株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月06日

【株式市場】日経平均は後場一段ジリ高、JR東・日立・トヨタの協業を見て経済再構築に向けた結集など期待

◆日経平均は2万3433円73銭(121円59銭高)、TOPIXは1645.75ポイント(3.50ポイント高)、出来高概算(東証1部)は9億8971万株

 10月6日(火)後場の東京株式市場は、JR東日本<9020>(東1)日立製作所<6501>(東1)トヨタ自動車<7203>(東1)が連名でハイブリッド車両(燃料電池)試験車両の開発に取り組むと発表し、3銘柄とも一段強含んで始まった。日本の代表的企業の連合のため、日本経済の再構築に向けた結集に期待が強まる様子。日経平均も一段強含んで始まった後ジリ高を続け、大引けにかけて129円02銭高(2万3441円16銭)まで上げて続伸となった。

 後場は、ブリヂストン<5108>(東1)などのタイヤ株が米追加景気対策への期待などで一段と強含み、資生堂<4911>(東1)は「GoTo」で需要回復とされ一段ジリ高。東芝<6502>(東2)は先に上場を延期したキオクシア(旧・東芝メモリ)の出直し近いとの観測で一段と強含んだ。スマレジ<4431>(東マ)はクラウドPOSレジ「スマレジ」の登録店舗数拡大などが注目され一段高。トミタ電機<6898>(JQS)は後場一段高となり、マスク製造機関連特需や中国ファーウェイへの出荷を巡る米商務省の姿勢などがあるようで高値を更新。

 東証1部の出来高概算は9億8971万株(前引けは4億8069万株)、売買代金は1兆9941億円(同9871億円)。1部上場2178銘柄のうち、値上がり銘柄数は1152(前引けは961)銘柄、値下がり銘柄数は923(同1094)銘柄。

 また、東証33業種別指数は28業種(前引けは27業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、ゴム製品、保険、石油石炭、非鉄金属、鉱業、鉄鋼、サービス、ガラス土石、輸送用機器、医薬品、卸売り、などとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:49 | 今日のマーケット

日本ラッドが後場ストップ高、東大と産学連携し手軽で強力なVPNシステムを販売開始

■主にキャンパス向けだったシステムを日本ラッドが廉価で手軽に

 日本ラッド<4736>(JQS)は10月6日の後場急伸し、一時ストップ高の1087円(150円高)で売買された後も14%高の1070円(133円高)前後で売買されている。

 同日付で、「東京大学と産学連携し同大学ASANOプロジェクト開発の独自SD−WAN技術を利用した、手軽で強力なVPNシステムを販売開始」と発表し、注目集中となった。

 発表によると、主にキャンパス向けであった同システムを、日本ラッドの高度なクラウドおよびハードウェアインテグレーション技術を用い、高いセキュリティが要求される企業拠点間 VPN/VLAN 構築を廉価に手軽に行えるネットワークシステム「Asano−System for Enterprise」として開発、販売開始したという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:22 | 材料でみる株価

SHINPOはワタミの新店「焼肉の和民」が材料視され後場も大幅高を保つ

■無煙ロースター専業大手で「120店舗を転換出店」に連想買い集中の見方

 SHINPO<5903>(JQS)は10月6日、一時23%高の1498円(281円高)まで上げ、後場は13時を過ぎてなお10%高の1334円(117円高)前後で推移している。

 焼き肉店用の無煙ロースターを世界で初めて開発した専業大手で、ワタミ<7522>(東1)が5日、外食事業の新メインブランドとして「焼肉の和民」を発表し、「居酒屋『和民』から『焼肉の和民』へ、120店舗を転換出店」などとしたため連想買いが殺到する形になった。

 ワタミの発表リリースによると、新ブランド「焼肉の和民」の店舗では、特急レーン・配膳ロボットにより80%減の非接触化(居酒屋との比較)や、3分に1回の店内換気を実施し、「今後、居酒屋業態にかわる当社の主幹事業と位置づけて展開」していくという。和民の株価は朝の取引開始後に一時10%高の1152円(100円高)まで上げ、後場は4%高の1095円前後で推移している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:26 | 材料でみる株価

スマレジはクラウドPOSレジの登録店数1年で13%増加など好感され大きく出直る

■「iPad」などのタブレット利用する「スマレジ」高成長続く

 スマレジ<4431>(東マ)は10月6日、大きく出直り、11時にかけて14%高の3650円(435円高)まで上げて約1ヵ月ぶりに3600円台を回復、後場も12%高の3610円で始まった。

 5日付で、「iPad(アイパッド)」などのタブレットを利用したクラウドPOSレジ「スマレジ」の登録店舗数推移(9月度)を発表。各機種合わせて8万8642台となり、約1年前の2019年10月の7万8179台から13.4%増加したことなどが注目されている(前期までは月次を開示していないため四半期決算期末の10月と比較)。今期初の20年5月との比較では4.9%増加した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:00 | 業績でみる株価

【株式市場】NY高など好感され日経平均は前引けにかけて上げ幅広げる

◆日経平均は2万3425円91銭(113円77銭高)、TOPIXは1642.54ポイント(0.53ポイント高)、出来高概算(東証1部)は4億8069万株

 10月6日(火)前場の東京株式市場は、NYダウの466ドル高などを受け、日経平均は108円高で始まった。米長期金利の上昇を受け第一生命HD<8750>(東1)などが上げ、日本製鉄<5401>(東1)も高くスタート。日経平均は9時半頃にかけてダレたが再び上げ、前引けにかけて117円73銭高(2万3429円87銭)まで上げた。

 ナルミヤ・インターナショナル<9275>(東1)が時間とともに上げ幅を広げて一時ストップ高となり、月次動向などを連日好感。トーセイ<8923>(東1)は業績予想の増額などが好感され一時ストップ高。日本アビオニクス<6946>(東2)は外国人の入国制限緩和により検温装置に需要との思惑で急伸。上場5日目のアクシス<4012>(東マ)は連日高値を更新。SHINPO<5903>(JQS)は焼き肉店用の無煙装置などが言われて急伸。

 東証1部の出来高概算は4億8069万株、売買代金は9871億円。1部上場2178銘柄のうち、値上がり銘柄数は961銘柄、値下がり銘柄数は1094銘柄。

 また、東証33業種別指数は27業種が値上がりし、保険、ゴム製品、石油石炭、非鉄金属、鉱業、ガラス土石、サービス、医薬品、海運、などが高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:08 | 今日のマーケット

ナルミヤ・インターがストップ高、引き続き月次動向など好感され3ヵ月ぶりに700円台

■9月は後半の気温低下が寄与、10月の天候も「秋」らしく期待強まる

 ナルミヤ・インターナショナル<9275>(東1)は10月6日、時間とともに上げ幅を広げ、11時過ぎにはストップ高の741円(100円高)まで上げて急伸。6月29日以来3ヵ月ぶりの700円台となっている。

 引き続き、10月2日に発表した9月の月次動向「月次売上概況」などが注目されており、売上高は既存店が前年同月の97.4%、全店は同100.0%で底堅さがうかがえた。チャネル別では、Eコマースが同128%と好調。「後半の気温の低下により秋物衣料が好調に推移」。天候は10月に入って秋らしい好天が続いているため、期待度は高いようだ。第2四半期決算の発表は10月9日に予定している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:23 | 業績でみる株価

ハウスドゥが一段高、9月末のFC店8%増加し全国47都道府県すべてで出店契約を達成

■「フランチャイズ店舗数状況」オープン店舗数11.5%増加

 ハウスドゥ<3457>(東1)は10月6日、一段高となり、10時30分にかけて7%高の1345円(86円高)まで上げ、今年2月以来の水準を回復している。

 5日付で「9月末時点のフランチャイズ店舗数状況」を発表し、「ハウスドゥ!」チェーン加盟店舗数は659店舗(前年同月比8.2%増)、うちオープン店舗数は570店舗(同11.5%増)となった。9月は、山形県の企業ともフランチャイズ契約を締結し、全国47都道府県すべてで出店契約を達成した。

 また、同社グループでは、不動産金融事業を行うフィナンシャルドゥが9月に入り静岡県、滋賀県の信用金庫4社と相次いで「リバースモーゲージ」の保証を開始し、積極展開が目立っている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:48 | 業績でみる株価

ビットワングループはベトナム通信企業との提携協議が注目されストップ高

■「5G・AI関連事業」の立上げ本格化へ

 ビットワングループ<2338>(東2)は10月6日、急伸し、9時半過ぎからストップ高の631円(100円高)で売買を続け、7月29日につけた年初来の高値672円に迫っている。

 5日付で、Viettel Group(ベトナム通信、本社ハノイ)の支店であるViettel BS(Viettel Business Solutions Corporation)と業務提携を行うための交渉・協議に入る覚書を締結したと発表し、注目集中となった。

 ビットワングループでは、新たな経営方針として「5G・AI関連事業」を当期(2020年3月1日〜2021年2月28日)中に立上げることなどを中期計画に盛り込んでいる。今回の案件も「5G・AI関連事業」に関するものになる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 今日のマーケット

日本化学産業は「さらなる増産要請」など注目され年初来の高値を更新

■二次電池用正極材、住友金属鉱山からの受託加工を増産

 日本化学産業<4094>(東2)は10月6日、大きく出直り、取引開始後に6%高の1104円(62円高)まで上げて8月27日以来の年初来高値更新となった。

 5日付で、二次電池用正極材の受託加工増産に係る設備投資などを発表。このたび、住友金属鉱山<5713>(東1)から更なる増産要請があり、増産の決定に至ったとした。増産投資拠点は埼玉工場(埼玉県草加市)、増産規模は、従来の福島第一工場の受託加工分の月産600トンと合わせて同750トンに増強の予定。2022年1月より。業績への寄与は、21年3月期については軽微としたが、以降の寄与が注目されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 材料でみる株価

ソフィアHDは新型コロナ抗原・抗体検査キットに関する提携など注目され昨年来の高値に迫る

■「感染症予防対策プロジェクト」発表し第2弾、3弾に期待

 ソフィアホールディングス(ソフィアHD)<6942>(JQS)は10月6日、続伸基調で始まり、取引開始後は1886円(91円高)まで上げて9月10日につけた昨年来の高値1888円に迫っている。

 5日、ロキ・コンサルティング(東京都千代田区)が提供する新型コロナウイルス抗原検査キット、抗体検査キットの販売に関する提携を結んだことなどを発表。注目されている。この提携は、「感染症予防対策プロジェクト」を発足した取組の一環ということで、第2弾、3弾が期待されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 材料でみる株価

日経平均は107円高で始まる、NYダウ466ドル高、トランプ大統領の退院など好感

 10月6日(火)朝の東京株式市場は、日経平均が続伸基調の107円93銭高(2万3420円07銭)で始まった。

 NY株は主要指数が大幅に反発し、ダウは一時479.83ドル高の2万8162.64ドルまで上げ、終値も465.83ドル高(2万8148.64ドル)となった。米トランプ大統領の退院が伝えられ、追加経済対策を巡る議会の協議も進展とされた。

 シカゴ商取の日経平均先物は2万3400円となり、5日の東京市場の日経平均終値を90円ほど上回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 今日のマーケット

ファイバーゲートは上値試す、21年6月期大幅増収増益予想

 ファイバーゲート<9450>(東1)は独立系のWi−Fiソリューション総合サービス企業である。21年6月期大幅増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は8月の年初来高値圏から反落したが、調整一巡して切り返しの動きを強めている。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:31 | 株式投資ニュース

綿半HDが家具・インテリア販売のリグナを連結子会社に

■取扱商品の拡充、仕入機能の強化などを図る

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は5日、子会社の綿半パー トナーズを通じてリグナ(東京中央区)の全株式を取得し、連結子会社化したと発表した。

■オンラインショップ「Rigna」
wata3.jpg
https://www.rigna.com/

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:31 | IR企業情報

フェリシモは急伸、21年2月期上方修正を好感、通期再上振れの可能性

 フェリシモ<3396>(東1)は服飾・服飾雑貨、生活関連品の通信販売を展開している。9月30日に21年12月期連結業績予想を上方修正し、大幅増益予想とした。新型コロナウイルスに伴う巣ごもり消費で顧客数が大幅に増加している。下期を保守的な見通しとしているため、通期予想は再上振れの可能性がありそうだ。上方修正を好感して株価は急伸している。目先的には乱高下の可能性もあるが、上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:29 | 株式投資ニュース

ウィルは戻り試す、20年12月期増収・営業増益予想

 ウィル<3241>(東2)は関西圏を地盤とする不動産会社である。戸建住宅開発分譲事業を主力として、リフォーム事業や流通事業も展開している。20年12月期増収・営業増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は水準を切り上げて1月の年初来高値に接近している。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:25 | 株式投資ニュース

カナモトは戻り試す、21年10月期収益拡大期待

 カナモト<9678>(東1)は建設機械レンタルの大手である。中期成長に向けて国内営業基盤の拡充、海外展開、内部オペレーション最適化を推進している。20年10月期は減収減益予想だが、災害復旧・防災関連やインフラ関連の公共工事が堅調に推移して21年10月期の収益拡大を期待したい。株価は徐々に下値を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

トーソーはモミ合い煮詰まり感、21年3月期上振れの可能性

 トーソー<5956>(東2)はカーテンレールやインテリアブラインドの大手である。21年3月期は新型コロナウイルスの影響で減収減益予想だが、第1四半期の営業損益が大幅改善した。さらに後半の需要回復も考慮すれば、通期上振れの可能性がありそうだ。株価は小幅レンジでモミ合う形だが煮詰まり感を強めてきた。低PBRも注目点であり、モミ合い上放れを期待したい。なお10月29日に第2四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:12 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

TACは上値試す、21年3月期大幅増益予想

 TAC<4319>(東1)は「資格の学校」を運営し、成長戦略として新事業領域への展開も強化している。出版事業では11月4日に書籍「魔法少女 山本美月」を刊行する。21年3月期は第1四半期に新型コロナウイルスでライブ講義中止などの影響を受けたが、通期ベースではコスト削減効果などで大幅増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は9月の年初来高値圏から一旦反落したが、素早く切り返しの動きを強めている。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。なお11月5日に第2四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

プラマテルズは調整一巡、21年3月期は後半回復期待

 プラマテルズ<2714>(JQ)は合成樹脂の専門商社である。高付加価値商材の拡販やアジアを中心とする海外展開を推進している。21年3月期は新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で減収減益予想だが、後半の需要回復を期待したい。株価は小動きでモミ合う展開だが、新型コロナウイルスの影響を織り込み済みだろう。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析