株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年08月13日

【株式市場】日経平均は後場も400円高を保ち新型コロナ急落前の水準を回復

◆日経平均は2万3249円61銭(405円65銭高)、TOPIXは1624.15ポイント(18.62ポイント高)、出来高概算(東証1部)は14億1149万株

 8月13日(木)後場の東京株式市場は、ニコン<7731>(東1)が米国の半導体株高を受けて一段ジリ高となり、13時に業績予想の増額など発表した三井化学<4183>(東1)は急伸。日経平均は13時半にかけて一段ジリ高の472円73銭高(2万3316円69銭)まで上げ、大引けも今年2月以来の高値。新型コロナ流行による3月急落の前の水準まで戻し、下げをほぼ奪回した。

 後場は、日本新薬<4516>(東1)がジリ高傾向を継続し、筋ジストロフィー薬の米国での承認を好感。フジックス<3600>(東2)ロコガイド<4497>(東マ)fonfun<2323>(JQS)は今日13日に四半期決算を発表とあって一段と強調。

 東証1部の出来高概算は14億1149万株(前引けは7億412万株)、売買代金は2兆5583億円(同1兆2314億円)。1部上場2173銘柄のうち、値上がり銘柄数は1468(前引けは1280)銘柄、値下がり銘柄数は785(同788)銘柄。

 また、東証33業種別指数は27業種(前引けも27業種)が値上がりし、値上がり率上位は、精密機器、電気機器、医薬品、サービス、その他製品、情報・通信、硝子・土石、金属製品、機械、などとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:24 | 今日のマーケット

カオナビは明日の四半期決算発表に期待強まり上場来高値に向け出直る

■前期は売り上げ拡大が目立ち今期の収益化に注目の余地

 カオナビ<4435>(東マ)は8月13日の後場、13時30分にかけて7%高の4500円(285円高)前後で推移。6月につけた株式分割など調整後の上場来高値4970円に向けて再び出直りを強めている。第1四半期の決算発表を8月14日に予定し、期待が強まっている。

 社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの人材情報をクラウド上で一元管理し可視化する人材管理システム『カオナビ』を提供。2020年3月期の業績は各利益とも赤字だった一方、売上高は前期比55.3%増加した。今期・21年3月期の見通しは第2四半期までしか開示していないが、収益構造の改善が注目されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:46 | 業績でみる株価

LibWorkは売上高2.5倍などの中期計画が注目され後場一段高

■午前11時半に3ヵ年中期経営計画「NEXT STAGE 2023」を発表

 Lib Work(リブワーク)<1431>(東マ)は8月13日の後場、急伸し、14%高の2299円(282円高)まで上げて大幅な出直りとなっている。11時半、前場終了と同時に中期計画「NEXT STAGE 2023」の策定を発表し、注目集中となった。

 戸建住宅事業をインターネットによるWEBマーケティング方式で展開し、リアル展示場も併用。中期経営計画「NEXT STAGE 2023」は、21年6月期を初年度とする3ヵ年計画で、「アフターコロナ」「ウィズコロナ」の環境下では同社のWEBマーケティング方式がさらに優位に立つことが予想されるため、さらなる成長を図る。

 戸建事業に集中し、戸建市場のプラットフォーマーへの確立を目指し、全国展開の加速化、急成長・急拡大、(20年6月期の売上高約60億円を2.5倍に、同1.4億円の営業利益を8倍に)、住宅版SPAモデルの確立(戸建売上総利益率35%へ)、などを目指す。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 業績でみる株価

セルシードが一時9%高に迫り出直り強める

■軟骨再生治療に係わる自己細胞シート受託製造の実施を発表

 セルシード<7776>(JQG)は8月13日、出直りを強め、9%高に迫る380円(30円高)まで上げた後も20円高前後で推移している。

 12日付で、「軟骨再生治療に係わる自己細胞シート受託製造実施のお知らせ(開示事項の経過)」を発表し、注目再燃となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:48 | 材料でみる株価

【株式市場】米半導体株指数の最高値など受け日経平均は一時449円高

◆日経平均は2万3272円34銭(428円38銭高)、TOPIXは1623.18ポイント(17.65ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億412万株

 8月13日(木)前場の東京株式市場は、米半導体株指数SOXの最高値やNYダウの大幅高を受け、東京エレクトロン<8035>(東1)TDK<6762>(東1)などが軒並み高となり、日経平均は先物主導で大幅高となった。279円高で始まった後も上値を追い、前引け間際に449円68銭高(2万3293円64銭)まで上げて3月以降の回復相場の高値を更新した。

 6月決算が好調だったコーア商事HD<9273>(東1)が活況高となり、やまびこ<6250>(東1)は四半期決算が好調で業績予想の公表もあり一段高。業績予想を増額したアップルインターナショナル<2788>(東2)アクサスHD<3536>(JQS)は急伸。四半期決算が好調なケアネット<2150>(東マ)は高値更新。

 東証1部の出来高概算は7億412万株、売買代金は1兆2314億円。1部上場2173銘柄のうち、値上がり銘柄数は1280銘柄、値下がり銘柄数は788銘柄。

 また、東証33業種別指数は27業種が値上がりし、精密機器、硝子・土石、電気機器、医薬品、金属製品、サービス、情報・通信、機械、輸送用機器、などが高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:58 | 今日のマーケット

コーア商事HDは6月決算の4期ぶり最高益など注目され飛び出すように出直り拡大

■原薬販売事業で利益率の高い取引の割合が増加

 コーア商事ホールディングス(コーア商事HD)<9273>(東1)は8月13日、飛び出すように大きく出直り、13%高の1887円(225円高)まで上げた後も値上がり率10%台で強い展開となっている。12日の取引終了後、大幅増益の6月決算を発表。6月配当の増配も発表し、あらためて注目再燃となった。

 2020年6月期の連結決算は、売上高が前期比5.4%増の160.34億円となり、営業利益は同92.4%増の23.29億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同2.6倍の17.45億円となった。純利益は16年6月期の11.7億円を上回り4期ぶりに最高を更新した。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:21 | 業績でみる株価

ハウスドゥは今期の大幅増益予想など注目され11%高と大きく出直る

■ハウス・リースバックやリバースモーゲージ保証の拡大めざす

 ハウスドゥ<3457>(東1)は8月13日、飛び出すように大きく出直り、10時30分にかけて11%高の929円(93円高)まで上げて出来高も増加している。

 12日の取引終了後に6月決算を発表し、今期・21年6月期の連結業績予想が注目された。今期の予想営業利益は27.13億円から35.12億円の見込み(前期比43.3%増から85.5%増)。親会社株主に帰属する予想純利益は16.5億円から21.78億円の見込み(前期比60.1%増から2.1倍)。フランチャイズ事業の店舗数拡大やハウス・リースバック事業の更なる仕入件数強化、並びに金融事業におけるリバースモーゲージ保証事業の拡大を目指す。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 業績でみる株価

日経平均446円高、3月以降の回復相場で約2ヵ月ぶりに高値を更新

 8月13日前場の東京株式市場では、日経平均が急伸商状となり、9時45分に445円81銭高(2万3289円77銭)まで上げた。NYダウの大幅高、米SOX(半導体株指数)の最高値などが好感されている。

 新型コロナによる休業要請などで2、3月に急落したが、その後の回復相場での高値を約2ヵ月ぶりに更新し、2月下旬以来の水準まで復帰した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

大幸薬品は業績予想の増額など好感され上場来高値を更新

■新型コロナ流行を受け除菌剤「クレベリン」など拡大

 大幸薬品<4574>(東1)は8月13日、急伸し、9時30分にかけて18%高の2795円(436円高)まで上げ、約1ヵ月半ぶりに事実上の上場来高値を更新した。12日の取引終了後に第1四半期の連結決算と12月通期連結業績予想の増額修正を発表し、注目集中となっている。 

 今期は、決算期を3月から12月に変更した最初の年度(経過期間)となり9ヵ月決算。第1四半期(2020年4〜6月)の連結売上高は57.73億円となり、20年3月期第1四半期(19年4〜6月)の売上高14.16億円の4.1倍となった。営業利益は27.57億円となり、同じく15.3倍となった。新型コロナウイルス流行を受けて除菌剤「クレベリン」などの需要が急増。

 こうした推移などを受け、今12月の連結業績予想を増額修正し、売上高は期初予想を33.3%引き上げて180億円の見込みに、営業利益は同48.6%引き上げて55億円の見込みに、親会社株主に帰属する当期純利益は同52.0%引き上げて38億円の見込みに各々修正した。増額後の今期予想1株利益は88円49銭。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 業績でみる株価

TDKは米半導体株指数の最高値など材料視され高値に向けて出直る

■第1四半期の連結業績は市場予想を上回ったとの見方

 TDK<6762>(東1)は8月13日、1万1400円(200円高)で始まり、8月3日につけた今年2番目の高値1万2110円に向けて出直るスタートとなった。

 米国12日にSOX(フィラデルフィア半導体株指数)が3.36%高と大幅に反発し5日ぶりに最高値を更新したと伝えられ、NY市場では同社株が2.3%高と買われ、東京市場へも買いが波及する形になった。先に発表した第1四半期の連結営業利益が市場予想を大きく上回ったとされている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 材料でみる株価

日経平均は279円高で始まる、SOX指数が最高値、NYダウは290ドル高

 8月13日(木)朝の東京株式市場は、日経平均が279円40銭高(2万3123円36銭)で始まった。

 NYダウは289.93ドル高(2万7976.84ドル)と反発し、SOX(フィラデルフィア半導体株指数)は5日ぶりに最高値を更新と伝えられた。

 また、シカゴの日経平均先物は2万3190円となり、東証12日の日経平均終値を345円上回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 今日のマーケット

【注目銘柄】新日本科学は小幅続落も1Q高利益進捗率業績を手掛かりに下値に割安株買い

 新日本科学<2395>(東1)は、前日12日に2円安の683円と小幅続落して引けた。バイオ株やネット株中心の東証マザーズ指数が、続落し全般相場に逆行安となったことから、年初来高値圏の700円台でもみ合っている同社株にも目先の利益確定売りが増勢となった。ただ下値には3連休前の7日に発表した今2021年3月期第1四半期(2020年4月〜6月期、1Q)決算が、大幅続伸して着地し、今期第2四半期(2020年4月〜9月期、2Q)累計業績に対して高利益進捗率を示したことから前期業績と同様に上方修正余地があり、割安としてバイオ関連のバリュー株買いが続いた。またアンジェス<4563>(東マ)が大阪大学と共同で推進している新型コロナウイルス感染症のDNAワクチン開発に同社も参画していることも関連株人気の再燃期待を高めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:01 | 注目銘柄

Jトラストは20年12月期2Q累計営業黒字、通期も営業黒字予想

(決算速報)
 Jトラスト<8508>(東2)は8月12日の取引時間終了後に20年12月期第2四半期累計の連結業績を発表した。日本金融事業、韓国・モンゴル金融事業が堅調に推移して営業黒字だった。通期予想は孫会社キーノートの不動産事業・商業施設建築事業を非継続事業として表示するため、営業収益、営業利益、税引前利益を下方修正したが、修正後も営業黒字予想である。収益改善を期待したい。株価は安値圏だが反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:55 | 決算発表記事情報

KeyHolderの20年12月期2Q累計は新型コロナ影響で赤字

(決算速報)
 KeyHolder<4712>(JQ)は8月12日の取引時間終了後に20年12月期第2四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスによるライブやイベントの中止で赤字だった。通期予想はキーノートが第3四半期に連結子会社から外れ、不動産事業・商業施設建築事業を非継続事業に分類して表示することに伴い、売上収益と営業利益を下方修正したが、最終黒字予想を据え置いた。株価は業績悪化懸念を織り込み済みと考えられる。なお8月15日付で10株を1株に併合する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:49 | 決算発表記事情報

ジーニーは21年3月期1Q赤字縮小、通期は増収・黒字予想

(決算速報)
 ジーニー<6562>(東マ)は8月12日の取引時間終了後に21年3月期第1四半期連結業績を発表した。新型コロナウイルス影響で広告需要が減少して減収・赤字だったが、収益性が改善して赤字縮小した。未定としていた通期予想を開示し、増収・黒字予想とした。第2四半期からの営業黒字化を目指すとしている。収益改善を期待したい。株価は下値固め完了し、通期黒字予想を好感する動きとなりそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:44 | 決算発表記事情報

システムサポートは20年6月期大幅増収増益、21年6月期も増収増益予想

(決算速報)
 システムサポート<4396>(東1)は8月12日の取引時間中に20年6月期連結業績を発表した。全セグメントが好調に推移して大幅増収増益だった。21年6月期も増収増益予想としている。新型コロナウイルスの影響は軽微であり、収益拡大基調だろう。株価は決算発表後に売り優勢の形となった。伸び率鈍化が嫌気された可能性があるが、目先的な売り一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:38 | 決算発表記事情報

ハウスドゥは20年6月期減益だが21年6月期増益予想

(決算速報)
 ハウスドゥ<3457>(東1)は8月12日の取引時間終了後に20年6月期連結業績を発表した。消費増税や新型コロナウイルスの影響で大幅減益だった。21年6月期は新型コロナウイルス影響が徐々に縮減すると想定し、各種取り組み効果で大幅増益予想(レンジ予想)としている。株価は大幅増益予想を好感する動きとなりそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:33 | 決算発表記事情報

マーチャント・バンカーズは新型コロナ影響で21年3月期1Q赤字だが、通期大幅増益予想据え置き

(決算速報)
 マーチャント・バンカーズ<3121>(東2)は8月12日の取引時間終了後に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。オペレーション事業が新型コロナウイルスの影響を受けたため減収・赤字だった。通期の大幅増益予想は据え置いた。マーチャント・バンキング事業が牽引する見込みだ。ANGOO FinTech関連の拡大も期待したい。株価は目先的には赤字を嫌気して売り優勢となりそうだが、下値は限定的だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:26 | 決算発表記事情報

イトーキは反発の動き、働き方改革による職場環境改善投資が追い風

 イトーキ<7972>(東1)はオフィス家具の大手で、物流機器なども展開している。20年12月期予想は新型コロナウイルスの影響を考慮して未定としている。当面は商談延期などの影響が意識されるが、働き方改革による企業の職場環境改善投資が追い風となりそうだ。株価は上値を切り下げる形だったが、調整一巡して反発の動きを強めている。低PBRも注目点だろう。出直りを期待したい。なお第2四半期決算発表は8月31日予定としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、21年2月期上振れの可能性

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。21年2月期は新型コロナウイルスの影響を吸収して大幅増益予想である。さらに上振れの可能性がありそうだ。株価は7月の年初来高値から一旦反落したが素早く反発の動きを強めている。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:13 | アナリスト水田雅展の銘柄分析