株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年05月07日

【株式市場】日経平均は後場上げて小反発しTOPIXは安いが「緊急事態宣言」解除のメドに期待つなぐ

◆日経平均は1万9674円77銭(55円42銭高)、TOPIXは1426.73ポイント(4.53ポイント安)、出来高概算(東証1部)は13億5134万株

 5月7日(木)後場の東京株式市場は、緊急事態宣言は今月14日にも専門家の判断しだいで解除可能になるとの官房長官会見や、「アビガン」の薬事承認を今月中にめざすとの発言が経済活動再開への期待を持たせる形になり、日経平均は12円高で始まった後13時30分にかけて101円52銭高(1万9720円87銭)まで上げた。任天堂<7974>(東1)東京エレクトロン<8035>(東1)がジリ高を継続。大引けは日経平均が小高くなり反発し、TOPIXは小幅安で続落となった。

 後場は、インテリジェントウェイブ<4847>(東1)がサイバーセキュリティ需要の拡大などを受けて一段と強含み、タカラバイオ<4974>(東1)も一段ジリ高。電算システム<3630>(東1)広栄化学<4397>(東2)アスカネット<2438>(東マ)は、各々四半期決算、「レムデシビル」原薬生産、感染防止のタッチレスパネルが材料視されて大引けまで買い気配のままストップ高。KeyHolder<4712>(JQS)は制作するTV番組が好調との見方ありジリ高。

 東証1部の出来高概算は13億5134万株(前引けは6億1905万株)、売買代金は2兆2877億円(同1兆685億円)。1部上場2171銘柄のうち、値上がり銘柄数は1118(同1140)銘柄、値下がり銘柄数は989(同947)銘柄。

 また、東証33業種別指数は12業種(前引けも12業種)が値上がりし、値上がり率上位は、その他製品、金属製品、電気機器、建設、医薬品、鉱業、化学、精密機器、パルプ・紙、機械、などとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:40 | 今日のマーケット

ステムリムが後場ストップ高、同じ阪大発バイオ企業のアンジェスを見て思惑買い波及の見方

■このところバイオ株が相次いで急伸していることも連想材料に

 ステムリム<4599>(東マ)は5月7日の後場一段高となり、14時過ぎにストップ高の612円(100円高)まで上げた。

 大阪大学発のバイオベンチャーで、同じく阪大発のアンジェス<4563>(東マ)が新型コロナウイルスワクチンの開発を同大と共同で進め、連日急伸していることや、他のバイオ株や薬品株が相次いで急伸していることなどを受けて思惑買いが入ったとの見方が出ている。株価が動意を強めてきた時には、まだ公になっていない期待材料を内包しているとみて注目を強める様子もある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:24 | 話題株

【株式市場】連休前に比べNYダウは680ドル安いが日経平均は小幅安にとどまる

◆日経平均は1万9587円42銭(31円93銭安)、TOPIXは1424.83ポイント(6.43ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億1905万株

 5月7日(木)前場の東京株式市場は、連休前の5月1日に比べてNYダウが680ドル低くなったため推移が注目されたが、日経平均は取引開始後の170円42銭安(1万9448円93銭)を下値に切り返した。信越化学工業<4063>(東1)など半導体関連株が高い。日経平均は10時30分頃に一時4円31銭高(1万9623円66銭)まで浮上し、前引けも小幅安にとどまった。

 北里大学が「イベルメクチン」を新型コロナウイルス薬としての治験を開始との報道を受け、科研製薬<4521>(東1)が「イベルメクチン」の国内ライセンスを持つとされて活況高となり、ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)はネットの掲示板で関連が言われるなどでストップ高。アスカネット<2438>(東マ)はコロナ感染防止に向けて小池東京都知事が非接触型タッチパネルに注目とされてストップ高。ラ・アトレ<8885>(JQS)もストップ高。

 東証1部の出来高概算は6億1905万株、売買代金は1兆685億円。1部上場2171銘柄のうち、値上がり銘柄数は1140銘柄、値下がり銘柄数は947銘柄。また、東証33業種別指数は12業種が値上がりし、鉱業、精密機器、金属製品、化学、パルプ・紙、電気機器、その他製品、水産・農林、医薬品、などが高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:03 | 今日のマーケット

ソレイジア・ファーマは北里大「イベルメクチン」に関連との見方ありストップ高

■新型コロナウイルス薬として治験との報道にネットの掲示板にぎわう

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は5月7日、突如急伸し、11時にかけてストップ高の184円(50円高)で売買された。

 ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大学特別栄誉教授が開発に貢献した抗寄生虫薬「イベルメクチン」を新型コロナウイルス薬として治験すると伝えられ、インターネットの「掲示板」で、イベルメクチンとソレイジア・ファーマとの関連性を示唆する書き込みが出回っているようだ。

 共同通信は5月6日、「北里大は6日、ノーベル医学生理学賞の大村智特別栄誉教授が開発に貢献した抗寄生虫薬『イベルメクチン』について、新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認を目指す治験を実施すると明らかにした」(共同通信5月6日より)などと伝えた。

 なお、掲示板への書き込みの中には、アンジェス<4563>(東マ)を仕掛けた資金がソレイジアに移動との話もあるようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:22 | 材料でみる株価

アスカネットは非接触タッチパネルが感染防止に注目されストップ高

■昨年12月に「パソコンと接続するだけで『空中表示+非接触操作』できるキット」

 アスカネット<2438>(東マ)は5月7日、買い気配のままストップ高の1320円(300円高)に貼りつき、10時30分を過ぎてもまだ売買が成立していない。

 「ASKA3Dプレート」などを駆使した空中結像技術で非接触のタッチパネルを開発しており、小池東京都知事が5日の会見で、新型コロナウイルスの感染防止に関連して非接触方式のタッチパネルによるイノベーションを進める考えを示したと伝えられ、注目集中となっている。

 同社では、非接触タッチパネルを「エアリアルイメージング事業」で展開しており、2019年12月には、IoT機器などの総合展示会「ファインテックジャパン」に「パソコンと接続するだけで簡単に『空中表示+非接触操作』できるキット」を出展した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:50 | 材料でみる株価

アイロムグループは新型コロナウイルス新ワクチンが中臆され2日連続ストップ高

■100%子会社IDファーマが国立感染症研究所と共同開発中

 アイロムグループ<2372>(東1)は7日、9時30分にかけてストップ高の2042円(400円高)で売買され、2日連続ストップ高となっている。5月1日付で、100%子会社IDファーマが、国立感染症研究所と共同で、新型コロナウイルスに対する新しいワクチンの開発について第二種使用等拡散防止措置確認申請を行ったと発表。連休をはさんで引き続き材料視されている。

 発表によると、IDファーマと国立感染症研究所は、エイズをはじめとする感染症ワクチンの研究開発を長年にわたり共同で行っている。今回発表の件では、国立感染症研究所のもつ新型コロナウイルスのゲノム情報を基に、IDファーマがセンダイウイルスベクター技術を用いて新型コロナウイルスに対する新規ワクチンを作製し、国立感染症研究所において当該ワクチンの前臨床試験、臨床試験などを実施するという。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | 材料でみる株価

内田洋行など高い、東京都がオンライン学習などの環境整備に補正予算

■オンライン学習等の環境整備に向けた緊急支援84億円などと発表

 内田洋行<8057>(東1)は5月7日、大きく反発し、9時30分を過ぎて7%高の5080円(345円高)まで上げ、取引時間中としては3月3日以来の5000円台回復となっている。

 東京都が5月5日付で「緊急事態措置の延長等にかかる補正予算について」(都庁のホームページより)を開示し、補正事項として「区市町村立学校におけるオンライン学習等の環境整備に向けた緊急支援:84億円」「小学生向けの生活・学習番組の放映:2億円」などを掲げた。これを受け、オンライン学習用機材などの大手として注目された。

 ウチダエスコ<4699>(JQS)も7%高の3430円(235円高)まで上げ、すららネット<3998>(東マ)は10%高の1万320円(970円高)まで上げている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:46 | 材料でみる株価

【編集長の視点】リックソフトは連続最高業績見直しにテレワーク関連株買いがオンして急反発

 リックソフト<4429>(東マ)は、大型連休前の5月1日に100円高の4590円と3営業日ぶりに急反発して引けた。今2021年2月期業績が、6期連続の過去最高更新と予想されていることを見直し、売られ過ぎ修正買いが再燃した。また「緊急事態宣言」の期限が、5月31日まで延長されたことから、テレワークの導入企業の一段の拡大が見込まれ、同社のテレワーク関連の独自ビジネスモデルを評価する買い物もオンしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | 編集長の視点

広栄化学が連日急伸、「レムデシビル」7日にも承認と伝わり材料株妙味強める

■原薬を生産と発表してから連日急伸

 広栄化学工業<4367>(東2)は5月7日、買い気配のまま急伸し、9時15分現在は3030円(304円高)の買い気配をつけ、連休前に続いて4日連続大幅高となっている。

 新型コロナウイルスの特効薬として注目される「レムデシビル」(米ギリアド・サイエンシズ社が開発)の原薬生産を4月30日に発表しており、7日朝、「厚生労働省は7日にも治療薬として承認する見通し」(NHKニュースWEB5月7日4時02分)と伝えられ、一段と材料株妙味を強める展開になった。このところ大引けでしか売買が成立しない相場になっているが、値幅妙味の点でも注目度は大きいようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 材料でみる株価

日経平均は151円安で始まる、連休前に比べNYダウは681ドル低くシカゴ日経先物も259円ほど低い

 5月7日(木)朝の東京株式市場は、連休入り前の5月1日(金)に比べて日経平均が続落模様の150円83銭安(1万9468円52銭)で始まった。

 米国6日のNYダウは218.45ドル安(2万3664.64ドル)となり、1日に比べて681.08ドル安い水準。また、シカゴの日経平均先物は2万9360円となり、東京市場1日の日経平均終値を259円ほど下回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 今日のマーケット

インフォコムは目先的な売り一巡、21年3月期も増収増益予想

 インフォコム<4348>(東1)はITサービスや電子コミック配信サービスを主力としている。21年3月期も増収増益予想である。新型コロナウイルス感染症の影響は、電子コミック配信サービスでは巣ごもり消費が追い風となり、ITサービスでは直接的な影響が限定的だろう。収益拡大を期待したい。株価は決算発表を機に戻り高値圏から急反落の形となったが、目先的な売り一巡して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:00 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

プラマテルズは戻り試す

 プラマテルズ<2714>(JQ)は合成樹脂の専門商社である。高付加価値商材の拡販やアジアを中心とする海外展開を推進している。21年3月期業績予想は未定とした。当面は新型コロナウイルス感染症拡大による世界的な経済収縮の影響が懸念材料となるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は下値を切り上げて反発の動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:37 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

エイトレッドは上値試す、21年3月期増収増益・連続増配予想

 エイトレッド<3969>(東1)はワークフローシステムの開発・販売を展開している。21年3月期増収増益・連続増配予想である。新型コロナウイルス感染症拡大に伴って企業がテレワークや在宅勤務を導入する流れも追い風となる。導入社数およびクラウド利用数の増加で中期的にも収益拡大基調だろう。株価は急反発して戻り高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:36 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

JFEシステムズは上値試す

 JFEシステムズ<4832>(東2)はJFEグループの情報システム会社である。21年3月期の業績予想および配当予想は未定としたが、新型コロナウイルス感染症と緊急事態宣言による業績への直接的な影響は限定的だろう。収益拡大を期待したい。株価は急反発している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:32 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ヤマシタヘルスケアホールディングスは上値試す

 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東1)は、九州を地盤とする医療機器専門商社である。新型コロナウイルス感染症と緊急事態宣言による業績への直接的な影響は限定的だろう。収益拡大を期待したい。株価は戻り高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:31 | アナリスト水田雅展の銘柄分析