株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2011年02月16日

ヤマハ発動機は一夜明けて増収増益を見直す形で急反発

 ヤマハ発動機<7272>(東1)は昨日の約11%安から急反発となり、後場1567円(42円高)まで上げて終値も1550円(25円高)となった。昨日は、昼前に発表した2010年12月期決算で今期の予想が低いとの見方が広がるなどで後場一時約11%安の1518円(前の日の終値比187円安)まで下落。ただ、決算は前期も今期予想も増収増益であり、一夜あけて見直す動きが戻ったようだ。

 ヤマハ発動機が15日に発表した前12月期決算は、2輪車事業やチップマウンター事業が好調で、売上高は前年同期比12.2%増の1兆2941億円となり、各損益とも黒字に転換。営業利益は前年同期の約626億円の赤字から513.1億円の黒字に転換した。

 今期(2011年12月期)の予想は、売上高が1兆3500億円(前期比4.3%増)、営業利益は5300億円(同3.3%増)、1株利益は60円65銭とした。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:19 | 株式投資ニュース