株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月13日

トーヨーカネツは20年3月期連結業績予想を上方修正

■主力の物流ソリューション事業では、受注および売上高が伸びる

 トーヨーカネツ<6369>(東1)は13日、20年3月期連結業績予想の上方修正を発表した。上方修正の要因は、主力の物流ソリューション事業では、受注および売上高が伸びた一方で、個別案件の進捗管理の徹底により、採算向上を図ることが出来たことと、機械・プラント事業では、依然として厳しい事業環境の中、固定費の削減や経費の見直しを行ったことによる。

 その結果、20年3月期連結業績予想の売上高は前回予想を20億円上回る467億円(前期比3.3%増)、営業利益は5億50百万円上回る23億30百万円(同65.7%増)、経常利益は5億90百万円(同50.8%増)、純利益は4億10百万円上回る17億30百万円(同68.8%増)と上方修正により、大幅増益を見込んでいる。

 株価については、コロナウイルスの影響で、世界の株式市場が急落している影響で、同社の株価も急落し、13日の引け値は1688円(前日比104円安)であった。なお、同日、1612円の年初来安値を付けた。

 コロナウイルスの不安感が無くなれば、好業績企業の見直しが予想される。同社もその中の1社といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:10 | 決算発表記事情報

【株式市場】日経平均は大幅続落だが後場一時大きく戻し「下ひげ」など底値圏の兆候みせる

◆日経平均は1万7431円05銭(1128円58銭安)、TOPIXは1261.70ポイント(66.18ポイント安)、出来高概算(東証1部)はSQ算出分が加わり34億5938万株

■2銘柄が新規上場となりフォースタートアップスは一時ストップ高

 3月13日(金)後場の東京株式市場は、ヤクルト本社<2267>(東1)が堅調に転じて始まり、ソニー<6758>(東1)も値戻し基調て始まるなど、前場ほど売り一色ではなくなった。日経平均は1513円安で始まり、前場の安値(1869円03銭安の1万6690円60銭)を割らずに推移。キヤノン<7751>(東1)も値戻しを強め、米国の夜間取引で指数先物が高いなどとされ、14時20分過ぎには375円17銭安(1万8184円46銭)まで持ち直した。大引けは再び下げ、3月9日の1050円安を超えたが、経験則的には「下ひげ」などで明るさが出たとの声があった。下げ幅は歴代13番目と伝えられた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:43 | 今日のマーケット

日経平均が急速に回復、日銀の買いオペや米ダウ先物高など寄与

■前引けの1478円安から14時過ぎには375円安まで戻す

 3月13日後場の東京株式市場で、日経平均が急速に回復し、前引けの1478円49銭安(1万7081円14銭から14時過ぎには375円17銭安(1万8184円46銭)まで持ち直した。

 日銀が「約1年半ぶりに臨時の国債買い入れオペ(公開市場操作)を通知した」(日経QUICKニュース)と伝えられたほか、米国の夜間取引で株価指数先物が急反発し、つれて上海・香港の株価が回復しているとされた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:31 | 今日のマーケット

ヤクルト本社が後場プラス圏に浮上、中国でコロナ感染ピーク通過の期待

■国内2月の乳製品販売は増勢、中国は1割強程度の減にとどまる見込みと

 ヤクルト本社<2267>(東1)は3月13日の後場、前日比プラス圏に浮上しながら上げ幅を広げ、14時過ぎには5%高の5500円(270円高)をつけている。

 3月3日付で、2月の国内乳製品の販売数量が前年同月をやや上回る見込みになったこと、中国市場は1割強程度の落ち込みにとどまったことなどを発表。13日の後場は、中国で新型コロナウイルス感染者数が峠を超えた可能性が一部で伝えられたようで、期待買いが舞い戻ったとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 業績でみる株価

スバル興業は配当金の基準倍増や2ケタ増収増益が好感され後場プラス転換

■1株当たり年間配当のベースを100円から200円に変更

 スバル興業<9632>(東1)は3月13日の後場、じかんとともに回復傾向となり、13時40分過ぎに6350円(150円高)まで上げて前日比プラス圏に浮上した。

 12日の夕方、配当政策の変更などを発表し、これまでの「1株当たり年間100円の配当をベースに」してきた基準を同じく「年間200円」に改めるとした。2021年1月期(20年10月に支払う予定の中間配当金)より適用し、中間配当金、期末配当金とも1株当たり各100円の予定とした。

 配当基準を倍増させた要因としては、新たな3か年計画≪中期経営戦略2019−2022 TRY!2022≫を策定し、売上高280億円、営業利益35億円の目標に向かい取り組んだところ、1年目において営業利益の目標数値を上回ることができたこと、など。

 同時に発表した2019年度(20年1月期)の連結決算は、売上高が272.11億円(前期比8.1%の増加)となり、営業利益は40.90億円(同33.6%の増加)、親会社株主に帰属する当期純利益は31.77億円(同74.6%の増加)となった。

 今期・21年1月期の連結業績予想は、売上高を269.20億円(前期比1.1%減)とし、営業利益は38.50億円(同5.9%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は25.50億円(同19.7%減)、1株利益は992円08銭。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:58 | 業績でみる株価

ユニバーサルエンターテインメントはフィリピンのカジノ好調で2月は36%増加

■「OkadaManila(オカダマニラ)」を運営するTRLEI社の月次実績

 ユニバーサルエンターテインメント<6425>(JQS)は3月13日、後場寄り後の1993円(372円安)を下値に持ち直し、14時にかけては2115円(250円安)と2000円の大台を回復している。

 12日の取引終了後、2月の月次動向(フィリピンで統合型リゾート施設「Okada Manila(オカダマニラ)」を運営するTRLEI社の月次実績)を発表し、
フィリピンにおけるカジノ関連事業が注目されている。

 2020年2月度のカジノ収益は32.86億フィリピン・ペソとなり、その他売上高は1.84億ペソとなった。これらにより、2月の売上高合計は、前年同月比36%増の34.70億ペソとなり、調整後EBITDA(償却前利益)は同48%増の5.36億ペソとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:52 | 業績でみる株価

UMNファーマはきょう売買最終日、塩野義製薬グループの非上場企業に

■塩野義製薬以外の株主の所有株式数は1株に満たない端数に

 UMNファーマ<4585>(東マ)は3月13日の後場、533円(3円安)前後で時々売買が成立している。

 2020年2月の株主総会で株式併合などが承認された結果、塩野義製薬<4507>(東1)以外の株主の所有する株式数は1株に満たない端数となる予定。3月16日をもって上場廃止になることが2月に決定し、土・日を考慮すると、きょう13日が売買最終日になる。

 同社は塩野義製薬のグループ企業で、株式は2012年12月、東証マザーズに上場した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | 材料でみる株価

前田道路が後場いきなり急伸、前田建設によるTOB成立発表を受け注目集まる

■正午過ぎ、議決権所有割合51.29%となり連結子会社化と発表

 前田道路<1883>(東1)は3月13日の後場いきなり急伸し、取引開始後に2900円(148円高)まで上げ、一気に前日比プラス圏に浮上している。

 同日の正午過ぎ、前田建設工業<1824>(東1)が前田道路に対するTOB(株式の公開買付)の成立終了を発表。2020年1月21日から開始していた同社に対するTOBが年3月12日をもって終了し、連結子会社になるとした。前田建設が保有する前田道路の議決権の所有割合は、TOB前までは24.68%。TOB成立後は51.29%になった。

 このTOBを巡っては、前田道路側はTOBに賛同しない姿勢だった。2月20日付で配当を1株650円にすると発表した上で、同月27日付ではNIPPO<1881>(東1)との資本提携の協議を開始すると発表していた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:04 | 材料でみる株価

【株式市場】SQ算出日にNYダウ急落が重なり日経平均は一時1869円安

◆日経平均は1万7081円14銭(1478円49銭安)、TOPIXは1232.29ポイント(95.59ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増加して17億5277万株

■東証1部2166銘柄のうち99.6%に達する2158銘柄が下落

 3月13日(金)前場の東京株式市場は、先物・オプション各3月物のSQ(特別清算値)算出日にNYダウの急落が重なり、日経平均は376円安で始まったあと一気に700円安となった。10時には1万7000円の大台も割り込み、その後1869円03銭安(1万6690円60銭)まで下落した。中で、資生堂<4911>(東1)は10時頃から持ち直すなど底堅さを取り戻す銘柄もあり、日経平均の前引けは1478円49銭安(1万7081円14銭)となった。

 クラボウ<3106>(東1)が買い気配のままストップ高に貼りつき、新型コロナウイルスを15分ほどで目視検出できる検査キットを発売とされて2日連続S高。アイスタディ<2345>(東2)は未定だった配当予想の発表などが好感されて連日活況高。アンジェス<4563>(東マ)は阪大と進める新型コロナウイルス向けDNAワクチン開発にダイセル<4202>(東1)も協力することが注目されて続伸。

 13日新規上場となったリグア<7090>(東マ)は公開価格1950円。9時4分に1910円で初値がつき、1977円まで上げ、前引けは1835円。もう1銘柄フォースタートアップス<7089>(東マ)は公開価格1770円。9時12分に1628円で初値がつき、その後1880円まで上げて公開価格を上回り、前引けは1744円となった。

 東証1部の出来高概算は増加して17億5277万株、売買代金は2兆4487億円。1部上場2166銘柄のうち、値上がり銘柄数は6銘柄、値下がり銘柄数は99.6%に達する2158銘柄となった。また、東証33業種別指数は全33業種が値下がりした。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:02 | 今日のマーケット

13日上場のフォースタートアップスは一時公開価格1770円を上回る

■スタートアップ企業を支援し人材紹介サービスなど展開

 3月13日新規上場となったフォースタートアップス<7089>(東マ)は公開価格1770円。9時12分に1628円で初値がつき、その後1880円まで上げて公開価格を上回った。11時を過ぎては1700円前後で売買をこなしている。

 スタートアップ企業に対し人材紹介サービスや採用支援サービスを主力として様々な支援を行い、新たな産業を創出することを目指し、「タレントエージェンシー」および「アクセラレーション」の2つのサービスを展開している。

 今期・2020年3月期の業績予想(個別、会社発表)は、人材紹介サービスにかかる受注高が計画を上回る水準で推移するなど順調で、通期の売上高予想は12.67億円(前期比21.3%増)、営業利益は3.10億円(同14.2%増)、当期純利益は1.98億円(同3.5%増)、1株利益は67円50銭を想定している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:20 | 新規上場(IPO)銘柄

ケイアイスター不動産が「GPTW」の「働きがいのある会社」埼玉県ランキングのベストカンパニーに選出される

■世界60ヵ国以上で活動する「GPTW」に2013年業界で初の選出以来6度目

 デザイン住宅の建築分譲などを行うケイアイスター不動産<3465>(東1)は3月13日午前、世界60ヵ国以上で「働きがいのある会社」などの選定を行う「GPTW」(Great Place to Work Institute)の日本法人から、2020年版・埼玉県における「働きがいのある会社」に選出されたと発表した。2013年版に不動産業界で初めて選出されて以来6度目になる。

 「GPTW」は、世界60ヵ国以上で従業員意識調査を行い、調査結果をもとに毎年「働きがいのある会社」ランキングを発表している機関。アンケート項目と評価基準はグローバル共通。「埼玉県における働きがいのある会社」では、上記と同様の方法・基準を、埼玉県に本社がある従業員25名以上の参加企業にあてはめ、優秀企業を選出した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | プレスリリース

メドレーは3社と「CLINICSオンライン診療」を活用した服薬指導の実施の連携を開始

◇特区外の一部店舗への導入も推進

 メドレー<4480>(東マ)は、2月28日に発出された厚生労働省からの事務連絡を受け、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としてアインホールディングス、クオール、日本調剤と、「CLINICSオンライン診療」を活用した服薬指導の実施の連携を開始する。

cl1.jpg

 メドレーでは本事務連絡を受け、調剤薬局向けに「CLINICSオンライン診療」を一時的に提供しているが、この度、国家戦略特区(千葉市)でのオンライン服薬指導事業において連携している3社と、 特区外の一部店舗への導入も推進する。

 「CLINICSオンライン診療」は、導入医療機関数No.1のオンライン診療システムで、WEB予約・ 事前問診・ビデオチャットでの診察・クレジットカード決済・薬/処方せんの配送サポート等の機能を備えており、全国の診療所や大学病院などで幅広く導入されている。

 メドレーは、今後も、「CLINICSオンライン診療」の活用による新型コロナウイルスの感染拡大防止を進めるとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | 新製品&新技術NOW

13日上場のリグアは公開価格1950円を一時上回り底堅いスタート

■接骨院・整骨院の経営・運営に関するソリューション提供など展開

 3月13日新規上場となったリグア<7090>(東マ)は公開価格1950円。9時4分に1910円で初値がつき、1796円を下値に切り返して9時30分前には1977円まで上げた。10時にかけても1900円前後で売買をこなしている。

■接骨院・整骨院の数は14年間で1.8倍に増加

 連結子会社2社(株式会社FPデザイン、株式会社ヘルスケア・フィット)とともに、接骨院・整骨院の経営・運営に関するソリューションを提供する接骨院ソリューション事業と、保険代理店や金融商品仲介業を行う金融サービス事業の2つのセグメントで事業を行っている。

 発表によると、接骨院・整骨院の数は平成16年に2万7771院、平成30年には5万77院。14年間で1.8倍に増加している。こうした事業フィールドの拡大が追い風。

 2020年3月期の連結業績予想は、売上高を21.01億円(前期比16.1%増)、とし、営業利益は2.21億円(同3.4倍)、親会社株主に帰属する当期純利益は1.24億円(同3.5倍)、1株利益は121円15銭を見込む。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | 新規上場(IPO)銘柄

アンジェスも逆行高、新型コロナウイルス向けワクチン開発にダイセルも協力

■「6ヵ月以内の出来る限り早い時期の臨床試験開始を目指す」

 アンジェス<4563>(東マ)は3月13日、2日続伸基調となり、取引開始後に7%高の555円(37円高)まで上げて出直りを継続している。13日朝、大阪大学と共同で進める新型コロナウイルス向けDNAワクチンの開発にダイセル<4202>(東1)も加わると発表。注目されている。

 9時30分現在、東証マザーズ市場(316銘柄)で値上がりしている銘柄は3銘柄のみ。

 同社と大阪大学、タカラバイオ<4974>(東1)は3月5日、新型コロナウイルス向けワクチンの共同開発に着手すると発表した。

 今回の発表では、ダイセルは、細胞内へ薬剤を送達する新規投与デバイス技術で協力する。この新規投与デバイス「アクトランザラボ」を使用することにより、遺伝子発現効率を上げることでワクチンの抗体産生力を上げることが可能となり、より有効性の高いワクチンの開発が可能になるという。6ヵ月以内の出来る限り早い時期の臨床試験開始を目指すとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 材料でみる株価

エコモットが逆行高、新型コロナ発熱の疑いある人物を非接触で検知

■東証マザーズ316銘柄の中で高い銘柄は4銘柄のみ(9時20分現在)

 エコモット<3987>(東マ)は3月13日、720円(35円高)で始まり反発基調となっている。12日付で、「ウェアラブル装着が可能な赤外線サーモカメラにより、発熱の疑いのある人物の非接触検知を可能とするシステムを開発」と発表。新型コロナウイルスの流行抑制に向けて注目されている。

 9時20分現在、東証マザーズ市場(316銘柄)で値上がりしている銘柄は4銘柄のみとなっている。

 発表によると、このシステムは、身体に装着したサーモカメラで通行中の人物を撮影し、撮影と同時に体表面温度を測定する。そして、発熱が疑われる人物が検知された際に、検疫担当者のリストバンド型デバイスに対して、バイブレーションによる目立たない形でのフィードバックを行う。物理的な接触を伴わずに発熱の疑いのある人物を検知できるため、検疫担当者の感染リスクを軽減するなどの効果もあるとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:24 | 材料でみる株価

日経平均は376円安のあと700円安、一方、円相場は1ドル104円台に戻り大幅な円安

 3月13日(金)朝の東京株式市場は、日経平均が大幅続落模様の376円16銭安(1万8183円47銭)で始まった。

 NYダウは約10%安の2352.60ドル安(2万1200.62ドル)となり、下げ幅では同9日の2013.76ドル安を上回り過去最大。

 一方、円相場は12日夕方の1ドル103円台からNY市場で同104円台に戻る円安回帰となり、13日朝の東京市場では同104円台後半へと円安の度を強めている。日銀が株価指数連動ETF(上場投信)の買い入れ上限を撤廃する可能性などが言われている。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 今日のマーケット

NYダウ急落2352.60ドル安、13日の朝はSQ算出で特異な値段の可能性あるが一過性に

■下げ幅では9日の2013.76ドル安を上回り過去最大

 米国3月12日の株式市場は再び急落し、NYダウの終値は約10%安の2352.60ドル安(2万1200.62ドル)となり、下げ幅で同9日の2013.76ドル安を上回り過去最大となった。

■シカゴ商取の日経平均先物も1万7060円となり急落

 S&P500種株価指数は9.5%安の2480.64ポイントとなり、NASDAQ総合指数も9.4%下落。これを受け、シカゴ商取の日経平均先物も1万7060円と急落し、東京市場の12日の日経平均終値1万8559円63銭を1500円近く下回った。

 13日の東京市場は、3ヵ月に一度、先物とオプション各3月物のSQ(特別清算値)を算出する「SQ算出日」に当たる。

 朝一番は、現物株にこれを巡る売買注文が集中するため、NY急落を受けて動向が注目される。取引開始後には日経平均ベースで特異な値段がつく可能性があるが、取引時間中の一時的な需給動向として冷静に見ておきたいところだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:34 | 今日のマーケット

朝日ラバーは売られ過ぎ感、21年3月期収益回復期待

 朝日ラバー<5162>(JQ)はシリコーンゴムや分子接着技術をコア技術として、自動車内装LED照明光源カラーキャップやRFIDタグ用ゴム製品などを展開している。20年3月期減益予想だが、21年3月期の収益回復を期待したい。株価は地合い悪で昨年来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:10 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

日本エンタープライズは売り一巡、20年5月期増収増益予想

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は事業ポートフォリオを再構築して、コンテンツサービス、ビジネスサポートサービス、ソリューションを強化している。20年5月期増収増益予想である。収益改善を期待したい。株価は地合い悪の影響で昨年来安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。なお3月31日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:09 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

綿半ホールディングスは売り一巡、20年3月期2桁営業・経常増益予想

 綿半ホールディングス<3199>(東1)はホームセンター中心の小売事業、および建設事業、貿易事業を展開している。20年3月期2桁営業・経常増益予想である。20年2月の既存店売上は新型コロナウイルスの影響による買い溜め特需も寄与して108.2%と好調だった。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪で昨年来安値を更新する展開だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:07 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ジェイテックは売り一巡、21年3月期収益改善期待

 ジェイテック<2479>(JQ)は技術者派遣の「技術商社」を標榜し、技術職知財リース事業を展開している。20年3月期減益予想だが、21年3月期の収益改善を期待したい。なお3月3日に自己株式取得を発表した。株価は地合い悪で13年以来の安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:06 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

松田産業は売られ過ぎ感、20年3月期2桁増益予想

 松田産業<7456>(東1)は、貴金属関連事業および食品関連事業を展開している。20年3月期2桁増益予想で再上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪で急落し、昨年来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:04 | アナリスト水田雅展の銘柄分析