株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年11月04日

ゼリア新薬が自社株買いの期間を延長し2021年5月14日まで実施へ

■20年5月から上限80万株(発株数の1.73%)の枠で実施中

 ゼリア新薬工業<4559>(東1)は11月4日の取引終了後、自己株式の取得(自社株買い)期間の延長について発表し、2020年5月22日から同年11月5日まで実施する自社株買いを2021年5月14日まで延長するとした。経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能にするため、引き続き継続する。

 20年5月22日から開始した自社株買いは、取得株式総数(上限)が80万株(自己株式を除く発行済株式総数の1.73%)、取得総額(上限)は17億6000万円(上限)。直近、11月3日現在までで取得した株式の総数は15万4200株だった。

 同時に発表した第2四半期の連結決算(2020年4〜9月、累計)は、売上高が前年同期比11.6%減の268.09億円、営業利益は同20.2%減の13.88億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同1.0%減の12.18億円だった。

 3月通期の連結業績予想は増収増益の見通しを全体に据え置き、売上高は610億円(前期比0.9%増)、営業利益は43億円(同5.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は33億円(同12.8%増)、1株利益71円47銭とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:23 | IR企業情報

【株式市場】日経平均は後場も大幅高で値を保ち米大統領選の結果待ちだが1月以来の高値に進む

◆日経平均は2万3695円23銭(399円75銭高)、TOPIXは1627.25ポイント(19.30ポイント高)、出来高概算(東証1部)は回復し13億233万株

 11月4日(水)後場の東京株式市場は、米大統領選の開票動向が伝えられる中で、日経平均は460円高で始まった後一進一退を続けた。13時に第2四半期決算を発表したSUBARU<7270>(東1)が一段高の場面をみせ、13時30分に発表した三井倉庫HD<9302>(東1)は一段高。日経平均は伸び悩んだが値を保ち今年1月以来の高値水準に進んだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:36 | 今日のマーケット

リバーエレテックは「5G投資4兆円」報道など材料視され後場一段高

■「5G進展により水晶振動子への要求が高まる」と設備増設

 リバーエレテック<6666>(JQS)は11月4日の後場一段と強い相場になり、14時にかけて14%高の1450円(177円高)まで上げて10月につけた2014年以来の高値1466円に迫っている。

 水晶振動子で知られる電子部品メーカーで、次世代通信規格「5G」について「携帯2社、5G投資4兆円」(日本経済新聞11月4日付朝刊)と伝えられたことなどが材料視されている。

 10月中旬に製造子会社・⻘森リバーテクノ(株)の製造ライン増設などを発表。「5Gの進展により、音叉型水晶振動子に対する小型、省電力化、高信頼性の要求が高まるとともに、堅調な受注に対応できる安定した供給体制の構築がより一層求められる」などとして注目された。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:04 | 材料でみる株価

日経平均は後場474円高、トランプ氏「必須のフロリダ州」で先行と伝えられる

■前場は502円65銭高まで急伸

 11月4日後場寄り後の日経平均は再び上げ潮の展開になり、13時過ぎには473円90銭高(2万3769円38銭)となっている。前場の高値は502円65銭高の2万3798円13銭。

 開票が進む米大統領選については「現職のトランプ氏が勝利するのに必須とされるフロリダ州は、推定82%まで開票が進んだ暫定集計でトランプ氏が50.5%、バイデン氏が48.5%を獲得している」(ロイター通信)などと伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:09 | 今日のマーケット

リボミックが一時13%高、新型コロナ治療薬の共同研究を東京大学医科学研究所などと開始へ

■「COVID−19」ウイルスに結合するアプタマーを複数特定

 リボミック<4591>(東マ)は11月4日、の前場、13%高の414円(47円高)まで上げる場面を交えて大幅高の出直り拡大となった。2日夕方、新型コロナ治療薬の共同研究について東京大学医科学研究所・アジア感染症研究拠点と共同研究契約を締結と発表し、注目された。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:22 | 材料でみる株価

【株式市場】米大統領選後の景気対策などに期待強まり日経平均は朝方503円高のあとも大幅高で推移

◆日経平均は2万3628円38銭(330円90銭高)、TOPIXは1621.10ポイント(13.15ポイント高)、出来高概算(東証1部)は回復し6億3421万株

 11月4日(水)前場の東京株式市場は、米大統領選後の追加コロナ景気対策への期待やNY株の大幅高を受け、日本製鉄<5401>(東1)が再び出直りを強め、ソニー<6758>(東1)は2001年以来の高値に進んだ。日経平均は先物主導で急伸し、取引開始後に502円65銭高(2万3798円13銭)まで上げたが、その後は一進一退を続けながらやや値を消した。

 NTTデータ<9613>(東1)テンポイノベーション<3484>(東1)
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:05 | 今日のマーケット

ハウスドゥグループのフィナンシャルドゥが高知銀行、四国総合信用とリバースモーゲージ保証事業で提携

■高知銀は地域貢献を念頭に四国4行の共同事業として展開

 ハウスドゥ<3457>(東1)の連結子会社フィナンシャルドゥは11月4日午前、四国総合信用株式会社(四国総合信用)の再保証を行う方式で高知銀行<8416>(東1)が同日より提供するリバースモーゲージローン「こうぎんいきいきライフ応援団」の債務保証業務を行うと発表した。

■リバースモーゲージ保証の提携金融機関は21行庫に

 フィナンシャルドゥのリバースモーゲージ保証に関する提携金融機関は、11月2日に開始した川口信用金庫(本店:埼玉県川口市、かわしん)の事業で20行目に達している。

 リバースモーゲージは、家に住み続けながら資金調達ができ、返済完了は借主がお亡くなりになられたあとでも可という不動産活用法。高齢化が進む日本において、様々な資金使途に活用できるシニア世代向けの資金調達方法として、大手金融機関をはじめとした取り扱い機関が増加し注目を集めている。

 高知銀行は、地域社会への貢献を念頭に四国内の銀行4行の共同事業として設立された四国総合信用とともに、老後の生活資金ニーズ等への対応として、「こうぎんいきいきライフ応援団」を開始した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:24 | 新製品&新技術NOW

日本アンテナはCATV向けや官需向けデジタル無線用など好調で1月以来の高値

■第2四半期、各利益とも予想を大きく上振れ損失改善

 日本アンテナ<6930>(JQS)は11月4日、急激な上げ相場になり、10時過ぎには6%高の1055円(60円高)まで上げて今年1月以来の1050円台に進んだ。四半期決算の上振れ着地やに加え、携帯2社、5G投資4兆円」(日本経済新聞11月4日付朝刊)と伝えられたことなどが材料視されている。

 2日の取引終了後に発表した第2四半期連結決算(2020年4〜9月、累計)が各利益とも従来予想を大きく上振れて着地し、営業利益は1.90億円の損失の予想だったが0.84億円の損失にとどまり、四半期純利益も2.30億円の損失の予想に対し1.15億円の損失にとどまった。

 CATV事業者向けの放送関連機器が期初の想定を上回った上、通信用アンテナは引き続き好調でで、官需向けデジタル無線用アンテナは前年同期を上回った。通期予想は据え置いた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:36 | 業績でみる株価

NTTデータは「前年並み」「反動減」などと控えめだが数字好調で急伸商状

■第2四半期、営業利益は0.1%増加字純利益は2.6%増加

 NTTデータ<9613>(東1)は11月4日、大きく出直り、9時50分にかけては11%高の1320円(133円高)前後で推移し急伸商状となっている。

 2日の取引終了後に第2四半期決算を発表し、2020年4〜9月累計の連結営業利益は前年同期比0.1%増加し、当社株主に帰属する四半期利益は同2.6%増加など、全体に堅調だった。

 決算説明資料では、「受注高は、前期に獲得した大型案件の反動減等により減少」「売上高は、受注残高からの安定的な売上等により前年並みを確保」「営業利益は、事業構造改革費用の増加等はあるものの、不採算案件の抑制等により前年並み」(決算説明資料より)などとしたが、数字は市場予想を上回って好調と受け止められている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | 業績でみる株価

TDKは2000年以来の高値に進む、NY株の大幅高や「5G」投資拡大など材料視

■通期業績予想は営業利益を700億円から1100億円に増額

 TDK<6762>(東1)は11月4日、一段高で始まり、9時20分過ぎに1万3040円(590円高)まで上げ、2000年以来の1万3000円台に進んだ。

 NY株式が2日続けて大幅高となり、米国政府が半導体産業の強化を目指す巨額投資を検討していること、日本でも次世代通信規格「5G」整備に向け、「携帯2社、5G投資4兆円」(日本経済新聞11月4日付朝刊)と伝えられたこと、などが材料視されている。10月下旬には通期業績予想の増額修正などを発表し、連結営業利益の予想は従来の700億円を1100億円とし、前期比では12.4%増の見込みとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 材料でみる株価

ソニーが一段高、「TikTok」との提携やNY株の大幅高など好感される

■10月下旬には業績予想の増額修正も発表し買い安心感が

 ソニー<6758>(東1)は11月4日、一段高で始まり、取引開始後は9025円(257円高)まで上げて2001年以来の高値水準に進んでいる。

 NY株式が直近2日間でダウ約1000ドル高と急伸した上、ロイター通信が11月2日「中国の動画投稿アプリ「TikTok」(ティックトック)は2日、ソニー・ミュージックエンタテインメントと提携すると発表した。ビヨンゼなど世界的なアーティストの音楽をTikTokの全ユーザーに配信する」と伝えたことなどが材料視された。

 10月28日には第2四半期連結決算と3月通期予想の修正を発表した。3月通期の親会社株主に帰属する当期純利益の予想は、従来の5100億円を8000億円の見込みに引き上げた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 材料でみる株価

【注目銘柄】長大は業績再上方修正・再増配を見直し再生エネ関連人気も加わり反発

 長大<9624>(東1)は、休日前の2日に19円高の1247円と3営業日ぶりに反発し、9月28日につけた年初来高値1385円を射程圏に捉えた。同社株は目下集計中の2020年9月期業績を2回も上方修正し、期初の減益転換予想が増益転換して連続して過去最高純利益を更新し、配当も2回増配されたことを見直し割安修正買いが再燃した。また小泉進次郎環境大臣が、国立公園内で地熱発電の開発を支援する規制緩和法案を次期通常国会に提出すると発言したことも、同社の再生エネルギー関連株人気を高めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:03 | 注目銘柄

日経平均は324高で始まる、NY株は大幅続伸、米大統領選は午前10時半頃から優劣判明の見方も

 11月4日(水)朝の東京株式市場は、日経平均が続伸基調の324円10銭高(2万3619円58銭)で始まった。

 NY株は主要3指数が2日続けて大幅高となり、ダウは2日に423.45ドル高、3日は554.98ドル高(2万7480.03ドル)となり、日本が文化の日で休場の間に都合978.43ドル高となった。大統領選後の追加景気対策などに期待とされた。

 シカゴの日経平均先物も2万3830円となり、東証2日の日経平均の終値を535円上回った。

 米国3日が投票日だった大統領選は、早ければ米東部時間3日午後8時半(日本時間の4日午前10時半)頃から優劣が見えてくるとの報道もある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | 今日のマーケット

シーアールイーは調整一巡、21年7月期増収増益予想

 シーアールイー<3458>(東1)は、物流施設を中心に賃貸、管理、開発、仲介、投資助言および投資運用を展開している。21年7月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は急伸した6月の上場来高値から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:55 | 株式投資ニュース

テンポイノベーションは21年3月期減益予想だが上振れの可能性

(決算速報)
 テンポイノベーション<3484>(東1)は11月2日の取引時間終了後に21年3月期第2四半期累計業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減益だった。未定としていた通期も減益予想とした。ただし成約件数が回復傾向であり、第2四半期の営業損益が改善したことを考慮すれば、通期上振れの可能性がありそうだ。株価は目先的には減益予想を嫌気する可能性もあるが、業績悪化懸念をある程度織り込み済みで下値限定的だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:49 | 決算発表記事情報

ジャパンフーズは21年3月期予想を下方修正

(決算速報)
 ジャパンフーズ<2599>(東1)は11月2日の取引時間中に21年3月期第2四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で計画を下回り、大幅減収減益だった。通期予想も下方修正して大幅減収減益予想とした。22年3月期の収益回復を期待したい。株価は下方修正を嫌気する場面があったが、業績悪化懸念をある程度織り込み済みであり、下値限定的だろう。目先的な売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:42 | 決算発表記事情報

日本エンタープライズは調整一巡、21年5月期増収増益予想

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、事業ポートフォリオを再構築してコンテンツサービス、ビジネスサポートサービス、ソリューションを強化している。21年5月期はキッティング支援が牽引して増収増益予想としている。社会のDX化の流れに対応した新たな事業展開も推進する方針だ。収益拡大を期待したい。株価は上値を切り下げる形で軟調だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:36 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ピックルスコーポレーションは調整一巡、21年2月期予想は再上振れ余地

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は漬物・キムチ製品の最大手である。主力の「ご飯がススム キムチ」ブランド力が向上し、キムチ製品や惣菜製品の拡大、EC・外食・小売領域への展開を推進している。10月24日には新TVCMの放送を開始した。21年2月期増収増益予想である。下期に新規事業開始による費用増加が見込まれるが、通期予想に再上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は9月の上場来高値から利益確定売りで反落したが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:29 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ファーストコーポレーションは上値試す、21年5月期増益予想

 ファーストコーポレーション<1430>(東1)は造注方式を特徴とするゼネコンである。中期成長に向けた重点施策として再開発事業にも注力している。21年5月期は完成工事高の拡大と完成工事総利益率の上昇で増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は水準を切り上げて年初来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:22 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

綿半HDがドラッグストアーなど運営の「ほしまん」を子会社化

■取扱商品の拡充やスーパーセンター店舗等に出店

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は2日、子会社の綿半ホームエイドを通じて、ほしまん(長野県佐久市)の全株式を取得し、連結子会社化したと発表した。

wata1.jpg

  ほしまんは、長野県内に調剤薬局を併設したドラッグストアーを3店舗展開。創業昭和20年の老舗企業で、医薬品や化粧品の販売を通して、地域密着型のドラッグストアー等を運営している。

 綿半HDは、ほしまんの子会社化で、仕入機能の共有化による取扱商品の拡充や、スーパーセンター店舗等への出店を図り、更なる企業価値の向上を目指すとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:54 | IR企業情報