株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月26日

【株式市場】日経平均は4日ぶりに急反落し今週末の外出自粛が首都圏に広がる様子となり大引け間際に一時1033円安

◆日経平均は1万8664円60銭(882円03銭安)、TOPIXは1399.32ポイント(25.30ポイント安)、出来高概算(東証1部)は20億4967万株

■新規上場の2銘柄は共に公開価格を上回る

 3月26日(木)後場の東京株式市場は、小池東京都知事の25日夜の会見を受けて在宅勤務関連のブイキューブ<3681>(東1)が一段高となり、即席めんの日清食品HD<2897>(東1)などもジリ高を継続。日経平均は746円安で始まり、14時過ぎまで600円安から700円安の水準で推移。週末の外出自粛要請を神奈川県も実施の見込みで千葉県知事も会見と伝わると一時1033円82銭安(1万8512円81銭)まで下げ幅を広げる場面があった。結局4日ぶりの反落となった。

 後場は、ヘリオステクノHD<6927>(東1)がいきなり買い気配で始まり、マスク製造設備の販売発表が好感されてストップ高。家庭紙トップの大王製紙<3887>(東1)もジリ高。ミズホメディー<4595>(東2)は新型コロナウイルス感染症の全自動遺伝子検査キット発表が注目されて一時急伸。

 26日は2銘柄が新規上場となり、サイバーセキュリティクラウド<4493>(東マ)は13時15分に公開価格4500円の2.0倍の9210円で初値をつけ、後場ストップ高の1万710円まで上げて大引けとなった。アディッシュ<7093>(東マ)は11時19分に公開価格1230円の71%高の2101円で初値をつけ、高値は前場の2269円。後場は軟調で終値は1780円。

 東証1部の出来高概算は20億4967万株(前引けは8億6572万株)、売買代金は3兆3049億円(同1兆3803億円)。1部上場2168銘柄のうち、値上がり銘柄数は897(同540)銘柄、値下がり銘柄数は1226(同1586)銘柄。

 また、東証33業種別指数は4業種(前引けは2業種)が値上がりし、パルプ・紙、水産・農林、保険、電力・ガス、が高かった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:52 | 今日のマーケット

ミロク情報サービスと子会社のmmapは、信金中金グループと中小企業の事業承継、M&A支援に関して業務提携

◇中小企業が抱える経営者の高齢化および後継者不足という経営課題を解消

 ミロク情報サービス<9928>(東1)と子会社のmmapは、信金中金グループ(信金中央金庫、信金キャピタル)と、中小企業の事業承継、M&A支援に関して業務提携した。

 同社グループの事業承継、M&A支援サービスと、信金中金グループおよび株式会社トランビによるM&Aプラットフォーム「しんきんトランビプラス」を通じた企業のマッチング支援サービス等を連携し、中小企業が抱える経営者の高齢化および後継者不足という経営課題を解消する。

 同社の子会社、mmapは、2014年9月、MJSの全国の会計事務所とのネットワークを活用し、中小企業における事業承継、事業再生の支援を目的に設立された。同社の会計・税務システムを利用する約8,400の会計事務所と協力し、事業承継の豊富なコンサルティング経験を持つスタッフが個々の中小企業が抱える経営課題を踏まえたうえで、中小企業の経営者の立場に立ったM&Aの最適なソリューションを提供する。

 一方、信金中金グループでは、トランビと共に構築を進め、信用金庫業界専用M&Aプラットフォーム「しんきんトランビプラス」について、4月1日より運用を開始する予定。また、事業承継・M&A支援強化策として、小規模M&A支援のためのパッケージメニュー「シンプルM&A」の取り扱いを開始するほか、外部専門機関との連携により、信用金庫および取引先が交渉の助言や専門家の紹介等を受けられる専門機関ネットワークを構築している。

 今後、同社グループは、信金中金グループが連携する外部専門機関のひとつとして、各地域の信用金庫から取引先の事業承継・M&A に係る相談に対応可能な専門家の紹介依頼を受け付ける。また、相談内容に応じ、同社グループが持っているネットワークから税理士や会計士など適切な専門家を紹介し、信用金庫担当者とともに取引先を訪問し、ニーズに合わせてアドバイザリー、コンサルティングなどのサービスを提供する。また、必要に応じて、mmap自身が事業承継・M&A支援業務を行う。

 今回の提携により、同社グループと信金中金グループは、それぞれが持つノウハウやネットワークを活かし、より一層、幅広い中小企業に対して、事業承継、事業継続を支援する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:21 | IR企業情報

日本新薬が後場一段高、「ビルテプソ」日本で製造販売承認を取得

■筋ジストロフィー向け、米国では承認申請中

 日本新薬<4516>(東1)は3月26日の後場一段と強含み、13時20分過ぎに8200円(700円高)まで上げて、出直りを強めている。8000円台は、取引時間中としては3月3日以来、約3週間ぶり。

 25日付で、「ビルテプソ」点滴静注250mg(一般名:ビルトラルセン、開発記号:NS−065/NCNP−01)が、このほど、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)について、厚生労働省より製造販売承認を取得したと発表。注目されている。「ビルテプソ」は、子会社が米国で第2相試験を担当し、米国FDAに承認申請中だとした。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | 材料でみる株価

人工呼吸器の関連株が高く旭化成は米国での増産が好感されフクダ電子はストップ高

■米ニューヨーク州のクオモ知事「3万台必要」と伝えられる

 旭化成<3407>(東1)は3月26日の後場寄り後、776.0円(22.3円高)をつけ、日経平均などの大幅安に逆行している。新型コロナウイルスの世界的な流行拡大を受け、25日付で、米国子会社が人工呼吸器を増産と発表。材料視されている。

 米国では、「ニューヨーク州のクオモ知事は24日の記者会見で『人工呼吸器は生死を分ける重要な医療機器だ。連邦政府は400台を送ってきたが、我々が必要なのは3万台だ』と述べ、不足分を供給するよう政権に求めた」(日本経済新聞2020年3月26日付朝刊より)とされる。

 これを受け、人工呼吸器や生体情報モニターなどのフクダ電子<6960>(JQS)は前場一時ストップ高の8570円(1500円高)まで上げ、酸素の星医療酸器<7634>(JQS)は後場もストップ高の5000円(700円高)で売買されている。また、感染症向けクリーンルームなどの日本エアーテック<6291>(東1)も一時ストップ高の936円(150円高)まで上げて活況となっている。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:06 | 材料でみる株価

【株式市場】「首都」の新型コロナ感染が警戒され日経平均は一時903円安と急反落

◆日経平均は1万8803円29銭(743円34銭安)、TOPIXは1392.77ポイント(31.85ポイント安)、出来高概算(東証1部)は8億6572万株

 3月26日(木)前場の東京株式市場は、小池東京都知事の緊急会見を受けて「首都・東京」の新型コロナウイルス感染への警戒感が高まり、日経平均は311円安で始まった後も下げ幅を拡大。10時15分にかけて903円35銭安(1万8643円13銭)まで反落幅を広げた。前引けも743円34銭安(1万8803円29銭)だった。

 都知事会見を受け中小企業の資金繰り懸念が想起され、イー・ギャランティ<8771>(東1)が活況高となり年初来の高値を更新。マスクいぜん不足との一部報道もあり、ダイトウボウ<3202>(東1)新内外綿<3125>(東2)川本産業<3604>(東2)などの関連株が久々に値動きを強めてストップ高。消毒薬原料のスガイ化学工業<4120>(東2)、化学防護服のアゼアス<3161>(東2)などもストップ高。フクダ電子<6960>(JQS)も人工呼吸器が言われて高い。

 東証1部の出来高概算は8億6572万株、売買代金は1兆3803億円。1部上場2168銘柄のうち、値上がり銘柄数は540銘柄、値下がり銘柄数は1586銘柄。また、東証33業種別指数は2業種が値上がりし、パルプ・紙、水産・農林、が高い。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:03 | 今日のマーケット

マスク関連株が再び活況、川本産業や中京医薬品は久々にストップ高

■品薄なお続き、材料高、値上がりの兆しと伝えられ思惑買い再燃
 
 川本産業<3604>(東2)は3月26日、久々に急伸してストップ高の1371円(300円高)まで上げ、前引けにかけてはストップ高買い気配。同じく中京医薬品<4558>(JQS)も久々に急伸してストップ高の416円(80円高)に達し、買い気配となっている。

 両銘柄ともマスク関連株と位置付けられ、「マスク・消毒液、品薄なお、(中略)材料高、値上がりの兆し」(日本経済新聞2020年3月26日付朝刊)と伝えられ、材料視されている。

 ともに、新型コロナウイルス流行を受けて1月中旬から2月初にかけて爆発的な急騰相場を演じた。このところは急騰幅の8割以上を帳消しにしてしまったが、小池東京都知事の25日夜の緊急会見も思惑買いを再燃させる契機になったようだ。ダイトウボウ<3202>(東1)もストップ高、化学防護服のアゼアス<3161>(東2)もストップ高となっている。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:33 | 材料でみる株価

26日上場のアディッシュは買い気配のまま公開価格の64%高(11時5分現在

■ネットいじめの可能性チェックする「スクールガーディアン」など展開

 3月26日新規上場となったアディッシュ<7093>(東マ)は買い気配で始まり、11時5分現在は2014円(公開価格1230円の64%高)で買い気配となっている。まだ初値はついていない。

 主な事業サービスは、「ソーシャルアプリサポート」(アプリやサイトを運営する企業に代わって電話、メール及びチャットを利用して対応)、「インターネットモニタリング」(投稿機能のあるオウンドメディアやライブ配信動画、ソーシャルメディア等に対して、利用者の行う投稿を24時間体制でモニタリングし対応)、「スクールガーディアン」(学校生活上の課題となり得るネットいじめの可能性がある書き込みやネットでの個人情報流出をモニタリングして生徒指導に活かしていくコンサルティングサービス)。

 設立は2014年10月だが、2007年には(株)ガイアックスの一部門としてインターネットモニタリングサービス「コミュニティパトロール」などの提供を開始している。
 
 今期・2020年12月期の業績見通し(連結、会社発表)は、売上高を31.47億円(前年同期比25.8%増)、営業利益を1.87億円(同43.2%増)、親会社株主に帰属する当期純利益を1.08億円(同17.7%増)とし、1利益は67円03銭とする。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:08 | 新規上場(IPO)銘柄

26日上場のサイバーセキュリティクラウドは買い気配のまま公開価格の51%高(10時45分現在)

■世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術によるサービスを提供

 3月26日新規上場となったサイバーセキュリティクラウド<4493>(東マ)は買い気配で始まり、10時45分にかけては6790円(公開価格4500円の51%高)で買い気配。まだ初値がついていない。

 「世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、WEBアプリケーションのセキュリティサービスを全世界に向けて提供」(同社ホームページより)。2010年8月設立。

 今期・2020年12月期の業績予想(個別、会社発表)は、売上高を11.26億円(前期比38.0%増)、営業利益を1.79億円(同24.4%増)、当期純利益を1.40億円(同8.6%減)、1株利益は61円42銭の見込みとする。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 新規上場(IPO)銘柄

日経平均890円安、直近急騰し反落しやすい素地があり新型コロナ東京都での拡大も警戒

■直近2日間で1600円強の急反発を演じたあとのため売り拡大

 3月26日午前の東京株式市場では、日経平均が10時10分過ぎに894円06銭安(1万8652円57銭)まで急反落となっている。

 日経平均は25日に1454円高、24日に1204円高と直近2日間で1600円強の急反発を演じた。このため、「反落しやすい素地があった」(市場関係者)ことに加え、小池東京都知事が25日夜に緊急会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大が東京都で「重大局面」にあるとし、今週末の外出自粛などを要請したため、経済活動の停滞などへの懸念が再燃したとみられている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 今日のマーケット

PALTEKが急伸、「5G」に不可欠な技術製品が注目される

■エッジコンピューティングなどの高速データ処理を実現する最新のプラットフォーム

 PALTEK<7587>(東2)は3月26日、急伸し、10時にかけては15%高に迫る401円(52円高)前後で活況高となっている。25日付で、エッジコンピューティングなどの⾼速データ処理を実現する最新のプラットフォームに関するニュースリリースを発表。「5G」時代に向けて注目されている。

 3月25日付で、「エッジコンピューティングなどの高速データ処理を実現するFPGAコンピューティングプラットフォームM−CUBEを受注開始〜5Gの超低遅延に不可欠なMECやディープラーニングなどでの高速化に貢献〜」を発表した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 材料でみる株価

イー・ギャランティが3日続伸、新型コロナ流行により資金繰りの厳しくなる事業者向けに新商品

■連結純利益など今3月期も連続最高を更新する見込み

 イー・ギャランティ<8771>(東1)は3月26日、3日続伸基調となり、取引開始後に1420円(68円高)まで上げて出直りを強めている。

 売掛債権保証サービスなどを行い、新型コロナウイルス流行にともなう活動自粛などで資金繰りの厳しくなる事業者向けに、「販売債権の買取りによる資金供給の取り組み開始」を3月9日付で発表。小池東京都知事が25日夜の緊急会見で今週末の外出自粛などを要請したため、引き合いが強まる期待がある。

 業績は好調で、連結純利益などが今3月期も連続最高を更新する見込みとしている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 材料でみる株価

ニチレイが続伸、小池東京都知事の会見を受け冷凍食品の特需に思惑

■今週末の外出自粛など呼びかけ冷凍食品に注目集まる

 ニチレイ<2871>(東1)は3月26日、続伸基調で始まり、取引開始後に2710円(119円高)をつけて出直りを強めている。25日夜、小池東京都知事の緊急会見を受けて都内のコンビニなどで保存のきく食品の売り切れが続発したと伝えられ、冷凍食品の特需が思惑買いを呼んでいる。

 小池東京都知事は25日夜8時13分から緊急会見を開き、「感染爆発の重大局面」とし、今週末の不要不急の外出自粛などを呼びかけた。
(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 材料でみる株価

日経平均は311円安で始まる、小池都知事の緊急会見の影響を測りたい様子が

 3月26日(木)朝の東京株式市場は、日経平均が反落模様の311円86銭安(1万9234円77銭)で始まった。

 小池東京都知事が25日夜8時過ぎに緊急会見を開き、東京都の新型コロナウイルス感染が「重大局面」としたことの影響を測りたい様子がある。円相場は1ドル110円台に戻り円高に転じている。

 NYダウは495.64ドル高(2万1200.55ドル)となった。一時1315.02ドル高(2万2019.93)まで急伸した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 今日のマーケット

【編集長の視点】綿半HDは2月度の月次動向をテコに売られ過ぎ訂正買いが続き4連騰

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は、前日25日に72円高の1447円と高値引けし、4営業日続伸して今年3月13日に突っ込んだ昨年来安値1193円からの底上げを加速させた。今年3月10日に発表した2020年2月度の売り上げが、プラス転換したことをテコに、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う巣ごもり消費が高まると評価され、今2020年3月期業績も連続過去最高更新と予想されていることも見直され、売られ過ぎ訂正買いが増勢となった。明27日には3月期配当の権利付き最終日となるため、連続増配の権利取りの買い物も上乗せとなっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:01 | 編集長の視点

カクヤスは反発の動き、21年3月期収益拡大期待

 カクヤス<7686>(東2)は酒類販売の大手である。20年3月期は業務用で新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念されるが、21年3月期の収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で安値を更新する展開だったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:13 | 株式投資ニュース

コプロ・ホールディングスは反発の動き、20年3月期増収増益予想

 コプロ・ホールディングス<7059>(東マ)は建設技術者派遣事業を展開している。20年3月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。なお3月11日に期末配当予想の増額修正を発表している。株価は地合い悪化で安値を更新する展開だったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:11 | 株式投資ニュース

ランサーズは反発の動き、21年3月期収益拡大期待

 ランサーズ<4484>(東マ)はフリーランス向けマッチングサービスを展開している。20年3月期はプロモーション投資が先行して赤字予想である。3月25日には新型コロナウイルス感染症について、20年3月期業績への影響は軽微とリリースしている。21年3月期の収益拡大を期待したい。株価は安値を更新する展開だったが、売り一巡感を強めている。高値から3分の1水準で底値圏だろう。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:10 | 株式投資ニュース

USEN−NEXT HOLDINGSは反発の動き、20年8月期営業・経常増益予想

 USEN−NEXT HOLDINGS<9418>(東1)は、音楽配信や店舗ソリューションなどの店舗サービス事業を主力としている。20年8月期営業・経常増益予想である。収益拡大を期待したい。なお株式売り出しが完了して東証1部上場継続となった。株価は地合い悪化で水準を切り下げたが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:08 | 株式投資ニュース

gooddaysホールディングスは売り一巡、20年3月期大幅増収増益予想

 gooddaysホールディングス<4437>(東マ)はSEサービスビジネスやリノベーションビジネスなどを展開している。20年3月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。なお3月25日に立会外分売を実施した。東証1部への市場変更を申請予定としている。株価は地合い悪化で安値を更新する展開だったが、売り一巡感を強めている。高値から3分の1水準で底値圏だろう。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:07 | 株式投資ニュース

SREホールディングスは反発の動き、20年3月期大幅増収増益予想

 SREホールディングス<2980>(東マ)は不動産事業、ITプラットフォーム事業、AIソリューション事業を展開している。20年3月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で安値を更新する展開だったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:06 | 株式投資ニュース

アイリッジは反発の動き、収益力向上期待

 アイリッジ<3917>(東マ)は、O2O・OMOソリューションをベースとして、電子地域通貨やライフデザインにも事業領域拡大戦略を推進している。中期的に収益力向上を期待したい。株価は地合い悪化で上場来安値を更新したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:04 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

フライトホールディングスは反発の動き、21年3月期も有望案件目白押し

 フライトホールディングス<3753>(東2)は電子決済ソリューションを主力としている。20年3月期は大型案件が寄与して黒字化予想である。そして21年3月期も有望案件が目白押しである。なお3月11日には第1回無担保社債(私募債)発行を発表している。今後の大型案件の仕入資金に充当する。21年3月期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:03 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

テンポイノベーションは反発の動き、中期成長基調

 テンポイノベーション<3484>(東1)は、飲食業を中心とする出店希望者向けに居抜き店舗を転貸借する店舗転貸借事業を展開している。20年3月期増収増益予想である。飲食業が新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けているため、その一時的影響が目先の懸念材料として意識されるが、中期成長基調に変化はないだろう。株価は急落して上場来安値に接近する場面があったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:01 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

夢真ホールディングスは反発の動き、自己株式取得

 夢真ホールディングス<2362>(JQ)は建設技術者派遣や製造・IT業界向けエンジニア派遣を展開している。20年9月期増益予想である。第2四半期以降は新型コロナウイルス感染拡大の影響に注意が必要となるが、収益拡大を期待したい。なお3月10日に自己株式取得を発表している。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:00 | アナリスト水田雅展の銘柄分析