株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2011年03月18日

コマツは大震災後も終値で1月安値を割らず堅調、一部工場で生産を再開

 コマツ<6301>(東1)は18日、反発相場となり、前場2585円(65円高)まで上げて終値は2562円(42円高)。東北地方太平洋沖地震の発生後は、3月15日に一時2060円まで下げたものの、この日の終値は2400円まで引き戻しており、復興関連株として強い相場となっている。終値ベースでは、今年に入っての安値が1月24日の2342円。大引け後、大地震の影響(3)を発表した。

 東北地方太平洋沖地震の影響(3)では、「一部工場で生産を再開」とし、当期(2011年3月期)業績への影響は軽微の見通しとした。生産を一部再開した工場は、小山工場(栃木県)。ほかの工場は、茨城工場(茨城県)、郡山工場(福島県郡山市)などで生産を停止中。大阪工場(大阪府)などでも部品調達が不安定のため一部生産を停止中とした。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:06 | 株式投資ニュース