株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年12月01日

【株式市場】米ハイテク株高や円安が好感され日経平均は394円高まで上げ前引けも高値圏で推移

◆日経平均は2万6787円54銭(353円92銭高)、TOPIXは1768.38ポイント(13.46ポイント高)、出来高概算(東証1部)は増勢となり13億3122万株

 12月1日(火)後場の東京株式市場は、前引けにかけて上げたソニー<6758>(東1)信越化学<4063>(東1)などが上げ一服から徐々にダレ模様になり、日経平均は13時過ぎに前場の高値(393円85銭高の2万6827円47銭)に迫ったが徐々に値動きが重くなった。それでも上げ幅300円台を保ち大幅に反発した。

 後場は、シャープ<6753>(東1)が大きく持ち直し、前場の一時5%安から2%高まで上げる場面を見せ、アマテイ<5952>(東2)や日本パワーファス<5950>(東2)は>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:39 | 今日のマーケット

【12月の株主優待】ベルパーク、ファイバーゲート、白洋舎、富士ソフト、いであ、リリカラなど

【12月の株主優待】(5)

シノケングループ<8909>(JQS)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=1151円

青山財産ネットワークス<8929>(東2)
優待品=各地名産品1品(30000株以上)
売買単位=100株
直近株価=1597円

東海汽船<9173>(東2)
優待品=乗船割引券
売買単位=100株
直近株価=2330円

佐渡汽船<9176>(JQS)
優待品=運賃・割引券
売買単位=100株
直近株価=218円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:42 | 株主優待&配当

【12月の株主優待】ユニバーサル園芸社、IBJ、キッツ、マブチモーター、正興電機製作所など

【12月の株主優待】(4)

TOYO TIRE<5105>(東1)
優待品=クオカードの応募券
売買単位=100株
直近株価=1647円

ニチリン<5184>(東2)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=1481円

東海カーボン<5301>(東1)
優待品=オリジナルカタログ商品
売買単位=100株
直近株価=1146円

カナレ電気<5819>(東1)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=1763円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:41 | 株主優待&配当

【12月の株主優待】ザ・パック、すららネット、大塚ホールディングス、楽天、資生堂など

【12月の株主優待】(3)

CARTA HOLDINGS<3688>(東1)
優待品=ギフトコード
売買単位=100株
直近株価=1274円

アプリックス<3727>(東マ)
優待品=UCギフトカード
売買単位=100株
直近株価=247円

アエリア<3758>(JQS)
優待品=QUCカード
売買単位=100株
直近株価=472円

GMOグローバルサイン・ホールディングス<3788>(東1)
優待品=優待券
売買単位=100株
直近株価=10320円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:40 | 株主優待&配当

【12月の株主優待】MonotaRO、ブロンコビリー、すかいらーく、クラレ、ブイキューブなど

【12月の株主優待】(2)

北海道コカ・コーラボトリング<2573>(東2)
優待品=自社製品詰合せ
売買単位=100株
直近株価=4095円

ユニカフェ<2597>(東1)
優待品=自社製品
売買単位=100株
直近株価=1145円

ダイナックホールディングス<2675>(東2)
優待品=食事優待券
売買単位=100株
直近株価=1202円

木徳神糧<2700>(JQS)
優待品=米穀製品
売買単位=100株
直近株価=3555円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:38 | 株主優待&配当

【12月の株主優待】クックパット、山崎製パン、湖池屋、サッポロ、キリン、オエノンなど

【12月の株主優待】(1)

Lib Work<1431>(東1)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=2034円

国際石油開発帝石<1605>(東1)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=584円

美樹工業<1718>(JQS)
優待品=野菜
売買単位=100株
直近株価=3850円

福田組<1899>(東1)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=5290円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:37 | 株主優待&配当

ステムリムは変形性膝関節症を対象とする第2相試験が注目され上値を試す

■国内の潜在患者数2500万人、自覚症状者数800万人

 ステムリム<4599>(東マ)は12月1日の朝、「変形性膝関節症を対象とした医師主導治験(第2相試験)開始のお知らせ」を発表し、前場855円(36円高)まで上げて後場は13時を過ぎて818円(1円安)前後で推移している。

 発表によると、同社から塩野義製薬<4507>(東1)に導出済みの再生誘導医薬開発品、レダセムチド(開発コード:S−005151)について、弘前大学より、変形性膝関節症患者を対象とした第2相臨床試験の治験計画届が医薬品医療機器総合機構へ提出された。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | 材料でみる株価

リスクモンスターはきょう創業20周年になり記念配当など改めて注目される

■3月期末に普通1円増の21円と記念配2円の予定

 リスクモンスター<3768>(東2)は12月1日の後場、12%高に迫る2215円(233円高)で始まり、2006年以来の水準で続伸基調となっている。

 同日午前、「おかげさまで創業20周年を迎えました」「リスクモンスター20周年記念特設サイトOPEN!〜」と発表。2021年3月期末の配当に記念配当(1株につき2円)を加えることなどが改めて注目されている。同期末配当は、普通配当を前年同期比1円増の21円とし、これに記念配当を加えると発表済み。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:35 | 材料でみる株価

三社電機製作所は「蓄電池を活用した周波数制御技術」など注目され年初来の高値に迫る

■パワー半導体で知られ米半導体株指数の上昇も追い風

 三社電機<6882>(東2)は12月1日の前場、一段高となり、10%高の859円(79円高)まで上げて前引けも846円(66円高)。今年1月につけた年初来の高値919円に迫った。

 パワー半導体で知られ、11月30日付で、「蓄電池を活用した周波数制御技術に関する実証試験および独自検証の実施について」を発表し、注目された。

 株価は11月下旬から動意を強めており、このところNY株式市場でSOX(フィラデルフィア半導体株指数)が断続的に最高値を更新していること、欧州や中国で環境車への法的なシフトが進み、EV(電気自動車)関連株への注目が強まっていること、などが材料視されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:17 | 材料でみる株価

【株式市場】米ハイテク株高や円安が好感され日経平均は394円高まで上げ前引けも高値圏で推移

◆日経平均は2万6824円46銭(390円84銭高)、TOPIXは1770.07ポイント(15.15ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億3810万株

 12月1日(火)前場の東京株式市場は、米NASDAQの一時最高値、半導体株指数SOXの最高値に加え円安も好感され、東京エレクトロン<8035>(東1)などが次第高となり、日経平均は191円高で始まった後10時過ぎに393円85銭高(2万6827円47銭)まで上げた。野村HD<8604>(東1)などの証券株も強く、日経平均はほぼ高値圏で前引けとなった。

 クボテック<7709>(東1)が画像処理検査関連の新事業など材料に2日連続大幅高。ダントーHD<5337>(東1)は大建エンタープライズ社>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:01 | 今日のマーケット

【注目銘柄】平和は連日の年初来安値も下期黒字転換業績を手掛かりに突っ込み買い一法

 平和<6412>(東1)は、前日30日に71円安の1421円と5営業日続落して引け連日、年初来安値を更新した。新型コロナウイルス感染症の感染再拡大で、今春のパチンコホールの営業自粛の再要請を懸念して売り増勢となった。ただ同社株は、今年3月の600円超安と急落した場面では、売られ過ぎとして即400円超高と切り返しており、この再現を期待して突っ込み買いも一法となりそうだ。とくに同社の今2021年3月期業績が、第2四半期(2020年4月〜9月期、2Q)の赤字業績から第3四半期以降の下期は、パチンコ・パチスロの新機種発売や、ゴルフ場の新規取得コースの寄与で黒字転換が予想され、来2022年3月期業績も、遊技機の旧規制機種から新規制機種に入れ替えられことでV字回復と観測されていることも、フォローの材料となりそうだ。

■パチンコ・パチスロの新機種と取得4ゴルフ場が上乗せ寄与

 同社の今期2Q累計業績は、売り上げが前年同期比48.9%減と落ち込み、営業利益は46億8000万円の赤字(前年同期は135億5000万円の黒字)、経常利益は46億9400万円の赤字(同135億3200万円の黒字)、純利益は61億7900万円の赤字(同94億700万円の黒字)と落ち込んだ。コロナ禍による営業自粛要請などからパチンコホールの来客数が減少し、ホール側の設備投資意欲の低下に対応し新機種の発売を見送り、ゴルフ場事業でも来場者が低調に推移したことなどが響いた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:53 | 注目銘柄

メドピアはオンライン診療の「かかりつけクリニック支援サービス」など注目され高値を更新

■かかりつけ医限定の初診認可などの政府方針と合わせ期待強まる

 メドピア<6095>(東1)は12月1日、一段高となり、10時30分にかけて7010円(400円高)まで上げて東証1部に移籍して以降の最高値を更新した。

 業績が好調で、前期に続き今期も大幅増益の見込み。日医工<4541>(東1)と共同展開する「かかりつけクリニック支援サービス『kakari for Clinic』で12月リリース予定の「オンライン診療機能」に、初期費用・月額利用料無料のフリープラン新設を決定と11月24日付で発表しており、政府がオンライン診療の恒久化に加え、かかりつけ医に限って初診からオンライン受信を可能とする方針を打ち出しているため、期待が強いようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:49 | 材料でみる株価

オムロンはヘルスケア領域での事業連携が注目され一段高

■国際医療福祉大ほかとオープンイノベーション事業と伝えられる

 オムロン<6645>(東1)は12月1日、一段高となり、10時過ぎに9660円(230円高)まで上げて上場来の高値を連日更新した。

 国際医療福祉大学・高邦会グループ(IHWグループ、東京・港)が、同社やソフトバンクG<9984>(東1)日本ユニシス<8056>(東1)シミックHD<2309>(東1)と連携し、「ヘルスケア領域に特化したオープンイノベーション事業を始める」(日本経済新聞12月1日付朝刊)と伝えられており、一段高の買い材料になった。

 同社株の230円高で日経平均を10円前後引き上げる計算になるという。日経平均は10時10分を過ぎて370円高(2万6804円)前後で推移。米国でモデルナ社の新型コロナワクチンが米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可申請されると伝えられ、順調に運べばファイザーのワクチンとともに年内に2種のワクチンが接種可能になるとされ、経済活動回復の期待が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | 材料でみる株価

良品計画が反発、関東最大の売場面積の「東京有明」3日オープンに期待強まる

■「百貨店を超える『百八貨店』」など標榜

 良品計画<7453>(東1)は12月1日、反発基調となり、9時50分にかけて2213円(66円高)まで上げて11月につけた戻り高値高値2362円に向けて出直っている。

 12月3日、関東地方で最大面積の売場となる「無印良品 東京有明」(住友不動産ショッピングシティ有明ガーデン(東京都江東区)モール&スパ1階から3階)をオープンする運びで、期待が再燃している。「百貨店を超える『百八貨店』」などを標榜する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | 材料でみる株価

セレスはビットコイン相場の最高値が好感されて一段高続伸

■暗号資産取引所「ビットバンク」に続き「暗号資産販売所」も開設

 セレス<3696>(東1)は12月1日、一段高続伸で始まり、取引開始後は6%高の3000円(183円高)まで上げて高値を更新している。

 暗号資産取引所「ビットバンク」を運用する持分適用会社ビットバンク(東京都品川区)が10月5日、暗号資産販売所を開始。暗号資産ビットコイン相場が、「30日のニューヨーク時間帯の取引で、およそ3年ぶりに最高値を更新した」(Bloombergニュース12月1日2:21)と伝えられ、追い風になる期待が出ている。

 暗号資産販売所は、「暗号資産(仮想通貨)をお客様とビットバンク株式会社が直接売買する店頭取引方式のサービス」としている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 材料でみる株価

日経平均は191円高で始まる、NY市場は全般反落だがNASDAQは一時最高値を更新、米経済指標を受け円安

 12月1日(火)朝の東京株式市場は、日経平均が190円58銭高(2万6624円20銭)で始まった。円相場が米国の経済指標を受けて対ドルで30銭近く円安になっている。

 NY株式は全般反落し、ダウは271.73ドル安(2万9638.64ドル)。NASDAQ総合指数も反落したが、取引時間中に最高値を更新した。

 シカゴの日経平均先物は2万6310円となり、東証30日の日経平均の終値120円下回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 今日のマーケット

ラクーンホールディングスは上値試す、21年4月期2Q累計大幅増収増益で通期再上振れの可能性

(決算速報)
 ラクーンホールディングス<3031>(東1)は11月30日の取引時間終了後に21年4月期第2四半期累計連結業績を発表した。大幅増収増益だった。新型コロナウイルスを契機とする企業間取引の構造的変化も追い風となっている。通期予想を据え置いたが再上振れの可能性が高いだろう。株価は10月の上場来高値圏から一旦反落したが、好業績を評価して上値を試す展開となりそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:48 | 決算発表記事情報

エイトレッドは上値試す、21年3月期は上振れの可能性

 エイトレッド<3969>(東1)はワークフローシステムを展開している。社内文書電子化のリーディングカンパニーである。21年3月期増収増益予想である。クラウドサービスが大幅伸長して上振れの可能性が高いだろう。さらにテレワーク・DX化の流れも追い風として中期的に収益拡大基調だろう。株価は10月の上場来高値圏から利益確定売りで一旦反落したが切り返しの動きを強めている。中期成長力を評価して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

パイプドHDは調整一巡、21年2月期は再上振れ余地

 パイプドHD<3919>(東1)は情報資産プラットフォーム「SPIRAL」を基盤として、情報資産プラットフォーム事業や販促CRMソリューション事業などを展開している。21年2月期は新型コロナウイルスの影響を考慮して保守的に営業・経常減益予想としているが、再上振れ余地がありそうだ。株価は戻り高値圏から反落したが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:35 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

プラマテルズは急騰、親会社の双日がTOBで完全子会社化予定

 プラマテルズ<2714>(JQ)は双日グループの合成樹脂専門商社である。親会社が11月26日発表したTOB(完全子会社化で上場廃止予定)に対して、賛同意見および応募推奨を表明した。株価は急騰してTOB価格にサヤ寄せする形だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:28 | アナリスト水田雅展の銘柄分析