株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2011年04月07日

ファミリーマートは今期の利益予想に幅をもたせ消化難

ファミリーマート ファミリーマート<8028>(東1)は7日の後場、13時30分に2011年2月期の決算を発表。株価は発表前の3040円(25円高)から一時3070円(55円高)まで上げる場面があったものの、14時40分にかけては発表前の水準に戻った。今期の予想を営業利益0.7%増とするなど慎重さが目立った。

 ファミリーマートの前2月期は、売上高に当たる営業総収入が前期比15.0%増の3198.9億円となり、営業利益は同14.0%増の382.2億円となり好調だった。ただ、今期の予想は、営業総収入0.3%減、営業利益0.7%増、純利益・1株利益の予想はレンジ表示として「幅」をもたせ、予想1株利益は105円34銭から126円41銭とした。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:46 | 株式投資ニュース