【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2009年04月23日

ファルコ 今通期利益予想上方修正

ファルコバイオシステムズホームページ 臨床検査受託及び調剤薬局展開のファルコバイオシステムズ<4671>(東大1)は本日、09年9月期第2四半期及び通期業績予想の修正を発表した。
 それによれば2Q連結営業利益予想を前回予想より214.2%、経常利益を同310.7%もの大幅上方修正を行い、その結果前回の減益予想から一転、営業利益で前年同期比46.7%、経常利益で同84.3%もの増益予想に転じた。要因は原油価格低下に伴う運送費の低減、販管費の徹底した削減効果が奏功したことによる。ただし最終利益は投資有価証券評価損及び減損処理で2Q時点では赤字となる見込み。
 一方、通期業績予想も2Q業績の修正に伴い、営業・経常及び最終利益を上方修正し、修正後の連結営業利益は12億円と前期比17.6%増、経常利益は11億円で同29%増と前回の減益予想から一転、増益予想に転じた。通期については最終利益も前期比187%増の3億3000万円を見込む。因みに連結売上高は前期比6%増の397億円を見込む。

 【株価診断】 3月27日には年初来高値となる850円まで値を飛ばした株価は自社株買いの終了と、業績への懸念から、4月に入り下値を探る展開となり、今月14日には700円割れ、本日終値は前日比4円高の685円と低調推移である。年初来安値が645円であり、底値圏に入っていると言ってもよい。
 ただ、今回の修正発表で、前回の減益予想から一転、営業・経常増益、通期に至っても増益予想に転じたことで、株価もその辺りを大いに好感する可能性が出てきた。売上高自体は好調に推移しており、今期予想PER約25倍と割高感もない。ここは下値拾い好機か。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:09 | IR企業情報