株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月24日

ツインバード工業のフリーザーボックスが前期の2倍の受注、米国で超低温のワクチン保管流通システムに採用

■これ以外にも海外企業を中心に数多くの引き合いが

 ツインバード工業<6897>(東2)は10月23日の15時、同社製フリーザーボックスがバイオ医薬品やワクチンの保管と流通用に米社から前期販売台数の約2倍の新規受注を受けていることなどを発表した。

 「FPSC(フリー・ピストン・スターリング・クーラー)事業の受注状況等に関するお知らせ」として発表。

■今後も米低温保管物流網(コールドチェーン)の標準品として開発

 発表リリースによると、現在、同事業の主な取引先である米Global Cooling,Inc.(本社オハイオ州)から、フリーザーボックスを初期ロットとして前期販売台数の約2倍に相当する1000台の新規受注をいただいている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | IR企業情報