株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2010年11月17日

【注目銘柄】日本フイルコンが生産効率化めざす特損を発表、株主優待の額は回復

■東京分工場を段階的に移管・終了

注目銘柄 製紙用網で国内唯一の日本フイルコン<5942>(東1)が17日の大引け後、今11月期末の株主に対する優待の金額回復と、11月通期の業績予想の一部減額修正を発表した。

 株主優待は、11月30日現在の株主に同社の米国拠点の名産ノースウエスト・ワインを贈呈してきた中で、前期は厳しい環境のため金額を減額した。
 今期は、1単元から10単元未満の株主には前期の750円相当から1000円相当の品とし、10単元以上の株主には前期の1500円相当から2000円相当の品にするとした。贈呈の時期は、設立記念日の3月18日前後。

■「前向きの赤字」買いたい姿勢も

 一方、11月通期の業績予想は、織網製品の東京分工場での生産を段階縮小し、11年11月末をメドに移管・終了する生産再編などの特損により、経常損益を従来予想の1.5億円の赤字から2.0億円の赤字に修正、純損益は3.5億円の赤字から28.0億円の赤字に修正した。

 17日の株価は反発となり、前場413円(16円高)まで上げ、終値は408円(11円高)。赤字拡大を受け、11月2日につけた年初来の安値388円を保てるかどうかが焦点だが、赤字拡大は生産効率化を進める前向きなものであるとして、この安値の近辺で仕込みたいと強気の見方もある。
 朝方の売り一巡後は反騰する可能性もあり、下値で「買い指し」をはわせておく妙味がありそうだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株価診断