株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2009年11月09日

日本橋梁が増額修正を手がかりに急反発、業績のともなう仕手株として見直し買い

 日本橋梁<5912>(東1)が一時55円高の289円まで急伸したあとも53円高前後で強調展開を続け、上昇率18%台を維持、東証1部の値上がり率3位となっている。11月4日のストップ高以降、仕手株のイメージを背景に人気を集めているが、6日に9月第2四半期の業績見通しを増額修正し、業績のともなう仕手株として見直す動きもあるようだ。
 同社株はさる4日、国内で鋼材の腐食やコンクリート劣化による危険な道路橋が121基に達すると朝日新聞で報じられたことを契機に急騰、180円弱の水準から5日には一時297円まで火柱高となった。翌6日は急反落したが、9月第2四半期の業績見通しを増額修正し、営業利益を0.40億円から0.47億円に、経常利益を0.20億円から0.25億円に、などと改定。週明けの9日は急反発し、10時を回り一段高となって高値に迫っている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:23 | 株式投資ニュース