株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年02月16日

セルシードが中期経営計画を策定

■今期の業績予想及び今後の業績目標を設定

 セルシード<7776>(JQG)は14日、中期経営計画(2020年12月期〜2022年12月期)を発表した。

 今後3ヶ年の概要は、細胞シート再生医療事業では、・食道再生上皮シートの追加治験に関してPMDAと協議を進め、早期の製造販売承認申請を目指す。・自己軟骨再生シートは東海大学より先進医療に係る製造を受託し先進医療を見据えて治験実施。・同種軟骨再生シートの早期の治験開始に向けセルストック構築。・細胞シート製造自動化などの仕組み作りを加速する。・東京医科歯科大学との間で食道再生上皮シート、軟骨再生シートに続く、第三品目の歯根膜再生シートについて詳細検討に向けた協議終了後、開発に着手する。・日本発の細胞シート工学の世界展開のために事業提携を積極的に推進し収益の拡大を目指す。・台湾における再生医療ビジネスへの投資拡大を見据え、MetaTech社、台湾合弁会社との協業を強化し、更なる収益機会獲得を目指すとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | IR企業情報

システムサポートは2月14日に第2四半期決算説明会開催

■増税前の駆け込み需要も加わり2ケタ増収大幅増益

 システムサポート<4396>(東1)の20年6月期第2四半期は、全セグメントが好調なうえに、増税前の駆け込み需要も加わり2ケタ増収大幅増益となった。

 好業績の背景には、物流業における基幹システム更新案件や、システムの維持運用の効率化に向けたクラウドシステム導入案件等の受注が拡大したことが挙げられる。

 その結果、第2四半期連結業績は、65億73百万円(前年同期比18.0%増)、営業利益4億06百万円(同48.0%増)、経常利益3億73百万円(同47.2%増)、純利益2億39百万円(同46.3%増)となった。

 14日に決算説明会が開催され、同社代表取締役社長小清水良次氏は、同社の特長について以下のように語った。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:33 | IR企業情報