株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2009年05月18日

三洋電機は新型プリウス発売などテーマ性豊富、構造改革にも期待

 三洋電機<6764>(東1)は、15日にホンダ<7267>(東1)や独フォルクスワーゲンのハイブリッド自動車向けに、ニッケル水素電池を供給している。次世代のハイブリッド自動車用リチウムイオン電池についても、新工場を兵庫県加西市に建設することを発表した。新型プリウス発売で動意づきに期待がかかる。
 株価の動きを見ると、140円近辺のモミ合いから脱して26週移動平均線を回復した後は、上げ足を加速し、5月15日には一時200円台を回復した。リチウムイオン電池関連や太陽電池関連に加えてし、構造改革効果に対する期待も材料視されたと考えられる。パナソニック<6752>(東1)によるTOBが決着すれば相乗効果も期待される。短期的な調整を挟みながら上値も期待されるだろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:35 | 株式投資ニュース