株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2010年01月14日

東洋電機製造が中国での受注を材料に上伸、鉄道関連銘柄に連想買いの動き

 東洋電機製造<6505>(東1)が買い気配で始まり795円(44円高)で寄り付き、ナブテスコ<6268>(東1)は1173円(16円高)で始値をつけるなど、鉄道関連株が動意含みとなっている。
 東洋電機製造は中国で広州〜武漢間の約1千キロメートル区間を走る40編成(1編成8両)車両の駆動装置などを受注と伝えられ、ナブテスコは北京地下鉄などのホーム安全ドアで実績があるため連想が働いたようだ。
 中国政府は2020年に鉄道の総延長を現在の1.5倍となる12万キロメートルに延ばす方針で、高速鉄道や地下鉄の新設計画が相次いでいると、14日付けの日本経済新聞朝刊が伝えた。

【関連記事】
【特集:世界的規模拡大!鉄道プロジェクト】エネルギー効率の高さを評価
【特集:世界的規模拡大!鉄道プロジェクト】米国、中国、ブラジル、ベトナム

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース