株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月03日

【小倉正男の経済コラム】トランプ大統領のコロナ感染というカオス

■東証ダウンで終日取引停止

kk1.jpg 10月1日、東京証券取引所の売買が終日停止となった。システムに障害が発生しダウン、バックアップも役に立たないという事態となった。

 翌日の10月2日には、東証は復旧した。その日の後場、アメリカのトランプ大統領が新型コロナに感染して陽性と報道された。日経ダウは急落した。2日のNY株式、ナスダックはともに下落した。

 東証がダウンしていた10月1日にトランプ大統領のコロナ感染報道が重なっていたら問題はもっと重大になっていたに違いない。世界の株価が動いているのに日本の株価は停止していた。

 麻生太郎・財務相兼金融相が「きわめて遺憾」という談話を出した(10月2日)。売りたいときに売ることができる、買いたいときに買えるというのが証券市場なのだが、その機能が止まった。

 「きわめて遺憾」はお定まりのフレーズだが、下手したら外資系機関投資家などから訴訟など起こされかねない事態だった。株式市場は、リスクというものが内在しているわけであり、「きわめて遺憾」では済まない。

■トランプ大統領のコロナ感染で政局混迷

 トランプ大統領のコロナ感染でいえば、コロナを軽視してきた咎めといえる面があるのではないか。

 症状は当初軽いといわれていたが、入院したものの高熱で抗ウイルス薬「レムデシビル」を投与したということである。おそらく大統領選挙に与える影響は少なくない。

 大統領選挙のTV討論会も第2回目は予定通りに開催されるのか、トランプ大統領の病状回復次第ということになる。

 第1回目は、お互いの誹謗中傷で「ひどい討論だった」「最もカオス(混沌)な討論会」と酷評された。第2回目はもっとひどいことになりかねないわけだが、開催にこぎ着けられるのかどうかもわからなくなった。政局混迷というか、一気に不透明感が漂っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:12 | 小倉正男の経済コラム

トランプ大統領「どうやら良好だ!」とツイッターに投稿と伝えられる

■「レムデシビル」最初の服用を終え、安静にしている様子

 NHKニュースWEB10月3日午後13時43分配信によると、米トランプ大統領は、「米国時間の2日深夜、日本時間の3日昼すぎ、ツイッターに、『どうやら良好だ!皆さんに感謝している』と投稿し、経過が良好だとアピールした」。「トランプ大統領が軍の病院に入院して以降、ツイッターに投稿したのは初めて」と伝えた。

 同ニュースは、また、「主治医『酸素補給は必要としていない』」と続け、「ホワイトハウスは2日夜、日本時間の3日午後、トランプ大統領の容体について主治医がまとめた情報を更新し」「このなかで主治医は、『大統領の体調はとてもよく、酸素の補給は必要としていない』と明らかにし」「新型コロナウイルスの治療薬である『レムデシビル』を使用することとし、最初の服用を終え、安静にしている」と伝えた。

 「レムデシビル」は、エボラ出血熱などの特効薬として英ギリアド・サイエンシズが開発した製剤。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:41 | 話題

トランプ大統領が緊急入院、高熱と伝えられる

■一晩で高熱が出るなど症状が悪化し入院を決める

 10月3日午前11時30分過ぎ、「トランプ氏が緊急入院、症状悪化し高熱も」(日テレNEWS2410月3日11:32配信)と伝えられた。米国2日のNY株式市場は、ダウ平均(工業株30種)が一時433.96ドル安の2万7382.94ドルまで下げ、終値は134.09ドル安(2万7682.81ドル)だった。

 報道によると、前日、新型コロナウイルス感染をツイッターなどで明らかにしたトランプ大統領は、「日本時間3日朝、ワシントン近郊の医療センターに緊急入院」「ホワイトハウスの関係筋によると、一晩で高熱が出るなど症状が悪化し、入院を決めた」(同)という。

 週末3日の東京株式市場では、14時頃にトランプ大統領の感染が伝えられると日経平均が急落し、直前の80円高から10分足らずで一時233円71銭安(2万2951円41銭)まで下押す場面があった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:12 | 今日のマーケット

クリナップはショールーム見学が疑似体験できる「オンラインショールーム」をオープン

■いつでも、どこからでも、ショールーム見学!

 クリナップ<7955>(東1)は、ショールーム見学が疑似体験できる新たなWEBコンテンツ「オンラインショールーム」を、10月1日からホームページ上にオープンした。リアルなイラストでショールームを再現し、自宅でクリナップのキッチンや機器を確認できる。

1.jpg

 新型コロナウィルスの影響もあり住宅設備機器においても、顧客のオンライン上での商品検討が盛んになり、同社ホームページでもアクセス数が前年約2割増で推移している。キッチンの購入が初めてでもオンラインでスムーズに商品を検討してもらうためにコンテンツを開発した。

(1)クリナップホームページから、登録なしで誰でもアクセス
(2)全体像がひと目で把握できる箱庭型ショールーム
(3)パソコンでもスマートホンでも分かりやすい、直感的な操作性、閲覧性

【オンラインショールーム URL】
http://cleanup.jp/online-showroom/
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:53 | 新製品&新技術NOW

AMBITIONの子会社が新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE駒込』の販売を開始

 AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛けるヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE駒込』(東京都豊島区、竣工予定日:2020年11月中旬、入居予定日:2020年11月下旬)の販売を開始した。

a11.jpg

 ヴェリタス・インベストメントの『PREMIUM CUBE』シリーズは、都内プレミアムエリアを中心に、そのデザイン性やロケーションの良さが好評で、常に早期完売している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:17 | 新製品&新技術NOW