株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年06月24日

【株式市場】日経平均は後場一時69円安となったが持ち直し小安い程度に

◆日経平均は2万2534円32銭(14円73銭安)、TOPIXは1580.50ポイント(6.64ポイント安)、出来高概算(東証1部)は11億6942万株

 6月24日(水)後場の東京株式市場は、円相場が前日比で円高のまま高止まりのため、様子見気分が漂い、日経平均は5円91銭高で始まったあと69円19銭安(2万2479円86銭)まで軟化する場面があった。中で、ブリヂストン<5108>(東1)ファナック<6954>(東1)などは一段強含み、日経平均も前日比変わらずの水準をはさんで一進一退を続けた。大引けは軟調で小反落。TOPIXも小反落となった。

 後場は、アイ・オー・データ機器<6916>(東1)が医療保険のオンライン資格確認対応端末の開発に関する発表が材料視されて13時過ぎから急伸。セーラー万年筆<7992>(東2)は事務機のプラスの資本受け入れが材料視されて大引けまで買い気配のままストップ高。sMedio<3913>(東マ)は同社製品がAndroid TVでDVDを見るためのアプリとして採用されたとの22日発表が連日好感されて大幅続伸し一段高。ジーニー<6562>(東マ)は大型屋外広告ビジョンの新プランなど好感され後場一時ストップ高。

 東証1部の出来高概算は11億6942万株(前引けは5億6608万株)、売買代金は2兆338億円(同9650億円)。1部上場2168銘柄のうち、値上がり銘柄数は576(同704)銘柄、値下がり銘柄数は1522(同1351)銘柄。

 また、東証33業種別指数は4業種(前引けは7業種)が値上がりし、値上がりした業種は、精密機器、輸送用機器、ゴム製品、小売り、にとどまった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:50 | 今日のマーケット

ジーニーが大型屋外広告ビジョンの新プランなど好感され後場ストップ高

■東京・渋谷や大阪・道頓堀に大型広告を運営するヒット社と共同展開

 ジーニー<6562>(東マ)は6月24日、13時過ぎから一段高となり、一時ストップ高の754円(100円高)で売買されて急伸商状となった。

 同日の午後に入り、大型屋外広告ビジョンでの広告放映が1日10万円を切る料金で可能となる「プログラマティック放映1日プラン」の販売を開始したと発表し、がぜん注目された。

 東京・渋谷駅ハチ公口のスクランブル交差点などに日本最大級の広告ビジョンを保有・運営する屋外広告の専門会社ヒット(東京都中央区)が保有する大型屋外広告ビジョンで開始した。2020年8月申し込みまでの期間限定プラン。

 ジーニーとヒットは、20年1月に業務提携。以降、ヒットが首都高速道路沿いに展開する「首都高速デジタルLEDボード」(12面ネットワーク)、東京・渋谷の「シブハチヒットビジョン」、大阪の「新御堂筋デジタルLEDボード」(4面ネットワーク)及び道頓堀に位置する「ツタヤエビスバシヒットビジョン」で、プログラマティックOOH広告配信サービスの展開を進めている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:21 | 材料でみる株価

アズジェントが後場一段と強含む、業績好調な「ウィズ・コロナ」銘柄で政府が推進するデジタル化も追い風

■前3月期は各利益とも黒字化し売り上げも拡大

 アズジェント<4288>(JQS)は6月24日の後場、一段と強含み、12時40分過ぎに8%高の1600円(124円高)まで上げて出直りを強めている。

 標的型攻撃対策サービスやセキュリティ運用・監視、診断などを行い、セキュリティ商品「Hysolate」はテレワーク時の情報漏洩を防止するクライアント端末のOS分離ソリューション。「ウィズ・コロナ」「ポスト・コロナ」時代に求められる新しい産業の銘柄として注目されている。

 前3月期の業績は各利益とも前期比で黒字化し、売上高は同3.4%増加、1株利益は11円96銭だった。今期予想は現段階で未定としたが、政府が推進する行政や社会インフラのデジタル化も追い風になる銘柄として注目されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:33 | 材料でみる株価

【小倉正男の経済コラム】新型コロナ禍:東京都心部の地価を直撃

■全社員がテレワーク

kk1.jpg 5月の決算シーズンのことだが、中小企業のウェブマーケティング支援をビジネスとしている新進企業を取材した。

 この会社は、新型コロナウイルス禍で、全社でテレワークを実施している。オフィスには誰も出社していないということで、決算説明会、質疑応答などはウェブで行われた。追加の質問などもこちらもテレワークということで、ケイタイで連絡を取り合った。

 全社員がテレワーク(リモートワーク)で働いているといことで、営業というか顧客との連絡などはウェブ、あるいはウェビナーなどを使っているとのことだった。社内の会議、打ち合わせもウェブでやっている。それで問題はないというのである。

 ちなみにその会社は、新入社員は自宅勤務で、まだ新入社員の顔を見ていないという状況。いまどきの会社ということなのだろうが、オフィスがなくともパソコン、スマホ(ウェブ)があれば何でもできるというわけである。

 しかし、取材をしてみたら、案外なことに全社員がテレワークという会社が少なくない。サブスクリプションの会社、ITビジネス比較サイトの会社など、オフィスには誰もいない、あるいは当番で電話連絡担当の社員がいるだけといった具合である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:15 | 小倉正男の経済コラム

24日新規上場の3銘柄は後場もそろって買い気配をセリ上げ公開価格の8割高(12時45分現在)

■フィーチャ、ロコガイド、コパ・コーポレーション

 6月24日は3銘柄が新規上場となり、新型コロナウイルスの流行により4月6日から途絶えていた新規上場がおよそ2ヵ月半ぶりに再開された。

 フィーチャ<4052>(東マ)は公開価格520円。朝から買い気配のまま、後場寄り後は936円の買い気配。公開価格(520円)を80%上回る水準で、まだ初値はついていない。

 ロコガイド<4497>(東マ)は公開価格2000円。同じく朝から買い気配のまま、後場寄り後は12時45分を過ぎて3600円の買い気配。公開価格、(2000円)を80%上回る水準で、まだ初値はついていない。

 コパ・コーポレーション<7689>(東マ)は公開価格2000円。同じく朝から買い気配のまま、後場寄り後は12時45分を過ぎて3700円の買い気配となっており、公開価格、(2000円)を85%上回る水準で、まだ初値はついていない。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:52 | 新規上場(IPO)銘柄

【株式市場】円高ハネのけ日経平均は一時114円高まで上げTOPIXは小安い程度

◆日経平均は2万2576円63銭(27円58銭高)、TOPIXは1582.50ポイント(4.64ポイント安)、出来高概算(東証1部)は5億6608万株

 6月24日(水)前場の東京株式市場は、円高を受けて日経平均は8円安で始まったが、米NASDAQ総合指数の2日連続最高値などが支えになり、トヨタ自動車<7203>(東1)ソニー<6758>(東1)は取引開始直後を除いて堅調に推移。日経平均もプラス転換し、10時30分過ぎには114円24銭高(2万2663円29銭)まで上げ、前引けも値を保った。TOPIXは小安い。

 ラクーンHD<3031>(東1)が金融事業子会社と呉信用金庫(広島県呉市)との提携を好感して活況高。アルメディオ<7859>(東2)は経産省が公募した支援事業に採択されたとの発表が材料視され2日連続ストップ高。ポート<7047>(東マ)は政府の「骨太の方針」(経済財政運営と改革の基本方針)によるデジタル化に関連とされてストップ高。システムディ<3804>(JQS)は果実の業績予想の大幅増額などに評価再燃とされ急伸。

 東証1部の出来高概算は5億6608万株、売買代金は9650億円。1部上場2168銘柄のうち、値上がり銘柄数は704銘柄、値下がり銘柄数は1351銘柄。

 また、東証33業種別指数は7業種が値上がりし、精密機器、輸送用機器、ゴム製品、保険、電気機器、などが高い。(HC)


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:04 | 今日のマーケット

ジーニーは調整一巡

 ジーニー<6562>(東マ)は、ネット媒体の広告枠を自動売買するアドテクノロジーをベースとして、マーケティングテクノロジー事業を展開している。21年3月期予想は未定としている。当面は新型コロナウイルスに伴う経済収縮の影響が意識されるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は戻り一服でやや小動きだが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:46 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ネオジャパンは上値試す、21年1月期は上振れの可能性

 ネオジャパン<3921>(東1)は自社開発グループウェアのクラウドサービスを主力としている。21年1月期は先行投資負担で減益予想としているが、第1四半期の進捗率は順調だった。通期上振れの可能性が高いだろう。テレワーク化の流れも追い風として収益拡大を期待したい。株価は急伸して一気に上場来高値を更新した。目先的には過熱感だが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:43 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

テンポイノベーションは調整一巡

 テンポイノベーション<3484>(東1)は、飲食業を中心とする出店希望者向けに居抜き店舗を転貸借する店舗転貸借事業を展開している。21年3月期予想は新型コロナウイルスの影響を考慮して未定としている。飲食業が打撃を受けているため当面は懸念材料として意識されるが、徐々に回復に向かうだろう。中期的に収益拡大を期待したい。株価は戻り一服となってモミ合う形だが、調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

フライトHDがストップ高、マイナンバー読み取りマルチ決済装置が注目される

■新次世代型を2020年秋より販売開始と23日発表

 フライトホールディングス(フライトHD)<3753>(東2)は6月24日、取引開始後から買い気配のままストップ高の882円(150円高)に貼りつき、10時20分にかけてまだ売買が成立していない。

 23日付で、持株傘下のフライトシステムコンサルティングが、マイナンバーカードの読み取りに対応した新次世代型マルチ決済装置「Incredist Premium II」を2020年秋より販売開始と発表し、注目集中となった。

 マイナンバーを巡っては、政府が「運転免許証などとマイナンバーカードの一体化を検討する」(日本経済新聞6月24日付朝刊)と伝えられたほか、銀行口座などの金融機関口座とヒモ付けする方向が打ち出されている。新型コロナ給付金の給付事務の問題を契機に利活用促進に向けた空気になっている。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 材料でみる株価

セルソースは整形外科学会での発表に期待強まり上場来の高値を更新

■今日、同社のサービスを利用する医療機関が治療成績など講演

 セルソース<4880>(東マ)は6月24日、大きく反発し、一時17%高の1万7450円(2500円高)まで上げて2日ぶりに上場来の高値を更新した。

 6月24日夜、第93回日本整形外科学会学術総会−オンライン学術総会−でランチョンセミナーを共催し、同社の加工受託サービスを利用している医療機関が臨床応用の治療成績、および研究報告について講演すると発表済みで、注目材料視されている。発表では、下肢関節症、変形性膝関節症に関する報告になる予定。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 材料でみる株価

パイプドHDはスマホで都知事選候補者を参照できるサービスが注目され戻り高値を更新

■グループのの政治・選挙情報サイト「政治山」が実証開始

 パイプドHD<3919>(東1)は6月24日、再び上値を指向し、9時30分に6%高の1849円(106円高)まで上げて3月以降の回復相場の高値を更新した。

 同社グループのVOTE FORが運営する政治・選挙情報サイト「政治山」が、7月5日投票の東京都知事選に向け、候補者の顔画像等をスマートフォンで撮影するだけでプロフィールや政策などを参照できるサービスを無償で提供すると6月22日に発表(詳細記事http://kabu-ir.com/article/475869452.html)。引き続き注目されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | 材料でみる株価

ロート製薬は新型コロナ重症肺炎の再生医療が注目され一段高

■他家間葉系幹細胞を用いた治験を計画と発表

 ロート製薬<4527>(東1)は6月24日、一段高となり、取引開始後に%高の3600円(150円高)をつけ、年初来の高値を更新した。

 23日付で、「国産初、COVID−19重症肺炎に対する他家間葉系幹細胞を用いた再生医療の企業治験を計画」と発表し、大いに注目されている。

 発表によると、新型コロナウィルス感染症(COVID−19)の重症肺炎を対象とした他家間葉系幹細胞を用いた再生医療の企業治験の計画を進めていることをお知らせするとし、他家間葉系幹細胞を用いたCOVID−19重症肺炎に対する治験に国産の製剤を用いるのは初めて。治験に用いる「ADR‐001」(他家間葉系幹細胞を構成細胞とする細胞製剤)は、同社が原材料の調達から生産までを国内で行う製剤だとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 材料でみる株価

しまむらが急伸、6月の既存店売上高10ヵ月ぶりに増加

■巣ごもり需要などで前年同月比27%増加

 しまむら<8227>(東1)は6月24日、取引開始後に6%高の8040円(480円高)をつけ、急伸の始まりとなった。

 23日の取引終了後に6月の月次動向(月次売上速報)を発表し、既存店の売上高が前年同月比27.0%増加し、19年8月以来10ヵ月ぶりに増加。注目されている。

 発表によると、緊急事態宣言の解除後、店舗の営業時間を通常に戻し、休業店舗がなくなった。また、巣ごもり需要のリラクシングウェアや衛生用品が引き続き好調なことに加えて、夏物のTシャツやハーフパンツ、吸水速乾や接触冷感などの機能性を持たせた肌着や寝具、インテリアが売上を伸ばした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 業績でみる株価

日経平均は8円安で始まる、米NASDAQ総合指数が連日最高値

 6月24日(水)朝の東京株式市場は、日経平均が8円04銭安(2万2541円01銭)で始まった。円相場はソフトバンクGのTモバイル株売却による円買いの思惑などで高い。

 NYダウは131.14ドル高(2万6156.10ドル)となり2日続伸。NASDAQ総合指数は終値で2日続けて最高値を更新し、取引時間中の高値も約2週間ぶりに更新した。

 一方、シカゴの日経平均先物は2万2505円となり、19日の東証の日経平均終値を45円ほど下回った。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 今日のマーケット

日本インシュレーションは上値試す

 日本インシュレーション<5368>(東2)は、絶縁材など各種防耐火建材の製造販売・設計施工を展開している。21年3月期は減収減益予想としている。当面は新型コロナウイルスによる工事進捗遅れなどの影響が意識されるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は高値圏だ。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、上値を試す可能性がありそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:02 | 株式投資ニュース

リバーホールディングスは上値試す

 リバーホールディングス<5690>(東2)は資源リサイクル事業を展開している。20年6月期は減収、営業・経常減益予想としている。当面は新型コロナウイルスによる経済収縮の影響が意識されるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は戻り高値圏から反落したが素早く切り返しの動きを強めている。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、上値を試す可能性がありそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:59 | 株式投資ニュース

Kids Smile Holdingsは調整一巡

 Kids Smile Holdings<7084>(東マ)は、東京都を中心に認可保育所運営など幼児教育事業を展開している。21年3月期予想は未定としている。当面は新型コロナウイルスの影響が意識されるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は戻り一服でモミ合う形だ。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:56 | 株式投資ニュース

フォーラムエンジニアリングは調整一巡

 フォーラムエンジニアリング<7088>(東1)は、機械・電気系のエンジニア派遣・紹介事業を展開している。21年3月期連結業績予想は未定としている。当面は新型コロナウイルスによる経済収縮の影響が意識されるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は高値圏から反落している。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:52 | 株式投資ニュース