株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年07月26日

アイリッジ、福島県内初・磐梯町の地域デジタル通貨「ばんだいコイン」が販売開始

■フィノバレーの「MoneyEasy」を採用

ai1.jpg

 アイリッジ<3917>(東証グロース)は、福島県内初・磐梯町の地域デジタル通貨「ばんだいコイン」が、2022年7月22日から販売開始されたと発表した。同コインは同社の連結子会社でフィンテック事業を展開するフィノバレーが提供するデジタル地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を採用している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:15 | プレスリリース

【株式市場】日経平均は44円安となり2日続落、「感染」拡大による経済活動への懸念など漂う

◆日経平均は2万7655円21銭(44円04銭安)、TOPIXは1943.17イント(0.04ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は8億6989万株

 7月26日(火)後場の東京株式市場は、新型コロナ感染拡大に加え「サル痘」なる奇病の発症者が伝えられ、経済活動への影響などを漠然と気にする様子がうかがえ、個別物色の様相を強めた。値がさ半導体株が全体に安い中でレーザーテック<6920>(東証プライム)は堅調。在宅再燃予想などでクリナップ<7955>(東証プライム)が一段と強含み、医療人材事業も手掛けるクリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)も一段高で2000年以降の高値を更新。資源株や非鉄金属株も高い。日経平均は1円93銭安で始まり、14時過ぎまでほとんど小動き横ばいで推移し、大引けにかけて一段値を消し3日続落となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:53 | 今日のマーケット

アイキューブドシステムズは後場も一段高、新型コロナやサル痘の拡大を受けテレワーク支援の拡大など期待

■今6月期の決算発表は8月9日を予定

 アイキューブドシステムズ<4495>(東証グロース)は7月26日、後場も一段高傾向となり、14時30分を過ぎて10%高の2447円(225円高)まで上げ、出直りを強めている。「テレワークを安心・安全に始めよう」「医療関係のスマートフォン導入を徹底サポート」などのソリューションサービスを行うため、新型コロナの感染再拡大に加え「サル痘」と呼ばれる奇妙な伝染病の国内発症者の報道を受け、再び需要拡大期待が強まっている。

 今6月期の決算発表は8月9日に予定する。5月に増配を発表し、業績は好調。今第2四半期から連結財務諸表を作成しているため単純な前期比較はできないが、実質大幅増益になると見られている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:59 | 材料でみる株価

バンク・オブ・イノベーションが後場急伸、5年ぶりリリースの新作大型ゲームに期待強まる

■『メメントモリ』9月配信開始とGooglePlayでの事前登録開始を発表

 バンク・オブ・イノベーション<4393>(東証グロース)は7月26日の後場、急激に上値を追って始まり、取引開始後は6%高の3185円(190円高)まで上げて反発幅を広げている。昼前、「新作大型RPG『メメントモリ』」の9月サービス開始などを発表し、期待が膨らむ形になった。

 発表によると、このRPG『メメントモリ』は、当社にとって約5年ぶりのリリースとなり、当社グループが中長期的に成長していくために、日本国内のみで月額課金高5億円以上の規模を最低1年以上推移(年間60億円)させることを目指している。すでに事前登録数50万人を突破し、2022年9月サービス開始の予定(日付未定)とした。そして、このたび、GooglePlay(Android版)での事前登録を開始した。GooglePlayに事前登録をすると、ゲームがリリースした際に通知を受け取ることができるという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:04 | 材料でみる株価

免疫生物研究所は一時20%高まで急伸、1ヵ月前に急騰し戻り売り厚いが出直り強い

■研究用試薬に関する発表など好感、一時ストップ高まで1円に迫る

 免疫生物研究所<4570>(東証グロース)は7月26日の後場、9%高の426円(35円高)で売買を開始。同日付で、研究用試薬について、「尿中Gd−IgA1測定の可能性を示唆(IgA腎症早期スクリーニングおよび重症度の判断に)」を発表し、前場は一時20%高の470円(79円高)まで上げてストップ高まで1円に迫る場面があったった。その後は値を消す相場になったが、6月30日につけた高値530円に向けて戻りを試す展開になった。

 6月30日にかけての急騰場面では、シスメックス<6869>(東証プライム)との業務提携(6月27日発表)などが買い材料視され、発表直前の310円前後から数日で7割高となった。このとき高値近辺で買った投資家の買い持ちがあるため、需給面では、まだ、これらの戻り売りをこなす必要があるとみられているが、7月26日はストップ高まで1円に迫る急伸となり、買いの強さが再認識されたとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:44 | 材料でみる株価

【株式市場】日経平均は一時160円安から持ち直し小幅安、TOPIXは小高い

◆日経平均は2万7681円73銭(17円52銭安)、TOPIXは1945.38ポイント(2.17ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は4億4605万株

 7月26日(火)前場の東京株式市場は、米国27日発表の利上げ幅を巡り不透明感があり、任天堂<7974>(東証プライム)は終始軟調だったものの、ホンダ<7267>(東証プライム)は朝から堅調に推移し、ソニーG<6758>(東証プライム)は午前10時頃から堅調に転じ、大きな警戒感は後退した様子となった。ロシアの天然ガス政策を受け資源株も高い。日経平均は取引開始直後を除き軟調だったが、午前10時前の160円86銭安(2万7538円39銭)を下値に持ち直し、前引けは小幅安にとどまった。TOPIXはしっかり。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:05 | 今日のマーケット

石油資源開発やINPEXが次第高、ロシア天然ガス供給減を受け石油に代替需要の思惑

■出光興産など石油元売り株も高い

 石油資源開発<1662>(東証プライム)は7月26日、次第高となり、午前11時を過ぎて5%高の3450円(180円高)まで上げて出直りを強めている。ロシアから欧州への天然ガス供給について、ロシア側がタービン修理を理由に27日から供給量を2割に減らすと伝えられ、石油への代替需要や新たなガス開発需要への期待が高まった。INPEX<1605>(東証プライム)も前引けにかけて4%高の1447円(53円高)まで上げて出直り、出光興産<5019>(東証プライム)は4%高に迫る3360円(125円高)と出直っている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:37 | 材料でみる株価

クリナップが高値を更新、新型コロナ再拡大を受けシステムキッチンなどに期待強まる

■業績好調でPBRから見た割安さも注目点に

 クリナップ<7955>(東証プライム)は7月26日、時間とともに上値を追う相場となり、午前10時50分にかけて633円(34円高)まで上げて2日ぶりに年初来の高値を更新し、2020年以来の高値に進んでいる。「在宅勤務普及、住宅設備に関心」(6月27日付の日経産業新聞)とシステムキッチンなどへの需要拡大が伝えられており、このところの新型コロナ再拡大とともに、再び注目度が強まってきたと見られている。業績が好調な上、PBR(株価純資産倍率)が0.4倍から0.5倍という割安さも注目点になる。

 キッチンを中心とする水回り3品(キッチン、浴室、洗面)で安定的な高いシェアがあり、ステンレスキャビネットキッチン「STEDIA(ステディア)」はリフォーム産業新聞社による「プロがおすすめしたい住宅設備」のキッチン部門で2022年のリフォーム大賞となった。

 業績は好調で、19年3月期を底に回復から拡大へと移行してきた感触がある。23年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比4.1%増の1180億円、営業利益が同5.4%増の40億円。中期経営計画では、到達年度になる24年3月期の売上高を1200億円、営業利益50億円を計画している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:19 | 材料でみる株価

インソースは朝安を切り返し戻り高値、コロナ再拡大のなか決算発表をとらえた売りのようだが早々と消化

■第3四半期は営業利益41%増、9月通期は従来予想を24%増額修正

 インソース<6200>(東証プライム)は7月26日、取引開始開始後の7%安(160円安の2140円)を下値に切り返し、午前9時50分にかけては6.5%高(150円高の2450円)まで上げ、今年7月11日につけた戻り高値2490円に迫っている。

 25日17時に発表した第3四半期連結決算は営業利益が41%増加するなど好調で、今9月期の連結業績予想の増額修正も発表。朝方の下げについて、同社は講師派遣型研修や公開講座事業の割合が高いため、新型コロナの再拡大のなか、好決算をとらえて売却したい意向の投資家が一定数あったと見られている。これにより、いわゆる「荷もたれ玉」が取れて値動きが身軽になるとの見方が出ている。

 9月通期の連結業績予想は、各利益とも従来予想を2割上回る見込みとし、営業利益は従来予想を23.8%上回る32.2億円の見込み(前期比33.9%増)に引き上げた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:19 | 業績でみる株価

日本エム・ディ・エムは戻り試す、23年3月期営業・経常増益予想

 日本エム・ディ・エム<7600>(東証プライム)は人工関節製品など整形外科分野を主力とする医療機器メーカーである。米国子会社オーソデベロップメント(ODEV)社製品を主力として、商社機能と開発主導型メーカー機能を融合した独自のビジネスモデルを展開している。23年3月期は為替の円安や販管費の増加などが利益押し下げ要因となるが、日本国内および米国での症例数増加による増収効果で吸収して営業・経常増益予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は下値固め完了して切り返しの動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。なお7月29日に23年3月期第1四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

カナモトは戻り試す、22年10月期増益予想

 カナモト<9678>(東証プライム)は建設機械レンタルの大手である。成長に向けた重点施策として、国内営業基盤拡充、海外展開、内部オペレーション最適化によるレンタルビジネスの収益力向上を推進している。また環境対策機への資産シフトなどによって、サステナビリティへの取り組みも強化している。22年10月期は公共投資が堅調に推移して増益予想としている。災害復旧・防減災・老朽化インフラ更新など国土強靭化関連で事業環境が良好であり、積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は下値固め完了して反発の動きを強めている。指標面の割安感も評価材料であり、基調転換して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:18 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

シナネンホールディングスは上値試す、23年3月期営業利益横ばい予想だが上振れ余地

 シナネンホールディングス<8132>(東証プライム)は脱炭素社会を見据えるグローバル総合エネルギーサービス企業グループである。成長戦略としてシェアサイクル事業・再生可能エネルギー事業・新規事業への戦略投資を推進している。23年3月期はIT関連投資推進が減益要因となるが、仕入価格上昇分の販売価格への転嫁やシェアサイクル事業の利益貢献などで吸収して営業利益横ばい予想としている。全体として保守的な印象が強く上振れ余地がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は水準を切り上げて1月の年初来高値に接近している。利益確定売りをこなしながら上値を試す展開を期待したい。なお7月29日に23年3月期第1四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:18 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

綿半ホールディングスはボックスレンジから上放れて年初来高値更新、23年3月期増益予想

 綿半ホールディングス<3199>(東証プライム)は、ホームセンター中心の小売事業、および建設事業、貿易事業を展開している。中期経営計画では新たな経営方針に「地域に寄り添い地域と共に新しい価値を創造する」を掲げている。23年3月期は小売事業が堅調に推移し、受注好調な建設事業の業績も回復して増収増益・連続増配予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価はボックスレンジから上放れて年初来高値更新の展開となった。上値を試す展開を期待したい。基調転換して上げ足を速める可能性もありそうだ。なお7月29日に23年3月期第1四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

WOW WORLDは下値固め完了、23年3月期大幅増益・連続増配予想

 WOW WORLD<2352>(東証プライム)は自社開発e−CRMシステムのWEBCASシリーズを中心に企業のCRM運用支援を展開している。さらなるグループ成長に向けて、持株会社WOW WORLD GROUPを設立し、持株会社が新規上場(22年10月3日)予定である。23年3月期(IFRS任意適用のため前期比増減率非記載)は実質大幅増益・連続増配予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は反発力が鈍く年初来安値圏でモミ合う展開だが、大きく下押す動きも見られず下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。なお7月29日に23年3月期第1四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ディ・アイ・システムは「メタバース体験研修」の提供を開始、ビジネスになる近未来予測と可能性について解説

 ディ・アイ・システム<4421>(東証スタンダード)は7月26日、2022年8月5日(金)から、同社が運営する教育サービス事業において、新たに「メタバース体験研修」の提供を開始すると発表。

d1.jpg

■サービス提供の背景

 昨今、長期化する新型コロナウイルス感染症の影響や働き方改革の推進から、テレワークやオンラインコミュニケーションが定着化してきている。このような状況のなか、5G通信や仮想空間技術の進歩とともに、新たなビジネスや体験につながるツールとして「メタバース」(仮想空間自体や仮想空間でコミュニケーションが行えるサービス・プロダクト全般をいう)が注目を集めている。メタバースは、これまではゲームを中心に利用されてきたが、バーチャルオフィスやバーチャルショップなど、徐々にビジネスシーンでの活用も増加してきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:09 | プレスリリース

平田機工は大口受注の発表など好感され大きく出直って始まる

■受注金額を100億円超、前期の売上高は671億円

 平田機工<6258>(東証プライム)は7月26日、飛び出すように大きく出直って始まり、取引開始後は6%高の4800円(275円高)まで上げて戻り高値に進んでいる。25日付で「大型案件受注に関するお知らせ」を発表し、受注金額を100億円超としたため注目集中となった。同社の2022年3月期の連結売上高は約671億円だったため、業績拡大へのインパクトは大きいとみられている。

 発表によると、受注の内容は、EV向けEDU(Electric Drive Unit)組立設備ラインで、受注した設備は、工事の進捗により設備の完成まで順次売上を計上するとした。一部は当期業績予想に織り込んでいるが、一部については来期以降の業績に寄与するとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 業績でみる株価

キヤノンMJが高値に迫る、第2四半期の3割増益と12月通期予想の増額修正を好感

■EOS・Rシステム搭載のミラーレスカメラや交換レンズ好調でITソリューションも好調

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)<8060>(東証プライム)は7月26日、買い気配のあと3040円(102円高)で始まり、今年5月につけた2018年以来の高値3095円に向けて出直りを強めている。25日の15時に第2四半期連結決算と12月通期業績予想の増額修正を発表し、第2四半期の連結営業利益、経常利益が各々3割増加したこと、12月通期の連結営業利益は従来予想を10.8%上回る460億円の見込み(前期比では15.9%増)に引き上げたことなどが好感されている。

 今12月期の親会社株主に帰属する連結純利益は同8.5%上回る320億円の見込み(同8.8%増)に引き上げた。コンスーマセグメントでEOS・Rシステム搭載のミラーレスカメラや交換レンズが好調に推移しているほか、エンタープライズセグメント、エリアセグメントで付加価値の高いITソリューションが、またプロフェッショナルセグメントの産業機器が好調に推移していることなどを要因とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 業績でみる株価

日経平均は17円安で始まったあと15円高、NY株はダウ反発90ドル高、NASDAQは2日続落

 7月26日(火)朝の東京株式市場は、日経平均が17円05銭安(2万7682円20銭)で始まったが、ほどなく15円高と堅調転換している。

 NY株式はダウとS&P500種が反発し、ダウは90.75ドル高(3万1990.04ドル)。一方、NASDAQ総合指数は2日続落となった。26、27日のFOMC(米連邦公開市場委員会)での利上げ幅は0.75%との予想が大勢になってきたようだ。

 CME(シカゴマーカンタイル取引所)の日経平均先物は2万7755円となり、東京市場25日の現物(日経平均)終値を56円上回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | 今日のマーケット
2022年07月25日

マーチャント・バンカーズが「娯楽TVメディア・コンテンツ株式会社」を譲受しキャラクター並びにコンテンツビジネスを展開

■不動産事業などをベースにエンターテイメント分野での事業を広める

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東証スタンダード)は7月25日の午後、映像コンテンツ制作、販売などを行う娯楽TV(東京都港区、西村豊一代表取締役)が設立する新会社「娯楽TVメディア・コンテンツ株式会社」の譲受により、キャラクター並びにコンテンツビジネスを展開すると発表した。

 新会社の設立は2022年7月22日付で、資本金は1000万円。設立登記完了後、速やかに株式を譲り受ける予定。株式譲受けにより、100%子会社となる。

 「娯楽TV」は、大手家電メーカーの合弁により設立された株式会社アクトビラが、2007年2月にサービスを開始した動画コンテンツの配信サービス「アクトビラ(acTVila)」において、「NHKオンデマンド」などと並び、メインチャンネルとして、数々の人気動画の配信を行ってきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:15 | 新製品&新技術NOW

アイフリークモバイルは事業の一部譲受けに関する基本合意書を締結

■多様な人的資源を確保し、IT技術者集団として、より強固な事業体制を推進

 アイフリークモバイル<3845>(東証スタンダード)は25日、SES事業を手掛ける株式会社グランディール(東京都千代田区)、株式会社グランソル(東京都千代田区)及び株式会社グランデュオ(東京都中央区)(以下、「グラングループ」)からの事業の一部譲受けに関し、「グラングループ」3社と基本合意書を締結したと発表した。

 アイフリークモバイルグループは、モバイルコンテンツや自社開発アプリの提供といったコンテンツ事業、IT技術者を市場ニーズに即した人材に育成し提供するコンテンツクリエイターサービス(CCS)事業を展開している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38 | IR企業情報

エスプールが名古屋銀行と業務提携、同銀の顧客企業にプロフェッショナル人材を提供

■プロ人材のマッチング事業「プロフェッショナル人材バンク」脚光

 エスプール<2471>(東証プライム)は2022年7月22日を契約締結日として名古屋銀行<8522>(東証プライム)と業務提携契約を締結した。

 エスプールでは、多様なキャリアを持つシニアの経験やスキルを活かす場を提供することを目的としたプロ人材のマッチング事業「プロフェッショナル人材バンク」を展開しており、各分野の専門的知見やノウハウを有するプロ人材が約1万3000名在籍している。

 一方、名古屋銀行は、自動車産業のサプライヤー企業に対して、EVをはじめとする電動化対応など、変革期を迎える自動車業界に応じた多角的な経営支援を行っている。本提携では、名古屋銀行の顧客である自動車サプライチェーン企業に対し、業界特有の経営課題解決に必要な人材を「プロフェッショナル人材バンク」から提供していく。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:35 | IR企業情報

JPホールディングスグループ、子育て支援プラットフォーム「コドメル」はウクライナ避難民に子供服やおもちゃを寄付

 子育て支援事業最大手JPホールディングス<2749>(東証プライム)のグループ企業、日本保育総合研究所は、子育て支援と資源の有効活用・環境保全(SDGs)の両立を目的とした子育て支援プラットフォーム「コドメル」(https://codomel.com/)を今年4月1日から運営開始し、第1弾サービスの“子育て支援と資源の有効活動・環境保全(SDGs)の両立”の目的に賛同した同社グループの取引先をはじめ、様々な企業との連携により寄付受付BOXの設置を広げている。

jp11.jpg

 今回、「コドメル」の寄付受付BOX経由で集まった子供服やおもちゃの一部を、出入国在留管理庁を通じて、ウクライナから日本へ避難されてきた子育て世帯に寄付した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:36 | プレスリリース

【株式市場】日経平均は215円安、8日ぶりに反落、後場は下げ幅200円台のまま小動き

◆日経平均は2万7699円25銭(215円41銭安)、TOPIXは1943.21ポイント(12.76ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は8億2392万株

 7月25日(月)後場の東京株式市場は、前場上げたJR各社や私鉄株、空運株が一段ジリ高となり、高島屋<8233>(東証プライム)もジリ高の一方、機械株や精密株にはジリ安の銘柄もあり、米景気後退懸念などを受け内需株にシフトする動きとの見方。PBR0.5倍などが言われて三井住友FG<8316>(東証プライム)などの大手銀もしっかり。日経平均は223円安で始まり、大引けまで下げ幅200円台のまま小動きを続け、8日ぶりの反落となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:22 | 今日のマーケット

ネオジャパンが「名古屋 クラウド業務改革 EXPO」に出展

■7月27日(水)〜29日(金) ポートメッセなごや

 ネオジャパン<3921>(東証プライム)は22日、「名古屋 クラウド業務改革 EXPO」に出展すると発表した。

neo1.jpg

 ネオジャパンブースでは、テレワークの取得状況が把握できる「プレゼンス機能」を新たに搭載したグループウェア「desknet‘s NEO(デスクネッツ ネオ)」の最新バージョン7.0を中心に、ビジネスチャット「ChatLuck(チャットラック)」、desknet‘s NEO上で動作するノーコード業務アプリ作成ツール「AppSuite(アップスイート)」など、これからの「働く」を支えるツールを展示する。併せて、ブースではショートセミナーも開催。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:19 | プレスリリース

【どう見るこの株】キャンディルは戻り試す、22年9月期大幅増益予想、さらに上振れ余地

 キャンディル<1446>(東証スタンダード)は、建物のライフサイクルサポート企業として建物の修繕・改修・維持・管理に関連するサービスを提供し、ストック収益による強固な収益基盤の構築を目指している。22年9月期はコロナ禍の影響が和らぎ、新築住宅の市場回復などを想定して大幅増益予想としている。第2四半期累計の進捗率が順調であり、通期会社予想に上振れ余地がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大を期待したい。株価は下値固め完了して徐々に水準を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。

■建物のライフサイクルサポート企業

 建物のライフサイクルサポート企業として、建物の修繕・改修・維持・管理に関連するサービス(住宅・商業施設・オフィスなどを対象とする建築サービス関連事業)を提供している。

 サービス区分は、建物における内装建材等に発生した傷や不具合を部材交換することなく補修するリペアサービス、住宅引き渡し後のアフター定期点検(クリニックサービス)やリコール対応(リフィットサービス)を行う住環境向け建築サービス、商業施設の内装工事やオフィス移転時の家具・什器の設置などを行う商環境向け建築サービス、補修材料やメンテナンス材料などの商材販売、感染症対策として光触媒コーティングなどを行う抗ウイルス抗菌サービスとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:00 | どう見るこの株