株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2010年10月19日

大和小田急建設  売上高は前回予想を6億円上回る255億円(予想比2.4%増)を見込む

■利益面では、受注競争の激化、一部工事の採算悪化により当初予想を下回る

大和小田急建設のHP 大和小田急建設<1834>(東1)は、18日の引け後に今第2四半期連結業績予想の修正を発表した。
 売上高は前回予想を6億円上回る255億円(予想比2.4%増)を見込むものの、受注競争の激化、一部工事の採算悪化により利益面については当初予想を下回る見込みとなり、営業利益は前回予想を4億8000万円下回る3億4000万円(予想比58.5%減)、経常利益は4億7000万円下回る3億4000万円(同58.0%減)、純利益は2億9000万円下回る7000万円(同80.6%減)となる見込み。
 なお、通期業績予想については、現在精査中であり、10月29日に公表を予定している第2四半期決算短信で発表するとしている。

>>大和小田急建設のMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:34 | IR企業情報