スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2009年03月09日

ハブ 売上高26ヵ月連続、客数35ヶ月連続で前年実績を上回る

ハブホームページ ハブ<3030>(大へ)の月次速報が9日引け後に発表された。2月の全店実績は対前年同月比較で、売上高20.3%増、客数24.5%増、客単価4.5%減。なお、同社の決算月は2月であるため、前通期の速報も出ている。前09年2月期速報による売上高は15.9%増、客数20.2%増、客単価3.6%減となっている。速報ベースのため正確な数字とはいえないが、前09年2月期の売上高予想は、49億3000万円(前々期比14.5%増)であるから、速報ベースでは1.4%上振れている。したがって、09年2月期の業績の上方修正も期待できる。
 同社は、英国風居酒屋HUBを首都圏中心に多店舗展開。前期はHUB7店舗、82ALEHOUSE1店舗出店し、総店舗数は53店舗となっている。
 同社のスローガンである「さらに新鮮・トコトン新鮮・・・新鮮組宣言」のもと、外食産業の基本であるクオリティ・サービス・クリンリネスの3つの底上げに取り組んできた。その結果、業績は順調に推移し、売上高は26ヵ月連続、客数は35ヶ月連続(ただしワールドカップ特需の反動があった07年6月を除く)で前年実績を上回っている。
 前第3四半期の自己資本比率は56.2%と財務内容は健全。キャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フロー2億100万円、投資キャッシュ・フロー△1億2300万円、財務キャッシュ・フロー△1億8700万円と新規出店7店を行っているが、投資キャッシュ・フローは営業キャッシュ・フローの範囲内で行っていることから、余裕を持って事業規模の拡大を実現。
 前09年通期業績予想は、売上高49億3000万円(同14.5%増)、経常利益2億3800万円(同16.1%増)、純利益1億2800万円(同26.7%増)と二桁増収増益で、過去最高を見込む。配当は、3300円(前期2500円)と800円の増配予定。
 先述しているように、前09年2月期業績の上方修正も期待できることから、株価の見直しも進むものと予想される。

【株価診断】 株式市場の全体の影響で、最高益更新継続中でありながら、株価は低迷している。昨年6月17日のザラ場最高値14万5000円、その後10月10日にリーマンショックの影響でザラ場最安値7万500円をつけたが、その後も勢いもなく8万円台での底練り状態。好業績が反映されれば、中間値10万7750円までの戻しも早い。

>>ハブのIR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:28 | IR企業情報