株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2011年07月29日

メガチップスの第1四半期は純利益7.8%増

■株価は任天堂の急落に連動安

 カスタムLSIの専業大手メガチップス<6875>(東1)は29日の大引け後、第1四半期決算(4〜6月)を発表。営業利益は前年同期比29.3%減の3.4億円となり、純利益は同7.8%増の3.3億円と堅調だった。今3月期の業績予想は据え置き、3月通期の営業利益は前期比4.7%増の32億円、純利益は同3.9%減の22億円、1株利益は91円63銭。

 29日の株価は、任天堂<7974>(大1)とのビジネスが密接との点が逆風になり、任天堂株の大幅安を受けて一時1161円(91円安)まで下げ、終値も1195円(57円安)。大震災直後の安値1029円に次ぐ「2番底」を探る相場になった。ただ、当社株は、下げ局面で出来高が急増すると底を打つ傾向があり、本日もこのパターン出現か注目されている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:30 | 株式投資ニュース