を期待したい。株価は急伸して年初来高値を更新した。その後は利益確定売りが優勢の形だが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【話題株】星光PMCのセルロースナノファイバーに注目

 星光PMC<4963>(東1)のセルロースナノファイバーに注目。

 今朝(11月19日)のヤフーニュースに、【特集】“木“から車ができた!?環境に優しい『セルロースナノファイバー』がすごい 鉄の5倍の強度で重さは5分の1 というタイトルの記事が掲載されている。

 これは、同社のセルロースナノファイバーのことであり、この記事で紹介されているアシックスのスポーツシューズにも同社のセルロースナノファイバーが採用されている。

 自動車に使われるには、まだまだ時間がかかるということで、前回の決算説明会でもセルロースナノファイバーについてはあまり説明がなかったが、東京モーターショーの話は出ていた。

 昨日、同社の株価が年初来の高値を更新している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:14 | 話題株