株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2010年01月05日

ファーマライズホールディングスは業績見通しを増額修正(新春銘柄診断)

■処方せんの単価・枚数とも好調で経費節減効果も

株価診断&注目銘柄 ファーマライズホールディングス<2796>(JQ)が5日の大引け後、11月第2四半期と5月通期の業績見通しを増額修正した。
 上期は、新型インフルエンザの流行などを受けて処方せんの単価・枚数ともに見通しを上回ったほか、経費節減などの効果も寄与した。第2四半期までに織り込んでいた役員退職慰労金などの特別損失は第3四半期以降に繰り越したが、通期の見通しは、連結子会社の増加により売上高・利益が増加する上、引き続き経費節減効果が寄与する見込み。
 2010年5月本決算の連結業績見通しは、売上高を従来見込みより8.7%増額し230.52億円に、営業利益は同10.4%増額し6.92億円に、経常利益は同8.4%増額し5.35億円に、などとした。

■株価はエネルギーを溜め込んでいる様子

 5日の株価は7万2500円(1500円高)で終了。09年11月下旬〜12月中旬にかけて5万9000円台で何度か下げ止まり、その後反騰相場となって12月28日に戻り高値7万7900円をつけ、年末年始をはさんで微調整中。テクニカル的には反騰のあと中段もちあいを形成してエネルギーを溜め込んでいる様子があり、再騰した場合は8万円前後まで上値が開けている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:02 | 株価診断